FC2ブログ

駄目なものは駄目 求めるのは合理性 (続きの続きのそのまた続き)

 


フロアマットの下にあるフロアカーペット

どれほど汚れているか?




P1290322-521.jpg





リンサーの汚水タンクに溜まった水は・・・






P1290324-521.jpg





本当に泥だらけ!!

2度洗いしてようやく汚水の出方が収まる。

これは、クルマを使っている環境によって大きく異なります。

コンクリートとアスファルトに囲まれた都会では

これほどの汚れが出ることは少ないが

駐車場が砂利や土の場合

フロアの汚れ方はおのずと激しいものとなります。




P1290329-521.jpg






フロアカーペットは手洗いです。



P1290332-521.jpg






おおよその汚れが落とせるまでブラッシングをして・・・




P1290334-521.jpg




ベンツのカーペットは基本直毛ですが

その繊維の隙間に入り込んだ汚れはブラッシングだけでは出てこない。

ブラッシングをしても、すぐまた他の繊維の間に入り込むから!!



洗濯槽にタップと水を張り

汚れの少ないリアのカーペットから洗います。




P1290335-521.jpg






洗濯槽の中でブラッシングを行うと・・・

運転席用のカーペットを入れた途端、この通りの汚れ!

何度か繰り返して、水が汚れないまで同じ作業を行う。





P1290341-521.jpg






繊維の間に入り込んだ砂や土



P1290344-521.jpg







柔軟材に漬けて、柔らかな仕上げにします。

※中古車店でフロアマットがバリバリに硬くなっているものがありますが、強いアルカリ洗剤を使われた証拠です。
 そんな店では、すすぎもあいまいで他のクリーニングも見せかけだけの作業が多いのではないだろうか。。。




P1290345-521.jpg






乾燥速度を速めるために、ワザと斜めに吊るします。

決して私の性格を反映しているものでは無いことを記しておきます (^^/



P1290347-521.jpg






ガラスの透明感はクルマの仕上がりを大きく左右するポイントですので

ビシッと決めたいところです。




P1290348-521.jpg





汚れのヒドイ場合は、ネット付きスポンジで擦ります。

2,3回この作業を繰り返せばたいていの場合、本来の透明感を取り戻します。

最後は、キレイな布で拭き上げです。

私が愛用しているガラスクリーナーは、グラニタイズのハードサーフェイスクリーナーです。

これは拭きスジや水滴が残らないことで

仕上がりの良さを確保できます。

しっかり拭いたのに、スジが残ってしまう。  そんな方にはオススメですよ!!



P1290350-521.jpg






リアトレイは、掃除機掛けでは取れない繊維やホコリが付いているので

通称コロコロで(^^




P1290352-521.jpg





これでスッキリ!!



P1290354-521.jpg












maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif





スポンサーサイト



関連記事

駄目なものは駄目 求めるのは合理性 (続きの続き)

 


何をもって良しとするか、否か・・・

これはオーナー様御本人の判断することとなりますが

打ち合わせ、その嗜好を汲み取った上で

現実に作業を行う際の最終的判断を下しているのは私です。



中古車を手に入れた時

私ならば何が気になるか・・・

そして、新車時の記憶を辿りながら

本来あった姿に近づける。




このウィンカーレーバーの使用感が堪らなくイヤ!




P1290159-520.jpg





この使い古されたヨレ具合はさらにイヤ!!




P1290168-520.jpg






ホコリが溜まった部分を目にしたくない!!!






P1290185-520.jpg





それが例え普段目にしない場所であっても

マットを外した時の汚れが存在することが納得できない。





P1290188-520.jpg






普通ならば、トランクルームも掃除機を掛けてこの状態ならばOKを貰えるでしょう。





P1290203-520.jpg






しかし、オーナー様の要望により、その嗜好により

時には普段は目にしない。

おそらくこのスペアタイヤを使うこともないだろうが

この場所のホコリが気になる。

気になれば、当然掃除する。




P1290207-520.jpg







掃除の仕方は何度もご紹介している通りです。

バキューム、ブラッシング、ブローの繰り返し

ガソリンスタンドのように掃除機だけで掃除をすることは

カーペットと隙間だらけのクルマでは不合理、無理と言うものです。





P1290220-520.jpg






シートを取り外す。

車種によっては簡単な作業ですが

取り外すことで生じるリスクと取り外したことで新たに掃除すべきところが拡大する。

価格表にあるメニューではここまで出来ないが

必要とあれば、当然行う。



求められるレベルに引き上げるのがディテイラーの仕事だから。





P1290228-520.jpg








このクルマの場合

過去に取り付けられていたシートカバーの取り付けホックがどうしても目立つ。

この様な取り付け方法だけに、背もたれまでも取り外さなければ取れない。






P1290231-520.jpg




抜き出したシートは洗浄待ち。





P1290236-520.jpg








ハンドルは汚れている。





P1290271-520.jpg







一度目の拭き取りでコレ!!




P1290272-520.jpg







何度か繰り返して、汚れがタオルに転写しなくなった時

本当の姿に戻る。

ハンドルをグリップした時の感覚の違い

本当に経験したものしか判らないはず。





P1290273-520.jpg






目立たないようで気になるのが

シートベルトキャッチのリリースボタン

文字の凹み部分に手垢が溜まるから・・・






P1290279-520.jpg






肘掛は汚れていて当然。




P1290280-520.jpg





意外とましな方・・・

余程汚れていたのでは?

販売店が気にするほど汚れて???





P1290284-520.jpg






シートを洗うと





P1290294-520.jpg





汚い!!!





P1290295-520.jpg





繰り返し、繰り返し

スプレー・ブラッシング・拭き取り





P1290298-520.jpg







時間ばかりが経過する中で

一つ一つを確実に元の姿に戻す。

それにより、納得していただける仕上がりとなると信じています。















maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif

















関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。