FC2ブログ

1970年式 シトロエンDS21 No,7

 




このブログの読者の fummiyさんから頂いたコメントから

今井美紀 PRIDE の映像と曲をご覧頂き










フロントのボンネットフード内にあるスペアタイヤとジャッキ代わりの馬です。

どうやらこのクルマにはジャッキは搭載されていないようでした。

4輪ハイドロシステムで車高を上げてウマを噛ませる。

確かに楽で確実な方法だと関心しきり (^^/




P1290042-513.jpg




4気筒のエンジンは、奥の方に申し訳なさそうに鎮座しています。

ラジエーターに導かれるエアーは、スペアタイヤの下を通るダクトを通されています。





P1290028-513.jpg




写真を見て気付いた (遅い!!)

このホーンは電気式ではなくエアーホーンだった~~~!

鳴らしてみたかったな~






P1290031-513.jpg





40年の時間を過ぎても

このキャビンの持つ独特の雰囲気はお洒落としか言いようがない。

現代のクルマなど、単なる工業製品としてしか見えなくなる。






P1290090-513.jpg




fukuさん おっしゃるとおりですよ~

このシフトレバーを左に倒すことでセルモーターが回ります (^^

ただし、オートチョークでないので

その加減が 塩梅がムツカシイ!

チョークそのものの存在を知らない今の若い方には全く持って不可解で始動不可能なエンジンでしょうね~





P1290084-513.jpg




このリアシートに乗せていただける方は

最高の幸せ者です。

全てが優しい乗り心地に包まれながら・・・






P1290087-513.jpg





スペアタイヤをエンジンルームに乗せているDSだが

トランクルームはあまり広いとは言えない。

特に幅が無いため、奥行きがあり

奥の方の荷物を取り出すときは

あまり他人には見られたくない姿になるかも (^^)






P1290095-513.jpg




フロントドアとリアドアが境となり

全く違う方向へと流れるライン!

みがきながら 凄い!!  

ひたすら感心するのみです。





P1290098-513.jpg





このヘッドライトは、前輪と連動で

光軸を左右に連動させる。

40年前にコレを実用化していたシトロエンは最先端のクルマを作っていた。






P1290103-513.jpg





いかがでしたでしょうか

40年を経たシトロエンDS

今のクルマが個性的などと表現していることが

口先だけの、筆先だけの修飾だと・・・




機能、形状、色使い

その全てがオリジナリティーに満ち溢れ

異次元の存在にすら思えてくる。





P1290108-513.jpg


P1290110-513.jpg



P1290135-513.jpg



P1290129-513.jpg






最後にこのクルマに不慣れな私のエンジン始動とハイドロシステムをご覧下さい (^^)





[高画質で再生]

1970年式 シトロエンDS21  [ホスティング]











maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif



スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。