FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徹底的に極上仕上の車両を創る 【作業編 その3】

 
このウィンカーレンズにもワックスが

このワックスも気になるが

本当に気になるのは、レンズとボディーの間の黒ずみなのです。

P1170337-139.jpg




歴史を感じさせる封印の色

しかし、ナンバープレートにまでワックスが塗られ、拭き取り状態がよろしくない。



ナンバープレート

気にされない方が多いが、実は表情が大きく変わります。

古いプレートだと、緑の文字が消えてしまいやすいので時間を掛けて作業する必要があります。

P1170351-139.jpg




リアのレンズ周辺は

フロントに比べるとかなりキレイ

と言うことは、、、      その理由は後ほど・・・

P1170352-139.jpg




ボンネットフードの脇

相当 とっても かなり 黒ずんでいます。



水垢 ワックス ブローバイガス

長年使われた証拠です。

P1170563-139.jpg




塗装とコーティング剤の話をしたり顔でするみがき屋(ポリーマー屋 コーティング屋)は多いですが

材料メーカーの受け売りをして自己満足しているショップと

理に合わない理屈を受け入れてしまうユーザーさんが多い。



本当はそんなものは二の次、三の次ぎなのです。




車をキレイに見せるために必要なのは バランス!!




バランスを考えると

この部分にも手を掛けなければしまりが出ない。

少し脇から見ると この隙間の汚れは見えてしまう。

P1170566-139.jpg




もちろんフェンダー側もである。

P1170567-139.jpg



バラす 脱着には時間も必要とするし

その分、ユーザーさんの負担も増えるが

手間を掛けた仕上がりは確実に異なる。



そして、 何よりもその後の汚れ方が違う。



奥から汚れが出てこないのです。

表面だけがきれいでも、見えない部分から汚れが滲み出てくれば

車は簡単に汚れます。



元から断たなきゃダメ! なのです。


P1170570-139.jpg



ヘッドライト下のパネルも取り外せば

簡単に磨けます。

P1170574-139.jpg



ヘッドライトも長年のくすみを取ってやれば

この通りです。



決して、使用前使用後ではありませんよ~

洗浄前と洗浄後です。

P1170615-139.jpg



反射板もくすんでいましたので

P1170669-139.jpg



この様に仕上て

P1170671-139.jpg



やはり!!

オシリは過去に追突されたのか修復されていました。



板金屋のヒドイ仕事の跡も


   (ブチルゴムで防水している)
P1170579-139.jpg



テールレンズもバラして

P1170642-139.jpg




空気が出入りする箇所は、長年使用すると必ず汚れる。


P1170666-139.jpg



取り付けられている電球もこの通り

一つ一つ磨けばよいだけ


オーナーさんからの了解が得られていれば

信頼性向上のため、電球は総交換したいところだったが・・・

私のミスで お伝えし忘れていた。

P1170657-139.jpg



ウィンカーレンズも磨き上げ

P1170654-139.jpg



21万km走ったホイールは手こずった。

P1170647-139.jpg



奥で完全に固着したブレーキダストは

熱でカチカチ



半日は覚悟していたが

7時間作業となってしまった。


P1170650-139.jpg





クロームメッキ類を磨き

フロントマスコットを仕上て

これで今回の作業は終了となる。

P1170713-139.jpg



フロントガラス越しの風景はこうでなくては

P1170734-139.jpg



本来ある 威風堂々としたW126の面に戻り

完成である。

P1170728-139.jpg



さて、最後に自分でこの作業を振り返り

外装における極上仕上という観点からは、かなり納得のゆく仕上がりではなかったと思うのですが

ココまでやるならばオーナーさんの了解を得て交換すべきものは交換すべきだったと反省しています。

例えば、先に触れた電球もそうであるが

フロントグリルのインナーなどは、私の手ではどうしようもないほどの劣化が生じていた。

手抜きをして、スプレー缶のの塗料を塗るような事はしたくない。

すると、今まだ手に入るパーツなので交換すべき事をお勧めすべきだったのではないか? 

そんな疑問が浮かび、自問する私がいる



 


息の合った最高の助手である妻と

1日10時間前後の時間を費やして

4日掛かりで最高の仕上を目指して仕上たつもりである。




ここであえて記しておきたいのが

実用車としての最高の仕上であること。




実用車であるから無傷は追求しなかった。



1回の洗車で入ってしまうヘアースクラッチも無い

展示用の極上の磨きは行なっていません。


※東京モーターショーに出品されているメーカーの展示車両でも無傷の車はほとんどありません。某高級スポーツカーメカーなどは酷い状態で展示されていました。
本当に無傷だったのは、○○○と○○○だけ。。。





本当に美しい綺麗な実用車とは

デザイナーの求めたラインと

塗装への映り込み

そして、メッキパーツとラバーパーツの織り成すメリハリ



当店の価格表は車両の形状タイプ別で記しておりますが

これは平面が多少増えようとも、その研磨に掛かる時間には大差がないことによりもます。



高級車だから高額な施工料金となり

大衆車だから割安な施工料と言った偽りもございませんが

(同じ4ドアセダンならば、カローラもSクラスも同じ施工金額です)

おクルマの状態も様々ですのでアドバイスさせていただく場合がございます。



同じ車種でも、1年落ちと 20年落ち 当然その程度は違いますから





仕上方はオーナー様の御希望を添ったものにすることも可能です。

価格表が既成服であるのに対して、オーダーメイドの仕上です。



オーナー様の理想のお車の姿を現実化する技術の店です。

そして、予算優先でお話していただく事をためらわないでよい店です。



おクルマを見せていただき、御希望の仕上がりをお話頂ければ

御予算と妥協点が必ず見つかるはずです。



お気軽に御相談下さい。











maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

スポンサーサイト
関連記事

徹底的に極上仕上の車両を創る 【作業編 その2】

 
フチと言うフチの全てが汚れてくる。

ワックスの拭き残しや水垢で

P1170341-138.jpg




平面だけに神経は行きがちとなるが

本当に大切なのは、フチ

遠目から見ても

この車のデザイナーが意図したラインとは別物のラインとなって見えてしまう。

ラインがボケてにじんで見える。



面倒で時間ばかりが費やされる作業ではあるが

非常に大切な作業です。

P1170769-138.jpg



ミラーの付け根

P1010800-138.jpg




同じ角度で撮れてなくてごめんなさい。

でも、見比べてみてください。

P1170788-138.jpg




一見すると綺麗そうに見える状態ですが

P1170482-138.jpg




近寄ってみると

アルミモールと窓枠の間には、シッカリと黒ずみが見える

P1170483-138.jpg



その汚れを取り除く事で

ラインの引き締まりが生まれる。



本来あった姿を取り戻す事になる。

P1170772-138.jpg



このような黒ずみは

ワックスがフチに入り込んだまま放置されていたり

水垢が原因ですが

取り除く作業は、薄いヘラと割り箸(竹箸の先端を薄く平にしたもの)で

柔らかい布と超微粒子のコンパウンドで

汚れを取り除きながら仕上ててゆかねばならない。




粗いコンパウンドや洗浄力の強い(エンジンルーム洗浄用の洗剤)では

塗装を傷つけたり、荒れさせる原因となる。



そうなると磨けない部分である為手に負えない事となる。

P1170344-138.jpg




サッコパネルのフチがこの様に汚れている

P1170322-138.jpg




接写しすぎてどこの部分か判らないでしょうが

コレ サンルーフをチルトアップさせた状態です。

P1170476-138.jpg




これがあるべき姿。


写真に写してしまえばそれまでだが

後方の汚れを取るためチルトアップして

右半分の作業を終えて

左に回って台にのり(178cmの身長でも届かない)

そして、後方にスライドさせ

左半分、そして右半分



たった1枚のサンルーフのフチに

1時間近く要するのです。


P1170480-138.jpg




ココも ドアを開けた時に気になる箇所です。

P1170489-138.jpg

P1170494-138.jpg



乗り降りする時に

一瞬ですが人間の目は捉えているのです。


新車の美しさは、こんなところが汚れていないから、、、

P1170749-138.jpg

P1170750-138.jpg




今回は徹底的に極上に仕上るという企画

費用対効果

利益追求はナシ。。。




20年間の汚れを根こそぎ取る。




見えない部分まで手を掛ける。



P1170753-138.jpg





サイドシルプレートも取り外して

その下、そして更にしたのライン(窪み)まで洗浄


後々、汚れが出てこないように


P1170754-138.jpg




以前は自分でフーエルリッド(給油口)を開いてみる事など無かったが

最近はセルフスタンドを利用する方も多いはず



すると気になる

P1170500-138.jpg




これでいかがでしょうか?



しかし、ガソリンスタンドさん

もう少し考えてよ!

必要でもない水抜剤を添加して

お金を取った上に

剥がしづらいシール間で貼るとは・・・



その点、オイルメーカーのシールはキチンとはがせる。

P1170756-138.jpg




トランクの雰囲気はこんなところで大きく変化します。

P1170349-138.jpg




違い判ると思いますが・・・

判らなければ、ネスカフェのCMには出られません。

P1170779-138.jpg




求めるのは この仕上がり

P1170762-138.jpg

P1170681-138.jpg

P1170706-138.jpg

P1170763-138.jpg




今回はリアのドアノブは取り外して作業

P1170633-138.jpg




取り外す事で

より質の高い作業が出来れば、取り外す事はいとわない




しかし、脱着にリスクが生じる場合

よくよく考えてから行なわなければならない。



本末転倒になってしまっては 元も子も無い。

P1170495-138.jpg





≪オーナー様から頂戴いたしましたメールをご紹介≫


首都高速湾岸線での帰路、

光輝くスリーポインテット・スターと春の太陽を心地よく反射するボンネットを楽しみながら、

オートパイロットを95km/hセットしゆったりとした巡航で横浜まで帰還しました。


家に戻りじっくりと眺め、鏡面の美しさに惚れ惚れとしました。

前面のグリルとヘッドライトに輝きが出たことで、顔つきがハッキリし新車の時に若返ったようです。

また横も(私は横からのスタイルが堂々としていて気に入っているのですが)

モールの輝きとスモークシルバーの光沢と相まって、上質の貴金属のような質感が出たようです。

これだけ新車同様に輝きが出ると、改めてこの車の飽きの来ないデザインに関心しました。

この車のデビューは79年ですから、それから数年前にデザインが始まったということは35年位前と考えると驚きです。(ヨーロッパの深さでしょうか) 

この車には現役バリバリではないが、嘗ての輝きを失わない、

また決して現役選手には出せない円熟した技を持つ”師匠”のような風格を感じます。




車のことは何も分からない妻と娘達も流石にびっくりし、

思わず今晩はドライブを兼ね家族で食事に出かけました。




早速本日のブログを拝見させていただきました。確かに202は液体のワックスを使っていますが、

父親はxx十年も前より固形ワックスを使い続けていましたが、126も同様に固形ワックスでした。

サッコパネルのタールは、この車が父親の移動オフィスとして京浜地区の工場街を駆け巡り生活を支えてくれた名残だと思います。

考えてみると、この車の歴史の中にはバブルの崩壊があり

あの厳しい時にも売り飛ばされずに今でも車庫に収まっていられるのも、

この車がトラックの間に挟まれながら埃まみれで頑張ったからかなぁ、、などと思ってしまいました。

奇麗にしていただい事を父も喜んでいることと思います。







喜んでいただけた事で作業をした私も嬉しくなるメールでした。

たった1台の車ですが

その1台がいろんな記憶を蘇らせてくれる。



そして、大切にしたいと お考え頂ければ

カーディテイラーとして最高の仕事が出来たのかと思う私です。







徹底的に極上仕上の車両を創る 【作業編 その3】 に続く












maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

徹底的に極上仕上の車両を創る 【作業編 その1】

 
徹底的に極上仕上の車両を創る と言う企画でエントリーいただきました皆様有難うございました。

ようやく作業を終了しオーナー様である104-3さんに納車させていただきましたので御報告申し上げます。



 メルセデスベンツ 300SE (1989年式)

 走行 210000km

親子二代に渡って乗り継がれているお車です。




御家族の思いでも一杯詰まっているお車

ワックスと水垢も一杯詰まっていました。 (オーナーさんゴメンナサイ!)


では、作業前の状態は

P1170312-137.jpg



そして、作業後は

P1170703-137.jpg



良く判らない? 

当然です。。。

私の写真の腕が無いばかり・・・



改めまして サイドからの写真を

P1170335-137.jpg




間違い探し のように目を凝らして

作業後の下の写真とよ~く見比べてみてみてください!!

P1170709-137.jpg




タイヤワックスが効いている と答えた貴方 正解です!!




これぐらい引いた上体で写真を撮ると

写真の解像度の問題もあるが 写真で表現できるのはこの程度なのです。



某フィルムメーカーの有名なCMでもありましたとおり

   「 美しい人は更に美しく

        そうでない方は、それなりに・・・ 」

なのです。。。



本当の真実を体感されたのはオーナーさんと私だけ。




ではどのような行程を経て 【 徹底的に極上仕上 】 の車両としてゆくのかを




まずは当然ですが

水洗い、カーシャンプー

そして、粘土掛けです。

P1170474-137.jpg




丁度20年が経過している車ですが

ボディーへの鉄粉の付着はほとんどありませんでした。




しかし、20年間 21万kmを走った車だけあって

サッコパネル(サイドのプラスティックパネル)下のタールの付着は半端ではなかった。

P1170475-137.jpg




研く ための下準備を終えた状態です。



研磨作業に邪魔なものは出来る限り取り外す。

そのほうが仕上がりが良いのは当然の事となります。



特に今回の車両のように固形ワックスが主流であった時代に使われていた車の場合

フチに入り込んでいるWAXを完全に取り除くには部品の脱着を必要とします。



フチに入り込んでいるのはワックスだけではなく

水垢の付着も実に凄まじい状態となっていました。

P1170587-137.jpg



これが基本的なマスキングを終えた状態です。

P1170585-137.jpg



このサンルーフのマスキングを見ていただきますと判るとおり

マスキングテープが塗装面に乗っています。


このままの状態で研磨作業をすると

テープの下は「研け」ないことは陶然の事となります。

         <接写していますので塗装面の荒れ方にご注目>
P1170591-137.jpg



そこで、本当に厳密な仕事をするときには

テープを張り替えながら、作業に当ります。

これはサンルーフ側をマスキングしている状態です。




時間ばかり掛かり、進まない作業となります。

当然、費用もかさみますが仕上がりは断然差が出ます。

P1170593-137.jpg



このブログではほとんどご紹介したことが無いものですが

最も信頼のおける 私の相棒 ポリッシャーです。 (シングルポリッシャー)



今回のように荒れた塗装の場合

切り込む(削る)必要性があるので

最も切れるウールバフを使用します。



この日立製のシングルポリッシャーの場合

1800rpmの定回転ですが

モーターのトルク特性を利用できるようになれば

数種類のバフ と 数種類のコンパウンドさえあれば

最終工程寸前までこの1台で仕上られます。

P1170595-137.jpg



長年使い込んだポリッシャーのグリップです。

見事な鏡面に!?  

P1170596-137.jpg




ルーフの面を 研いた後

Cピラー側のルーフ面を研いた状態です。

P1170601-137.jpg




ルーフサイドにエッジがある場合

ルーフを研いている際に、エッジにダメージを与える事があります。(下地を出す)

そのためにマスキングをしていますが

このまま次ぎの 磨き行程へと進めば

このテープの下の面は研かれないままに終わることになります。

そこでマスキングテープを剥がして

エッジそのものを研きます。

ポリッシャーの回転方向(エッジを巻き込まない方向)を利用して研き作業を行います。

P1170602-137.jpg



ボンネットフードです。

右側が研いた面です。

蛍光灯の映り込み方が明らかに違う事を確認していただけると思います。

P1170605-137.jpg



コンパウンドかすで粉だらけになります。

P1170604-137.jpg



全面を研き上げて、

キズのあるなし そして、均一性のチェックです。



研いているときはバフから伝わる反動と

バフが通った後の塗装面を部分的にしか感じられない為

作業後のチェックは重要となります。



万一、見落とした場合

もう一度同じ行程に戻らなければならなくなります。



言葉で言えばそれまでですが

粗いコンパウンドを使用した場合

一度水洗いを行なうので

前の行程に戻るとなると

マスキングを剥がし、水洗い、乾燥、マスキング

手間と時間が掛かる事になりますので

均一性のチェックは、見逃せない作業となります。

P1170688-137.jpg




この研き (磨きではなく) の行程を経た塗装面だけが

艶を得られます。



凹凸の強い塗装面 (ユズ肌の強い塗装) では在り得ない艶です。

まっ平に近づく事で鏡面になり

映り込みが映える(ハエル)現象こそが 【艶】 です。



艶と光沢 混同して使われがちですが

似て非なるものです。

P1170730-137.jpg



リアウィンドの映り込みと

Cピラーの映り込み

見比べてみてください。

P1170733-137.jpg



自分の仕事に自身が持てる一瞬です。




光沢を上げる作業は、艶を上げる作業ほど神経と時間を使うものではありません。

艶を引き上げた上で

光沢を引き上げる

これが本当の私達「みがき屋」の仕事だと考えています。



近日中に取り外したパーツとフチをご覧頂く事にします。

どれほどの状態だったか・・・

お楽しみしていただけると嬉しいのですが









maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

BMW X3

 
どんどん車種が増え続ける輸入車

メルセデスが S E C SL 190 G のシリーズが判ればよかったものが

CLK SLK CLS この辺りまでは私も付いてゆける

R ML V 何とか判る・・・

でも A B となると一見して その差が判らない。。。



完全にオヤジ現象を発症している。


BMWもである。

かつては 7 5 3 そして 6シリーズと 8シリーズ

Z3 と Z4 その差は?

X3 と X5 うん~~~ 唸ってしまう。


流行りモノに興味を持たなくなる年齢に達してしまっていました。



そんな私が始めてBMW X3 を磨いた。


P1170530-136.jpg



まず、驚かされるのは

外版の薄さ!!

凄~~~く 薄いのである。

バイクのFRP製のカウルかと思うほど。

(間違っても駐車中のX3のボディを叩かないように、叩きたいならショールームへ)

ポリッシャーを押し当てるのをためらうほどです。



光沢を引き上げて

ポリマーを掛けて


今ひとつ締りが無い。。。



かつてのボルボと同様、

P1170533-136.jpg



黒いままのプラスティックパーツに白ボケが出始めている。

しかも、フロントバンパーからリアバンパーまでその面積の広いこと。

P1170536-136.jpg



モリスの原液をヌリヌリ

一周塗り終わって、暫らく時間をおいて 水を掛ければバッチリです。

P1170539-136.jpg



今後 このラインナップに ×1 とか ×2 も出てくるのかな?

オヤジギャグにて 本日は終わり。







maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

W124 AMG E60

 
今回はW124の中でもE500を更にパワーアップさせた

AMG E60 (ブリリアントシルバー) です。



まずは作業前のボンネットフードを

しかし、ココで私は大失敗を犯してしまった・・・

流石にE60を前にして緊張していたのか? 動揺していていたのか?

それとも 25年前から摂取するようになったアルコールの影響が出始めたのか?

手ブレで見れたもんじゃない!?



という事で、入庫時のボンネットはナシですが

ファーストカット後からの変化です。

P1170425-135.jpg



段階的にコンパウンドの粒子を下げて行き

研く 作業から  磨く 作業へと変化させて

求める光沢まで磨き込みます。

艶は、研きの段階で決まります。

P1170429-135.jpg



コレが磨き終えた状態

P1170435-135.jpg



このCピラーをご覧頂ければ

作業前の塗装状態はお察しいただけると思うのですが

P1170414-135.jpg



研き&磨き 終えれば

P1170427-135.jpg




リアドアは作業後です。

リアドアに写り込む蛍光灯は ニジミ が減少しているが

フロントドアの ニジミ は激しい。



コレが 肌調整 と呼ばれる作業です。

P1170420-135.jpg



フロントの研き作業(肌調整)を終えると

下の写真の様になります。



光沢を引き上げる作業は経験を積まなくとも出来る作業ですが

肌調整は、バフとコンパウンドの選定と

研き手の目と経験だけが ものを言う世界です。

P1170424-135.jpg



リアのスリーポインテッドスターを取り外した時

やられた~!!


この裏側に小さな ↑ が見えますでしょ

実はコレ 装着する際の上方向を示すマークなのですが

塗装屋さんが取り外した際に、何も考えず装着していた。。。

しかも、現オーナーさんはトランクパネルの塗替えはしていないとおっしゃっていたので

何年ぐらい120度回転させられてまま付いていたのか???

P1170437-135.jpg



よって、きちんと付けると浮きが出てしまいます。

オーナーさんに御説明させていただき御了解を得る事に。

P1170440-135.jpg



はっきりと申しますが

この塗装のクラックは、私の手ではどうにもなりません。



塗装にクラックが入った場合、みがき屋では手に負えないのです。



完全に塗装を剥がして、再塗装をしなければならない。

表面だけを剥がすと、数年すると再度クラックが入ります。



これは、鉄板の膨張率について行けない塗装が割れる現象ですから

費用は掛かっても、キチンと施工できる塗装屋さんへ依頼すべき作業となります。


(クラックが見やすい光線加減で撮影している為、色が違って見えますが同一車両です)
P1170378-135.jpg



このお車のオーナーさんからの依頼で

フチも切れに仕上ます。



手間が掛かる分 費用もかかりますが

仕上がりは断然違います!!


ヘッドライトワイパーの付け根のゴムも (^^

P1170445-135.jpg



マスコットもくすみが出始めていたので

P1170363-135.jpg



最終最後の仕上で引き締めます。

運転席からの眺め 断然違いますよ~!

P1170458-135.jpg





お預け頂く時は、緊張でこわばっていた表情ですが

(当然です。愛車を預け外科的な手術を施すのですから・・・)

納車の際 オーナー様の笑顔を見せていただけるのが何よりの楽しみです。



どこまで手を掛けるのか?

どの程度まで御予算をいただけるか?

事前の打ち合わせが、仕上がりを左右しますので

遠慮なくおクルマをお持込頂き

現車を見ながらお話できれば幸いです。



事前に御予約頂ければお見積いたします。


突然の御来店は、作業の遅延となりますので御勘弁を。。。









maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

ぐうぅぅぅぅ~~~~~

 
W116 通称 ダブルバンパー です。

珍しい色

740 pastel grey
751 ascot grey
それとも?

本当のカラーネームをご存知の方お教え下さい。

P1170267-134.jpg

P1170268-134.jpg

P1170270-134.jpg



ルームランプも焼けていない。

本来ならば貴重な個体、、、

P1170240-134.jpg



W126よりも その作り込みは一段

いや、遥かに上かもしれない。

P1170237-134.jpg



飽きの来ない この雰囲気

P1170265-134.jpg



これほど状態の良いものであった

P1170279-134.jpg

P1170235-134.jpg



フルオリジナル しかし、判る方には判るでしょ。。。

P1170225-134.jpg

P1170224-134.jpg



この 鬼型ヘッドレストもGOODです。(某お笑い芸人風に表現すれば 「ぐうぅぅぅぅ~~~~~」 )

P1170247-134.jpg



電子デバイスとは程遠いが

真面目に考えて作り上げた結果が

P1170149-134.jpg



この洗練されたカタチ

無作法にボンネットフードに取り付けられているウォッシャーノズルなど愚の骨頂と言わんばかりか、、、

P1170148-134.jpg



ヘッドライトウォシャーノズルも金属製

P1170263-134.jpg



走行中にボンネットフードがビビッたり たわむ事も無い。

P1170217-134.jpg



しかし、放置された結果

当店への入庫となる。


勿体無い その言葉しか出てこない。。。

P1170130-134.jpg



普段見ることは無いが

こんなところにも創りの違いが出ている。

P1170128-134.jpg



コレが私の今回の仕事

アルミモールの光沢復元

P1170273-134.jpg




この車には、この古い車検ステッカーがよく似合う。

それにしても、勿体無い。。。

P1170277-134.jpg




メルセデスが本気で車に取り組んでいた時代のように思う。

他社の存在など気にせず

理想のカタチを追い求め

合理性と安全性 そして 少し洒落た 粋な 遊び心・・・

P1170118-134.jpg





安直なユーザーに迎合したり媚びた車は作らなかったように思えるのは私だけ?











maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

サンルーフ

 
サンルーフの内側に水滴が付着しているのが見れます。

P1170187-133.jpg



サンシェードにはシミが・・・

P1170164-133.jpg



この車のオーナーさん 軽井沢・斑尾高原にある素敵なホテル フォロン の主でもある方で

5年近いお付き合いなのですが

今回東京に来られた際に

雪道走行の汚れを落すべく、ガソリンスタンドで洗車をお願いしたところ



サンルーフをチルトアップしたまま洗われてしまった!!

ありえない洗車・・・



しかも、素直に謝れば許してもらえる可能性もあったのに

店員は水濡れを誤魔化そうと・・・



センターコンソールに置かれていたアイポッドも水没

CDのジャケットはよれよれ


こりゃ~ 誰だって怒ります。



このまま放置されたら

洗濯物の部屋干しではないですが

生乾きして イヤ~な匂いの原因ともなります。




そこで車内洗浄です。

P1170200-133.jpg



専用のルームクリーニング用の洗剤でよくよくブラッシングして

水を噴きかけながら、汚れと洗剤成分を吸い取ってゆく

P1170201-133.jpg



天井も本革シートもブラッシングして

P1170205-133.jpg



気になるのはオーディオ類

中に入り込んでしまった水分が後々 悪影響を与えなければ良いのだが。。。

P1170206-133.jpg



ガソリンスタンドの対応の不味さはそれだけではなかった・・・

前日の水濡れ故直後、オーナーさんから作業依頼を受けていたのに

ガソリンスタンドが保険会社に事故報告を行なったのが翌日昼近く


そのとき、既におクルマは入庫済み

洗浄作業の大半は終了した頃に

保険会社より 「これからアジャスター(損害の程度を調査する方)から電話させます」


遅い。 遅すぎる!

写真は撮っていたので事なきを得ましたが

対応の不味さに加え、その後の処理の遅さ!

P1170282-133.jpg



話は変わりますが

久しぶりにお会いしたオーナーさんとの車談義で

VOLVO V70XC 雪道では大変便利だそうです。

今年の夏、軽井沢に誘っていただきました~ (^^

でも、時間取れるのか。。。
関連記事

どデカイ ミニバン

 
シボレー クスプレスバン

全長×全幅×全高(mm)  5691 x 2018 x 2072

排気量(cc) 5327  最高出力(馬力) 290

かなり イヤ 相当デカイ!!

P1170108-132.jpg



ミニバンに分類されるが

ミニバンと言えるのか? と思うほど・・・

P1170107-132.jpg



Wikipediaによると

ミニバンとは

ミニバンの規格的な定義は存在しないが、一般的にはステーションワゴンに比べ背が高く、乗車席が3列の場合が多い。1.5BOXや2BOXとも言われる形状でもある。車検証記載上はステーションワゴンと扱われる。

ヨーロッパではMPVやモノスペースとよばれる場合が多く、いわゆる2BOXの形状で前部にボンネット、後部に居住空間を持つ乗用車である。スペース効率を上げるため乗車姿勢はアップライトとなり、車高はセダンと比較して総じて高めである。そして3列目(サード)シートを備えている点もミニバンの要素の一つとされている[1]。キャブオーバータイプのいわゆるワンボックスカーは含まない。

「ミニ」バンと呼ばれるものの「ミニ」という語には日本においては大きさを表す意味は無く[2]、ミニ「バン」の「バン」も貨物車を表している訳ではない[3]。よって「ミニ」+「バン」と分けて捉えるのではなく、「ミニバン」という一つの単語として捉えるのが適切である。


初めて知りました~

私 てっきり小さな(ミニ)バンだと思っていた。。。

P1170106-132.jpg



ビシット内装を仕上て、納車待ちの状態を作り上げるのが私の今回のお仕事。

P1170109-132.jpg



とは言っても、汚れはごく僅かしかない。

それもそのはず・・・

新車です。


ナビ&オーディオ&AVを入れ替えられた際に付いた手垢とホコリがあるけだから

P1170110-132.jpg



そんな心配りが出来るお店は珍しいでしょうね。

ガレージダイバンの橋本店長">ガレージダイバンの橋本店長 ならば痒いところに手の届く存在では (^^


P1170111-132.jpg



都内でも駐車スペースでは悩みが出るかもしれないが

こんな車でのんびりと遠出するなら

仲間とワイワイと 

きっと楽しい時間になるのでは?



珍しいアメ車ネタでした!








maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

UVカット それだけは不足!!

 
突然ですが、、、

カーフィルム 貼ります!!


オススメ は、何と言っても ≪ 高性能透明断熱タイプ ≫ です。


まずは少しお勉強の時間です。

昔、学生時代にプリズムなんてありましたよね~ (昔と思うのは私だけ?)


太陽光が虹色に別れて見えたアレです。


太陽スペクトルは

    紫外線 UV-C 免疫力低下や眼球障害を起こすと言われる有害な波長。
              地上にはほとんど到達しないそうです。

          UV-B 体に赤斑や火ぶくれ(サンバーン現象)を起こす波長。

          UV-A 小麦色の日焼け(サンタン現象)などを起こす波長。

    可視光線    人間が明るさとして認識できる波長。

    赤外線 IR    熱、温度、暖かさなどに関わる波長。

などに大別できます。



女性用の化粧品ではUVカット商品は既に多く存在しておりますが

今回お勧めいたしますのは ≪ UV & IR カット ≫ です。




車を運転している時、

腕がジリジリと焼け付くような思い

日差しに晒された顔が火照って、集中力が散漫になった経験ありませんか?



これらは全て IR波長の光線のエネルギーを直に受けているから起きる現象です。

干物や焼き鳥を焼くには遠赤外線の出る炭で焼くのが美味しいですが

車内で遠赤外線は無用存在では?




最近発売されている車には UVカットガラスが装備され散るものも多く見受けれますが

熱エネルギーを遮断するには IRカットが必要なのです。



今時 フィルムを貼るなんて~ と言うアナタ お試し下さい!!


透明だから違和感など一切ナシ!!

熱遮断効果により、年費の向上 省エネにも!!



店主の私はフィルムを貼る腕を持ち合わせておりませんが

頼もしい助っ人君が入りましたので


4月末までは、特別セール期間として (助っ人君をこき使おうと言う魂胆ではありませんが・・・)


セダン&クーペの全面 (フロントガラスは除く)で


45000円のご奉仕価格 で貼らせて頂きま~す。


※運転席・助手席以外のフィルムはお好きなカラーをお選びいただくことも出来ます。


まずはガラスのお掃除から

P1170096-131.jpg



異物が入り込まないように貼り付けてゆきます。

P1170097-131.jpg



慎重にフチを水きりゴムの中に・・・

P1170099-131.jpg



余分な水を抜いてゆきます。

P1170100-131.jpg



完成!!

どうです。

雰囲気は全く変化ナシ!!


この車でフルスモークだと怪しすぎるとの御意見も。。。

P1170105-131.jpg



実はこの UV & IR カットフィルム

乗っている人間に優しいだけではなく



ウッドパネルや本革など

熱や太陽光が苦手な素材にとってもありがたい存在なのです。



是非 車を大切にされている方や旧車乗りの方からも、悦びの声を聞かせてくださいネ!!







maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

極上仕上で変身予定のお車

73台ものエントリーを頂きました【徹底的に極上仕上の車両を創る】の企画ですが

先日、私も始めて当選者の方とお会いさせていただき

おクルマを拝見させていただきました!

1989年式 300SE

ボディーカラー:smoke silver metallic (702 )

インテリアカラー:leather medium red (267)

どノーマルのW126でした。

P1010792-130.jpg



ヘッドライトは要バラシ 中まで綺麗に掃除する必要あり。

ウインカーレンズは、かつて使われたワックスが黒色変化しています。

P1010797-130.jpg



この年式の車にありがちなワックスの拭き取り残し 目立ちます!!

P1010799-130.jpg



サイドミラー周辺も水垢が・・・

P1010800-130.jpg



ドアノブは周辺も

P1010803-130.jpg



しかし!!

流石親子二代で大切にされているだけのことはあります。



このモールの輝き

私の出所が判らない500SEとは比較にならない!!  (ショボン。。。


地下駐車場保管とのこと

雨に晒されていなければ、これほど程度が良い状態で維持できるとは

改めて感心しました!!

P1010804-130.jpg



ドアを開けた周辺も一度きっちり手をければ

スッキリと元に戻るはず

P1010816-130.jpg



メーターの針も黄色に変色せず

オレンジのままです。

しかも、この距離で!

P1010813-130.jpg



今は無くなってしまった10万Kmオーバーの証明も受けられています。

P1010818-130.jpg



さて、この車がどこまで変身するか!?

私も楽しみにしながらみがいて行きます。



作業に掛かり次第 皆様にも御報告差し上げま~す。













maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

高額 ≠ 高級


高級車と呼ばれる車は多数あるが

現在新車として販売されている車で本当に高級な車があるのかと疑問を持たざるを得ない時がある。

高額車 ≠ 高級車 であるから。



どんなに電子デバイスを搭載して安全性・快適性を求めた車であっても

15年、20年先まで使われることを考えて作っている車が現在あるだろうか?



高額車ならばどのメーカーも作れるはず。。。



しかし、高級車を創れるメーカーがなくなってしまった気がしてならない。



その場さえ良ければ、受け入れてしまうユーザーの購買責任もあるのだろうが

『 本質 』 最も大切な事が忘れられているのではないかと・・・




飽きる事無く、大切にしたくなる本物のデザイン

そのデザインが裏打ちされた素材の耐久性。

そして、何より 高級車を長く維持する上で必要な

メーカーのパーツ供給体制!






この20インチホイール

新品で買うとイクラすのであろうか?

まばゆいばかりのメッキである。

P1160931-128.jpg



しかし、5年も経過しないうちに錆が浮き出ている。

コレを高級と呼ぶ人が居なくならなくては本物が駆逐されてしまう。

P1160929-128.jpg




そして、このエアロ、、、

どうやってリヤフックを?

P1160928-128.jpg



【 短小軽薄 】 古い言葉に聞こえるが

現在のこの国における商品の全てがそう思えてくる時がある。

言葉の「勢い」と「装飾」だけが先行し

そこにあるべき本当の姿、本質的資質をもくらまし、誤魔化されるフレーズに踊らされる。





本当の感動は本物に触れたときにのみ感じるもの

偽物 バーチャルの世界しか知らなければ

感じられるはずの感動も得られないのではないのだろうと思うのは私だけ・・・











maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

キズ防止策? 無作法さえなければ・・・

 
新車時に張られているテープ

しかし、今回のテープは市販の透明のテープでした。

P1160895-127.jpg




キズの防止には役立つけれど・・・




テープの隙間から水が入り込むと抜けない

        ↓

     錆の原因となる


よって、オーナーさんにお話した上で剥がす事に


P1160898-127.jpg




サイドシルプレートに付いた糊をキレイに取り除くと

本来の姿に


P1160900-127.jpg




私が子供の頃

敷居を踏もうものならば 祖母に叱られたものであった。

敷居は踏んではならないもの。



何度か叱られるうちに 当然として受け止めるように・・・



そんな風に育てられた私だから

サイドシルに足を掛ける事などありない。



ファミレスの玄関を開けた途端

子供が走り回っていると、即Uターンしてしまう。



無作法と元気は違うはず。









maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

問題を先送りせず、解決させる。


W220 S500 エメラルドブラック (189 emerald (green) black metallic )

不思議と人気の無い色ですが、私は大好きな色です。




ボンネット右半分に何か引きずったような傷があります。(写真では、向かって左)

スゴ~ク目立つキズに思えますが・・・

実際には目立ちます!

P1160903-127.jpg



このキズは、極浅いすり傷が連続している為に目立つのです。

部分的にヘアースクラッチが整列し束になってしまっているだけ。

P1160906-127.jpg



キズは深くはありませんので、少し研くと簡単に落ちます。



キズの正体とは?

線キズは、平坦な塗装面に連続した凹みが出来た状態です。

その深さは0.1mmに満たないものがほとんどです。

薄皮を剥ぐように、表面の一部を削り落としてやる。

削る深さは、窪みの底辺まで・・・



塗装の厚みのうち、ホンの少し削り落とすだけでよい。



下の2枚の写真を見比べるとその違いは明白。

P1160915-127.jpg

P1160918-127.jpg




ここで間違っても傷を埋めようとしてはならない!

塗装の表面はダメージを受けているから・・・

そのダメージの上にどのような表面処理をしても

一度受けたダメージは残るから。




ウソ、偽り、一時しのぎを出来たとしても

本当の問題は解決していないのだから・・・



maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif





logo1.jpg













本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。