スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMG CL55 No,2

 


1工程目


DSC03614-1362.jpg


2工程目


DSC03625-1362.jpg


3工程目


DSC03628-1362.jpg


最終 4工程目


DSC03633-1362.jpg




入庫時のCピラー



DSC03604-1362.jpg



磨きを終えたCピラー

違い お解りいただけますでしょうか?


DSC03629-1362.jpg



塗装は 樹脂です。

よって、洗車で簡単にキズが入ります。

洗車を行う時は、フチに入り込んだ砂やホコリを出来るだけ丁寧に流してから

シャンプーして下さい (^^/



海水浴に行って

砂が付いたままの体

ゴシゴシと洗う人 居ませんでしょ~!!



ボディーがキレイになると

こんな部分が気になりだす。。。



DSC03649-1362.jpg



コレならバランスが取れる。


DSC03650-1362.jpg



昨日 夕方仕事を終えてから

池袋に繰り出して来ました!!




早い時間とはいえ ネオン 久しぶりに見てきました (^^)






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,9

 



今朝 起きれなかった。。。

現在時刻 06:56

普通は04:00には目が覚めるのに・・・





疲れ 溜まっている?




と言うことで

230E 蛍光剤を入れてしばらく運転していると

エアコンの漏れ箇所が特定できました。




普通 こんなところから漏れませんが

エキスパンションバルブから・・・




DSC04082-1361.jpg




エキパン本体に R-134a って???

どこ製なのでしょうか?




エクスパンションバルブ・リッキッドタンク Oリング手配しなくちゃ!!!





お茶を濁すような記事でゴメンナサイ!!!





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

AMG CL55 No,1

 




なんとも久しぶりのAMG

そして、初のご当地ナンバーのクルマです!!


DSC03588-1360.jpg


ガラスの研磨をして

水洗いして

粘土掛け


DSC03598-1360.jpg



買ったばかりのCL

中古車屋は何にもしていない。。。


DSC03600-1360.jpg



この通りのヘアーライン


DSC03603-1360.jpg



この年代では塗料の変化の為に

ゆず肌が強いのは仕方ないが

本来このCピラーの持つ美しさは無い。


DSC03604-1360.jpg



作業前のボンネット


DSC03606-1360.jpg


作業後のボンネット


DSC03646-1360.jpg



写真ではその差が見えませんでしょ~!!

でも、現車を確認したら その差は歴然です。





写真では、積極的にアラを写そうとしないと見えないのです。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,8

 




興味がある方は是非とも下の写真をクリックしてみて下さい。


DSC03998-1359.jpg



本当に酷い状態のチョーキングでしょ~!!

全く光沢無し!

全く写り込み無し!

触ると 手が白くなるほど酷い。。。


DSC03999-1359.jpg



ハンドパワー

だって ポッシャーが入る場所ではないから (^^)




30分ほど飽きずに研く・・・


DSC04001-1359.jpg



ここも・・・


DSC04004-1359.jpg



マスキングをして

ちょいと荒っぽいことをしますぞ!!


DSC04005-1359.jpg



ペーパーを当てて 水研ぎ。


DSC04007-1359.jpg



表面の崩れた塗料を耐水ペーパーで落とします。

やたら滅多ら耐水ペーパーを当てると

地肌が出てしますので

慎重に (^^//


DSC04008-1359.jpg


ピットの床が~~~


DSC04009-1359.jpg



手も真っ白!!

コレが落ちない。。。



凄く細かい粒子なので

指紋にまで入り込むのです。


DSC04010-1359.jpg



店の前も 大量の牛乳を溢したかのように・・・




急いで水を流します (^^)

DSC04011-1359.jpg



どう?

キレニなったでしょ (^^//


DSC04012-1359.jpg



上の写真で 頷いてしまった方

騙され易い性格なのでご注意下さい!!



ペーパーで水研ぎして

ボンネットの上に水の膜を作って写真を撮りました (^^)

写真は 時として真実を伝えない。




水の膜を切ると・・・


DSC04015-1359.jpg




耐水ペーパーで擦られた跡だらけ




これにポリッシャーを当てて


DSC04023-1359.jpg



本気で研けば (^^)


DSC04145-1359.jpg


私のハンドパワーも意外と使えるでしょ?!


DSC04147-1359.jpg



為せば成る 為さねば成らぬ 何事も



気を抜くと 必ず その報いを受けます。

下地を出したらお仕舞い。。。







引いてから 足せる世界は気楽です。

塗装・整備はそれが出来る世界

みがきは 引き算しか使えない世界だから (^^)








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,7

 



仕事の合い間 少しづつですが

W123 230Eは変化しております!!



みがきに邪魔なものは取り外して



DSC03961-1358.jpg



汚い~~~!!

しかし、ここまで写り込みの無い車

誰がこんなクルマを買ってきたのか・・・

予想以上の時間の掛かり過ぎに 我ながら呆れています。




遊び心と 男の割り切りで 楽しみましょ (^^//


DSC03967-1358.jpg



射的の的!!

輪ゴムでパァァァ~~~ん



呆れたからと言って 遊んでいては作業は進まないでしょ~!


DSC03969-1358.jpg



ウエザーストリップの間の砂が気になり過ぎて

めくり上げて 水洗いです。


DSC03970-1358.jpg



マスキングをして 

研きを入れます。



蛍光灯が映り始めましてたでしょ (^^)


DSC03971-1358.jpg


硬い 取れない 割ったら終わり

何とか無事に取り外したい!!




執念と 神への願いが届いたのか

無事 取り外すことが出来ました (^^//



このパーツ 既に欠品しています。

メーカーに無いものは 基本手に入らないので

慎重な作業を必要とします。


DSC03973-1358.jpg



エアコン用のエアーインテーク

コレを取り外すには

このピンを叩き落します。


DSC03974-1358.jpg


こんな風に (^^)


DSC03975-1358.jpg



コチラも無事に (^^)


DSC03976-1358.jpg



インテークカバーを取り外してから

叩き落したピンを回収!!


DSC03977-1358.jpg



この状態です。

洗車時、水と共にこの砂が出てきます。

擦ると・・・

ヘアースクラッチを作ります。


DSC03978-1358.jpg



この汚れが出てくると思うと

ぞっとしますでしょ~



洗車の方法をアレだコレだと話す方も居ますが

根本が大切だと思うことがあります。




そんな事よりも

ココ どやって研こうか・・・

本当に光沢を取り戻せるのか???



やるしかないのですが

ポリッシャーが入るわけも無く

どう言う技術を使うのか・・・

精神論だけで立ち向かうしかない (^^)



そう!!

ハンドパワ~~~

手動ポリツシャーですね~

30分も研けば

光沢は取り戻せますでしょ ( ← 楽観的過ぎ!!)



DSC03979-1358.jpg



取り外したパーツはキレイに洗って

出番を待ってもらいます。(^^)

DSC03982-1358.jpg



光沢を取り戻したルーフのサイドです。


DSC03983-1358.jpg


研きと磨きの時間であと10日は必要のようです。

まだまだ先は長い。。。






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,16

 



トランクに入れたままだったエアコン用のエアーインテーク

おもいっきり曇ってます。


DSC02765-1357.jpg



スリットの1本1本を磨いて


DSC02771-1357.jpg



完成かと思いきや・・・

バランスが悪い!!



その原因はココ!


DSC02777-1357.jpg


ネジの頭も磨いて


DSC02782-1357.jpg
DSC02784-1357.jpg



リアも


DSC02786-1357.jpg



このような樹脂レンズを磨く時に

 クリアコートグレーズ[AG O-8]  便利なんです!!

汚れ落としとしても、細かいキズを取り光沢を上げる時も使えます。



DSC02788-1357.jpg



ボディ-に付けられているモールに

タオルのケバが・・・


DSC02935-1357.jpg


やはりこうですよね!!


DSC02936-1357.jpg



完成!!

丸10日を要した仕上げです。



お時間が許せばじっくりとご覧下さい。

1週間の始まりに

BGMでも効きながら 心穏やかな時間を(^^)






DSC02949-1357.jpg
DSC02954-1357.jpg
DSC02955-1357.jpg
DSC02956-1357.jpg
DSC02959-1357.jpg
DSC02962-1357.jpg
DSC02964-1357.jpg
DSC02965-1357.jpg
DSC02966-1357.jpg
DSC02969-1357.jpg
DSC02972-1357.jpg
DSC02978-1357.jpg




時間が許すならば

  Daimler Double Six No,1

見比べて見て下さい。








出来る限り

その具現化に要した時間は

オーナー様と私にとっては無駄な時間ではありません。




それは理解できる人にしか理解し得ない事でなのでしょうが・・・




今回の「本気」の作業をご依頼頂けたオーナー様に心より感謝申し上げます。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,15

 





運転席のシート

くすみが入り始めています。



DSC02713-1356.jpg



座面は更に・・・



DSC02714-1356.jpg



このシボに入り込んでいる汚れを追い出すために

洗剤をスプレーして

ブラッシングして



優しく 優しくね!!


DSC02717-1356.jpg



じぇじぇ!!

  ではなく

ゲゲッッッ~~~でしょ (^^//


DSC02718-1356.jpg



4回目で落ち着きました。


DSC02721-1356.jpg



座面も同様に


DSC02722-1356.jpg



あれ?

背もたれよりもマシ???


DSC02723-1356.jpg



リンサーを引っ張り出して


DSC02736-1356.jpg



ここ ガムの様な跡が。。。

現在のオーナー様の扱いでは考えられない行為です。



DSC02738-1356.jpg



コレもキチンと落として (^^)


DSC02740-1356.jpg



シ-トベルトの黒ずみが気になったので

通常では拭くだけですが

洗って 巻き込まないように細工して 乾燥!!


DSC02750-1356.jpg



だいぶスッキリ感が出て来ました。



DSC02753-1356.jpg



乾燥させている間に

トランクのお掃除




荷物がいっぱい入っていたならば

行わない行為です (^^)

搭載している荷物に何かあったら・・・

過去に書類が水に濡れたと言われた経験もありますので

ご理解下さいませ!



DSC02774-1356.jpg



天井の生地に入り込んだ髪の毛


DSC02943-1356.jpg



ピンセットで (^^)


DSC02945-1356.jpg




フロアマット

パイル生地なので

パイルの間に入り込んだ枯れ草を

これもピンセットで1本ずつ (^^)


DSC02775-1356.jpg



時間無制限だからこそ出来る作業です。

目指すは、出来る限り本来の姿に近づけること。




作業を行う私も本気。

作業を依頼していただいたオーナー様はもっと本気です。



オーナー様の期待を裏切ることの無い様に

最新の注意と角度を変えて物を見ることで

普通は見えない部分まで




もしも、これ以上の作業を求められたならば

みがき・クリーニングの域を出ることでしょう。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,14

 



リアのコンソール

黒い樹脂部分 どれほど汚れているでしょうか?


DSC02673-1355.jpg


黒いから見えないだけで

本当は汚れています。



黒内装の場合は要注意です (^^)


DSC02674-1355.jpg



黒のダッシュボードは?


DSC02685-1355.jpg



ブラッシングしてシボの中に取り込まれていた汚れを掻き出すと

こんなに汚れています!!




コレ1回では取り切れないので・・・


DSC02686-1355.jpg



汚れが転写出来なくなるまで

計4回ブラッシング 拭き取り




掃除 やったではなく

出来たと確信できるまで (^^//



DSC02690-1355.jpg



こんな隙間も


DSC02692-1355.jpg



英国車は繊細です。

いつもの割り箸では太すぎるので


DSC02694-1355.jpg



ルーバーの汚れです。



DSC02696-1355.jpg



ハンドルの汚れ

オーナー様がこまめに拭かれていたのでしょうね~

この程度の汚れですから (^^)


DSC02708-1355.jpg



ルーフサイドの樹脂部分にポチポチと何かが付着しています。



DSC02710-1355.jpg



天井を汚さない様に

決して濡らさない様に

ブラッシングして



DSC02711-1355.jpg



完成まで あと少し (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,13

 




内装にもメッキパーツが多用されています。

内装のクリーニングの手順次第で

自分で自分の仕事を作ってしまうので

まずはメッキ類の磨きから (^^)



DSC02635-1354.jpg



このお洒落なリアシートの読書灯!!


DSC02616-1354.jpg



ドアのサッシュを下から覗いた状態です。


DSC02637-1354.jpg



コレが本来の姿。


DSC02638-1354.jpg



メッキを磨くと

磨いた布は黒くなります。

それがレザーに付かないように


DSC02641-1354.jpg
DSC02643-1354.jpg



こんな所 誰も気にしないかもしれない。

リアの肘掛の奥にある金具。


DSC02656-1354.jpg
DSC02657-1354.jpg



そして その蓋のヒンジ



DSC02658-1354.jpg
DSC02659-1354.jpg



フロントシートの前後調整用のバー

そして、リフターのスイッチ



DSC02667-1354.jpg




グローブボックスの鍵穴


DSC02666-1354.jpg
DSC02668-1354.jpg



フロントシートのヘッドレストの支柱


DSC02669-1354.jpg
DSC02670-1354.jpg




自分が気付くメッキ類

金具類を磨き上げました。




周囲を汚さない様に

そして、金属磨き剤 思いのほか臭いの強いものが多いので要注意です。

※金属磨き剤 アンモニアを含んだものが多い。




お時間が許せば コメント欄 覗いて見てくださいね!!






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,6

 




昨日 少し時間が取れたので

230Eのタイヤを交換しに行って来ました!!

選んだタイヤは ブリジストンのNEXTRY

タイヤサイズは、あえて185/70R14

230には185は太すぎると・・・




ネットで買って

どこで入れ替えようかと



ピースの島田社長から聞いていたお店に行ってみました (^^)

 パーツワン

持込を嫌がるショップも多いのですが

この店は大歓迎だそうです (^^/


DSC03929-1353.jpg



3台 同時にタイヤ交換

仕事は速いこと (^^)



DSC03930-1353.jpg


チョイト覗いて

ショックアブソーバー 駄目です!!


DSC03937-1353.jpg


帰りに ピースさん 

島田社長 右ハンドルなのに左に乗り込もうとする。。。

ギャグなのか・・・?

それとも 天然?



DSC03938-1353.jpg



丁度リフトが空いていたので

ちょいとリフトアップしてもらい点検!!


DSC03939-1353.jpg



ボールジョイトは駄目!!

サポートジョイント(ブレーキサポート)は生きていた。

サポートジョイントを残して

フロントのブッシュ類は全交換ですな~

勿論 ステアリングリンケージは全交換!!


DSC03943-1353.jpg


コンパニオンプレート、ベローズベアリングは大丈夫 (^^)


DSC03945-1353.jpg



フューエルパッケージ

燃料ホースが気に入らない!!




島田社長と

過去に自分のW123で燃料漏れを起こして記事を書いたライターの話題が・・・

確か消防車5台ほどが集まった記事でしたね~



同じ燃料抜くならば

ホース類を一掃して

フィルター、ポンプ、ダンパ、アキュムレーターもやっちまおうか (^^)

そうすればこの先10年は心配いら無いでしょうからね!!


DSC03952-1353.jpg



かなり見積もりが出揃い

定価ベースで70万円を超えている!!

1台をまともにするのにはこの程度は掛かる。



中古車 本当は古くなればなる程

要交換部品は増えるはずなのに

安く店頭に並びすぎではないでしょうか?



部品代・交換工賃・クリーニング代

それだけで店頭で販売されている価格を上回る

コレが真実です!!




車検に受かるレベル

それは実にレベルが低い!!




それは到底 そのクルマを楽しめるレベルではない (^^//



タイヤ交換して

少し安心して走れるようになって

非力さを楽しみながら(500SEと比べて)

非力だからこそ 自分のドライビング

そう! 先読みの確かさを確認しながらの運転




初めてハンドルを握った頃に立ち戻って

軽快に回るエンジンを楽しみながらドライブして来ました (^^/



足回り、ハンドリングが改善され

エンジンが本当の調子を取り戻したら

どれほど楽しいクルマになるか (^^)



ピットに戻って

もうひとつ

エアコンのガスを2本補充して、蛍光剤を入れて

さて、何処から漏れているのか・・・




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

Daimler Double Six No,12







まずは、フロアマット


DSC02597-1352.jpg



そして、フロアカーペット


DSC02598-1352.jpg



抜き出して (^^)


DSC02599-1352.jpg



洗います。

運転席のフロアカーペット

洗剤を掛ける前から 泡立ちます (^^)




濯ぎが完全に足りなかった証です。




DSC02618-1352.jpg



この黒ずみが嫌い!


DSC02620-1352.jpg



こんな感じでは如何でしょうか?


DSC02621-1352.jpg



助手席を少し倒すと

背もたれとの間の隙間にはホコリやゴミ そして 髪の毛


DSC02613-1352.jpg



掃除機で 吸い取れるだけ吸い取ります。



DSC02626-1352.jpg



掃除機のノズルが入らない処は

ブロアーして 


DSC02628-1352.jpg


同じ道具を使っても

そこに作業者の描く理想像が異なれば

おのずとその仕上がりに差が出ます。






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,11

 




メッキ類の磨きを終えて

コンパウンドの粉だらのボディ-



DSC02518-1351.jpg



隙間の全てに入り込んでいる


DSC02520-1351.jpg



水洗いする時

キレイなんです!!



メッキ類まで 素晴らしい撥水。


DSC02524-1351.jpg



クルマ 水切れの悪い道具だと思ってましたが

特にジャガー、ディムラーのガラスの周囲は水切れが悪い。




そう! ここ錆易いんです。



DSC02531-1351.jpg




さて、いよいよマグノリア(もくれん)との戦いです (^^)

デリケートな上に汚れ易い色だけに・・・


DSC02577-1351.jpg




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,10

 




ディムラー ジャガー

そして、この年代のクルマにおいて

メッキパーツがどれほど重要なポイントか・・・





隙間の奥が気になるのです。


DSC02451-1350.jpg



この微妙な深さが厄介!


DSC02452-1350.jpg



トランクを開けた時に見える

フルーテッドグリルの裏も当然磨いて


DSC02453-1350.jpg



オープナーは 皮脂だらけ。。。


DSC02455-1350.jpg



テールレンズを取り外して

リングを・・・



フロントで再塗装の際に

マスキングで済ませた形跡があったから

コチラも疑うべきだから (^^)


DSC02456-1350.jpg



水垢がこってり



DSC02488-1350.jpg



やはり!!

マスキングで済ませていた。。。

悲しいかな コレが現実なのです。



整備・塗装・みがき

どの分野においても必要なのは

オーナー様の持っておられる意向を忠実に再現すること。




コレが疎かになると

オーナー様は「失望」 この2文字を持たざるを得ないでしょう。



時には、予算をオーバーした見積もりを提示する事となりますが

半端な作業はしたくない旨を確実にご理解頂き

必要な予算を頂戴することも大切だと考えます。




「信頼」の2文字を得る為です。



DSC02491-1350.jpg



ネジの頭


DSC02494-1350.jpg



磨きます。

頭がくすんでいると台無しでしょ~ (^^//


DSC02496-1350.jpg



マフラーエンド


DSC02460-1350.jpg



やはり こうでしょ~ (^^)


DSC02461-1350.jpg



フォグランプのレンズを外して


DSC02497-1350.jpg



ランプユニットの裏

気になるんです。


DSC02500-1350.jpg


私が行う作業

綺麗にする それだけでしたら この作業は大きな意味を持たないのかも知れませんが


DSC02502-1350.jpg



今後 このディムラーを持ち続けるオーナー様に敬意と感謝の気持ちがあれば

錆びさせない為にも

今 手を掛けるべきだと考えます。



だから、レフ板の裏側も (^^)


DSC02504-1350.jpg


全く以て余談ですが

この作業を行っている時

ふと 私の頭の中を過ぎったことが・・・



50オヤジがディムラーのフロントで寝転がって

フォグを磨いている

その時 今年の初めの様な事故があったら・・・

意外と臆病なんです (^^)



取り外したフォグのレンズ


DSC02464-1350.jpg


レンズの内側は洗います。


DSC02468-1350.jpg



そして、リングを磨いて


DSC02469-1350.jpg



このディムラーの顔とも言うべき

フルーテッドグリル


DSC02505-1350.jpg



スリット 手遅れでなければ良いのだが・・・


DSC02506-1350.jpg



私が出来ることはほんの少しのことだけです。

頑張って磨いても

コレが限界でした。


DSC02508-1350.jpg


サイドのバッチ


DSC02513-1350.jpg



これならば (^^)


DSC02514-1350.jpg




クルマにとって

最も恐れるべきは 「錆」

それを予防するのは日頃の管理と手入れだと思います。









≪業務連絡用写真≫

DSC03791-1350.jpg




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,9

 




このようにして見ると

ドアミラーのメッキは然程汚れているようには見えません。


DSC02355-1349.jpg



私には悪癖があって

ついつい覗き込んでしまう。



決してミラーマンの趣味は御座いませんのでご安心下さい。

覗き込んでしまうのは クルマだけ!! (^^)



DSC02354-1349.jpg



これも覗き趣味なのかも・・・

リベット周囲の汚れ 気になるんです。



しかし、ドイツ車との違い歴然と見せ付けられますね~

W126も同じようにルーフに添った飾り金具がありますが

ネジ止め リベットは使わない。

そのクルマを作る国民性なのでしょうね~


DSC02361-1349.jpg


コレならばOK!!


DSC02363-1349.jpg


このドアのサシュ部分

微妙なくぼみがあります。



この辺りの作りも

ドイツとイギリスの国民性なのでしょうね~



そのくぼみに汚れが


DSC02439-1349.jpg



これで如何でしょうか?


DSC02440-1349.jpg



給油口 それ自体が飾りでもある。

スリットの間の汚れが気になるのです。


DSC02442-1349.jpg


ほんの少しの積み重ね

それだけでバランスを取り戻してゆく。


DSC02445-1349.jpg



ココまでくると

鍵穴も気になる (^^)


DSC02443-1349.jpg



アレッ!!

いま写真を見るとまだ汚れが・・・

撮影後に修正したであろうか?



オヤジの記憶はあいまいなので

きっと近日中にオーナー様とお会いできると思いますので

確認してきます!!


DSC02446-1349.jpg



フルーテッドグリル

その波のあるグリルを磨いて

その後 気になるのが 鍵穴!!


DSC02447-1349.jpg



これで締りが出ましたでしょ~!!



DSC02449-1349.jpg



ご覧の様に 全て手作業

ひとつ ひとつ 作業者の基準にがそのクルマの仕上がりを左右する。




バランス感覚が問われる世界です。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,8

 






1工程目の研きを一旦終わりとして

ヘッドライトのリングを磨き

そして、サイドのモールを磨きます。

まずは研いた塗装を傷つけてしまうことの無いようにマスキング!!


DSC02305-1348.jpg



このモールに生じたポツポツと浮いている錆

取れるのか???


DSC02303-1348.jpg


結果は殆ど取れなかった。。。

このあたりもう少し勉強しなければならない部分です。



物理的に頭だけを少し飛ばすだけに終わった今回の作業となりました。






気を取り直して

補助灯を使ってチェックしながら3工程目の磨き



DSC02306-1348.jpg



2工程目では

油分の多いコンパウンドで均す(ならす)様に

時間を掛けているので

この油分を剥ぎながら

更に細かいコンパウンドで磨きを掛けます。


DSC02309-1348.jpg



結構毛だらけ猫灰だらけ

私しゃ コンパウンドで粉まみれ

で御座います。



どれほど細かいコンパウンドの粉か?



DSC02313-1348.jpg


サラサラの粉の舞う中での作業です。

翌日の朝 デスクの上はザラザラになります。

一晩かけて降り積もるのです。



さて、少し話は横道にそれますが

みがき屋のピットはご覧いただいた様な環境です。

よって2台入る(保管できる)ピットで同時平行での作業など在り得ない!!

完全に隔離されたピットが二つあれば話は別ですが・・・



磨いている横で

フィルム貼り、ルームクリーニングは出来ないのです。

完全に隔離されたスペースが必要となる。



クルマをお持ちの方ならばクルマを置くと

意外なほど大きなスペースが必要となるのはご存知ですよね~!



そのクルマに磨きを掛ける時

更に最低1m以上の空間が必要となる。

作業状態を確認しようと思うと

本当は3m下がりたい。



クルマが全長5m 全幅2mとすると

理想の磨きの空間は 奥行き11m 間口8mとなる。

コレはクルマ6台の駐車スペースに相当します。



理想のピットを手に入れるのはいつになるやら・・・





さて、お話を戻して

最終工程の一歩手前の状態です。


DSC02315-1348.jpg



肌調整のお陰で

少しはバランスが取れてきたディムラーです。



DSC02327-1348.jpg



かなりの時間と度胸を要したCピラーも (^^)


DSC02328-1348.jpg



そして、更に私を悩ませたがココ!!

給油口付近

バフの大きさが作業の邪魔となる。

しかし、これ以上小さなバフでは外周速度が稼げないので

本当に使い物になるのか???

今後当店における課題の一つなのです。


※同一のコンパウンドを使い 同一のバフでは、その速度と掛けられる圧力で切り込み量が決まります。


DSC02317-1348.jpg



作業前

DSC02187-1343.jpg



そして、作業途中


DSC02331-1348.jpg



ここで大いに悩みます。

コレが このディムラーの塗装の限界なのか?

まだ切り込んで大丈夫なのか?




塗膜の厚さを測ることは出来ます。

膜厚計と言う 使い物にならない計測器がありますので計ることは容易です。

※膜圧計を否定しているのではなく当店では使えない事を指します。

そこで計られる塗装の厚みは鉄板からの厚みなので

今回このレーシンググリーンは何とクリアが乗せられているので

そのクリアの厚みだけを計ることは当然出来ない。




もしも、再塗装の際に

基本に忠実にソリッド塗装を施していてくれたらならば

私の悩みは、遥かに軽減されていたでしょう。

勝負できる厚みも稼げるから (^^)



しかし、クリアを吹かれた事で

私はクリア層と向かい合うことに。

跳ね馬がクリアソリッドなんてものを使い始めなければ・・・

思わず愚痴りそうになる。

塗装屋さんも安易にクリアソリッドを使う時代

本質 見失っていませんか? 大丈夫?




このクリアの厚み

自分の目で見た感覚だけが頼りです。

作業者の感と目だけ



どこまでやるか・・・







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,5

 



この飾り金具

取り外します (^^/



DSC03519-1347.jpg



周囲の水垢 ヒドイ!!


アルミモールの腐食も ヒドイ!!


DSC03521-1347.jpg



内側のパネルを取り外します。

後ろの隙間に薄いプラスティックのヘラを滑り込ませ

細いマイナスドライバーを差し込んで

更に太いものに

そうすれば傷つける事無く抜き取れます。


DSC03522-1347.jpg



製造されてから

この日まで抜かれたことがなかったパーツです。

28年間の汚れです (^^)


DSC03523-1347.jpg



ネジ2個を取れば


DSC03524-1347.jpg



水洗いして (^^//


DSC03526-1347.jpg



それにしても ヒドイ!!

アルミモールのつなぎ目が黒ずんで・・・


DSC03539-1347.jpg



塗装が弱っているであろうから

しっかりと養生して


DSC03546-1347.jpg
DSC03549-1347.jpg



アルミモールのクリアを抜いた状態。

アルミそのものが剥離剤の影響で曇っています。


DSC03551-1347.jpg



金属研磨剤で磨けば (^^)


DSC03554-1347.jpg





おっっっ!!

雰囲気変わって

気分 最高 (^^//


DSC03557-1347.jpg

DSC03556-1347.jpg



作業は始まったばかり!!

完成までの道のりは・・・



レベルの高い

本来の姿を求めて ボチボチと (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,4

 





その後 W123 230E どうなっているんですか?

会う人 会う人にお言葉を掛けて頂くので

少し進捗状況を (^^)




ピットに入れた230Eです。

周囲が全く写り込まない塗装!!

ありえない塗装状態です (^^)



DSC03301-1346.jpg



トランクパネル

蛍光灯すら写り込まない。。。

白粉(おしろい)を塗った芸者さんのようです (^^)



DSC03302-1346.jpg



真っ白なアルミモールすら気にならないほどのマッドな塗装。



DSC03304-1346.jpg



見事に生じたクラック!!

オリジナル塗装の勲章です。

塗り替えられているとこのクラックは無い。

この価値観 ご理解いただけますか?


DSC03311-1346.jpg



滅多に登場しないウールバフ

激しく切り込んで

サテライトバフで均します。


DSC03514-1346.jpg



丸一日 9時間をかけてトランクパネルが蘇る。



DSC03516-1346.jpg



トランク1面で9時間。

1台研くのにどれだけの時間を要するのか???

気が遠くなりますよね~



下の画像をクリックして頂ければ解るのですが

写り込んだ蛍光灯に ヒビが・・・

コレがクラックです!!


DSC03533-1346.jpg



さて、クルマをみがく時

私も基準が欲しい。



その基準は 多くの場合 ココ!!


DSC03538-1346.jpg



ドアにカバーされて

陽に当たっていない。

そして、洗車の時に拭いてもらえることも少ないので

完全なオリジナル状態が残っている場合が多いのです。



これが求めるべきコンディションなんです(^^)



DSC03536-1346.jpg



この230Eにおいて

・運転席シート

・助手席シート

・リアシート

紺ファブリック生地のシ-トを探しております!!



高価買取なんてカッコイイ嘘は言えませんが

程度の良い コンディションの良いシートの情報下さいませ~!!



あっ!!

バリバリに割れているダッシュボードも何とかしたいので

右ハンドル用の紺のダッシュボードの情報もお願いいたします!!



その他 ご自宅で眠っているパーツなどあれば

是非とも安価にてお譲り下さいませ (^^//






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,7

 



3日掛かりのファーストカットを終えて

一旦床を水洗い。



DSC02252-134.jpg



ヘッドライト

周囲のリングが気になる。


DSC02266-134.jpg


1つのライトに二つのリングが付いていますので

外して 磨いて 組み付けて


DSC02263-134.jpg



なんで塗料が付いているの???


DSC02270-134.jpg



下地からの錆も出ていますが出来る限り・・・


DSC02285-134.jpg



レンズ内に落ちていたレフ板の破片。

コレは、電球を一旦取り外して取り出しました。


DSC02287-134.jpg



取り外した時の汚れ方


DSC02293-134.jpg



磨いて 磨いて 磨いて

コレならば (^^)


DSC02297-134.jpg



一つ 一つ 手抜かりの無いように

今回は、時間無制限でディムラーと対峙です。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,6

 



この給油口付近

ミニポリッシャーを当てられるギリギリの面積しかない。

バフを斜めにして 何とか作業を進めざるしかない場所なのです。


DSC02187-1344.jpg



Cピラー

リアフェンダーとの接合部分

みがき屋にとっては、難儀な接合をしている。。。


DSC02193-1344.jpg



ゆっくりと立ち上がるのではなく

Cピラー 給油口からのパネル リアフェンダーの丸み

この3つが合わさってくるので

気を抜けない作業となります。


DSC02204-1344.jpg


しかも、不均一な塗りです。


DSC02211-1344.jpg



これらの肌を調整しなければならない。


DSC02212-1344.jpg


じわりじわりと追い込むように塗装を削ると


DSC02214-1344.jpg



なんとかココまで


DSC02225-1344.jpg


トランクパネル周りで 丸1日掛かります。


DSC02228-1344.jpg



下地を出せない。

引き算だけの世界です。



感 と 度胸だけの作業

まだまだ続きます。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,5

 




肌調整

一つ間違えば 下地を出してしまう作業。





本当はソリッド

しかし、このディムラーはクリアが乗せられている。。。




厚みが判らない。



DSC02162-1343.jpg



そんな中で

自分の感だけを頼りに切り込んでゆくのです。



基準となるパネルを選び

その肌に近づける。



※蛍光灯の揺らぎにご注目下さい。


DSC02174-1343.jpg


フェンダーアーチも


DSC02173-1343.jpg
DSC02176-1343.jpg



この曲線が作業を更に手間取らせる。


DSC02177-1343.jpg



ボンネット、両フロントフェンダーのファーストカットで1日が過ぎてしまった。。。




サンルーフ 木の葉だの違いも気に入らない。


DSC02189-1343.jpg



リアの肌は 更に気に入らない。


DSC02187-1343.jpg



どれほど時間を要するか?

やってみなければ判らない。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,3

 





今朝 起きれなかった。。。

現在時刻 07:08




と言うことで

どんな表現を記しても

迷惑を掛ける事の無い 我がW123 230Eの進展状況を (^^//




大阪から持ち帰ったばかりの230E

イケてるでしょ~~~



DSC03250-1342.jpg



今風の艶無しのマッド塗装です!!

アルミも白ボケ放題!!



DSC03251-1342.jpg



時代の最先端!!!


DSC03253-1342.jpg




エンジンルーム

ホコリだらけで気に入らない!!



DSC03257-1342.jpg



丸一日掛けて

後 半日掛ければ完成できそう (^^//


DSC03279-1342.jpg



ファンクラッチは生きていた。

しかし、驚くべき事実が判明!!

この230Eは、通常のクラッチと異なり

電磁クラッチなんです!!!



普通は流体式なのに・・・



何が悪いのか?

クラッチ本体?

リレー?

どちらも正常なことを確認して



エンジンを掛けて

水温の上昇を待つと

90℃ ファンが回らない!

100℃ この温度でもフリー回転

105℃ やっとクラッチが入った!!




どうやらこの温度センサーが原因している様です。

100℃で繋がるセンサーなので

85℃で繋がるものが欲しいところ・・・

探さなくちゃ (^^//




230E散々調べても資料が少ない

アメリカでは売られていなかったクルマだから

ネット上にある資料が少ない。。。




M102もW201 W124で使われたKEジェトロタイプのものばかり

KジェトロのM102の資料を探さなくちゃ!!

どなたかお持ちの方 マニュアル見せてくださいませ~~~!!


DSC03501-1342.jpg



完全に熱ダレしてご臨終のオイルも抜いて

新油を (^^)

この後、金谷オートサービスさんでエンジン内部洗浄を行うと言うのに

何と言う贅沢か。。。



DSC03503-1342.jpg



クルマって 研けば 綺麗になるんですね~ 


DSC03512-1342.jpg



でも・・・

凄い体力勝負!!

ポリッシャーが、荒れた塗装に食いついて 暴れやがる!!



オヤジとチョーキングの戦いです (^^//





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,4

 




洗ったエンジンルームを養生して


DSC02146-1341.jpg



じぇ じぇ じぇ! ではなく

ゲッ ゲッ!!



丁寧に水洗いしたつもりなのに・・・

ワイパーアームの付けに注油でもしたのか???

細かい砂がいっぱい残っている。



もしも、こんな細かな砂がバフに絡んだ・・・

想像もしたくない事態に陥ります!!


※街の中古車屋は、平気で屋外でポリッシャーを当てているが 私には自虐行為にしか見えないのです。


DSC02148-1341.jpg


本当はココは取り外したくない!

ピンが折れるから・・・

触ってみると ガタガタ!?

既に 過去に折られている!!

DSC02150-1341.jpg


この通りでした。

ピンの部分を接着して・・・

今後どれだけ強度が出るか判らないが

せめてもの抵抗です。



そして、何より 信頼してクルマを預けて頂いたオーナー様の期待を裏切りたくないから

出来る限りです。



DSC02151-1341.jpg



そして、洗車の時に気付いていた事があります!

出たっっっ~~~~

板金屋さんお得意のブチル攻撃!!!



本当に呆れ返らんばかりです。

オーナー様にこれらの件をお伝えすると

今まで気付いていなかったし、そんな連絡を受けたことも無いとの事!!



オールペイントされたディムラーですから

これらの破壊工作はダレがやったものか・・・

想像するところです。


DSC02157-1341.jpg



本来の姿は この様になります。

せめて中古のワイパーを手配するとか出来ないのでしょうか?


DSC02158-1341.jpg



塗った後 磨いたのでしょうが

サンルーフの縁にはコンパウンドが残っている。

しかも、ココ1箇所ではなく あちらにも こちらにも・・・




下の写真をご覧頂き 感想を頭に思い浮かべてから

読み進めて下さい。


DSC02153-1341.jpg



マスキングを終えた状態。

よくよくご覧下さい。

出来れば画像をクリックして大きな画像で (^^/


DSC02159-1341.jpg
DSC02160-1341.jpg




下の写真 

ボンネットパネルからフロントガスまでの部分です。


DSC02162-1341.jpg




ボンネットとガラス下のパネルの肌の違い ご覧いただけるかと思います。

全く違う肌!!




最近ボンネットを再度塗り替えたとお聞きしましたが

コレは在り得ない!!




色を載せただけの仕事です。




そして、どちらの塗装も曇っている。

まるで擦りガラスを通して見ているかのようです。





ジャガー そしてディムラーの本来の塗装の雰囲気など微塵も感じない。




ここまで書くからには 




乞うご期待 (^^//




先日開催された クラシックカーフェスティバルin桐生の様子が

 WebCG に掲載されていますよとお客様からご報告いただいたので

お時間が許せばご覧下さいませ!




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,3

 




ガラスに水を掛けると

その撥水状態は然程悪くは無い。


DSC02078-1340.jpg


これですから (^^)


DSC02079-1340.jpg


それでも撥水コートを剥がします。

ガラス用のコンパウンドでコシコシ!!


DSC02082-1340.jpg


無撥水状態となります。


DSC02083-1340.jpg



全ての窓にコンパウンドを

そして、ボディーの水洗い。




DSC02084-1340.jpg




オーナー様からお聞かせいただいていた事ですが

フロント&リアウィンドの周囲の水切れの悪さ

ブローすればするだけ水が出てくる。。。



DSC02085-1340.jpg



水洗い完了。

思わず 美しい!!


最近のクルマでは 描けない美しい曲線。



DSC02087-1340.jpg


画像のほぼ中央

ガラスが白く曇ったような部分が在りますよね~

これが苦戦したガラスの縁の水垢です。

この水垢がガラスの周囲にあったのです。




取ったつもりが取り切れていない

取り切れていない部分が残っていた。。。




美しいラインを求めると

実用とは異なるものを求める事となります。

撥水コートを剥がす必要など 何処にも無かったのです。




この水垢

運転するに置いて

全く視界に入るはずが無い部分です。




しかし、「美しい」 を求めると

行うべき作業は おのずと異なります。




そのクルマ 本来のラインだけを残す。

ラインを滲ませない!!





たったそれだけの為に ガラスの縁にへばりついている水垢と格闘するのです。

当然 トンでもない時間を費やして・・・


DSC02089-1340.jpg



気高い貴婦人の様なスタイル

しかし、その根性は気難しく

大いに私を悩ませる事に・・・



DSC02090-1340.jpg



明日からは 外装のみがきです。





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six No,2

 


エンジンルームクリーニング

V12のエンジンルーム ぎっしり!!

Vバンクの中央にデスビ、コンプレッサー

これからしようとする作業を想像できますか?


DSC02038-1339.jpg



しかも、ボンネット開口はコレだけ!!



日頃 メルセデスに慣れきっている私には

いかに楽をしているかと思わせるほどです(^^)

DSC02046-1339.jpg



ATFゲージには DEXRON2とご丁寧に指示があります。


DSC02052-1339.jpg


しかし、作業を行ったぞと言わんばかりのステッカーには

D-Ⅲ 作業を行った方 コレで本当にいいのですか???



D-Ⅱ と D-Ⅲ の違いお分かりでしょうか?

D-Ⅲは Ⅱと共用できるでしょうが

その違い ご理解されての上での作業だったのでしょうか?



DSC02053-1339.jpg



私は 私の仕事を (^^)


DSC02063-1339.jpg
DSC02073-1339.jpg



腰が辛いだの 痛いだの言わずに

ひたすらコシコシです。


DSC02071-1339.jpg



そして、仕上がりはこんな感じです。


DSC02070-1339.jpg



ボンネットに ヒドイ オーロラマーク(バフ目跡)が出ていましたので

これは粗いコンパウンド もしくは 硬いバフで最終の磨いを与えられた跡です。



DSC02066-1339.jpg






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six No,1

 





クルマ好きならば

誰しもが一度は乗ってみたいと思うであろう1台

Daimler Double Six の入庫です。



この様にしてみる限り

凡人には美しく見えるはず (^^)




ただし、自分の愛車に惚れ込んだら

普通ならば気にならないところが

気になりだすものです。



DSC01996-1338.jpg




性格のヨロシクない店主のチェックの開始です!

重箱の隅を突つきます (^^//



ヘッドライトリング

このまま放置すれば その先は錆びて朽ち始めるだけ。

既に手遅れでなければ良いのですが・・・


DSC01997-1338.jpg



ヘッドライトの中にゴミが落ちています。

おそらくはレフ板の破片。


DSC01999-1338.jpg



全体のバランス

引き締まりを失って見える理由のひとつがココ。


DSC02001-1338.jpg



そして、フォグランプの枠。


DSC02003-1338.jpg



グリルのフィン

既に手遅れの様に見受けられた。

今回は諦めず 出来る限りを求めて欲しいとのオーナー様の指示があるので

そのご要望に出来るだけ沿いたいものです。


DSC02005-1338.jpg



ドアミラー

水垢が・・・



英国車の高級車には不似合いです。



DSC02016-1338.jpg



窓枠のモールにも水垢。


DSC02019-1338.jpg



給油口周囲の塗装の肌 気に入らない。

それ以外の肌とあまりにも違う。



みがき屋にとってこの曲線

自虐的世界へと入り込んで行くのだが

見過ごせない部分です。


DSC02020-1338.jpg



ディムラーのエンブレムにホコリが積っている。

そして、メッキの光沢が・・・


DSC02023-1338.jpg


100人の人に「キレイですか?」と尋ねると

おそらく99人は「きれいですね~」と答えて頂けるでしょうね~



しかし、現状では納得できない部分が在ります。

中古車を選ぶ時も 今見てきたような箇所のチェックもお忘れなく。


DSC02022-1338.jpg



もしも、中古車販売店で

この様な状態のクルマを買うとしたら

以上の様な汚れがあっても

納得して買うべきです。

そして、自分の手で磨きを掛けて下さい!



中古車屋 そして 新車ディーラー ディーラー系中古車販売店が使っている

ディテイラーの多くはコーティング屋

そして、そこに販売店が掛けられる費用は通常5万円ぐらいまででしょうから

絶対にまともな状況へは変化しない。

悪化することは在っても、完全な方向へは向かいません。




これからお見せする このDaimler Double Sixに行う作業は

通常の域を大きく逸脱した作業となることを念頭にお読み頂ければ幸いに存じます。









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

第8回 クラシックカーフェスティバルin桐生 2013年 その2

 



マスタング マッハ1

凄い迫力です!!



我が家のチビ介までもが覗き込んでいる (^^)


DSC03124-1337.jpg


イイ音するんでしょうね~


DSC03125-1337.jpg



チョコット 横に乗せていただき


DSC03128-1337.jpg



ゲッッッ!!!

走り出しちゃた~~~


DSC03132-1337.jpg



実は・・・

W126仲間のO氏 今回もマスタングでラリーに参加したのですが

今回はそのお仲間も一緒にご参加との事で

ナビゲーターが居ない!!



そこで急遽 私がナビに (^^)



30秒おきのスタートだから

最初は気楽に・・・




沿道の民家から出てきて手を振ってくれる方が

信号待ちで 声を掛けてくれる方

桐生の方々の陽気さを知ることとなり

思わずコチラも 窓から手を出して (^^)




ところが

信号で車列が切れた時に 大失敗!!!

曲がるべき信号を見落とし

渡良瀬川沿いを どんどん上流へ

マッハ1のエクゾーストサウンドを響かせながら (^^)



コースアウトしてから

気付いて コースに復帰するまでかなり距離を楽しんでしまったのです (^^//


マッハ1のオーナー Rさん ゴメンナサイ~~~!

 


なんとかコースに復帰して

途中のチェックポイントでスタンプを貰います。



DSC03133-1337.jpg



テックポイント通過後は

このコスモスポーツが先導してくれて

私なんぞの存在は無用に (^^)



DSC03136-1337.jpg


途中立ち往生しているクルマも (^^)

「大丈夫ですか?」 と声を掛けると

それは それは にこやかに 「駄目です~~~」



このおおらかさ いいですね~!!


DSC03138-1337.jpg



コレがナビゲーターに渡された地図です。


DSC03139-1337.jpg


本当は、スタート地点でトリップメーターをゼロにしておけば

曲がるべき地点の距離が示されていますので

曲がるべきポイントを見失うなんてこと無い!!




でも、今回乗せて頂いたマッハ1はアメリカ製

当然 マイル表示!!



区間距離のマイル表示があるのですが

お馬鹿な私

ナビゲーター初体験でもあり

今思えば、事前に積算しておくべきだったと・・・

Rさん 本当にゴメンナサイ!!



それでもなんとかゴール地点となる会場正門まで帰って来ました。


DSC03140-1337.jpg



会場へ帰着後の R氏と私


DSC03144-1337.jpg



今回は まさかですが

楽しいハプニングを体験させて頂きました!!


Rさん 本当に有難うございました。

そして、ゴメンナサイ。。。

DSC03145-1337.jpg



滅多に出来ない体験をしてみて

 踊る阿呆に 見る阿呆 同じ 阿呆なら踊らにゃ 損々!!

身をもって体験させて頂きました (^^//




もしも・・・

このラリーに出られる車を持って

息子をナビ役にして出られたら

どれほど楽しいでしょうかね~



クルマって 楽しいんです!

初めてお会いしたRさんとも

ラリーの最中 色んなお話をさせていただき

また、忙しい中 会場でお会いさせて頂いたお客様とも

ただ ただ クルマ好き

その同じ目線でお話させて頂ける時間

屈託ない時間が有難い!!



ほんの少し 気持ちと財布に余裕があれば

少し古めのクルマ 楽しいのですよ~



是非 ご家族でそんな時間を過ごしてみてくださいませ!!



私は 息子がグレる暇など無い様に

歪んだ道へ 引き込みます (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

第8回 クラシックカーフェスティバルin桐生 2013年 その1

 


昨日 行って来ました!!

クラシックカーフェスティバルin桐生



昨日はブログを途中で投げ出してスミマセンでした。

クルマ仲間と待ち合わせの時間もありましたのでご容赦下さいませ。



DSC03057-1336.jpg



羽生PAに辿り着くと

そこは既に一杯!

中には今回のフェスにエントリーされているであろうクルマの姿も在りました。



DSC03064-1336.jpg



お出掛けの朝は もちろん うどんです!!

待ち合わせの仲間とも合流できましたので

群馬大学 桐生キャンパスへ向けてGO!!


DSC03065-1336.jpg



車両の搬入が始まったばかりの会場です。


DSC03068-1336.jpg



かなり早い時間に搬入された車たちのようです。


DSC03070-1336.jpg


ライトトレーラーで運べる旧車

なんてカッコイイんだろ~!!


DSC03082-1336.jpg



ホンダ S600クーペ

ドライバーは 女性!!



女性にもクルマ好きの方が居て

エントリーされているのですね~

DSC03085-1336.jpg


ラリーにエントリーしているクルマ達も

続々と集合しています。


チビ介のテンションも上がってきて (^^)


DSC03088-1336.jpg


ロータス ヨーロッパ ご一行様も到着。


DSC03098-1336.jpg



いすゞ ベレットGTも


DSC03107-1336.jpg



そんな時に1本の電話が・・・

W114のオーナー様から



「エンジンが吹け上がらないんです。。。」



桐生にお住まいで

このフェスティバルにお誘い頂いた恩あるオーナー様ですので

役に立たないとは思いますが

一旦会場を離れ、ご自宅まで



280CE アイドリングは快調ですが

アクセルを踏み込むと ブスブス。。。



点火系からではなく

どうやらガソリンの供給が追いつかないようで

今年の参加を断念せざるを得ない状態です。



予想外のハプニングから始まったフェス

さらなるハプニングが私を襲いました!!





それは また明日 (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,2 

 



さて、W123 230Eの東京までのフェリー開始です!!

※航空業界でフェリーとは、営業輸送以外で運行することを指します。



R171で名神茨木ICへと

一発目のブレーキで

あ~~~

かなり錆びてるな~

昨年12月から動いていないクルマだからな。


DSC02895-1335.jpg


高速で前方を走るトラックが

少し強めのブレーキを踏んだ時

当然、後続車両の私もブレーキを踏んだ時

まるでブレーキが抜けたような感触!!!

ヤバッ!

ポンピングして 事なきを。。。



どうやら4つのブレーキキャリパーの内の

8個のピストンのどれかが もしくは いくつかが

スティックしていたモノが在ったようです。


DSC02897-1335.jpg



大津SAで 少し車両のチェック。

ブレーキローターを見ると

左フロントのブレーキ以外は まともに効いていない様でした (^^)


DSC02898-1335.jpg



ここ大津、そして日本一の大湖 琵琶湖は滋賀県にあります。

関東人には、なじみの薄い地域でしょ!



関西人に、栃木県と群馬県の存在が薄いのと同じです (^^)


DSC02899-1335.jpg



さて、いよいよ新東名に入ります。



DSC02900-1335.jpg



エンジンは、アイドリングの不安定さはありますが

M102らしい動きをしてくれてホッ!!



でもメーター内の時計

時間を調整する事 2回

以後 ずっとこのまま・・・

そう不動です!

このトラブルなら可愛いものです (^^)




DSC02903-1335.jpg



浜松西ICで高速道路に別れを告げて

ジョニーズバーガー

W123 300TEのオーナー様と暫しお話を (^^)

そして、当然ハンバーガーを食して!!


DSC02908-1335.jpg



Goodコンディションをキープしてくれています!!

有難い (^^)


DSC02910-1335.jpg



そして、浜松エアーパークへ

16時ギリギリの到着で

入り口の警備員さんに「閉館時間です!」

チビ介にお土産を買う為に来たことを告げて

何とか駐車場へ

お土産売り場でも、レジを仕舞いかけていたところでした。



何とかギリギリセーフで

ブルーインパルスの下敷きをGet!!


DSC02911-1335.jpg



浜松市内を走行中

水温高いぞ!!!



いろんなことが頭を駆け巡ります。




ゴメンナサイ!!

今日はこれから桐生まで行くので(現在04:20)

この続きは帰宅後書きます!!!

あとはどんな文章を書くのか?

写真から想像してみて下さい!

そして、今夜もう一度見てくださいませ (^^//



ありえない終わり方です。



現在19:50 帰宅しましたのでお約束どおり続きを (^^)



ラジエーター不良?

クラントの劣化?

でも、高速道路では90℃キープ(少し高め・・・)



最も疑うべきは

ファンクラッチかな?




この指針の位置は 精神的にヨロシクない!!

脅迫的行為でしょ~


DSC02912-1335.jpg



浜松での2軒目

ミモザイエローと300TDT

色んな経験をさせていただいたクルマです (^^//


DSC02915-1335.jpg


お2人のオーナー様と そのお友達も交えて

3台のW123を乗り比べです。

そんなことをしているとあっという間に時間は過ぎます。



またお会いすことを約束して 辞去。



浜松ICで本線に乗った時間時間は19:30


DSC02922-1335.jpg



首都高速でチョイト踏み込んでみたら

アレッレッレッ???

パワーが掛からない。



油圧計を見ると

油圧が落ちている。。。

熱ダレ???


DSC02930-1335.jpg


ピットに 何事も無く到着したのは 22:45


DSC02931-1335.jpg


さて、これからいよいよ中古車再生計画の本格始動です!!

これからW123を買うと言う方

そしてチョイト古めのクルマを選ぼうとお考えの方は

是非 ご参考にしていていただければ幸いです。



そして、既に買ってしまった方はお読みなら無いほうが宜しいかと存じます。



なんかそんな謳い文句の住宅の本 在った様に思います (^^/










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,1



これから始まるお話は

1台の中古車を 少しでも 出来るだけ 

本来の姿に戻す作業です。

ズバリ!!

中古車は中古車屋にだけに頼って買うと

その売買における信頼関係は崩れるであろうと言う現実のお話です。




そして、1台の中古車を

元在ったコンディションに戻すのに

どれ位の作業が必要か?



あわせて、どんなクルマを選べばよいかのご参考となれば幸いです。 




まずは、買ったクルマは一人で私の前に現れてくるれることは無いので

引取りから (^^//




出発前のB777-200

昨日は満席だった。



DSC02801-1334.jpg



この日 使用した滑走路は05

ちなみにですが・・・

飛行機は、その時々の風向きによって使用する滑走路を変えます。

出来だけ向かい風に向かって離発着する為です。

知っている方は、知っていますよね!

興味のない方には、同でもよい話。。。



沖合いにある滑走路

タクシーしている時間が長い。



DSC02824-1334.jpg




富士山 山頂付近には雪が積もって富士山らしくなっていましたが

いまひとつ視界が良くない。


DSC02827-1334.jpg




大阪空港で

ここの「とろ鯖棒寿司」イケんるんですよ!!

旨い!!

でも今日は買わない。

これから長~~~い 1日が始まるから (^^)


DSC02868-1334.jpg




大阪モノレールより

国際線の就航が無くなっても 大阪国際空港とは如何に?



DSC02876-1334.jpg



モノレールを一駅乗って

蛍池駅


おっ!!

調布のTよ!!

懐かしの「阪急そば」だぞ~~~



今朝の朝食は 天ぷらうどん定食(500円也) でした!!

中学生時代を思い返す味でした。


DSC02880-1334.jpg



石橋駅から 箕面線に乗り換えて

ここ石橋駅は鉄ちゃん その中でも駅鉄は興味がそそられる駅だと思うのですが (^^)


DSC02886-1334.jpg




阪急電車 先頭車両

懐かしい色合い (^^)


DSC02888-1334.jpg



駅の掲示板

 「先発」 「次発」 「次々発」

コレならば誰にでも判る。



私 未だに 「こんど」 「次ぎ」 

どっちが先発か迷うことがある。

関東の私鉄のまぎらわしいと感じるのは私だけ?




DSC02889-1334.jpg



そして、ご対面です (^^)

W123 230E

前から見たのはこのときが始めて!!



どんな買い方しているの???

我ながら呆れるが

オーナー様の人柄だけを頼って買ったのです。

※通常はこんな買い方をしてはイケマセン!! 絶対にダメです!!!

DSC02891-1334.jpg



この230Eを持っておられたのは

株式会社ビーライト の小野社長さん。

 

ここビーライトと言う板金塗装工場は 凄い!!

工場内もキレイで

生理整頓されている。 (どっかのみがき屋とは違う。。。)



そして、何よりも

アストン マーティン・ボディリペアセンター・カテゴリーA 認定工場なのです!!



DSC02892-1334.jpg



私ごときがアレコレ言うよりも

コチラをご覧あれ!!


     株式会社ビーライト 



お忙しい中 お時間を頂戴して

色々とお話を聞かせていただき有難うございました!!




きっとまたお世話になることがあるはずと確信しつつ

辞去し、東名名神茨木ICへ



つづく






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

今何時? そうねだいたいね~

 



今 05:00~06:30の間ならば

私は地下鉄かモノレールに乗っています (^^)



07:30~08:40ならばJL103便で飛んでいます。

 Flighttadar24 左上の Search fligth or airport にJL103と入力して見ると飛行中のはずです。



午後には、大阪を出発して

W123 230E(1985年式)を運転しているはずです。

もしかすると、立ち往生しているかも・・・



途中浜松に立ち寄り

常人ならば買わないクルマを見せびらかしてから

東京へ向かいます!!



現在 東名高速の集中工事中!!

あと1日 遅らせばよかったのに。。。

飛行機の予約を入れる時点で気付いていなかったのでが大失敗!!!





私にとって どんな一日になるのやら (^^//






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。