スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルインポートカーショー プレミアム 2014

 



昨日 東京ビックサイト行って来ました!!



DSC01673-1539.jpg




西ホールですよ (^^)


DSC01674-1539.jpg




まずは アスナルの宮崎社長の所に行って 挨拶 (^^//



DSC01676-1539.jpg



グラニのラインナップがずらりと並んでいます。


DSC01677-1539.jpg
DSC01678-1539.jpg


メンテでお困りの事があれば

気軽に相談にも乗ってくれます。

送料も掛からないので 是非一度お試しあれ!!  (^^)



これは滅多にお目にかかることの無い ランボルギーニミウラ


DSC01680-1539.jpg



そして、ランボルギーニ エスパーダ



DSC01681-1539.jpg



ヴィンテージがお好きな方は 本日。

スーパーカー(古い言い回しだな~)がお好きな方は 明日です (^^//


DSC01687-1539.jpg



同時開催されている ガレージングEXPOでは

こんなシャッターの付いたガレージが作れたらと・・・  妄想です (^^)


DSC01690-1539.jpg



このブースではミニカーを販売

では無く、マウスとUSBフラッシュメモリーなんです!


DSC01692-1539.jpg


お時間が在る方 是非 遊びに言ってみてください!!


DSC01693-1539.jpg
 


駐車料金は1500円だから

クルマはそのまま置いて

「ゆりかもめ」で移動して お台場で楽しむのもありです (^^)








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト
関連記事

Daimler Double Six 再々入庫 No,3

 




右フロントフェンダー

下地が出ちまった!!!


DSC01220-1538.jpg



ここ!!

色が薄くなっているところ在りますでしょ~~~


DSC01222-1538.jpg



作業前に オーナー様にリスクの説明はしていたものの

私 凹みます。。。


DSC01223-1538.jpg


再塗装されている部分とは言え

前々回の入庫の際に 激しい切込みをしているとは言え

下地が出る みがき屋にとっては大いに凹みます。。。

参考 : Daimler Double Six No,5


DSC01224-1538.jpg




凹んで居ても作業は進まないので

更に慎重に・・・



ココも凄い切り込みをしている部分

塗装が厚い事を信じて

研くより他無いのです。


DSC01225-1538.jpg



何とか線キズが消えてくれた (^^//


DSC01227-1538.jpg



参考 : Daimler Double Six No,6


リスクも十分に認識しながら

ギリギリまでの作業を進めます。




ビビッて居ては クルマは綺麗にならない!




でも、こんな日 酒が不味いのです。

不味い酒を煽って 寝てしまうしかないのです。










本日から 「スペシャルインポートカーショー プレミアム」 開催です!!

アスナルの宮崎社長のブースも着々と (^^/

     









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

Daimler Double Six 再々入庫 No,2

 




昨日の記事でボンネット中を押してボンネットを閉じた理由は

この様に開くから!!





そして、ある一定以上のみがきをかけた塗装では

硬い皮膚の指で触れると その跡がモロに付いてしまうのです。



私のクルマの猫に乗られて酷い事になった。。。

   猫は乗車禁止!!



そんな領域に入っているクルマも在るんです。



DSC01183-1537.jpg


傷取り こんな作業です。


DSC01187-1537.jpg



何処に線キズが在ったのか判らなくなるから (^^)


DSC01189-1537.jpg



写真にするのも一苦労な線キズです。



DSC01200-1537.jpg




脇に 薄くなった線キズ見えますでしょ~!!

慎重に 切れないコンパウンドで何度も

時間など無視です。

ただただ 消えるまで 同じ箇所を何度も・・・


DSC01201-1537.jpg



あと一息 (^^//



DSC01207-1537.jpg




時々 全体を眺めないと

自分の行っている作業が判らなくなる。。。



DSC01212-1537.jpg


自動車の博物館 何軒が見てきました。

自動車も何度も足を運びましたが

本当に磨き上げられたクルマ 殆どありません!!!



今週末の  スペシャルインポートカーショー  で塗装をよくよく見てください (^^//

けっこう酷いモンです (^^)



ディーラーのレベルも低い。。。

車検に出したら 洗車機に突っ込む。。。



この Double Six は、そこいらのレベルとはなったく異なるレベル。

その事に気付かない 車関係者 正直 レベル低過ぎ!!


DSC01216-1537.jpg



全ての物事を 一様に扱うことはできない事を理解できない愚か者は多い。

その程度の人間が行う作業のレベルも推測出来なければならない。




自戒の念を込めて








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

Daimler Double Six 再々入庫 No,1

 


Daimler Double Six 

ガラス 塗装面とも撥水状態はGood!!


DSC01167-1536.jpg



水洗いを終えて


DSC01171-1536.jpg



シロボケているところ 判りますか?


DSC01173-1536.jpg



ボンネットを閉める時 この様に押したのでしょうね~

クラックすれば写真が拡大されます。


DSC01174-1536.jpg



ココにもキズ。。。


DSC01176-1536.jpg



無神経な整備屋さんが・・・

オーナー様から話を聞いていると

如何に 整備屋さん オーディオ屋さんが車の事を判っていないかが窺える。

ズバリ言うと レベルが低い!!!




クルマのコンディションを見ることすら無いのだろう・・・




水切れが悪いのはクルマの常ですが

ディムラは 特に (^^)


DSC01178-1536.jpg
DSC01180-1536.jpg
DSC01181-1536.jpg


フロントウィンドと リアウィンドの下側は特に水の溜まり方が酷い。。。



DSC01182-1536.jpg



初回入庫時の記事

  Daimler Double Six No,1

2日目入庫時の記事

  Daimler Double Six 再入庫 No,1


記事の一番下にUPした日時がありますが

昨年11月 そして 2月 これほどマメに入庫していただけるのは有難いのですが

塗装がもつのか???





       スペシャルインポートカーショー 今週末開催ですよ!!

洗車本舗で扱っている商品も アスナルの宮崎社長が山のように持ち込んで

販売しておりますので是非お越しくださいませ (^^//





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

フチの水垢

 



ヘッドライト下 汚れ見えますでしょ~!!

気になるんです (^^)


DSC01139-1535.jpg



ヘラにマイクロファイバータオル

これでスッキリ!!


DSC01140-1535.jpg



サイドモール

左右の違い お判りいただけるかと (^^//


DSC01144-1535.jpg



これでは駄目なんです!

気に入らない。。。


DSC01152-1535.jpg



やはり こうでなくちゃ~!!


DSC01153-1535.jpg



リアゲートのガラスの下の溝

ココを放置しておくと

洗車の度に 砂が流れ出てくる事になり

線キズの原因になります。




丁寧に洗車した後は

DSC01154-1535.jpg



水垢を取ってスッキリ!!



DSC01155-1535.jpg




エンブレムも これならばOKでしょ~!!




DSC01160-1535.jpg



これらの作業で 私に欠かせないのが クリアコートグレーズ[AG O-8] です!!



DSC01138-1535.jpg



フチの水垢 普段は気にしないでしょうが

キレニなると 気になるんです!!




新しいクルマのフチの仕上げは 然程時間を要しませんが

20年クラスの水垢は・・・

本当にしつこい汚れとなります!!


DSC01157-1535.jpg


モデルはW203 C280T

毎年 年1回のお付き合いのオーナー様との会話が楽しみなんです (^^//




過去の入庫の状態は左側の 【カテゴリー】 W203をクリックしていただければ (^^)









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ポンコツがポンコツいじり

 



またもやって来ました週末。

そう!! 

大人の休日倶楽部です。



私 家庭あるんでけど~~~!!!

息子よ スマン!!



W108にウマを掛けて


DSC01561-1534.jpg



ドラックリンク交換

本当ならば30分もあれば終わる作業のはずだったが

流石S氏。。。

何から 何まで フツ~では終わらない。。。




大体 タイロッド交換する時に ドラックリンクも交換するでしょ~!!

何か 違うんです!  このお方。。。




話題にもならない筈の作業が(よって新品のドラックリンクの写真が無い!!)

こんなハメに・・・



真直ぐ切れてる!! 我ながら感心 (^^//


DSC01562-1534.jpg



新品は真直ぐなドラックリンク

抜き出したドラックリンクは 曲げが入っている。

形状が完全に異なるし

新品には ステアリングダンパーを取り付けるボルトが付いていない。

抜き取ったリンクには ボルトが付いている。



切って 取り外すよりほかは無い。。。



たがねとハンマー


DSC01563-1534.jpg



押し広げるに一苦労。。。

オッサンは クルマでの下で必死に組付け中!!




私が手伝う事になるのです。。。

DSC01566-1534.jpg



ボルトが抜けて 一息と思いきや・・・

長過ぎる!!!



拠って カットする事になる。



オッサン 頑張っている様に見えますでしょ~

でも、

しかし、

S氏はレフティー(左利き)

途中まで私が切ってい為

S氏に切らせると ノコの歯が上手く入らず

ボルトの山を崩し始める始末。。。



結局 私が切りました。


DSC01567-1534.jpg



ボルトが切り落とせて

ダンパーを組み付け中。



頑張ってるオッサン!

しかし、

またも、

「あぁぁ~~~ 入らない・・・」




ナンデ???

選手交代です。

入りにくいが 入らないモノではない!


DSC01568-1534.jpg


これでオッケ~~~!!!

と思いきや・・・

ドラックリンリンクの組み付けが逆!!!



右にハンドルが切れない。。。

私の指示した方向が誤っていた。。。

もう一度 外して 組み付け直しです。。。


オッサン!!  仮組みした時に 確認してよ~~~!!!


DSC01569-1534.jpg


4時間を要したドラックリンク交換作業。

ナンデこんな事に・・・



それから エンジンオイル交換

S氏 愛用のPOLOです。




今回 抜き取ったオイルは酷い状態でした。

固まりきらないオイルで出来た湯葉みたいな状態のものが出来たのです。

酷過ぎて写真撮り忘れたのですが

トンでもない粘り

エンジンオイルは 使い込むとシャボシャボになるはずなのに

S氏が暫く前に入れた BARDAHL[バーダル] リングイーズ [HTRC3] の効果が見て取れたのです!!

リングイーズ 使えそう!!!



そうだ! 浜松のTDTに入れてみたい!!!

家のTEにも (^^//


DSC01571-1534.jpg



W108専用 ブラストフェンス

おぉぉぉ~~~~~い!

裏表とも 汚れている。

どちらか一面を使いましょうよ!


DSC01570-1534.jpg



何をやっても 普通では終わらないS氏。

私は ドラックリンクの方向を間違って指示しただけ (^^)




ポンコツおやじ2人組のドタバタでした!!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

樹液でコテコテ No,1

 



マスキングを施し 磨きます!!


DSC00782-1533.jpg


写真をクリックしていただくと

左の蛍光灯の写り込んだ部分

どれほどのキズが在るか

右側が消されているか ご確認いただけるかと (^^)


DSC00784-1533.jpg


現在の保管場所の関係もあり

今後も傷付く可能性が大きいので

あっさりとした磨きです (^^)


DSC00798-1533.jpg



深めの傷は あえて追いません。



DSC00799-1533.jpg



保管・使用状況に合わせた仕上げ方

必要な時も在るんです。



DSC00802-1533.jpg








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

樹液でコテコテ No,1

 


この写真 クリックしてみて下さい!!

酷い事になっていますでしょ~!!


DSC00760-1532.jpg



ブツブツが一杯!!!



DSC00761-1532.jpg



masaさん!!

見えないかってワイパー動かしちゃ 余計見えなくなりますよ (^^//


DSC00762-1532.jpg



ガラスもこの通り!!


DSC00763-1532.jpg



ルーフも。。。



DSC00765-1532.jpg




DSC00774-1532_20140524045433b34.jpg




トランクを開けると ウェザーストップに松葉が・・・

と言うことは この汚れの原因は松?





考えていても始まらないので 水洗い開始!!!

水溶性で在りますように (^^)



DSC00777-1532.jpg



2009年に 初めてこのW140 7.0 が入庫した時に

施工したガラス撥水 健在です!!!



DSC00778-1532.jpg



しっかりと水洗いしたら

ケミカル粘土を (^^)


DSC00779-1532.jpg



トランク1面で この汚れ・・・

先が思いやられます (^^)



粘土 この1台でおしまいです (^^//


DSC00781-1532.jpg



このクルマの過去記事です!!


   W140 AMG 7.0 (2011年9月)

   実用車に求める美しさ (2010年5月)

   W140 AMG7.0 (2009年7月)

   

駐車する場所 選んで停めないと

クルマ 一晩で えらい事になります。

ご用心の程 (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

VW Sharan No,2

 


今週も早や 金曜日

金曜日と言えば ≪ファンキーフライデー≫ ですね~

関東圏以外の方でも radiko で聞けます (^^//



シャラン マスキングを終えて


DSC00535-1531.jpg



このままでもイイ感じでしょ~


DSC00536-1531.jpg
DSC00537-1531.jpg




磨いて


DSC00538-1531.jpg


磨いて



DSC00541-1531.jpg
DSC00542-1531.jpg



更に 磨いて


DSC00545-1531.jpg



今風の塗装ですが イイ感じに仕上げます。


DSC00546-1531.jpg



全体はこんな感じ!!



DSC00564-1531.jpg




まだまだこれからのクルマです。


DSC00579-1531.jpg




ボチボチ 暑くなり始め

今年も 「冷やしたぬき」の季節ですね~

去年も何回か咽込んだ。。。

細か過ぎるテンカス(大阪風の言い回し。 揚げ玉です)が気管に入ると

涙が出るほど 咽ますので お気をつけて下さい!!



先日 お客様から凄い指摘を受けました!!

3万円以上の領収だったので印紙を貼ろうとしていたら

4月から非課税範囲が変わって5万円以下未満ならば

印紙貼らなくて良いと!!!

全然知らなかった~~~!!!

皆様 ご存知でした?

きっと私に知らせず こっそりと改定したんだと・・・・

  「金銭又は有価証券の受取書」に係る非課税範囲の拡大



密かに行われている事 いっぱい在るんですね~

  福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明(朝日新聞)

  福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明(Yahooニュース)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

VW Sharan No,1

 





昨年7月の新車時にご入庫いただきましたシャランです 。




ガラスの撥水状態は???


DSC00501-1530.jpg



Good!! (^^//

この様にして 再入庫していただけるお陰で

私自身の施工内容が 確認できます!!




コレって 凄く大切な事で

1年 2年 時間が経過しないと判らない事ですからね~


DSC00502-1530.jpg



水洗い。

こうでなくちゃ駄目だ!! なんてことは言いませんが

隙間に入り込んだ ホコリや砂 出来るだけ出るように

水を掛けてあげれば (^^)


DSC00510-1530.jpg



サイドミラーの隙間で 苔が生えないように (^^)


DSC00511-1530.jpg



このトレイ部分も 砂が溜まり易い場所です。


DSC00512-1530.jpg



上からだけではなく

下からも (^^//




上から目線では 見れない事も多いから・・・


DSC00513-1530.jpg




ヘッドライト ウォッシャーのカバー

砂が絡んでいるクルマ 実に多いのです。



DSC00514-1530.jpg



バンパーの下のパーツ類も シッカリと (^^//



DSC00515-1530.jpg



ケミカル粘土の使い方です!!

右の下に置いているケース

私が使っている粘土入れです。



コレにお湯を入れて 硬過ぎる粘土を柔らかくします。


DSC00516-1530.jpg



リアゲート1面でコレだけの汚れ!!!



1Boxでは リアゲートが大いに汚れます。

これは、ルーフからの吹き降ろしと

車両下からの巻上げで

ゲートが汚れるのです。



ディーゼル車のゲートを見ていると

よくよく納得できるかと (^^//


DSC00517-1530.jpg


汚れた面を内側に 揉み込んで行きます。


DSC00518-1530.jpg



今年の雪の日

走行中に何か判らないがヒットしたとの事でしたが

私には 当たった物の 塗装か樹脂が付着しているように見えたので


DSC00519-1530.jpg


ケミカル粘土で コシコシ


DSC00520-1530.jpg



ホラ!!

見事に取れました (^^)



DSC00522-1530.jpg



水垢が付き易い

こんな凹んだコーナー部分では

粘土を ちぎって使えば (^^)


DSC00524-1530.jpg


量販店で 粘土を見てみると小さ過ぎるもの

粗悪なものが多い。。。




値段は少し高いですが

洗車本舗の粘土は 3Mとしても売られている本物です (^^//



捏ねていてもボソボソしない物ですので

是非機会が在ればお試し下さいませ!!



  シャラン 前回 入庫時の記事






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

城南島海浜公園

 



この日は 少し早めに仕事を終えて

幼稚園から帰ってきたチビ介と妻と共に

私のお気に入りスポット 城南島海浜公園に (^^)



チビ介とキャッチボールがまだ出来ない。。。

ボールが飛んで来ると 目をつぶるんです!



DSC01370-1529.jpg




この日は 風向きの関係で

着陸はB滑走路(R/W22)とD滑走路(R/W23)

離陸は AとC滑走路(R/W16Rと16L)

 羽田空港滑走路



R/W22が着陸に使われる時は

城南島の浜側上空を飛行機が通過します。



タッチダウンポイントから およそ600mとすると

降下進入角は3度ですので

 600m × tan3 = 31.4m

城南島上空を およそ31mで通過するのです!! (^^//


DSC01406-1529.jpg



デジカメのレンズのゴミ 気になるな~



DSC01394-1529.jpg




ズームをかけると 気になる。。。

おぉぉ!!

この機体 今年1月 神戸まで飛んだ時の機体 (^^)

  日帰り出張 行って来ました!!



DSC01408-1529.jpg



非常に珍しい写真を1枚!!

風に流されて 左にバンクを取り 大きくコースを修正中

この高度 しかも 滑走路までの距離が無いと言うのに

大きな修正が必要になるとは・・・


DSC01410-1529.jpg



最近 出番が無い500SEですが

健在です!!



降りたのですか?  と言われる事も多いので (^^/



DSC01409-1529.jpg


500SEも大改修をしたいところですが

230Eを早く仕上げないと。。。




私にとって チョイト気分転換に最適の城南島です。



ちなみに 東京ゲートブリッジからの眺めもイイんです (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W126 300SE No,16

 



ワイパー交換です!!


DSC00453-1528.jpg


爪が折れていましたから。。。

アッ!!!

現在 ピースさんでW123のワイパー祭り開催中です?!!

W123乗りのアナタ!!

  梅雨に向けて御知らせです

このページを見なくちゃ損しますよ! (^^)


DSC00454-1528.jpg



コロコロとブラシで最終の仕上げです。



DSC00481-1528.jpg



完成!!

如何でしょうか?


DSC00488-1528.jpg
DSC00490-1528.jpg
DSC00500-1528.jpg



昨日 久しぶりに雑誌の取材を受けました!!

しかも 女性誌ですぞ~!

当然 取材も女性二人

掃き溜めに鶴 状態 (^^//



編集の永田さん (笑顔が素敵な健康美溢れるお母さん)

そして、イラストレーターの北村裕花さん (目元が素晴らしく素敵な美人さん)



7月20日 発売の Ku:nel と言う雑誌ですので

是非 立ち読みせずに買ってくださいませ (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

W126 300SE No,15

 




この滲み感 嫌いなんです!!


DSC00408-1527.jpg



汚れている感 判りますでしょ~ (^^)



DSC00409-1527.jpg



あぁぁ~~ スッキリした!!


DSC00410-1527.jpg




ヘラに 布を被せて シコシコ (^^)



DSC00415-1527.jpg




この水垢 平気ですか?


DSC00417-1527.jpg





私 駄目なんです。


DSC00418-1527.jpg



許しがたい水垢

でしょ~~~ (^^)


DSC00420-1527.jpg



ボチボチ 悪いウィルスが感染してきたでしょ~ (^^)

このブログを見ていると

普通 気にしてなくても良いところが 気になりだす病になります (^^//


DSC00421-1527.jpg



グリルのフチだって 気になる!


DSC00436-1527.jpg



これでOK!!


DSC00437-1527.jpg



フチの汚れは 力を入れず コシコシと

時間は掛かりますが クリアコートグレイズとファイバータオルを信じて

ただ ただ擦るだけです (^^)



左のリンクに在ります 【洗車本舗】 使い勝手の良い洗車グッズが色々ありますので

是非 お試し下さい!!

お験し頂いたブロガーの皆様 ご一報くださいね (^^//




クルマ 綺麗にしたら

ドライブへ!!



この土日 本当に天気 良かったですね~

皆様はドライブされましたか?



私は いつものオヤジコンビで桐生のお客様の所へと (^^)

500Eを楽しみ E320Tを楽しみ



DSC01322-1527.jpg



帰路 S氏のご要望で ガレージ大地さん のところに立ち寄り

W108の予備パーツを受け取りに

古いメルセデスならば このショップを信用してもイイのでは (^^)

S氏のW108は大地さんから買ったクルマです。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ウェザーストリップのメンテナンス

 



それは先々週のお話。

エンジン調整の為 試走していると

「薬局寄ってイイ?」




そこで 買ってきたのが グリセリン!!

DSC00731-1525.jpg



真顔で ゴムにグリセリンを塗り込んでいます。



DSC00732-1525.jpg



確かに しっとりします (^^)



DSC00733-1525.jpg



その翌日 S氏からのメールに添付されたいましたグリセリンを使う根拠がコレです!!


20120530100711-1525.jpg


  群馬の空冷フォルクスワーゲンビートル専門店



それにしても 何処から どんな情報を集めて来るのか・・・

不思議な人だ!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

W126 300SE No,14

 



インナーグリル 取り外します。


DSC00367-1525.jpg



オーナー様のご希望で新品に交換!!


DSC00368-1525.jpg



トリムバーは再使用

良かった~~~ (^^//


DSC00369-1525.jpg


裏側は こんな感じ


DSC00370-1525.jpg



この部分と噛み合う



DSC00371-1525.jpg



何故 再使用がそれほどまでに嬉しいか?

このトリムバー 微妙に斜めにカットされているのが判りますでしょうか?

新品をオーダーすると・・・

ブツ切り!!  なんです (^^)




斜めにカットして ヤスリで調整して 割に合いません (^^//


DSC00373-1525.jpg


グリル

このままでは・・・


DSC00378-1525.jpg



磨いて



DSC00383-1525.jpg



メッキパーツを磨いて行きます!

この継ぎ目の汚れ方 嫌いです。。。


DSC00386-1525.jpg



これならば (^^)


DSC00388-1525.jpg



ひとつ ひとつ 本来あった状態に戻してゆく。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,13

 




リアシートの座面を取り外そうと・・・

なんじゃ~ こりゃ???


DSC00331-1524.jpg



土???



DSC00332-1524.jpg



もしかして この白いの クスリ???

何のクスリ~~~!!

ホント 大丈夫???




早く 棄てよ~ (^^//


DSC00334-1524.jpg



フロントシートも抜いて


DSC00337-1524.jpg



掃除機を掛けて

リンサーで洗います。


DSC00339-1524.jpg



車内も掃除機を掛けて

リンサーで 洗えば (^^)


DSC00357-1524.jpg



運転席の背もたれ

カパカパでしたので


DSC00358-1524.jpg



原因はこのネジ!!

何で外したのだろう?



そして、外したら なぜ きちんと嵌めていないのだろう???


DSC00359-1524.jpg



少しこのクルマの素性が見えてくる気がします。





中古車を選ぶ時

よくよくクルマを見てくださいね~!!




 ダイヤは棄てても 石を拾うな


鉄則です (^^//





4-Leavesの廣澤社長のブログで

気になっていたW124のパーツが掲載されていましたので

  W124 フードセンターインシュレーター

これって カチカチでボロボロと崩れるんですよね~








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,12

 


ダッシュボード 希釈した洗剤をスプレーして

ブラッシング!!



DSC00294-1523.jpg



タオルで 拭き取ると

汚い。。。

もう一回ですね~ (^^)


DSC00295-1523.jpg



ハンドルは?


DSC00296-1523.jpg



汚い!!!


DSC00297-1523.jpg


中古車だから

この汚れ 前のオーナーさんが付けた汚れ。

黙って 放置出来ますか?

私ならば 我慢なら無い (^^//



2回目 もう1回 必要ですね~


DSC00298-1523.jpg



エアコンのルーバー 気になるんです。



DSC00300-1523.jpg



灰皿 (取り外しています)


DSC00307-1523.jpg



ナンだ?

この汚れは・・・

固まっている。



DSC00308-1523.jpg



コレでスッキリでしょ~!!



DSC00309-1523.jpg



人が触れる場所は

必ず汚れています!!




シフトレバーも (^^)


DSC00310-1523.jpg


他人の皮脂汚れ


DSC00311-1523.jpg



中古車 当然 前に使っていたオーナーが居ます。

使えば 当然ながら汚れます。



その汚れの中で 私は平然として居られません (^^)



洗ってない 古着屋で買い物 出来ますか?





話は変わりますが

つい先日 私 白内障になったのかと思った。。。

壊れたのは 私ではなく

TVの画面が急に 白くボケたのです。




仕方なく妻と電気屋さんへ

その途中 コインパーキングで発見!!



このオンボロで ストリートビューを撮ってんだ (^^//


DSC01126-1523.jpg



そしたら・・・

昨日 お昼を買いに出た帰り

バッタリ このクルマに遭遇しました!!

撮影中ならば 歩行者として写った (^^)



何ヵ月後か 当店近くの鹿島神社入り口交差点で

つなぎ姿の私が見れるかも!!






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

降下開始!

DSC08399_R.jpg
関連記事

W126 300SE No,11

 




ヘッドライトワイパーを付けたら 外装は完成!!



DSC09749-1522.jpg




このシフトポジションを示す部分

どう思いますか?



DSC00279-1522.jpg



もしも このクルマが私のクルマならば

当然許しがたい!!




よって バラします (^^)




シャルターリング 軽くベタ付いている。。。

飲み物 溢したな・・・



DSC00281-1522.jpg



ウッドパネルを外すと

真ん中の爪が脱落している???



シフトのバックライトの配線に割り込みが掛けられている。

過去にこのクルマを知らない人がバラしたんでしょうね~


DSC00282-1522.jpg



シフトレバーも抜いて

パネルを取り出し


DSC00285-1522.jpg



パネルをバラして



DSC00286-1522.jpg




ダメ!!


表面が溶けて 使い物にならない。。。



DSC00287-1522.jpg



調べてみると この部分 クリアパネルだけの単品販売は無いようです。

セットで



しかし、国内在庫なし!!



DSC00303-1522.jpg



またも解体屋巡り



往復の時間と高速代 そしてガソリン代

割り合わない 仕事です (^^//







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,10




さて、下地が出てしまった300SE

気持ちを切り替えて 作業に当たります。




1工程目 サテライトバフ

そこそこ切り込めるバフです。

しかし、これ以上の傷は負いたくないので

慎重に 余裕を持って研きます。



DSC09698-1521.jpg
DSC09699-1521.jpg



2工程目 ウレタンバフで油分の多いコンパウンドで光沢を求めます。


DSC09704-1521.jpg
DSC09713-1521.jpg




3工程目 更に柔らかいウレタンバフで更に光沢を求めます。



DSC09720-1521.jpg
DSC09719-1521.jpg




バフ目が残らない様に

仕上げにダブルアクションポリッシャーで



DSC09737-1521.jpg
DSC09738-1521.jpg




取り外しておいたウォッシャーノズルを取り付け


DSC09741-1521.jpg




トランクモールのフチの汚れも落として



DSC09742-1521.jpg




エンブレムも磨いて



DSC09744-1521.jpg




そして 取り付け。



DSC09746-1521.jpg




一度出た下地は 再塗装するしかない。

これが 外装のみがきのリスクです!



整備屋さんは 悪いパーツを取り外して 正常なパーツを取り付けられます。

塗装屋さんは 塗料を剥いで 塗りなおせます。



引いて 足す事が出来る世界。



みがき屋は 引き算だけの世界なんです。





私は 怖がらず 慎重に作業を進めますが

それでも 今回の様に下地が出てしまう事があります。



怖がってウレタンバフでのみの作業では

本当の写り込みは出ない。




本当に写り込みの良い 光沢ある塗装を求めると

おのずと やるべき事が決まるはずなんです。




膜圧計で測定は出来るが

塗装のみの厚さは測定できない世界です。 

参考 膜圧計










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

中古車再生計画 【W123 230E】 No,24

 




暫く手が出せなかった230E

買い込んで 洗っておいたシートを組み付けて行きます。



まずは、ドア内張りのビニールを張り替えて (^^)


DSC01003-1520.jpg



リアシート背もたれのヤシ材 イイ色してますでしょ~!!



DSC01004-1520.jpg



背もたれのトップが少し日焼けしているが

そこはご愛嬌と言うことで (^^)



座面は、どうにも良い物が無く 内部のヤシ材がマシなもを選んで補強 (^^//

この様子はまた気があれば・・・


DSC01011-1520.jpg



右側のモノが 取り付けるシート

元々は 左ハンドル車の助手席だからシートのヘタリは少ない (^^)



でも、助手席だからシートリフター機能が無いので移植!!



DSC01014-1520.jpg



何だか 外でやかましいなと思いながら

急いで組み付けると・・・



DSC01016-1520.jpg


ゲッゲッッッ!!!

やっちまった~!!



これじゃ~リアシートに座っている人に 手伝って貰わなければシ-ト位置が決められない。。。



もう一度 組み直しです (トホホ・・・)


DSC01017-1520.jpg



表で煩いのは 例のW108のオッサンがコンプレッサーを交換していたから

取り外された お漏らしコンプッサー。


DSC01010-1520.jpg



そして、接続部分が抜けないとの事。

チョイト手を貸したが 本当にネジが緩まない。。。





  私 自分の仕事 在りますから・・・


DSC01018-1520.jpg




もう一度 足をバラして

組み付け完了!!!





これでリアシートに座った人の手を借りずに

運転席の位置決めが出来ます (^^//



DSC01020-1520.jpg



表で 泣きが入り初めているので

手を貸す事に



低圧ホースを力の入る位置に移動させて

力技で無理やり回して



何とか抜けた!!!

30分以上を費やした。。。





回らない原因は 錆。。。


DSC01021-1520.jpg



本当はこんな所 折れるもんじゃないのに・・・



DSC01024-1520.jpg



高圧側は 任せますよ!


DSC01025-1520.jpg



ヘッドレストが こんなにあると 何だか気持ち悪い。。。



生地とパイルの良いものを選んで (^^)


DSC01029-1520.jpg



シートの組み付けが終わる頃

真空引きって どうやるの?





また、ガス抜けは 近日中に起きるでしょうから

真空引きの方法を教えて (^^)




DSC01032-1520.jpg



過日 浜松のTDTのオーナー様に  さらわれた  お譲りしてパイプだけの場所に

エキスパンションバルブを


DSC01034-1520.jpg



組み付け 完了!!



DSC01036-1520.jpg




圧力センサースイッチ・温度センサーも組み付けて


DSC01039-1520.jpg



マニホールドゲージを・・・

無い!!!



そうだ!

隣でオッサンが使っていた。。。



コンプレッサーのベルトを張っているS氏



そんなことも関係なく ガス充填して行きます (^^//


DSC01040-1520.jpg



コンプレッサーオイル 1本

そして いつも使っている COLD12 ナント5本も飲み込む。

リキッドタンクはデカイし エアコンユニットはトランクだから 配管は長い!!!


DSC01042-1520.jpg



さて、エアコンの効き具合は???

最低温度&最大風量で 13℃を

ナンだ つまらない!!!

それじゃブログのネタにならないでしょ~ (^^)




ココからが 馬鹿オヤジの本領です!

最低温度&最低風量で

何処まで冷えるか?



まずは 5℃


DSC01044-1520.jpg



私が軽くアクセルを踏み込んでゆくと


4℃ (^^)



DSC01045-1520.jpg



そのままアクセルを維持していると

3℃


DSC01048-1520.jpg



更に 少し踏み込むと


2℃



DSC01050-1520.jpg



さて、何処まで冷えるか・・・


1℃



DSC01052-1520.jpg



もう少し 踏み込んで2000rpm位かな?



0℃

在り得ね~~~!!!

1969年式のクーラーですよ (^^//



DSC01055-1520.jpg



そして その位置をキープしていると

なんと -1℃!!!




きっとエアバポレータは 霜が付いていたでしょうね~ (^^)

低音でコンプレッサーをカットする機能がないと

ここまで冷えるのか・・・



流石 COLD12 (^^)

R12指定のクルマならば 134A 代替フロンガスを入れるよりも

COLD12が お勧めですよ!!





COLD12が必要な方は

  キックシステム

小口での販売もしてくれるので便利です!

コンプレッサーオイルのチェッカーも在りますので (^^//




DSC01057-1520.jpg




帰り支度をして

TEの外気温計は 23.5℃



DSC01059-1520.jpg




あっ!!!

遊んでいて230Eの真空引き 忘れていた!




急いで 真空引きをして 一晩寝かせます。


DSC01060-1520.jpg



最終チェック中



DSC01061-1520_20140512033501c85.jpg




Sさん エバポ 凍結させて壊さないようにネ!!   (^^//




たまには 子供の頃 泥だらけになったように

機会イジリをして 手を真っ黒にする。

初めは汚れないように・・・

しかし、夢中になり

手の汚れすら気にならなくなるほどに

大人の休日倶楽部です (^^)







両手の爪の周囲が真っ黒な営業マンが読者の会社を訪問したら

それはS氏かも 知れません。 (^^)





このブログ 解析を見ていると

始業前にご覧頂いている方が多い!!

お時間 大丈夫ですか?

今日は週の始まり 月曜日です (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W126 300SE No,9

 



1工程目 サテライトバフで下地を造ります。

この段階で仕上がりの全ては決まります。



DSC09698-1519.jpg



映り込みを取り戻したアークティックホワイト


DSC09699-1519.jpg



しかし・・・

左フェンダー


DSC09706-1519.jpg
DSC09708-1519.jpg



上の二枚の写真 よ~くご覧下さい! (クリックすれば拡大します)

下地が見えています。




そう!!

昨日ご紹介したエンブレムの下と同じように黄色に

在り得ない。。。




ブツが入った下手な再塗装とは言え

薄過ぎる塗装。



俗に言う パァー吹き。。。



ただ色が載っているだけの塗装だったのです。



DSC09710-1519.jpg



勿論 すぐさまオーナー様に電話を入れて

現状をご報告。





中古車 色んな使われ方をされ

色んなダメージを受けていて当然なのです。




それを中古車販売店が修理すると

とにかく安く!!  修理。。。




それを受けた塗装屋さんも

当然 手抜き作業を・・・



そんな構図が 私の頭の中で渦巻きます。







あえて私の行った「恥」を晒しながら

読者賢者の皆様にお伝えしたい事があります。




下手な再塗装が行われている車

下手な磨きを行われている車




下地が出る可能性を秘めています。



くれぐれも ご用心を・・・!!



中古車 何が起きても不思議では何のです (^^)







このパネルは当店の責任で近日中 再塗装予定です (^^/




≪ 業務連絡 ≫

昭和オートサービスのMさん!!

コレが先日電話でお伝えしたクルマです。

少し雪害が落ち着いたら宜しくお願いいたします (^^)







今朝は起きれなかった。。。

起きたら06:30

普通は04:00なのに

その原因は明日の記事にて (^^/



グラニタイズのPVが完成しました!!

是非 ご覧下さい。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,8

 




水洗いをして



DSC09673-1518.jpg



外装の磨きの際に 邪魔となるウォッシャーノズルを取り外して



DSC09675-1518.jpg



洗っておきます (^^)



DSC09676-1518.jpg




300SEエンブレム

腐食酷い・・・




DSC09677-1518.jpg




これ 現在欠品中

新品が手に入らないのです!!




DSC09678-1518.jpg




剥がすと

?????

ナンだろう???


DSC09680-1518.jpg




明らかに異常!!

エンブレムの糊で 変色

どんな塗装???

塗り替えているのは 判ってはいるが それとも糊の質???



エンブレムの裏の糊を見る限り 純正だから・・・



DSC09681-1518.jpg



マスキング完了!!



DSC09683-1518.jpg




ヘタなタッチアップが施されている。



DSC09694-1518.jpg



ココにも・・・


DSC09696-1518.jpg



さて いよいよ外装の研きです!!

そして







悲劇の始まりです。。。











この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W126 300SE No,7

 




ご一緒に 入庫時の内装の状態をチェックしてみましょう!!

ご覧頂く事で きっと中古車を選ぶ際のお役に立つものと考えます (^^//





ドアミラースイッチ ホコリ貯まり。。。


DSC09446-1517.jpg





シフト位置を示してくれるパネルの内部に何が入り込んでいるのか???

見なきゃイイのに 見えてしまったら・・・

バラスしかない。。。

たったコレだけで1時間以上のロスとなるのに (^^)


DSC09447-1517.jpg



スイッチの上のホコリ。



DSC09450-1517.jpg



ウィンカーレバーの凹には 皮脂が・・・・


DSC09451-1517.jpg



パワーシートスイッチの上にもホコリ

ココまで来ると 販売店 何もしていない事が想像できます。




最も 余計な艶出しなど塗られるよりマシか (^^)


DSC09453-1517.jpg




毛玉だらけの ベロア

雰囲気をブチ壊してくれています。



DSC09455-1517.jpg




三種の神器を持ち出して (^^)



DSC09457-1517.jpg




一番嫌いな作業から始めます!!!




シフトレバーの奥

ブーツに溜まっているホコリを追い出します。




ブシューーー で車内にホコリが舞います!

私 当然ホコリ 被ります。




左に置いていた ヘッドレストのアームの脇の毛玉

コレが出てくるんですよ~~~!!



ピンボケは 目を細めると ピントが合います      (←ウソですよ~!)


DSC09458-1517.jpg



またも 見つけてしまった。。。

運転席の後ろのカバー ビスが抜けていて  カパッ カパッ



DSC09463-1517.jpg



ホラッ!!

ストローのビニール。



販売店がまともに掃除していれば

カバーのビスなしだって 気付いていたはずです。



販売店 昔の大原麗子ウィスキーのCMか?

「何も足さない 何も引かない・・・」

買ったままの クルマを 売るだけ。。。


DSC09465-1517.jpg



この運転席のシートベルトアンカー 裏返っていた。。。


DSC09467-1517.jpg



シートベルトが素直に装着できない! 皆様 納得できますか?

私 許せない。



よって 斜めにベルト折りながら

通して行きます。


指先に凄い力が必要なんです。。。



DSC09468-1517.jpg



巻き上げた時 この位置でなきゃいけないんです。

コレが裏返っている方 ご自身で頑張ってください!!



W126セダンの持病

Bピラーの表皮浮き。




それを放置して 破った例でもあります!


DSC09470-1517.jpg





掃除をしているだけでも

そのクルマの過去の扱われ方 見えてくるんです。





中古車を買う。

決して安い買い物ではない!!



見るべき所を シッカリと見極め

お選び下さいね (^^//




鉄則は

 ダイヤは捨てても 石は拾うな!!!




色んなクルマを見てきて思います。

今後 かなりの費用を注ぎ込まなければ元に戻らないクルマ。

そして 買わない方がよいクルマ。



時に 凄いダイヤの原石を見つけてしまうから 楽しいのです (^^//







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

W126 300SE No,6

 




フロアマット そしてフロントの足元のフロアカーペット(取り外せますから) 洗います!!



DSC09402-1516.jpg




床に置いて 洗剤をつけてゴシゴシ!!

この時点では 汚れが浮いているだけ・・・




水で 洗剤と汚れを流して



DSC09403-1516.jpg



洗濯槽に水を張って

繊維の中に入り込んでいる砂等の汚れを出してあげる (^^)



DSC09405-1516.jpg



入れる順番は

当然 汚れの少ないものから (^^//



DSC09407-1516.jpg




普段 靴で踏みつけているマット

毛足の間には 大量の砂が入り込んでいます。

コレを出来る限り出さないと (完全に出すのは無理ですが・・・)



DSC09417-1516.jpg




汚れが出なくなるまで

飽きる事無く

洗濯槽で揺すって



DSC09431-1516.jpg




ほぼ 砂が出なくなるまで 水を入れ替えた回数は12回です (^^)





全自動洗濯機 実は全然全自動では無い。

決められた時間の工程を踏んでいるだけで

汚れが落ちているか否かの判断は無いのです。



こんなモンを完全に信用している事が私には理解不能なんです。



我が家でも チビ介が激しく汚したものは 妻が手洗いしてから 洗濯機に



店で使うタオルは

2度洗い 3度洗いが当然なのです。



謳い文句の 文字に 言葉に騙されている人が如何に多いかと思うことがある。





洗濯で必要なことは 「汚れが落ちている事」

洗ったと言う行為が重要ではなく

キレニなると言う事実が大切なはずなんです。





柔軟剤にマットを漬け込んで (^^)



DSC09435-1516.jpg



乾燥!!



DSC09437-1516.jpg



必要な事を 必要とされるまで 行う。

それが掃除だと (^^)






久しぶりに W126放浪記 後進 更新しました!!

お時間があれば見てくださいね!

 CVTみたいなAT

私の常識からは考えられない事する人 居るんですね~ (^^)





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

日本科学未来館

 




昨日はGW最終日

私も休みを頂戴して家族と

  日本科学未来館 へと (^^//

ここ イイんです!!



DSC00856-1515.jpg




この 「THE 世界一展」 少々興味があったので (^^)

※昨日が最終展示日でした。


DSC00857-1515.jpg



画像をクリックして パネルに書かれている言葉をかみ締めてみて下さい!!

良い事 書いてるんですよ~



DSC00859-1515.jpg
DSC00860-1515.jpg
DSC00861-1515.jpg



単なる道具としてだけではなく

美しさを感じる。



物騒な道具では在るけれど

正直 美しい!!



DSC00863-1515.jpg





ヤシ材の変わりに使えないかな???



DSC00866-1515.jpg




息子も 見るもの 触るものに 目を輝かせながら見入っていた展示も多かった

大満足でした!!!



DSC00887-1515.jpg



もう少し成長して 自分で考えられるようになると もっと面白い世界が待っているんだぞ! (^^)

与えられた物に 満足す人間には成るな。




ほんの少しの好奇心を持って

1枚の扉を開き 一歩 自分の力で踏み出せれば

世界は広がる。




不満と不足を口にする前に

自分の好奇心に火を点けてみろ!





自分を信じて

周囲の友人 そして お前を引き上げてくれる気持ちを持った人に尋ねる事で 

素直な気持ちが芽生え 育つはず・・・






素直に法に従えないオヤジは

357号線 新木場の新たに開通した道で

黒のクラウンと並走してしまった。。。




抜かない私。



前に出ると ロクな事がない!!




直感は 大当たり!!!




業を煮やした覆面さん

急激に速度を上げて私の前に入り加速



5秒ほど回転灯を回して 警告 (^^)



カメラを出したが 警告灯をしまうのが一瞬早かった。。。


DSC00889-1515.jpg




あと2年で ゴールド免許なんだから (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

自己責任で完結する世界へ

 




おはよう御座います。

GW最終日 今日はお休みします!!!

家族サービスです (^^)






昨日 一人のお客様が遊びに来てくれました。

R129から アウディーTTに乗り換えて

相当悩んでいる。。。




言い方を替えると 整備屋不信に陥っている。





そして、クルマその物への不信感すら感じるほど・・・





少しだけ 私見を述べさせていただくと

現在のクルマはお止めさい (^^//





コンピューターで制御しているクルマ

耐久性に乏しく 作る側もそれを十分知りながら

売らんが為のクルマだから (^^)

絶対 おそらく たぶん 30年は乗れないだろう。





整備する人たちも

自分の思考回路で考えて整備しているのではなく

テスターに表示される内容から推測して作業に当たるのだから

そこから見えるものは 自分が行う作業の判断ではなく

提示されているモニターからの判断なのだから

本当にその不具合内容を信じて良いのかと言う疑問が生じるべきではないだろうか?




クルマは 進化なんぞしとらんのです!!!

いまだにレシプロエンジンを積んで動力を得て (一部ロータリーもあるが・・・)

ミッションで速度調整して

タイヤを回す。




1885年に完成した世界初の自動車(ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン)と何ら変わっていない。

※変速機は付いていたのかな???



ならば、自分でイジれる車の方が

断然楽しいはずである。




そして、整備も他人に依存するのではなく

自分で解決できるクルマを選べば

全ての問題は解決できるはずでろうと思う。




エンジンルームを開いた途端

「触るなよ!」 と言わんばかりのカバーで覆われたクルマ

色気無いでしょ~ (^^)



DSC00852-1514.jpg



試行錯誤しながら

1台のクルマを 自分の目標へと導く楽しみ

一度覚えたら 止められるモンではない (^^)



深みへと 突き進む事間違いないかも・・・






オッサン!!!

店内での長時間アイドリングは禁止だぞ~!!

専用のブラストフェンス

DSC00854-1514.jpg



どんなに凄い経歴を持った整備士でも

オーナーの好みと違う走り方をしていれば

相性が会うはずが無い。

その仕上がりを期待する方が無理と言うものでしょ!




だから 私は私のクルマは信用できる人にしか触らせない。

自分の手でコツコツとイジくり

時には 壊して アチャ~~~!!!

230Eも アイドリングの振動を取るのに

既に50時間以上の時間を要している。

ほんの少しの振動が気になるから・・・

整備士にこんな作業を任せても

到底 自分の理想など 現実化できない事を

オッサンと私は知っているから (^^//



愛車2号機のアクセルリンケージ このセッティングも私の好みに変えてます。

DSC00819-1514.jpg




与えられた物に 満足しているうちは

それまでの世界観しかないと思うのです。





自分の中で生まれた疑問を

素直に見直して 現実と照らし合わせながら

解決へと導く。




それこそが クルマを持つ本当の楽しみだと思うんです (^^)





DSC00646-1514.jpg




自分にとって 最も走り易いクルマを探す と言うのは容易ではない!





多くの人は その評判と CMに惑わされ

思い込みだけで クルマを選んでいるのではないだろうか?




エコだと教え込まれ

広くて快適だと教え込まれ

追突回避システムがあれば安全だと信用する。




全ては刷り込み。





本当のクルマの楽しみ方を見つめ直すと

自分の使う速度領域で

快適に目的地へ

疲れずに

楽しんでドライブできるか?



そして、その下準備として

自分の手で整備を楽しめるクルマであったら

尚の事 楽しい筈 (^^)


DSC00656-1514.jpg



単純で 簡素なモノほど

壊れずらく 修理も簡単。





全てが自己責任の世界で完結すれば

簡潔で楽ですよ~~~!!





他人に不満や不信を抱く必要が無いのです (^^//






そんなクルマの選び方 してみませんか?

本当のエコが見えてくるはずです。










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W126 300SE No,5

 





先ほどの地震 少し驚かされましたよね~!!

初めの揺れ方がいつもと違い

細かな振動があり

その後少し置いて 大きな揺れに。。。





震源が近いと 警報も揺れてから鳴っていた。





皆様はGW如何お過ごしでしょうか?

ご実家で のんびりですか(^^)

リゾート地で ゆったりですか (^^//

それとも 高速渋滞でウンザリですか。。。




私は 少しのんびりと仕事しています!!






さて、300SE 水洗い前にサイドシルパネルを取り外して


DSC09370-1513.jpg




ほら!!

汚れていますでしょ~ (^^)



DSC09377-1513.jpg



このヒンジ周りの汚れ方

ドアを開けたときにガッカリしますからね~



DSC09380-1513.jpg



シャンプー洗車して

ケミカル粘土を掛けます。




アッ!!

お伝え忘れていましたが

私の使うプロ用のケミカル粘土(商品名はトラップネンド)を

洗車本舗にラインナップしておりますので

是非 お試しくださいませ (^^//



ネンドの使い方は 近日中に (^^)


DSC09390-1513.jpg



この汚れが 塗装に食いついた鉄粉や

シャンプーでは落とせなかった汚れです!!



DSC09391-1513.jpg



ヒンジも洗って この通り!!



DSC09393-1513.jpg






ここからは 大人の休日倶楽部 活動報告です (^^//




先日 GA-01を入れて エンジンの調子が上向いて

ご機嫌なS氏




私は放置状態の230Eのシートの補修を





DSC00806-1513.jpg




見て 見てと

プラグを

薄い!!  リーンバーンエンジンです (^^)



しかし、3番を抜くと濃い。。。

4番もやや濃い。


DSC00809-1513.jpg



W108 280Sに積まれているゼニスのキャブはツイン

4・5・6の特に5&6番は特に焼け過ぎているので

後方の燃調を濃い方向へ調整




プラグを見て

調整して

試走して



コレを何度も繰り返し



キャブレターの本来の在るべき姿を求めます (^^)



何度目かの調整を終えて 走り始めると

明らかに排気音が異なってきた!!

それまでのお嬢さんの様なか細いものから

野太い音に (^^)




DSC00810-1513.jpg



そして

後方のキャブのミクスチャーはフルリッチにまで回すも

燃料が足りていない事が判明!!


仕方なく前方キャブのミクスチャーを少し絞って

この日は終了です (^^)



DSC00811-1513.jpg



綺麗な三日月を眺めながらの作業となってしまった。。。





自分が触った分

明白に反応してくれるエンジン。

少しづつ構造が判り 本当の愛車へと近づくのです。




クルマを楽しむと言う醍醐味 面白味だと思うのです。

他人任せにするなんて 勿体無い!!!



一番美味しいところなんですから~~~!



メーカーのお仕着せのセッティングなんて 面白くも無い!!

ましてや 何もイジラないでくれと言わんばかりの今のクルマ

どんなに高性能であっても どんなに安全装備が搭載されようが 興味が沸かない! (^^)

だって 味わえないクルマです。




クルマと女 いじくりまわしてナンボでしょ! (←GWですので お許しを・・・)





整備士の 「こんなモンです!」

そんな言葉を信用するほど 大人の休日倶楽部の会員1号&2号は お人好しではない (^^//





クルマ馬鹿道まっしぐらです!!

常人は 着いて来れません。




嫁に知られたら

何時間遊べば気が済むと 叱られそうなのでこの辺りで (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,5

 




2つ前の記事で 1回目の塗装状態だったバッテリートレイ

3回塗り重ねて (^^)



DSC09244-1512.jpg



ワイパーの取り付けの爪 折れてます。

もし外れたら・・・

ガラスにキズが。。。



DSC09246-1512.jpg




ガラス用のコンパウンドでガラスを研きます。

撥水する部分が無くなるまで ひたすら研きます。




ひたすら研いていて 全体の写真を撮り忘れました。。。


DSC09250-1512.jpg



水を掛けると



DSC09255-1512.jpg




全く撥水しない状態。

無撥水状態に

ここまでキレイに磨いておけば

撥水コートの定着が断然違うのです (^^/




汚れた下地にコーティング コーティングの真価は発揮できない事はお解かりいただけるかと思います。



DSC09256-1512.jpg




1台 全ての窓を研く

手で研くので半日作業なんです (^^)



DSC09253-1512.jpg




私のW126 500SE 2005年にガラスの撥水コーティングをして

フロントガラス以外は いまだにその撥水性能は何ら問題無しです!!

フロントガラスは2011年にヒビが入り交換したのですが

その時点で、ワイパーの動き出す位置でコーティングが剥げかけていました。




1本ワイパー や エアロワイパー は押し付けが厳しく

コーティングもダメージを受け易い構造となっていますが

きちんと下地造りをしてから

ガラスの撥水コートをすれば「元」は取れるかと思います (^^)





現在放置しっぱなしのW126放浪記ですが

近日中にUPします。

W126オーナー様だけは無く

90年代中盤以前のクルマ(AT限定のお話ですが・・・・)にお乗り方には

是非是非 知っておいて頂き事をお伝えさせていただきます (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W126 300SE No,4 (アルミモールの光沢復元)

 



くどいようですが

メッキモールではなく アルミモール (^^)




チョイトくすみ始めています。



DSC09207-1511.jpg



窓下も


DSC09208-1511.jpg




くすみは取れますが

この様なキズは取れません!!



DSC09209-1511.jpg




モールの突合せ部分の金具周囲

汚れている車が多い!!



DSC09212-1511.jpg





コレを先に取り除いておきます。

研磨作業中に この中の砂など硬いものがあれば

私が傷付ける事になりますからね (^^)




DSC09213-1511.jpg



今回使うキットはコチラ!!!

  アルミモール光沢復元キット GPR-01


キットの中の研磨スポンジに水を付けて

磨きます!

ただ磨くだけです (^^)




DSC09215-1511.jpg



キレイなタオルなどで 水分を拭き取り

状態の確認をします。



DSC09216-1511.jpg



どれ位 磨くの?




実は、このアルミモールの表層にはクリアが載っています。

このクリア層が腐食・浸食されて曇りとなるのですが

錆取りを経験した事がある方ならば よくよくご理解いただけると思うですが

浅い腐食部分 深い腐食部分とあります。

このモールの曇りも同じで

しかも、クルマの保管・使用環境によって

腐食・浸食の程度はマチマチですので

一概にどれ位擦れば良いとは言えないのが現実です。




手前が研磨スポンジで磨いて曇りがない状態。

奥は曇っています。


DSC09218-1511.jpg





研磨力の無くなったスポンジ(紙やすりと同じで歯が立たなくなります)に

付属の専用研磨剤を少量付けて磨きます。





DSC09219-1511.jpg



スポンジ研磨剤で付いた細かい線キズを落とす作業です。


DSC09220-1511.jpg



研磨剤が乾燥するまで擦ってください!

すると線キズが消え 光沢が上がります。




求める光沢が得られたら

拭き取り 状態を確認して下さい。


DSC09221-1511.jpg



いかがでしょうか (^^//


DSC09222-1511.jpg



モールの繋ぎ目も こんな感じです。



DSC09224-1511.jpg




サイドのマスキングはこんな風に (^^)



DSC09232-1511.jpg



ケミカルに頼るタイプでは在りませんので

磨き過ぎにだけご注意くだされば 安心してお使いいただけるかと思います (^^//




ただし

薄い鉄板が錆で 穴が開いている様な状態にまで腐食・浸食を受けたモールでは

クリア層が抜ける事が在りますので

研磨作業中 状態を確認しながら作業に当たっていただければ

お手軽にモールの光沢を取り戻していただけるはずです (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

 | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。