FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中古車買ったら・・・ No,2

 


今回の作業も通常のロイヤルクリーニングではなく特別仕上げなので

フロントシートも取り外します。



このブログの読者賢者の多くの方はご理解いただけていると思いますが

ある程度の年数を経たクルマや汚れの酷いクルマの場合

価格表の値段で収まるほど安易な仕上げでは

オーナー様を到底満足させられません。



個々の固体の状態に合わせて

必要な作業を行う。

これが非常に大切となるます。


P1200158-578.jpg


それでも、こんな不具合が見つかる事も・・・

ドアの内張りがパカパカ。




W123の内張りを組み付ける際

1箇所だけ注意を払わなければならない処があり

それがこのドアポケットの爪です。


P1200164-578.jpg


内張りを剥がしたフロントドア

この左側 中央よりやや下

ドアストッパーの金具の後ろあたりが

爪の入るところです。


P1200161-578.jpg


拡大すると・・・

この穴にドアポケットの爪が入らなければ

ポケットはパカパカになります。


P1200162-578.jpg


運転席側もユルだな~と思いバラしてみると

あっ!! やられた~~~

爪を折ってしまい、補修されていた。


P1200167-578.jpg


ココからが本当の私の作業です (^^)


ブラッシング、バキューム、ブローして

またブラッシングの繰り返し。



アクセルペダルの下の付け根付近は

砂だまりですからね~

P1200168-578.jpg


掃除と言うのは全て手作業です。

機会に頼る部分もありますが、基本手作業。


フロアマットを洗う。

洗剤を使い、ブラッシング

繊維の間に入り込んだ砂やホコリを出来る限り追い出す。

ドリンク類のシミを抜く。


P1200173-578.jpg


これだけでは繊維に入り込んだ砂は抜けないので

洗濯槽に水を張ってマットを入れて

ブラッシング


P1200174-578.jpg


水平状態ではマットの上を移動するだけだった細かな砂が水中に出てきます。


P1200176-578.jpg


水を抜くと、砂だらけ・・・

この作業をあきれるほど繰り返したら

ほとんど砂が出ないマットの完成です!




掃除機掛けでは到底取れない砂まで取れるので

触感は全く異なったものへと



P1200179-578.jpg


取り外したシートも洗浄します。


P1200193-578.jpg
P1200202-578.jpg


ここではリンサーの出番です。

水を吹きながら、吸い上げてくれる機械です。


P1200187-578.jpg


そして、これがシートの汚れ!!

バッチイ。。。


P1200199-578.jpg


こんな作業を経て1点1点が徐々にキレイになってゆきます。

これからまだまだやるべき事が・・・


それは次回 (^^/













maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif


スポンサーサイト
関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。