FC2ブログ

190は190でも No,2

 


すご~く判りづらい写真ですが、イオンデポジットだらけなのがお判りいただけますか?


P1000627-569.jpg


研き始めると・・・

うひゃ~~~~~

ひどいコーティングが為されていた。

ただ厚いだけのコーティングほど後々のみがきに悪影響を与えるものは無い!

ボロボロとカスが出てくる。



このコーティングを施した店にリピーターは来ないのだろうか???

一度、施工した店がこのコーティングを磨いてみればどんなに粗悪なコーティングか判断が付くだろうに・・・

独りブツブッと作業をおこう私です。

 
P1000628-569.jpg



スライディングルーフ付近

手前はファーストカットを終えた状態。

奥のスライディングルーフは分厚いコーティングが載った状態。



P1000633-569.jpg


分厚いコーティングにおいて。艶・光沢とも得られるものか?

ギトギトしたコーティングは私には受け入れられませんが、、、


P1000646-569.jpg


求めるのは素肌美人。

そこに出来る限り本来持ち合わせる美しさを損なわぬ様にコーティングを施すべきと考えます。

コーティングによって、艶や光沢が変化しては困るのです。



旧車を扱えば判るのですが

微妙な色合いのアイボリーやクラシックホワイトがテカッては困るのです。


何も足さない。何も引かない。

そんな昔のCMのようなコーティングが理想です。


P1000655-569.jpg


最も目線に近いところでこんな状態ではガッカリですよね~


P1000647-569.jpg



研けば元に戻ります。


P1000653-569.jpg


向かって右がファーストカット後

右はこれから作業する未着手の部分です。



光のにじみ方の違い ご理解いただけるかと・・・


P1000668-569.jpg


分厚いコーティングを剥がすのに梃子摺りながら

ほぼ1周を終え


P1000674-569.jpg


巨大なリアウィングを取り外しです。


P1000680-569.jpg


あまりにも大きいウィングなので

取り外して研くにはリスクが高いので

ウィングは取り付けた状態で研いて

取り外した後でトランクパネルを研きます。




<つづく>










maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif


スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。