FC2ブログ

何処まで手を掛けるか・・・ No,5

 





このテールレンズしたの汚れ見えますよね~

この折り返し部分がクロームメッキされた部分に写り込む

よって、メッキだけを磨いてもキレイには見えないのです。


P1170168-971.jpg



下から見え上げる様な写真も見たいでしょうが

見せてあげません!!

見せたくとも 撮りわすれているから (^^)




よって 雰囲気だけ公開しますので

想像してくださいね!!


P1170196-971.jpg


運転席ドアとリアクォーターパネルの肌の違いご覧いただけますよね!

これが気に入らない!!


P1170540-971.jpg


肌調整を行って ココまで!


P1170543-971.jpg


この高さ20cmほどの最も張り出たプレスラインに挟まされた部分を

ドアからテールレンズまで

さて どれほどの時間を要したか・・・

2時間弱です。





通常は使わない粗いコンパウンドです。

ポリッシャーを当て熱が摩擦熱が生じる。

温度が上がりすぎると切り込み量が上がるが

一つ間違えば切り込み跡が付く。

途中からは軽くバフを押し当てるように

自分が求める映り込みが得られるまで繰り返します。




P1170545-971.jpg



ココまで行ってきた作業は研きの1工程目です。

このままではバフ目(オーロラとも言う)が出てしまいます。



そこで刃物を研ぐ時と同じように

段階的に細かいコンパウンドに変え

同時にバフも柔らかく、目の細かい物に変えてゆく。



この手間を惜しむと

パッと見は変わらないが

比べると、その艶と光沢が全く異なるのです。



そして、1工程目の手抜きをすると

映り込みが悪くなる。


P1170546-971.jpg


3工程目


P1170551-971.jpg


ポリッシャーを変えて

4工程目


P1170558-971.jpg



ピンボケでスミマセン!!

ハードトップを外すと動揺するんです。。。

あの地震の時、私はR129のハードトップを押さえて居たから



そんな言い訳を付けておいて (^^)


P1170653-971.jpg



ハードトップに隠されたいた塗装面を研きます。

マスキングして・・・



P1170657-971.jpg



しっかりと水垢が付いています。

ココまで来ると まずは・・・


P1170661-971.jpg


機械では何ともしようが無いので

ハンドパワー (^^)



ついでに、右側のトランクパネル手前のパネルのユズ肌を記憶に仕舞い込んでくださいね!


P1170662-971.jpg



研いて ユズ肌を落として

だけど、研き過ぎると下地が出るので

好い加減、良い塩梅を求めて (^^)


P1170666-971.jpg



これが許せなかったのですよ~!

お解りいただけますよね (^^)


P1160506-971.jpg



良くも悪くも いい加減な男の作業です。




クルマ どんなに美しく キレイになっても

燃費も自動車税も車検費用も安くなりません。



服と同じで全てはオーナー様の好みと趣味の世界です。



しかし、そう! 

無駄ではないのです。

解る方は判るのです。



一流ホテルの玄関にクルマを着けた時です。

本物を知っている方が目を光らせた時です。




人は外見で判断してはならない。

しかし、判断されている。




建前と本音。

矛盾を含み そんな事も踏まえた大人の男の世界です。




自分の身嗜みに 身銭を切れる大人の男の世界です。





年中 Tシャツとスラックス そして スニーカー

つなぎ姿でコンパウンドまみれの「いい加減男」の戯言と (^^)







      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。