スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シボレー・サバーバン メンテナンスポリマー



シボレー・サバーバン(Chevrolet Suburban)のボンネット

1年前に当店で磨いたのですが・・・


P1070892-237.jpg



V8エンジンの熱はなかなかエンジンルームから逃げないようで

イオンデポジットがびっしりと!!




ボンネットだけ追加料金を頂いて

キチンと磨けばこの通り! 



P1070924-237.jpg



アメリカンSUVの場合プラスティックパーツがふんだんに使われています。

ココが白くなると どうしても古臭く見えてしまう。



そんな時は、グラニタイズのバンパーシャイン[AG T-9] が役立ちます!!


P1070919-237.jpg



こんなサイドモールとステップも


P1070905-237.jpg


バンパーシャインならば、この様に!!

アメ車乗りには便利なアイテムですよ~



タイヤワックスとしてお使いいただいてもOKです。

市販のタイヤワックスでは、塗った直後 テカテカしますが

バンパーシャインならば、シットリと落ち着いた感じで仕上がるのもGood


P1070921-237.jpg


マフラーの出口も汚れています。


P1070903-237.jpg


チョコット磨いてやれば (^^

こんなワンポイントの作業が全体の雰囲気を変えてくれます。


P1070934-237.jpg



運転席ドアのスイッチ類の中に

靴のマーク見えますでしょ~


P1070931-237.jpg




このスイッチ一つで

ペダルの位置が操作できるスグレモノ機能!!



シートとハンドル位置は、現在販売されている車のほとんどが自分の好みのポジションに調整できますが

ペダル位置まで調整できるのは、この上ない便利な機能です。



P1070933-237.jpg



しかし、サバーバン  デカイです!!

普段 こまめに洗車する気にならないでしょうね~




当店ではこのサイズが入ると天井が低く思えます。



でも、このサイズが本格的アメリカンSUVの楽しみ!!



P1070926-237.jpg









FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



スポンサーサイト
関連記事

日帰りドライブ



心地よい風に吹かれながらのドライブ 最高ですよね!


朝起きて、仕事が無いことに気付き

思いつきドライブです。




行った先は、筑波山。


P1070666-236.jpg



まずは、筑波神社で手を合わせてから


P1070667-236.jpg



ケーブルカーで山頂を目指します。


P1070674-236.jpg



乗り物があれば乗りたくなる我が夫婦です。


P1070679-236.jpg



極めて簡素な運転席です。

ココで疑問が・・・

架線が無いのに、電源が供給されている。


バッテリー駆動なのだろうか?


推進力は、全てケーブルに頼っている事は理解できているが

車内放送や蛍光灯の電源は?


気になるところです。。。。。


P1070681-236.jpg


2台の列車がケーブルで繋がれ

そのバランスを利用しているケーブルカー

必ず中間地点ですれ違う事になるのですが

写真には撮れなかったが

軌道が交差するポイント

通常のポイントとは異なる構造だった!


40にして始めて気付かされた。


P1070689-236.jpg


このワイヤーが切れたら・・・

想像したくないですね~


P1070697-236.jpg


平日の山頂は閑散としていると思いきや

幼稚園児のと小学生の遠足でにぎやかでした。


P1070702-236.jpg


少しもやった状態。


P1070704-236.jpg



お昼を食べた食堂で見つけた

懐かしい玩具。



P1070705-236.jpg


四六のガマの写真を撮り忘れたので

頂上への道の途中にあったガマ石を


P1070716-236.jpg



山頂からの眺めです。


ロープーウェイ 見つけた!!


P1070720-236.jpg



この筑波山ロープーウエイ

関東平野の夜景を見れるとの事で

夜間運行しているそうです。



彼女を誘えばいい雰囲気になり事間違いなし!!

ちなみに、筑波山口までの道に♨があります。

(若い方には理解不能かも・・・・)


P1070731-236.jpg



タイムスリップしたような時代感覚に襲われるのは私だけでしょうか?



P1070741-236.jpg



お次はバスです!


P1070743-236.jpg



どうですか~!!

木の床 油引きした木の床ですよ!!!!



私が小学校に入学した頃を思い出させる香りです。


P1070744-236.jpg


年季の入ったバスでしょ~


P1070745-236.jpg


帰りは下道 6号線でのんびりと

この道は走りなれた道ですが

昼間走ることは滅多にない道なので

以前から気になっていたポイントをご紹介します。



国道125号線から国道6号に乗り換え

6号 土浦バイパスを走ると

途中に2箇所に

下の写真のようなグルービングが施されているのですが

通常の縦方向ではなく


横に切られているため通過時にタイヤが鳴きます。

しかも、その鳴きがナント!!  三三七拍子!!!


通過速度によってはダレた三三七拍子になりますが、、、

夜中、バイパスを走っていると

眠気を吹き飛ばしてくれます (^^



※動画で撮ればよかったと後悔

P1070757-236.jpg


大きな地図で見る




ごく普通の中古車屋さんに並んでいた2台。

安いのか高いのか?

その前に、買い手は何時現われるのだろうか・・・・・


P1070758-236.jpg



思わず いいのでは!?  っと思わされた1台。

前期、キャップ、アストラルシバー 最近見なくなった車です。


意外なほどの掘り出し物だったりして (^^


P1070653-236.jpg




紅葉には一足も二足も早いドライブですが

この季節を楽しんでみては?















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

これからの季節 屋根開きでしょ!




屋根開き よく中古車屋さんが使う言葉ですが

本当の屋根開きって カブリオレ (cabriolet)!!



断然開放感が違いますからね~

柔らかな日差しの下 足元にヒーターを効かせながら走れば

日常生活から離脱できる事間違いなしです!!

(渋滞する首都高のトンネルでは味わえませんので、是非郊外へ・・・)


P1070461-235.jpg



通常のクーペとは異なり

幌(ソフトトップ)の格納場所も

枯葉やホコリが溜まっているので掃除の際は要注意。


P1070582-235.jpg



フロントガラス上部の接合部分もですね!



P1070587-235.jpg



オープンにして走ると

ホコリも舞い込むので

掃除の際は、隅々まで手を掛ける必要があります。



レール脇に落ちているのは?


P1070588-235.jpg



ワインのコルクと柔らかい金属のカバー(本当はなんと言う名称?)

???

走行中にワインを開けた?


P1070589-235.jpg



最近 道交法の改定により

リアのシートベルトが背もたれやシートに下に入って使用できない状態では

違反キップを切られることは確実なので



P1070590-235.jpg



直ぐに使えるように (^^



P1070591-235.jpg



横転時のロールバーの役目するリアのヘッドレスト(無骨ですね~)も

忘れがちですが、掃除すべきところです。


P1070611-235.jpg



せっかくココまでキレイにしても

このようなクロームメッキパーツがくすんでいたら台無しですかね!



P1070633-235.jpg



この状態で来るに乗り込む時

カブリオレの楽しみが始まります。



P1070640-235.jpg




同じような角度空の2枚の写真 見比べてみてください。


P1070643-235.jpg

P1070646-235.jpg



屋根を開けた方が、断然クルマのラインが綺麗でしょ~




騙された思って、一度屋根の開くクルマに乗ってみてください。

ガラス張りの何とかキャノピーなんかとは訳が違いますから (^^










FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif









関連記事

シフト&パワーウィンド バックライトのLED化



まずは灰皿の固定ビスを抜いて


P1070489-234.jpg



センターコンソールの小物入れを取り外します。



P1070485-234.jpg



ウッドパネルに傷が付かないように慎重に

シャルターリングを取り外し


P1070490-234.jpg



パネルの固定用ビスを抜く。



P1070492-234.jpg



ウッドパネルを外す時は、反らせて表面にクラックが入らないように!



P1070495-234.jpg



緊張の連続から開放されると

ようやく本題のパワーウィンドスイッチに辿り着ける。




P1070497-234.jpg



中を見てみると こんな感じ。

意外と単純なのです。


P1070539-234.jpg




LEDと抵抗を切り離します。



P1070549-234.jpg




パーツは絶対に無くさないようにしなければなりません。

接点のシーソーは、グリスが付着しているので

カバーとは別に一時保管です。


P1070545-234.jpg



打ち替えたLEDです。

好みの光量に合わせて抵抗値を選択してください。



P1070550-234.jpg



不用意にバラスと

このバネとベアリングボールを失うので要注意ですぞ!!


P1070557-234.jpg



純正のLEDに13Vを負荷してもこの程度の明かり



P1070558-234.jpg



色味と明るさをチェックしてから作業を開始してくださいね!

一度 半田付けしたものをバラス手間は誰にとっても嫌な作業ですからね~



P1070537-234.jpg



シフトポジションのバックライトもLEDに変更です。


P1070500-234.jpg



ヒントはココまで!!


光軸をキチンと合わせてやれば・・・  OKなのです。



P1070503-234.jpg



そして、メーターも


これがメーターを引き出す 秘密兵器?


P1070522-234.jpg



爪を掛けて  ジ~ワッ~~~~~ト 引き抜いてゆきます。




P1070521-234.jpg



このスピードメーターワイヤーが鬼門です。



初めて抜く時は固い!!

入れるときは、もっと難儀します。



私のように腕の細い人間には、隙間が無さ過ぎなのですよ~



P1070525-234.jpg



純正状態をシャッタースピード 1秒で撮影


P1070482-234.jpg



LED化した状態 1/8秒で撮影


P1070620-234.jpg



W124&W126で


シフトポジションバックライト&パワーウィンドのバックライトのLED化 40,000円 となります。


W124のメーターのLED化は 27,800円







DIYで行なえばパーツ代は1,000円以内です。

工賃とリスクを負うとこれだけ頂いても・・・




ウッドが割れたら いくら?
















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

ポリマーコートのメンテナンス



ヘッドライトの隙間からオイル垂れたのような跡が・・・

オーナーさんとともに不思議に思いボンネットを開けてみたが

これと言って漏れた跡は見つからない?


防錆塗料?


不思議です。


P1070396-233.jpg



ルーフの先端にチッピングの跡が

そして、その傷を消そうとして粗いコンパウンドが使われた痕跡が・・・


P1070401-233.jpg



赤が本来の発色をやや失いつつある塗装です。



P1070406-233.jpg



昨年キチンと磨いたのですが1年で明らかに劣化しています。

オーナー様とご相談させていただいたところ

近々手放すかも・・・

距離も5万kmだから・・・

乗り換えたい気持ちに火がついているようです (^^



ならば話は簡単!!

私ならば とご提案させていただき

軽い研きを与えて、ポリマーコートをします。



もしも、思うようなクルマが見つからずに1年経って

手放さなかったら来年はビシット隅々まで磨き上げましょうと話は早い。



お付き合いが長くなればアドバイスもし易くなります (^^)



P1070431-233.jpg



1年間の車内のホコリを拭う為

クイックルームクリーニングをご用命いただきましたので

こんな処も


P1070426-233.jpg


これならOKでしょ~


P1070428-233.jpg



名前はクイックですけれど

GSの掃除機掛けより遥かに丁寧です (^^



そのまま中古車販売店に並べても大丈夫な程度まで掃除します。

 ※極度な汚れが見受けられた場合はスタンダードコースをお勧めします。


P1070448-233.jpg



Audi RS4 Avant 

イイ車ですよ~

マニュアル車の楽しみがギュッと詰まってます!

P1070458-233.jpg



余裕があるならば欲しい1台 (^^















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

老舗の悩み処?


このコインホルダーとカップホルダーの必要を本当に感じ

この位置に配置された事を本当にありがたく思うユーザーはどれほど居るだろうか?


P1060957-232.jpg




かつてその操作系はどのサイズの車に乗り換えても戸惑う事はなかった。



しかし、ある時期から最もその設置位置に戸惑っているように見受けられるのが

このサイドミラースイッチだろう。


P1060978-232.jpg



パワーシートのスイッチは伝統的なシートを型取った物である。

一度、その使い方が判ればこれほど単純明確なものはない。



しかし、この当時まだ車内ドアノブの間接照明がない為

真っ暗な道で、乗りなれない友人はドアノブを手探りで探し

シートを動かしてしまう事もあるだろう。



パワーウィンドのスイッチもこの位置が使い易いとは言いがたい。

特にこの車のように右ハンドルだと

アクセルを踏んでいる右モモの脇となるから・・・


P1060976-232.jpg



エアコンの操作パネルは初めてでも戸惑う事はない親切な仕上がり。



しかし、オーディオの操作は?

このテンキーを運転中に操作することは

運転中の携帯電話での通話以上に危険である。


P1060968-232.jpg



装備品が増えるにつれ

その操作の為のスイッチが増え

その配置のあり方に悩んでいる様が伺えるように思うのは私だけ?




かつて、あったら便利だろうな・・・

欲しいな~ と言う装備が付いてくるようになったが

使い勝手の悪い配置はいただけない。



大きな不満を持つようなクルマ創りこそないが

あと一歩踏み込んでもらえたら

そう思わせるのがこのごろのメルセデス。



モデルチェンジが早まったせいか?

それとも企業利益の追求?


P1060964-232.jpg



乗れば便利、2300cc 1800ccでありながら不足を感じさせない走り。

 ※271エンジンは1800cc+スーパーチャージャーです。(御指摘有難うございます)

ヘッドライトの形状の好き嫌いはあるとしても

その出来は国産のステーションワゴンを凌ぐことは明白である。


P1060985-232.jpg


現行Cクラス いかがな仕上がりになっているのか?

個人的興味です。














FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




関連記事

ブログ通信簿


  ブログ通信簿  ってご存知ですか?


ブログのURLをコピー&ペーストして 「通信簿を作成」 をクリックするだけで通信簿を作成してくれます。



学生時代学期松に先生からもらった通信簿は見せられませんが

この通信簿なら公開しても (^^



まずはこの 「 車のみがき屋 なんでも日記」 ですが

081017 なんでも日記





私の趣味のページ 「 W126放浪記 」 は?


081017 W126



良くも悪くも 「 一般生徒 」 だそうです ( 安心してイイの???

確かにW126の方は、もう少し頻繁に書くべきかと思っていましたが・・・

でも、ブログ年齢59歳 ってなんだろ?????




この通信簿を見て

私の進路は決まりました!!



目指せ ディーラーマン!

みがき屋としては認めてもらえてない。。。。。。。。


今から採用してくれる処 あるかな?



ブログをお持ちの方 一度試してみるのも面白いですよ~







FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

最低限必要なバランス 内装編

 


ドアを開いた瞬間 キタナイ・・・



シートや内張りにもシミが

ダッシュボードは水性タイヤワックスが使われたようなテカリとベタベタ感が


P1060767-231.jpg



リアシートもシミだらけ


P1060775-231.jpg



フロアカーペットを含め

足元周囲は汚れ放題


P1060769-231.jpg



メッキのカバーもくすんでいます。



P1060781-231.jpg




ラゲッジルームもシミと汚れが多数

スペアタイヤのカバーの色飛びは 私にはなんとも出来ませんが

出来る限り元の状態にも戻すのが私の仕事です。



P1060779-231.jpg




ナビのモニターの裏側

ホコリが積もったままです。



P1060787-231.jpg



掃除すれば、この様になります。


P1070052-231.jpg



センターコンソール

ウッドパネルはワックスで指紋だらけ



サイドミラー調整用のSWの周囲は凹んでいる為

ホコリの溜まり場



P1060789-231.jpg



掃除機を掛ける前なので

シフトブーツに溜まったホコリとゴミをエアーブローで追い出します。



P1060823-231.jpg



シフトレバー脇のシルバーのラインがくっきりと映えて見えるまで磨くと

自然な感じに仕上がります。



P1070053-231.jpg



エアコンの噴出し口 ルーバー周辺もホコリが積もっています。




P1060786-231.jpg


薄めた中性洗剤をスプレーして ブラッシング

出来る限り中まで




P1060840-231.jpg



割り箸などにタオルを巻きつけて

汚れを吸着させます。



もちろん、左のカップホルダーも取り外して同じ作業を







エアコンのロータリースイッチはノブを外して



P1060836-231.jpg




何年分のホコリなのか・・・・


P1060837-231.jpg



シフトレバーの頭は


P1060838-231.jpg



人が触る部分だけに・・・


P1060839-231.jpg



サードシートを起こして見ると

シート表皮の折り返し部分が出ている!!


P1060818-231.jpg




まずはこの補修をして

内張りに使われているプラスティックとビニール素材のブラッシングによる汚れ落としです。


P1060827-231.jpg



≪この作業はDIYでも十分出来ます≫



ここも薄めた中性洗剤をスプレーして

ブラッシング!



P1060829-231.jpg



綺麗なタオルで拭き取り


P1060830-231.jpg



一度目ではこんなに汚れています。


スプレー ブラッシング 拭き取り を何度か繰り返して汚れがタオルに移らなくなるまで繰り返す。



P1060831-231.jpg



天井も同様にです。


P1060853-231.jpg



キタナイ!!

リアでこの汚れ

運手席の周囲はさらに汚れているはず。


P1060854-231.jpg



このグリップの汚れている。



P1060846-231.jpg



ブラシを叩き付ける様にして

ブラッシングすれば

この通り!!




簡単な作業です。

ただし、クルマ1台まわると・・・

朝 作業開始すると昼メシの時間が過ぎてしまうことは必至です。




P1060847-231.jpg



リアシートを取り外してみると・・・・

ヒドイ!!   酷すぎる!


P1060875-231.jpg




シート フロアカーペット など内装に使われている生地の部分は

このリンサーでキレイに掃除します。



P1060877-231.jpg



まるで汚れきった窓を拭いた時に出るような汚水です。



P1060863-231.jpg



仕上がりはこんな感じです。


P1070031-231.jpg




洗いあげた時は、生地が濡れている為

見えない汚れがあります。



乾燥時、表皮下から

過去にこぼしたコーヒーやジュースのシミが浮き出る事も多々ありますので

乾燥させてチェック 


シミが出たならば 再度洗いです。


P1060886-231.jpg



ガラスを拭いて

メッキパーツを一点一点磨いて 完成です。


P1070010-231.jpg

P1070024-231.jpg

P1070028-231.jpg



こんな部分も忘れてはならない部分です。


P1060793-231.jpg

P1070062-231.jpg



本当は艶出し剤は使いたくないが

元がベタベタであった為

余分なワックスを除去し


スベリが出にくく 反射が少く シットリ感の出る艶出しで仕上です。


P1070057-231.jpg




バランスの取れた1台を作り上げる作業ですが

写真でご紹介すれば 外装編 内装編を見て

こんな作業なのか~  ってご理解いただけると思います。




この作業に要した時間5日間 約40時間です。



細かい部分にキチンと手を掛け

必要な作業を行うとご紹介したように

ご紹介していない部分の数多くありますが

クルマが蘇ります。




しかし、これで完璧な作業かというと

そうではない。



でも、実用車としての作業依頼なので

気持ちよく乗ることが出来るクルマに仕上がっているはずです。















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

最低限必要なバランス 外装編

 

23年前、1985年に(ワゴンは86年)販売終了された車ではあるが

いまだこの車のW123のファンは多い。



独特の柔らかい直線を基調としたライン

そして、クロームメッキをふんだんに使用し、塗装と黒いモールとのバランスで成り立つ美しさ。



入庫した直後、全くバランスもあったものではない状態。


P1060756-230.jpg



何がイケナイのか?



これではただの古い車にしか見えない。

大切にされている感など微塵も感じない。


P1060759-230.jpg



雨ざらしで水垢が付着している。

この水垢がラインを太く、ぼやけて見せる原因。


P1060764-230.jpg



放置状態を物語るバックランプのケースの錆

そして、汚れきったクロームメッキ。

P1060765-230.jpg



塗装すらボケが出始めている。



P1060902-230.jpg



最低限必要なことを施してゆく為の作業。

もちろん磨きの際に装着されたままでは作業できないパーツは取り外します。



P1060910-230.jpg



構造上、脇から見える汚れもあるので

ナンバーステーも取り外すべき部品。



何も手を掛けられていなかったことが明白に・・・・


P1060936-230.jpg



こうなれば磨くのも簡単なものです。


P1060937-230.jpg



手間さえ惜しまなければ


P1060938-230.jpg



マスコットとグリルも・・・・・


P1060945-230.jpg



交換したのではなく、磨けば錆さえなければこれぐらいまで戻ります。

無論 表だけではなく

運転席から見える裏側も磨きます。


P1060949-230.jpg




エアコン用のエアーインテークを覆うこのカバーも

取り外して洗浄後、ハードコートで艶を取り戻させて

クロスで磨き上げればこの様に


P1060993-230.jpg


ガラスは透明に

黒いものは黒く

メッキは輝きを

塗装は、艶と光沢を


単純だが手間という時間が掛かります。


P1070008-230.jpg



下から覗かれても 恥ずかしくない状態。



P1070047-230.jpg



こんな処も実は大切です。



P1070048-230.jpg


ドアを閉めたとき

水垢が見えるW123は多い。



P1070050-230.jpg



この年代の車は手間がかかります。

ただポリッシャーで磨けばよい車ではないから!



ほとんどが手作業

しかも、パーツの輪郭を際立たせる為には

パーツの取り外しが必要で、それぞれに手をかけてやる必要がある。


P1070059-230.jpg




適切な磨きやコーティングも必要ですが

コーティングの材質や道具の講釈よりも

みがき屋に 本当に求められているものは何か?

改めて思い知らされる車です。




汚れたままでは他人の目からすると 唯のオンボロにしか見えない。

出先の駐車場で粗雑に扱われ、ドアがヒットしても気に掛けてはくれないクルマ。




バランスを重視した上で磨き上げ乗っていれば

オーナーさんの車への愛着は、他人からも羨望の眼差しに変わるはず。



















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

洗車の時は こんなところも

 
 
リアゲートのフチ 汚れている車が多いですが

ご自身での洗車時、是非とも2階に1回ぐらいは手を掛けてください。




枯葉 特に針葉樹の葉が落ち込みやすい場所ですから

 
P1060558-229.jpg




この様にリアのウォッシャータンクの給水口がある場合は

そこで汚れが溜まる場所となります。



汚れが溜まる → 雨の日に水が伝う → バンパーを汚す


P1060561-229.jpg



ドアヒンジ周りの汚れも同じですね!


サイドスカートの汚れのスジの原因となります。


P1060562-229.jpg



最近はセルフのガソリンスタンドの利用者も増えてきて

給油の際に気になるなるのがこんな所


P1060564-229.jpg



BMW独特の 短い直毛のフロアマットの扱いやすさは感心させられます。

ペルシャ絨毯の様に 分厚く 重い そして 汚れが入り込みやすい素材を選ぶことなどせず

屋外で扱う道具としての必要にして十分な機能を持たせている。


P1060578-229.jpg


BMW 318i ツーリング ちょっとお洒落な1台です。


P1060583-229.jpg













FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

アメ車マガジン 12月号




シボレー・タホ(Chevrolet Tahoe) デカイです。

ドイツ車のV8エンジンに慣れ親しんだ私 久しぶりにアメ車のV8を運転してみると

エンジンそのものさえ目指すところが違うのだろうな~と感じる。 



ついつい自分だけの世界に小さく収まりがちになるが

こんな車で、秋晴れの空の下 広い大地をのんびりと走れれば・・・



いいだろうな~~~~~



オーナーさんであるアメ車マガジン編集部 鈴木氏と話しているうちに妄想族になる二人でした。


P1060533-229.jpg



今回、アメ車マガジンでご紹介いただけることとなりましたグラニタイズ オートグロスシリーズです。




060501オートグロス全体 001-229




このオートグロスシリーズの特徴は

必要な部分に 必要な作業を与えられる事です。




それは私のような車のみがき屋 プロの目から見ても合理的なことで

メーカーであるグラニタイズ社は元々プロ用ケミカルのメーカーとしてスタンスで

一般ユーザー向けに商品開発されているから。


P1060532-229.jpg




このデカイバンパーのプラスティック部分 どうしても白ボケてしまいます。


P1060535-229.jpg





ワコーズのスーパーハードを使うのは高すぎる!! という方には


オートグロスシリーズ AG-T9 バンパーシャイン 4200円がオススメですぞ!




塗った直後でもこの程度の艶しか出ない

少し時間がたてば、プラスティック本来の艶に近づき

妙な光沢やテカリを出すことはありません。


P1060538-229.jpg



こんな塗装部分もチョーキングを起こしたようになりがちですが

バンパーシャインを塗り込んで、綺麗なタオルで拭き上げて下さい。



手軽に、そして、安価に元あったはずの光沢を取り戻せます。



P1060543-229.jpg




ホイールを洗浄したら

タイヤワックスを塗りたくなるのは当然ですよね~




でも、タイヤワックスよっては塗った直後 テラテラになってしまう事もあります。


P1060554-229.jpg



違和感なく、新品タイヤに近い雰囲気に仕上ることも出来るバンパーシャインです。


P1060555-229.jpg




AG-T9 バンパーシャインは

通常の艶出し剤のような水に近いさらりとした液体ではなく

ハチミツのように粘土のある液体ですので

素材が吸い込む分を塗り広げることが容易に出来ます。



だから、タイヤワックスの塗りすぎでフェンダー周囲まで汚してしまう失敗も起きません。


GTZオートグロス商品 007 AG-T9-229





10月15日16日発売のアメ車マガジン11月号12月号 ご期待下さい!!






オートグロスシリーズのご説明・ご購入は下記 ≪洗車に役立つ便利なアイテム≫ より










FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif





関連記事

磨きの基準



以前に一度磨かせていただいたW126 560SEL アークティクホワイト です。

4年の月日がボンネットフードにおいては軽いチョ-キングの現象が出始め

ルーフは、イオンデポジットが



一般的に見れば、キレイな車だろうが

このまま放置し続けると・・・




P1060591-227.jpg



光沢の無さ 見えますか?


P1060594-227.jpg




では、どこで本来の塗装の状態を基準としているのか?

それは、こんなところです。



塗替えされていない車であれば

こんなところやBピラーなどが新車時の塗装状態を示してくれます。



この状態に限りなく近づける作業が本来あるべき磨きだと考えます。




このような作業は、当店の表のメニューには示しておりませんが

(車の状態は千差万別で、作業のスタート地点が異なる為)

ご相談いただければ、施工可能です。


P1060596-227.jpg



前回の入庫時にズバッと切り落としているので

今回は、光沢を引き上げる事に専念します。



前頁でお話した 粒子が来なく柔らかいコンパウンド(切れないコンパウンド)と

使うバフとの相性で長時間の研磨作業となります。


P1060644-227.jpg
P1060645-227.jpg
P1060646-227.jpg

P1060647-227.jpg



変化見て取れますか???

実際に目で見ると、その差は歴然としているのですが

写真にすると、1行程目でさえその変化はわかりにくいです。



最終的には4行程を経てこの様に仕上ました。


P1060693-227.jpg

P1060725-227.jpg



こうなると当然気になるなるのは

こんなところ!!


P1060610-227.jpg



ご予算に余裕がありましたので

サイドシルプレートも取り外して


P1060611-227.jpg




通常の洗車の時には手の届かない部分も



P1060612-227.jpg



ウィンカーレンズやヘッドライト、テールレンズも今回は全て清掃するので

取り外した部分も・・・


外置きだと 4年前に完全に仕上たはずの部分がこれほど汚れるのかと感心します。




P1060615-227.jpg



これはサービスで、ガラスの撥水加工作業をしているところです。

極僅かではありますが、カルシウムスケールの付着が見受けられたので

今のうちならばと・・・



完全に研磨すると、ガラスは親水性を示します。

このように完全な下地を作ってから、撥水剤を塗れば

その効果と持続性は、ただ塗るだけの作業とは全く違ったものを見せてくれます。



P1060618-227.jpg



本来の姿に近づいた560SELです。


P1060727-227.jpg




     関連記事はコチラから














FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

コンパウンドの誤った選択



蛍光灯のあたりが白くなっているの見えますか?


P1060493-226.jpg



ボンネットのこんなところにも


P1060495-226.jpg



ここも・・・

全てコンパウンドで磨いた跡です。




中古車雑誌などで

コンパウンドで磨くと傷がとれる などど簡単に書いてありますが

嘘ではありませんが、真実でもない。



物事には適材適所があり

このような黒の塗装に 少しでも粗いコンパンウンドを用いてしまった例です。



P1060496-226.jpg


コンパウンドには

その粒子の粗さと

粒子の硬さの異なるものがあります。



粗くても、簡単に崩れてしまう粒子の硬度のないものや

粒子は非常に細かいが、セラミック塗装のような硬い塗装に用いるものもあります。




私たちのようなプロの立場から見ると

市販されているコンパウンドは、粗目のものが多いように思われます。




粗めのコンパウンドを用いると

傷は取れても、白濁りが生じます。(多くのヘアースクラッチが生じた状態)



私が使うコンパウンドウンドでも

最も粗いものが中細目です。(年に何回かしか使いませんが・・・)



通常多用するものは、極細目、超微粒子、極超微粒子です。

そして、何より大切なのが段階的に細かい粒子のものへ替えてゆき、仕上ること。

1種類のコンパウンドでだけでは用をなさない。



DIYの時の参考になれば・・・・・



   ≪磨きあげたボンネット≫

P1060531-226.jpg






当店初めてとなるメルセデスベンツ B170 です。



P1060497-226.jpg



かつてのベンツらしさは微塵も感じさせてくれませんが

まるで国産車のような軽快な乗り心地です。



アクセルに始まり、ハンドリングも軽い。

女性でも楽に乗りこなせる車です。




直列4気筒 1698cc(116ps/15.8kgm)、CVT、FF駆動のエンジンは

街乗りでは全く不足を感じない。


P1060503-226.jpg



こんな部分には、ベンツ 感じます (^^


P1060526-226.jpg




でも、でも、フルフラットにはならない。。。。。


P1060528-226.jpg


ディーゼルエンジン搭載のB200 CDI が国内でも発売されたら

この燃料高騰時 意外とヒットするのでは?






FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。