FC2ブログ

私の求めるキレイなクルマ創り No,3



R107&R129においてはハードトップを外す必要性がある。


P1180693-361.jpg




ハードトップにより隠されたボディーがあるから




P1180746-361.jpg




そして、外装の仕上げとして

ソフトトップの洗いとブラッシングも必要となる。


P1180699-361.jpg




ココがハードトップが被っていると見えない部分。


車内にコンパウンドが入らないように養生を行い、みがく



P1180729-361.jpg




ソフトトップの格納部分も掃除すべきところとなる。




P1180696-361.jpg



ヒンジ部分は、埃や砂も溜まりやすい部分

しかも、グリス類が使われているので

周囲を汚すことの無いように仕上げなければならない。




P1180697-361.jpg





ソフトトップを洗って乾燥させている間に (乾燥は一晩かけて行うのですが)

リアスクリーンのチェック!




P1180708-361.jpg





雨で汚れたが箇所があるだけ!!

透明度もあるので これならばバックするときも怖くない (^^




P1180709-361.jpg





開閉箇所があるということは

それだけ手間を掛ける必要性があるということになる。





P1180710-361.jpg




ふぉつとトップの開閉時にしか見えない部分だが

手抜きの後は残したくは無い。




P1180712-361.jpg




このワイパーの差 お判りいただけますか?




P1180738-361.jpg





素晴らしいコントラストに近づいてゆく。

設計した人の意図する姿に・・・




P1180750-361.jpg





贅沢なまでに時間を掛けさせていただける場合

その仕上がりは当店の価格表にある作業とは一線を画す仕上がりとなる。





P1180814-361.jpg





型落ちの新車に出来だけ近づいたならば・・・

誰の目から見ても 「美しいクルマ」 となるはず。




P1180819-361.jpg



平滑鏡面仕上げ+特別作業+キングベール と言うフルコースでの仕上げでした。








カーディテーリング 一般的にはなかなか理解されづらい仕事です。

ポリマー屋 コーティング屋 です。 と言ってもよいのかもしれないのですが

そこには私の仕事の本質は無い。





そんな仕事ですが、何よりもオーナー様の笑顔が楽しみな仕事です。















maillogo.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。