FC2ブログ

考察 要調整車両

 







先日 W126のアクセルリンケージを調整中に

アクセルペダルが折れた件は

私の趣味のページである W126放浪記 で記しましたが

新しいアクセルペダルが届き

それを装着してみて解ったことが在りましたので

ご報告を




一つ 私の中でどうにも解せないことが残っていた。

何故 メルセデスとも在ろうモノが

コレほどまでに調整の必要なリンケージのセッティングをお行ったのであろうか?




その謎は、偶然にもアクセルペダルの付け根が折れた事で

全ての辻褄が合う推測のヒントを与えてくれました。




新品のアクセルペダルを装着すると

成型された樹脂のかたちのままなので

ペダルは まるで跳ね上がったかのような状態です。


DSC03313-1115.jpg



そのペダルを 下をクリップで固定すると

樹脂のペダルがバネの役目をして

アクセルペダルが少しであるが踏み込まれた状態となる。



DSC03315-1115.jpg




折れる直前は、少し遊びがあった調整で終えていたはずだったのが

新品のペダルを装着すると 遊びがほとんど無い 皆無に近い遊び。




私にとっては 嫌いなセッティングではないのでそのままにしているが

ペダルの樹脂が馴染んでくると

この遊びは増えてくるだろうと想像できます。




新車時 アクセルペダルも当然新品

その状態でアクセルリンケージは

(正確にはアクセルをコントロールするのではないからスロットルリンケージなのかも?)

新品のアクセルペダルがバネの役目をしている状態で調整されるために

多くのクルマで見られるセッティングとなるのではないのかと想像できます。






このロッドのテンションの掛かり方は、余りにも不自然なのです。


DSC02919-1115.jpg




W126で使用しているアクセルペダルは A126 300 05 04

EPCで 部品検索してみると

W201,W126,W124,W463,W461で採用されているのが判ります。




アクセルペダルの樹脂の応力が、クルマの使用と共に変化し

スロットルリンケージの調整を必要とする車両かも知れません。


1-1115.jpg





変速タイミングの調整中に偶然にも折れたアクセルペダルで

瓢箪から駒ですが

解せないセッティングが 解せる事となります。




多くのオリジナル派の方が

オリジナルであると信じて疑わないセッティングはオリジナルではなかったことになります。




もう一つ検証出来れば・・・

ユルになったペダルを 未調整の車両に装着すると

今日 試せるかな (^^//











この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト
関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。