FC2ブログ

みがき屋に出来ないこと。





荒れた塗装の表面を研く事は出来ます。


P1230747-460.jpg



深い傷やチッピング跡は残りますが

研きで激変します。



P1230843-460.jpg



この様に写り込みの悪い状態でも



P1230750-460.jpg



適切に研けば・・・


P1230790-460.jpg



しかし、

みがき屋が行える作業は

全て表面のコントロールです。




塗装の内部から生じる錆

そして、クラックには残念ながら全く持って無力です。



P1230907-460.jpg




クリア層がひび割れている場合

その深さは、クリア層の底辺まで言っている場合が殆どです。



この様なクラックが何故起きるのか?



重ね塗られた塗装の伸び(熱膨張率の違い)の違いなのか?


それとも、塗装そのものの劣化なのか?



この辺りの正確な答えをご存知の方はお教え頂ければありがたい。




P1230929-460.jpg



ただし、その答えを頂いたとしても

みがき屋の修復出来得る範疇を超えていることは明確です。



修復するならば、

クラックが生じている層まで完全に剥離して

再塗装するしかない。



オリジナルの塗装だから起きる現象だけに

非常に勿体無いことです。


P1230930-460.jpg




内装もエンジンルームも最高のコンディション



P1230856-460.jpg



クラックも味だと割り切れれば・・・



P1230835-460.jpg











maillogo.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif





スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。