FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年後のポリマーの状態  その3



昨年テフロンポリマーをかけさせて頂いた レクサス GS350 です。

1年経つと撥水性能はやや低下。



P1130083-292.jpg



クルマの状態は非常に良いので

今回は勿論 メンテナンスポリマー(17000円)のみ



ビシッと撥水状態に戻して (^^



P1130087-292.jpg



20インチの大口径ホイール

1年間使用しているにもキズ一つ無し!!



この辺りにオーナー様の扱いが見受けられる。

  ≪ フロントホイール ≫

P1130088-292.jpg


  ≪ リアホイール ≫

P1130089-292.jpg



ドアを開けてみても

フロアマットに少し汚れがあるだけで

ヒンジ廻りにも汚れが全く無い!



P1130091-292.jpg



このオーナーさんは1台の新車を大切に10年間は乗る方なのです。

愛着の程 見て取れますでしょ~


P1130092-292.jpg



距離も少なめですが

家族で乗られているのにベージュ内装は汚れも見当たらない車です。


P1130090-292.jpg


少しイオンデポジットが生じていましたが

実用車としては気にする程度ではないので


次回は、光沢仕上げで新車の雰囲気を取り戻しましょうとお話させて頂き (^^



P1130098-292.jpg



クルマは、保管環境や使用状態

そして、オーナー様の扱い方により (洗車の仕方)

その状態は様々です。



たった1年でキズだらけで、ボロボロになるってしまう車もあれば

3年経っても 新車の輝きを維持している車もあります。



その傷み方の程度に合わせて作業するのが当店のやり方です。







余談ですが、レクサス GS ISにリコールが出ています。

詳しくはこちらをクリック (^^






FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



スポンサーサイト
関連記事

素晴らしいコンディション




先のページで外装の仕上げをご紹介したのは

このW140 S600です。



最近はあまり目にする機会も減ったW140

そんな中で、素晴らしいコンディションの1台でした!




ヤ○オクや中古車店でよく見かける

極上 最高 の文字。



そのレベルからすれば 超々極上!!


塗り替えはトランクパネルのみ。



P1120875-291.jpg



V型12気筒エンジンは、アイドリングも滑らかで

拭けあがりも良い。



気持ちの良いトルクは素晴らしいドライブを・・・


P1120872-291.jpg



外装の仕上げとともに依頼されたクイックルームクリーニング


P1120860-291.jpg


こんなチョッとしたところが違いとなる。


P1120863-291.jpg



このクルマまでは、確かにメルセデスらしいシートだった。


P1120879-291.jpg




センターコンソールのスイッチ類は始めての人を拒むかのように多い。

慣れてしまえばなんてことは無いのだが、、、


P1120884-291.jpg



このクルマを極上車両と言い切れるのは


P1120889-291.jpg


この後のSクラスよりも

維持するのは楽かも?



素晴らしいW140nに触れられたことに感謝です (^^/













FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

少し悩みが・・・


猫がボンネットに爪痕を残して・・・

私も過去に被害にあった一人ですが

猫 困ったものです。


P1120755-291.jpg



少し荒れ始めた塗装。


P1120762-291.jpg




ご注目!!

コレがヘアースクラッチです。


※最近、言葉だけが氾濫し、どう見ても線キズなのにそれをヘアースクラッチと言う方も居るので



P1120764-291.jpg



ファーストカットでそのクルマの仕上がりの大半は決まってくる。

 ・どれだけ切り込むか? 

 ・切り込んだ後の状態は?

この2点である。



サンルーフの後方のみ磨いた状態。


P1120793-291.jpg



4つの磨きの工程を経て

得られた艶と光沢がコレ。


この後、フチやマスキングテープとの境目に溜まったコンパウンドの除去が必要。


P1120857-291.jpg



現在まで、このブログにおいて

クルマをキレイにする方法をお伝えしてきましたが

反省と現状を踏まえ、いくつかの問題点が出てきました。



・1GB の容量まで後わずかな事。

・入庫した車両を順次ご紹介してきた為、体系的な説明がなされていないこと。

・通常の作業と特殊な作業の紹介に区別が無かったこと。



今後のあり方を考えなければ・・・・・



商用利用可能で容量無限なんてブログないのだろうか?









FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

本物? 偽物?




○○○仕様は、多く見かけるが・・・


P1120712-290.jpg

P1120717-290.jpg

P1120705-290.jpg



コレはなかなか出来ませんぞ~



P1120718-290.jpg



そう!

コレは本物です。



P1120690-290.jpg



このエンジンを組み上げたエンジニアの刻印が入っています。


P1120693-290.jpg



珍しい AMG CL55

なんか雰囲気が異なるのです。


本物だけが醸し出すオーラ?



P1120729-290.jpg



見事なアーチを描くサイドウィンドだと思いませんか?


P1120726-290.jpg



エンブレムの周囲と


P1120674-290.jpg



フチを極めれば 完成です!



P1120678-290.jpg



クーペ = 狭い を否定する 大人のクーペ

1台のクルマで全てを満たそうとしても無理がある。


贅沢だが、こんなクーペが持てるようになりたい。。。。











FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

メーターのLED化




GRAND SLAM HOT-ROD さんから届いた荷物。

輸送途中でトラブルが無いようにと、大変丁寧な梱包を開くと


P1120826-289.jpg



出てきたのはW124用のメーターです。



P1120827-289.jpg




まずは点灯試験。

問題は無いが、シャッタースピードを1秒にて撮影してもこの程度

実際の目視では、はるかに暗く感じるでしょう。


P1120835-289.jpg



暗くなる原因はコレ


P1120840-289.jpg



左右ともに熱変形している為

導光性能は低下している。


P1120842-289.jpg

P1120843-289.jpg





お客様からのご要望で、今回は白色。

ちょっとクールな感じの仕上がりです。


  コレでシャッタースピードは1/8秒



P1120846-289.jpg


  同じ1/8秒で純正状態を撮影したものと比べると歴然とした明るさの差がお解りいただけると (^^



P1120839-289.jpg



1/2秒で撮影したものです。



P1120848-289.jpg



一度熱変形してしまった導光板は二度と元には戻りません。

外科的処置により、本来の配光のままLED化するのが当店のやり方です。














FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

1年後のポリマーの状態  その2



このセレナは1年前に新車でのポリマー加工を行った車です。


P1120731-288.jpg



素晴らしい光沢!?

ではなく、、、、、

全く撥水しない!!



完全な水の膜が出来ている。


P1120732-288.jpg



シャンプー洗車後、接写してみると

ブツブツが一杯ある。



P1120733-288.jpg



直接 手で撫でてみても 非常に違和感を感じるほどザラザラ!

鉄粉が酷いようです。




ケミカル粘土で優しく撫でて



P1120736-288.jpg



ボンネット半面で粘土がこの状態


P1120737-288.jpg



キズは、この給油口付近に少しあるだけ

この程度のキズならば簡単に消せる。



P1120743-288.jpg



現在当店で使用しているテフロンポリマーの弱点を見せ付けられた感があります。

同じように1年前に施工したクルマでも

保管環境が良い車では、このようなことは無いが

雨ざらし、しかも、鉄粉をかぶる環境では1年持たない。



仕事・家庭もあるオーナーさんが車に手を掛ける時間がないので

ほとんど何もしなかったクルマだと、現在のテフロンでは限界を感じる。



何もしなかった。 その引き換えとして

ヘアースクラッチは皆無。

ルーフには、イオンデポジットが僅かに付いているが

ポリマーコートが犠牲皮膜となって塗装の代わりにダメージを受け止めてくれたお陰か?




今回は、オーナー様の許可を頂き

新型のポリマーを施工しました。



1年後の結果待ちです。



P1120748-288.jpg



当店では、施工後にお客様に何も渡しません。

雨上がり後の洗車を出来るだけして下さいとお願いするだけです。



洗車のときに、コレを使ってくださいと

それとは記されていないが、撥水補助剤を渡すことは無いのです。



保管環境や使用状況により

施工後の状態は、大きく変化します。

洗車の仕方によっても変化します。



当店が出来る お客様へのお手伝いは

艶 と 光沢 を維持するお手伝いだけかも知れない。













FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

ポリマー加工の下準備


ポリマー加工をすればキレイになるか?

答えは、「No」 です。




ポリマーなどのコーティング剤は

保護の為にある皮膜を形成させることで

撥水性能・耐UV性能を付加させるもので

ボディー もしくは 塗装面をキレイに見せかける効果を持たせてはならない。




これが当店の考え方です。



そこで必要となるのが、下地処理です。

素肌美人は、本当の美しさを見せてくれます。




下手なコーティング剤のように劣化も起こさない。 (正確には劣化が遅いです)




入庫していただいたクルマは

まず、水洗いを行います。




次に、新車コーティングとメンテナンス以外では

ケミカル粘土を使用して、鉄粉や付着した異物を取り除きます。


※ケミカル粘土を使用することでキズが入ることを避ける為、新車コーティングとメンテナンスでは粘土は使用しません。


P1120492-287.jpg




下の写真で見る限り一見キレイそうに見える塗装。


P1120493-287.jpg




しかし、近寄ってみると・・・



P1120495-287.jpg




研き(塗装の荒れた表面部分を削り取る)と磨き(光沢を引き上げる作業)によって

得られる本来の艶と光沢がコレ。



P1120546-287.jpg





では、どのようにして本来の姿に近づけてゆくのか?




それは、そのクルマの塗装状態に合わせて行うべき作業となる。




例えば 

このルーフのように新車時の塗装のままの20年近くを経過している塗装では

その保管環境や扱い方により

激しいダメージが生じている場合があります。


P1120498-287.jpg



このように荒れた塗装では

コンパウンドとバフの組み合わせだけで研くと時間が掛かり過ぎる。




そこでバフレックス(耐水ペーパーの目の細かいもの)を使用して水研ぎします。




出来得る限り均一に

そして、決して削りすぎが無いように。



P1120520-287.jpg




乾燥すると削られた粉が・・・



P1120521-287.jpg




ポリッシャーで研けば

バフレックスで傷つけられた表面が均され

艶を放ち始めます。



P1120522-287.jpg




この時に使うコンパウンドは中目

バフは、ウールバフ。



全ては塗装とその荒れ方に合わせて選定します。


※同じ中目のコンパウンドでも粒子の堅いものや柔らかいものがあります。




P1120526-287.jpg




1回目の水研ぎ後の塗装表面

まだ、切り込みが不足しています。




P1120528-287.jpg




もう一度、バフレックスを当て

ポリッシャーで研くと

求められるべき艶が出てきます。



P1120531-287.jpg



ここで行っている作業は

刃こぼれを起こした包丁を粗目の砥石で研いている作業と同じです。

この時点では、切れ味 = 本当の光沢 はまだありません。



中目のコンパウンドがつけた傷が光沢を表現できないでいます。


P1120532-287.jpg




最も荒れたルーフのファーストカットが終わった段階で出たコンパウンドかす

クルマが真っ白になってしまうほどです。



P1120538-287.jpg



次の段階では

ウレタンバフと細目コンパウンドの組み合わせです。

これで前工程のコンパウンドのキズを消してゆきます。



光沢を引き上げてゆく作業です。



P1120556-287.jpg




シングルポリッシャーからギアアクションぽりっサーに持ち替えて

更に柔らかいウレタンバスと極超微粒子のコンパウンドで磨きます。



P1120567-287.jpg



最後はダブルアクションポリッシャーで

最も柔らかいバフと粒子の柔らかい極超微粒子のコンパウンドで

求めている光沢まで引き上げてゆく。



P1120573-287.jpg



最終的に得られた 艶と光沢です。


※白い細かなコンパウンドの跡は、チッピング(飛び石跡)に入り込んだコンパウンドです。



P1120597-287.jpg



このクルの場合

ボンネット・ルーフのダメージは酷いものでしたが

サイドはさほどでもなかった。



 ≪ 水洗い直後 ≫

P1120536-287.jpg


 ≪ 研磨後 ≫

※同じ条件で撮影しているのですが、光沢が上がることで、バカチョンカメラの露出が変化してしまう。



P1120608-287.jpg



下地処理の最後は水洗い。



P1120585-287.jpg



このクルの場合、3日間磨き込むで得られた光沢と艶がコレ


P1120606-287.jpg

P1120601-287.jpg



求めるべきは、

そのクルマの塗装の持つポテンシャルを引き出してやること。




そのために必要な時間が掛かります。




このように段階を踏んで磨きこむ中で

柚子肌の強い水性塗料が普及したため平滑鏡面には時間が掛かりすぎる塗装が増え

厚いコーティング層を残す樹脂計コーティング剤が多用され

通常のコンパウンドでは歯が立たないガラス系コーティング剤も増えている。




古い車になればなるほど

塗り替えされている確立は高くなり

隣り合わせたパネルでも、色の違いや、全く硬さの異なるパネルも存在する。



そして、このクルマのルーフのように

荒れている時には気付かないチッピング跡が

磨くと目立つようになることもある。



塗装の技術理論やコーティング剤の云々よりも

必要なものは研磨技術。

どれだけ多くの塗装面を磨いてきたかが物を言う世界です。



お客様から託されたクルマの塗装のポテンシャルを引き上げる技術が私の仕事です。



≪参考≫

当店の価格表における標準的作業では

平滑鏡面仕上げでは、ウールバフからの段階からスタートします。

光沢仕上げでは、ウレタンバフの段階からスタートします。







解像度の良いモニターでご覧頂いてている方はお気付きでしょうが・・・



ルーフ バロロレッド

フロント3面 バロロとバジェットの中間色

その他のパネル バジェットレッド



塗り替えされた理由は、それを指示した前オーナーさんか中古車屋さんにしか判らない。

そして、色の合わせ方も・・・・・



赤系の大型セダンは滅多に無いだけに大切にして頂きたい1台であることは間違いないはずです。














FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif


関連記事

ハイパワーオルタネーターの実力を検証



W126のV8乗りには見慣れた光景です。

中央右側にぶら下がる様に取り付けられているのがオルタネーター(発電器)



P1120420-286.jpg




左が、この560SECに取り付けられていた純正のボッシュ製オルタネーター

右が、これから取り付けるアドバンス製のオルタネーター




P1120423-286.jpg




電線に圧着された丸型端子の径が異なるので

+と-を間違えることも無いので安心 (^^




P1120425-286.jpg


ボッシュのオルタには

 N1 → 14V 36/80A

と記されたシールが貼られている。



発電電圧は14V 最大発電容量は80Aは判るが

36は???


ご存知の方 教えて~~~


P1120436-286.jpg



早速 積み替えのお手伝いをして

ベルトの張りもOK!!


P1120428-286.jpg




だいぶ前から持っている 新兵器登場!?

クランプ式電流計です。




電圧を測るのは簡単ですが

電流を測るのは面倒!!



学生時代を思い出してください。

電圧は、並列に接続すれば測定できますが

電流は、直列に割り込まなければならない!



まさかテスターに30sqの電線を接続するなんて不可能だから

※電線の許容電圧はその被服の特性により決まり、許容電流は電線の断面積の合計により決まる。

※30sqの自動車用電線(AV 30sq)といえば、仕上外径が11mm程度の太い電線となる。




そこで、ある程度の誤差は承知の上でクランプ式電流計を使うことにする。


※クランプ式電流計では、電磁誘導作用によって得た起電力を整流形計器で取り出して表示させる為、測定条件により測定誤差を含む場合が生じます。



クランプした上で、0セットを行います。

でも、エンジンの振動を受けたらクランプの中に通っている電線の位置が変化するので

その辺りは、寛大な気持ちで (^^



P1120482-286.jpg



ちょっと小さめですがご覧くださいね!



ハイパワーオルタネーターの検証



車両 : 90年式 MB 560SEC


発電容量   条 件

 104A    エンジン始動直後最高値

  35A    アイドリング時

  45A    ヘッドライト(HIDに変更)ON

  60A    エアコン(温度設定最低、風量最大)ON

  50A    運転席&助手席シートヒーターON

  72A    ヘッドライト・エアコン・シートヒーター ON

 110A    同上の条件で2000rpm



純正の80Aのオルタネーターでも大きな不足は無いはず。

 ※クーラー付けて、シートヒーターで温まる方は少ないはず・・・

  でも、ECで使っていなければ、コンプレッサーは回りますからね~




今回は慌てて積み替えてしまったが

純正オルタネーターの能力が知りたくなってきた・・・



アイドリング時の発電容量は?  気になりませんか。。。。。






みがき屋なのに、電気実験とは 何やってんだろ!?









FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

1年後のポリマーの状態




昨年1月にじっくりと仕上げたW126 560SECです。

今回はメンテナンスポリマーとクイックルームクリーニングの為に入庫です。




まずは、1年経過後の撥水状態は?


P1120438-285.jpg



マンションの立体駐車場で保管されているので

ボンネットの先端には隙間から垂れ込む雨染みが付いています。


P1120439-285.jpg



水洗いだけで、汚れも落ちました。



P1120442-285.jpg




フロントには、高速走行時の虫潰れ跡が・・・

水洗いでは落ちなかった汚れは、コンパウンドで (^^




再ポリマーの作業中に気になったことが一つ

かなり鉄粉をくらって表面にザラつきがある。




ここで無理にケミカル粘土を使うとキズを付けてしまうので

来年入庫いただける際は、光沢し上げをチョイスして頂くことにしました。



P1120447-285.jpg



走行距離の割りに車内の汚れ方も少ない。

大切に乗られていることは、手に取るように判ります。



車内清掃のときに硬貨2枚 出てきました (^^


P1120466-285.jpg



昨年磨いたメッキカバーも綺麗なままです。


P1120478-285.jpg



スモークシルバーのボディに

本革マッシュルームの内装

そして、リア3面はアクアブルーのフィルム



いいですね~~~



この手の色を選択できる方は少ないですからね!


P1120473-285.jpg



入庫ついでに頼まれた作業 ハイパワーオルタネーターの積み替え作業の方向は次回に


  
  昨年の作業














FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

欲しくなっちゃいました!


皆さんのお車には、ナビ付いてますか?

私の車にはいまだに付いていない。。。




時々、遊びに行った先で嫁ナビのジャイロが故障することがあり

地図を必死で捲ることもあるのです。

※道を探すあまり、現在地点をロスト → 意味不明な音声案内が・・・




迷子になって、新たな発見もあるし マッいいか~




でも、今回C240のお客様の車に取り付けられていたナビは

思わず 欲しい!! ッと思ったので (^^



ソニーのMAV-U


001_240x-284.jpg



何が良いかって言いますと

私のように乗り換えることが多い場合

簡単に乗せ換え出来るものが欲しかったのです。




でも、以前から発売されていたアレは・・・



その問題を切れに解決していたのがこの吸盤式の台座。

スマートでしょ!



004_200x-284.jpg



オーナーさんは、ベンツ用のシガーソケットを加工して

コードもジャストフィットのサイズにされていて感心しました。




必要なときに、取り付けられる。

ものの1分足らずで付けられるのが最大の魅力!




“nav-u”(ナブ・ユー)の取り付け方法




ダッシュボードを傷つけないし、糊跡も残らない。




GPSだけで(車速パルスなし)凄い精度でマップマッチングが行われ

十分満足できる製品でした。



VICSビーコンも別売ですが取り付けられるとなると  イイでしょ~~~



ソニーの製品企画担当者さん これにレーダー探知機能を追加してくださ~~~い!!

そうなれば、即買いです。 ワンセグチューナーは無くてもいいですから (^^


※興味が先行するあまり、実物の写真を撮り忘れてしまった。。。









お客様から嬉しいお土産を頂いたのでご紹介

青森のお酒 【 喜久泉 】



C240のオーナーさんも日本酒好きとのことで

飲ませて頂いて、香りのよさが最大の魅力のお酒ですね~

鍋とともに美味しく頂戴いたしました (^^


P1120460-284.jpg



アルコール燃料も満タン補給したので

今日も頑張るぞ!!


※満タン給油したのは昨晩ですので、飲酒運転ではありません。













FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

本当のお付き合い




先にご紹介した MB C240の内装です。


この保護用テープ とっとと剥がさなかった為に

糊の成分が変質するのかほとんど固着状態。


ボロボロになっているのは、現オーナー様が何とか剥がそうと頑張ってみたとの事です。



P1120361-283.jpg



このような作業は

一般の方が作業しようが

私たちプロが作業が

時間が掛かることは間違いない!!




この1枚のサイドシルプレートで、30~40分掛かる。




作業をしながら・・・

私の頭の中では 「これはメーカーが剥がすべき?それとも、販売店(ディーラー)が剥がすべき?」

それともファーストオーナーの責任?????


P1120362-283.jpg



W202のウィークポイントはココ!!

リアバンパーのクロームメッキが部分的に侵される。



この車の場合

見事にトランクパネルからの雫がタレ落ちる両側2箇所に・・・



これは、みがき屋ではどうしようもない。

交換 もしくは 再メッキ。


P1120377-283.jpg



クィックルームクリーニングでスッキリした車内です。



P1120379-283.jpg




このように距離薄ならば

まだまだこれから楽しみなクルマ!



黒本革も少ないだけに大切にして頂きたいですよね~



P1120381-283.jpg



今後手を付けるとすれば

このガラスの 「うろこ」 でしょうね。



カルシウムスケールは、ガラスの透明感を損ねますから。



P1120384-283.jpg



入庫時の打ち合わせで

リア3面のフィルムも剥がしたいオーナー様でしたが

これはご自身で作業することに 



そのほうが安いですから (^^


P1120360-282.jpg



サイドシルプレートの保護フィルムも自分で行えばタダです。

でも、オーナーさんはご自身でチャレンジして、その厄介さに・・・




「 他人に依頼する 」 すなわち 「 他人の技術と時間を買う 」 という行為です。




このブログをお読みいただける方の99%は

大人として お仕事を されている方だと想像しております。



言い換えれば、何がしかのプロとして生業を得ているはず。



それなのに、技術だけを盗みたい方が居る。



貴方のお勤めの、もしくは経営されている会社で同じことが起きたら?



大人の風をした 子供が多くなってきた。



学生時代 授業の内容をまとめたノートは貸せても

企業の技術やノウハウは

簡単には、他人に差し出せるものではない!



そこをご理解いただける方とは、本当のお付き合いが出来ます。




もっとも悲しむことは

 「 間違った情報が飛び交う中、プロの情報を書いてきましたが

   修理の依頼より、修理方法を教授と言うのが多くなり過ぎ・・・商売にならない 」

そうおっしゃって、ブログの更新を休まれた技術屋さんが居られる。




本当のお客様には本音で話される社長なのに・・・


















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




関連記事

真実の姿

これは、入庫後水洗い下状態のルーフ

激しいイオンデポジットで塗装面は醜いほど荒れている。



P1120236-282.jpg



その荒れ果てた塗装をこのようにする技術のお話です。



P1120350-282.jpg



ボンネットフードです。

天上の蛍光灯がこれほどまで写り込まない塗装。



P1120234-282.jpg



ピントの合わせやすいウィンドウッシャーノズルを接写しても・・・



P1120220-282.jpg




通常使う最も粗目のコンパウンドを使用しても歯が立たない。

※右半分だけを磨いた状態。



どのようなコーティングをされているのかわは判らない。

この車のオーナーさんは、昨年末にこの車を買われたばかり

納車されて2ヶ月弱  水洗い以外は行われていないようだ。



P1120264-282.jpg



磨く前の塗装。


P1120265-282.jpg



磨いた後の塗装。


P1120266-282.jpg




全体を見ると、写真ではかなりマシになったように見受けられるが

実物を見るとガッカリする状態である。



P1120267-282.jpg




磨いた後のウォッシャーノズル部分です。



均一に磨きこめない。

その理由は磨いていると体感的判るのですが

通常の塗装と異なり、硬い!



まるで、塗装面の上でコンパウンドが滑っているように感じる。



その研磨の結果得られた状態がこれだから

覚悟を決めるしかない。


P1120288-282.jpg




バスレックスで塗装に食い付いたコーティングを削り落とす。

はっきりと境目が見えない。

どうやら、このコーティーング剤はと塗装と相溶して

より高い密着性を得ているようです。



P1120291-282.jpg



この広い面積

凹凸のある板を

出来る限り 均一に研いで行く。


  ※急いで写真を撮っておく為、水拭き直後で完全乾燥していません。


P1120292-282.jpg



改めて磨き直し。


P1120293-282.jpg



磨いた結果です。


いまだにクレーター状の窪みがあります。




コーティング剤が塗装を溶かしたものか?

それとも、コーティング剤が完全硬化する前にダメージを当たられたのか?

推測の域を出ないが

私が行うべきは、本来の姿に戻すこと。



P1120302-282.jpg




私の技術が未熟なのか、、、

それとも、ビビッているのか?




どのように思われても仕方ないが

切り込みすぎてはならない。



下地(この場合は、クリアーを抜いてしまう)を出せないから。







もう一度、撫でる様にバフレックスをあてる。




そんなことを繰り返して、ようやく辿り着く。



P1120310-282.jpg



本来の写り込み。

そして、艶。



P1120308-282.jpg





コンパウンドの粒子を細かなものに変えて磨きこんでゆく。

そして、これが完成状態。




P1120347-282.jpg




ここで行っている作業は

本来の姿に戻しただけ。




そのために費やした時間は2日間。



当店で使っているテフロン系ポリマーなどとは比較すべきもない程

定着は良い!!




しかし、再コートするのにこれほど時間が掛かっては

到底、当店では採用できないコーティング剤である。



お客様に見せられない請求金額になってしまう。



P1120357-282.jpg




何がここまで塗装にダメージを与えたか?

読者の方の想像にお任せしますが

巷に溢れかえっているコーティング剤であることは、想像に容易い。




本来、コーティング剤は車の美観を維持する為にあるはずのもだが・・・

これでは本末転倒。




コーティング剤の質が悪いのか?

施工技術が未熟なのか?

硬化時間が掛かりすぎるために生じるものなのか?

私が使ったコーティング剤ではないので

それは闇の中。。。




多くのコーティング剤が施工・販売されています。

中には本当に理想の姿を求め真剣に研究されているもの見受けられるが

成分や言葉だけの製品も見受けられることは悲しいかな現実です。




どんなに定着性が良くても

それを剥がす方法がなければならない。



ボルト&ナットで組み立てられているものは組みなおせるが

溶接されていたら・・・



そして、何より問題なのは

施工後、定着は早いが完全硬化までの時間を長く必要とするポリシラザンを

完全に説明しきれずに納車してしまう施工店である。







この下のような作業を行っているようでは

劣悪な作業としか言いようがない。


P1120386-282.jpg

P1120387-282.jpg


くすんだモールを復元するにも一苦労させられるだろう。







近日中に当店の施工価格表にも明示させていただきますが

施工前に必ず、オーナー様の前で試し研磨を行います。




これまではご用命いただいた仕事だからと我慢してまいりましたが

このような事例が増えてきました。



2日間で仕上げるべくお預かりしたお車が

4日間の作業を必要としたら

採算に合わなくなるとともに

他の入庫予定の遅れの原因ともなりますので

ご了解のほどお願い申し上げます。



 店主 敬白










FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif

関連記事

筑波宇宙センター 



JAXA(宇宙航空研究開発機構) 筑波宇宙センター です。

H-Ⅱロケット が出迎えてくれます。


P1110867-281.jpg



この日は、事前に予約したツアー見学に参加です。

受付を済ませ、参加者が集合すのを待って

広い敷地内ですので、バスでの移動となります。


P1110873-281.jpg



初めは、展示室。

こちらは予約なしでも見せて頂けます (^^



月周回衛星 「 かぐや 」 です。

周回軌道から送られてきた鮮明な画像がTVで見れますよ!

月の大地から昇る地球の画像は素晴らしかった。



P1110874-281.jpg



H-Ⅱロケットに装備されるLE-7 ロケットエンジンです。

これがあのデカイ ロケットを宇宙空間まで押し上げるのかと思うと感動です。


P1110919-281.jpg



打ち上げ時の振動と加速度を受けても耐えられ様

ナット類はワイヤーで緩み止め処理されている。

(サーキット仕様の車やバイクみたい・・・)



思わず機械の美しさに見とれてしまう。



P1110881-281.jpg



太陽電池パネルの配線は半田

そして、電線はグルーガンで処理?  (^^


P1110931-281.jpg



気象衛星 「 ひまわり 」

よく天気予報で聞いた名前ですよね


これは、ひまわり1号の予備機だそうで

展示されているものは、実物もしくはモックアップだけに

それを見て、触れることが出来るこの展示室は本当に感動です。




P1110936-281.jpg



衛生の太陽電池パネルってどうやって開くの?

そんな疑問持ったことありませんか~

答えが見れました。



このゼンマイです。

空気抵抗のないほとんど無重力の空間では

巨大な太陽電池パネルもこんな小さなゼンマイの力で開くそうです。


P1110946-281.jpg



これは現在地上400Km上空にある国際宇宙ステーションに接続された

「きぼう」日本実験棟のモックアップ。


P1110950-281.jpg



ここまでは展示室。




この先は、見学ツアーに申し込まなければ見れないところです。

再度バスに乗り、移動すると

宇宙ステーション試験棟です。




左奥に見えるのが、きぼうに取り付けられたロボットアーム

その手前が船外パレット(これからスペースシャトルで打ち上げられ取り付けられる予定)



P1110884-281.jpg




もう一度バスに乗り

宇宙飛行士養成棟へ



P1110890-281.jpg



無重量環境試験棟では、右奥に見える大きなプール内で

宇宙服を着て宇宙飛行士が船外活動の訓練を受けるそうです。


P1110894-281.jpg



その訓練状況を見守るのがこちらの管制室


P1110899-281.jpg



見学ツアーを終えて

もう一度展示室へ行き、ゆっくりと見せて頂きました (^^




この展示室の案内係の方はとても親切で

驚くほど詳しいことをご存知で驚いていると

JAXAのOBとの事で、色んなお話を聞かせて頂きました。




厚生棟では、見学者もココの職員とともに食堂を利用させて頂くことも出来ます。



あっと言う間の4時間半でした。

(見学コースの所要時間は1時間半)



無料でこれだけの展示物を見せてくれる筑波宇宙センター

訪れてみる価値はありですぞ~~~!


















FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



関連記事

190E 2.3 を研く 磨く みがく




水に濡れている時は、とっても綺麗に見える。


これは水の膜がクリアー層の代わりをして、塗装の凹凸を包み込んでいるから


P1120097-280.jpg



シャンプーをして

ケミカル粘土掛け、粘土に劣化した塗装の白い粉が

塗装表面がまるで軽石のようにボソボソになっている証拠です。


P1120109-280.jpg




これが研磨前の塗装状態。



P1120118-280.jpg



1回目の切込みで艶を出す。

この切り込み量(研磨する厚み)で仕上がり具合の大きな違いとなります。



P1120132-280.jpg



この190Eの場合、3工程の研磨を経て

艶と光沢を出しました。



P1120150-280.jpg




トランクパネル

右が研磨後 左が研磨前です。


P1120119-280.jpg



全体像を比べてみると


P1120121-280.jpg

P1120149-280.jpg



こんな部分が気になりだす。


P1120159-280.jpg

P1120160-280.jpg



無用なコーティングもされておらず

コンディション最高の190Eでした。



何が最高かって?

バンパーとサッコパネル以外は塗り替えなし!!

オリジナル塗装だけにその仕上がりは、パネル同士の色がドンピシャです。



91年式の190E 2.3が素晴らしい状態で存在していました。


P1120198-280.jpg



190のセンターコーンソールボックス 発見!!

レア物ですね~


P1120201-280.jpg



モールの光沢も良い状態です。

ボンネットへの飛び石もほとんどない。





是非とも大切にして頂きたいと思った1台です。













FC2 Blog Ranking



led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif





関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。