FC2ブログ

オヤジの二人の修学旅行 2日目

 





修学旅行なので TDL や USJ には行きません!!

ナンデ学問を修めるのに そんな所に行くのか?

私には理解不能!!!

遊学旅行と言い切るならば許す 寛大でしょ (^^//






霊場 高野山です。



まずは、六角経蔵

女性が持っている取っ手を押すと そのとって部分を押すと 1周回れる仕組みになっています。

この部分は回転するようにできており、一回りすれば一切経を一通り読んだときと同じ徳をえることができるそうです。


DSC07892_R.jpg





良く見るとこの経蔵

正倉院の造りと同じではないでしょうか?




DSC07894_R_20160617040714536.jpg





塀に囲まれた置くの社

香取神宮の本殿の様な様式です。


参考:ブルッとクルマで 日帰り旅



DSC07900_R.jpg






朝早いので 人影はまばらです。




DSC07905_R.jpg
DSC07920_R.jpg





オッサン 下から口を開けて見上げてます。 (^^)




これ全て 信仰心深い方からの寄進です。






DSC07924_R.jpg





金剛峰寺へと





DSC07942_R.jpg





私の眼が最初に捕らえてたのが

屋根の上にある桶



DSC07943_R.jpg





いつ何時でも

はしごを登り 鎖を伝って 防火・消火出来るように工夫されているのです。




DSC07948_R.jpg





枯山水

この二人のオヤジには 何を表現しているのか理解不能。。。




DSC07951_R.jpg
DSC07952_R.jpg






この社に入れるのは 常人では無い事だけが理解出来ました。





DSC07955_R.jpg





出火をどれほど恐れていたか 想像できます。




DSC07968_R.jpg





広い!

それはとてつもなく広い厨 (くりや:台所)



DSC07976_R.jpg




この竈の大きさ!!

確か 2千人分のごはんが一度に焚けると・・・



私 モノ知らずなので

神棚の下にある紙

何を意味しているのか判らず

近くに居たお若い坊さんに聞いたところ

高野山では、お米が取れない為

稲穂が無い!

よって 注連縄が造れないので

宝来と言う この紙を以て注連縄の代わりをしているそうなんです!!


DSC07987_R.jpg





少し移動して

奥之院へ




DSC08007_R.jpg






奥之院 そこは撮影禁止の場所が多いので

それに従い 写真 ありません!!




DSC08014_R.jpg





急ぎ足で やく半日 煩悩が抜けないオヤジ二人で巡り

手を合わせ 額ずいて来ましたが

ご利益はあるのでしょうか?





厄除け堂で 人一倍長い時間 手を合わせた黒Sさん

取り憑いていた狐や狸 モモンガ 取れた?

その後 どう???




オッサン二人の帰路は

後日報告させて頂きます (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

ブルッとクルマで 日帰り旅

東関東高速道路でのひとコマ

ノーマルのマラカイトグリーンの300SE


P1000397-65.jpg




その先には、黒塗りの御一行様と警備の白バイの大編隊が・・・

P1000401-65.jpg



今回は佐原まで

P1000404-65.jpg


P1000414-65.jpg

P1000412-65.jpg

P1000413-65.jpg

P1000415-65.jpg

P1000422-65.jpg

P1000432-65.jpg

P1000439-65.jpg

P1000440-65.jpg

P1000472-65.jpg

P1000460-65.jpg



歩く人もほとんど居ない酷暑の月曜日でした。

樋橋(通称 ジャージャー橋)周辺も人影まばらです。


P1000471-65.jpg



この橋の袂からは 珍しい女船頭の船に乗ることが出来ます。

余りの暑さに夫婦の会話さえ途切れがちになっていましたので乗ってみたところ




過去の人々が、夏に何故 舟遊びをしたか?  はっきりとその理由が判りました。

船にゆられ、利根川まで出ると

その風の涼やかなこと。。。

P1000484-65.jpg



すでにとっくに昼時を過ぎていましたが

佐原町並み交流館で頂いたマップを元に

ここ 「 桶 松 」 に行ってまいりました。



店に入り  やってしまった 大失敗!! と思いましたが・・・

名物の 丼ものを注文してみると

夫婦して顔を見合わせたほど 旨い!! ( ^ ^


郷土料理を期待して入ったが、嬉しい誤算でした。

P1000511-65.jpg




しばらくクルマを元来た佐原ICの方へ走らせ

香取神宮へと


余りの暑さで 日陰で猫もダレております。

P1000523-65.jpg



目に鮮やかなな仁王門をくぐると

P1000530-65.jpg



珍しい 黒塗りの本殿があります。

威圧感さえ感じる江戸時代に建立された本殿だそうです。

P1000531-65.jpg



極彩色と黒

P1000533-65.jpg



金色の飾り細工と黒


関東に数多くある香取神宮の総本山です。

P1000536-65.jpg



あと一息で 秋です。

P1000541-65.jpg



ここの駐車場で 珍しいもの発見!!


アスファルトに埋もれた リングプル~~~

ココしばらくお目にかかったことがないでよね?!


今でも使われている缶ジュースあるのかな?

P1000544-65.jpg



ステアリングダンパーとスタビリンクの交換後の調子を見るためのテスト走行を兼ねて560SELでの日帰り旅行


ステアリングダンパー交換のおかげでハンドルはシッカリと落ち着き

スタビリンクの交換でリアからの不快な音もない



高速道路では、リアダンパーの恩恵でスムーズに

道路の継ぎ目さえ心地よい程に


全てが余裕 ゆとりに包まれたドライブです。




でも、

でも、、

どこか物足りない私・・・



14cm短いだけのSE

排気量の600cc少ないショートストロークエンジンのSE



自分でも何故? と思ってしまう。。。



車歴もいい加減なSEとまっとうなSEL

比べるまでもない。



大人に成りきれて居ないのか。。。

P1000522-65.jpg




10月12日(金)~14日(日)まで 佐原では 秋の大祭が行なわれます。

15だしの山車が出る見事な祭りだとか!

私も・・・














本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

FC2 Management