FC2ブログ

W124 300TE ルームクリーニング No,10

 




さて、完成状態をご覧頂ければ


DSC05171-1399.jpg


背もたれの生地に対して

座面の生地の黒ずみがお解かりいただけるかと




乾燥時、生地の裏のウレタンチップから出てくる

汚れを吸い出しながら乾燥するため

この様になってしまいます。


DSC05172-1399.jpg



この汚れ 土の汚れです。

フロアカーペットを洗っていると

そのクルマの使用環境が垣間見れます。

一時的な駐車場所では在り得ない汚れを示すからです。

海によく行く方は、砂汚れが酷い。

コンクリートやアスファルト舗装されている駐車場を使っているクルマでは

このような汚れは見れないのです。




砂汚れは落ち易い。

しかし、皆様もご経験あるとは思うのですが

運動靴で土の汚れが染み付いてしまうとなかなか抜けない。。。



今回の場合、土の細かな粒子が

ウレタンチップに相当量 含まれているのではないかと想像します。

乾燥する時に、水分と共に表面に土の成分まで現れるから

根本原因となるウレタンチップの洗浄が必要と考えるのです。



もしも、時間と暇とお金に余裕があったらならば

一度シートをバラして

表皮のみを洗ってみたい (^^)



バラす事で、シートの内部のヤシ材を濡らす事無く洗えれば

心置きなく作業が出来る。

ヤシ材 あまり濡らし過ぎると強度が落ちて

ボソボソになってしまう。



キレイになったが、シ-ト内部がヨレヨレでは

本末転倒です。




でも、表皮を外して 洗って 生地が縮んだら どうしよう (^^/

組み付けるのに 青い顔して 嫌~な汗をかきながら

作業する自分も想像できるのです。。。




生地の内部にウレタンが無い部分

そして、ウレタンチップに含まれた汚れが少ないところは

スッキリ感が出ています。



この事はオーナー様にご説明さし上げて

今回は、ココまでの作業となりました。



DSC05178-1399.jpg
DSC05179-1399.jpg



シグナルレッド ベージュベロア

貴重な組み合わせだけに

今回の私の至らなさが悔しいですが

オーナー様は、入庫時の状態から大きく変化した事を

喜んでいただけた事が救いです。


DSC05165-1399.jpg



もっと勉強しなければなりません。

まだまだ至らないみがき屋のオヤジです。






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト
関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。