FC2ブログ

出来ること 出来ない事 No,2

 



みがき屋には出来ない事も数多くあります。

例えば




この塗装のクラック

どんなに磨いても 研いても 消えることは無い。




ただし、この薄くくぐもった塗装の光沢は取り戻せます。


DSC00522-1300.jpg



蛍光灯が写り込んでいる部分

再塗装の際に エアーが噛んだ跡

コレもみがきでは対処不能です。


DSC00527-1300.jpg



ウェザーストリップが切れている。

これも過去に行われた再塗装の際に

マスキングテープを貼られて

それを剥がす時に 遠慮会釈無しにマスキングテープを剥がす時に生じた

人為的なものだと思われます。



そして左斜めに走る線キズ 

コレは傷が深過ぎて みがきで対処できる範疇を大きく逸脱しています。



みがき 極浅い傷ならば修復可能なのですが・・・


DSC00530-1300.jpg



このウェザーストリップも

引きちぎられ、マスキングテープと共に捨てられたのでしょうね。


DSC00531-1300.jpg



右半分を研いたボンネット



DSC00540-1300.jpg



1工程目のみがきを終えた状態。



DSC00545-1300.jpg



実用車においては

ベストを目指す事が不可能な事もあります。

ベストを目指すと、再塗装 部品交換 の必要が生じるから・・・



しかし、現状より

ワンランク上のコンディションに引き上げることは可能です(多くの場合)



腐っても鯛 の例えの様に

本質を失っていなければ みがきで2~5m離れた位置から見た時

粗が見えないような仕上げ方もあります。




しかし、

腐ったらゴミ。

錆 塗装の剥離現象 などが生じていたら

高額な修復費が掛かります。

通常の実用車ならば、その固体を修復するよりも

別の固体を探すほうが安いことが多い。



でも、それが出来ない車も存在しますので

その線引きの判断はオーナー様の目指すところに拠ります。





この様な判断を 利益優先ではなく

オーナー様と同じ クルマ好き目線で相談して頂くことは

私の仕事の一つですが

現車を見ずしては 何の判断も下せません。




電話だけの相談 おそらくは時間の無駄使いとなることを

ご理解下さい。







      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。