FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMG CLK55 No,1

 



ガラスに付いたカルシウムスケール お判りいただけるかと (^^)

クルマの雰囲気を台無しにしてしまいます。



DSC06026_R.jpg



このCLK

粗い扱いをされたクルマではないが

クルマの扱いに 愛着が感じられない そんな1台です。



旧知のクルマ仲間が お父様への還暦のプレゼントとして

手に入れた1台を 磨きます (^^//



DSC06029_R.jpg
DSC06031_R.jpg
DSC06034_R.jpg
DSC06035_R.jpg



水垢は ありとあらゆる所に付いてしまいます。

それを全て取り除くには

殆ど手作業での仕上げしかありません。




トランクのウェザーストリップも

砂だらけ・・・


DSC06037_R.jpg




研磨前のフロントガラス

コレでは 雨天の視界は当然 よろしくない!!



DSC06043_R.jpg



キチンと研磨して

無撥水状態にして ガラス用の撥水コートを掛けます。


DSC06049_R.jpg



基本 クルマは磨けば 本来の姿に戻ります。

そして、きちんとした整備を行えば

本来の性能を取り戻します。



それが出来ない・・・

そんな店を見受ける事も 時に在ります。



この年式だから・・・

この言葉に 誤魔化されない事 大切だと思います。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト
関連記事

ケーターハム!!

 




DSC05922_R.jpg
DSC05921_R.jpg



何処を磨くのかって?

決まってますでしょ~ (^^//




私 磨くことにおいて 節操が無い (^^)



DSC05926_R.jpg




ここ 泣かされました~~~!!!!!


DSC05931_R.jpg




絶対に 他人様には見せられない光景が繰り広げられていたのです。




クルマに 添い寝して シコシコ。。。


DSC05934_R.jpg



磨いていると


DSC05937_R.jpg



アルミ表面に何らかのコーティングが施されているのが判る。

布 キラキラしてますでしょ~


DSC05939_R.jpg



ここは みがき屋 イジメ!!!


DSC05940_R.jpg



フォードの直4が積まれていました。


DSC05952_R.jpg



私の様なオデブは乗れない。。。



DSC05954_R.jpg



大英帝国 バンザ~イ!!!

エイボンのタイヤ (^^) (^^) (^^)


DSC05964_R.jpg




皆様も 右左折時 ミラーでの側方確認 しっかりと行ってくださいね!!

特に1Box車に乗っていたり

大型車だったら ミラーに写り込まない場所に

ケーターハムが居てるかも?



DSC05966_R.jpg




このケーターハム 新車です!!





触れた事のないクルマに触れられる幸せ者です!!





しかし、商売的には1日の予定が 丸二日。

まっ いいか (^^//





 デロリアン 並みに 店の前を通る人 クルマから注目でした!!










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

W205 C180 新車だぞ (^^//

 



一時は 90年代以前のクルマしか入庫しなかった店です。

決して W123専門のみがき屋ではありませんと書かなくてならないほど・・・





しかし、今や最新型のクルマもご入庫いただけれるようになりました (^^)

このブログの右にあるカテゴリー

久々に新しい W205 を追加しました!!



水洗いを終えて

アレレレレ???

ヘッドライト内部 曇っちゃった!!!



DSC05849_R.jpg
DSC05850_R.jpg
DSC05851_R.jpg


大丈夫?




ふつ~~~うに水洗いしたのですけど・・・





オーナー様が付けたのかと思いきや

純正なんです。

デカイ ipad が・・・


DSC05866_R.jpg



時計もこんな所に付けられちゃって・・・

メーター内で いいんでないの?



エアコンの温度設定は ジョグダイヤルを使って画面から?



これは私の様な 取説を読まないジジイ切捨て作戦なのでは?


DSC05867_R.jpg



パーキングブレーキも スイッチ一つ!!

アウディーの真似ですね (^^)


DSC05869_R.jpg



フロントガラスに何の? 誰の? サイン???


DSC05880_R.jpg



755 テノライトグレ 凄くいい色!!!

人生で 初めて買うクルマ

そんなオーナー様でしたが

この色を選ぶセンス 好きです (^^//


DSC05886_R.jpg




明日も 新車だぞ!!!

しかも 新しいカテゴリーだぞ!!!




やっぱり な店なんです (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

みがけば 淑女。 X300 No,3

 



天気の良い週末 どのように過ごしましょうか?

私 外気を入れたくない作業で 引き篭もりです (^^)

こんな天気の良い週末はウキウキ気分の1曲で如何でしょう?








肌が荒れた淑女 いただけません。。。


DSC06115_R.jpg


みがけば 基本 元に戻ります!!

諦められているクルマ

放置されている車を見ると

私 勿体無いと思うのです。


DSC06187_R.jpg



これでは 駄目 ダメ なんです。


DSC06120_R.jpg



コレが本来の姿。


DSC06195_R.jpg



塗装をするのではなく

塗装の厚みを利用して

ほんの一皮 剥けば

美しい塗装が蘇ります。




向かって左半分だけを研いた状態。


DSC06169_R.jpg




少し近づいて写してみると・・・

お判りいただけますでしょ~ (^^//


DSC06170_R.jpg



コレがコンパウンドと

過去に施されていたコーティングが絡み合ったカスです。



DSC06174_R.jpg



木の板は カンナで表面を仕上げますが

塗装は、ポリッシングと言う工程で仕上げて行きます。



コンパウンドと呼ばれる研磨剤と

バフと呼ばれる当て物を使って

高速回転させて

塗装表面を削ります。 (ほんの少しです。)


DSC06178_R.jpg



今回の様に 荒れた塗装では

段階的に研き

塗装の肌を整えて行きます。


DSC06179_R.jpg


2工程目 少し柔らかいウレタンバフを使用。



DSC06180_R.jpg



3工程目

塗装の美しさが蘇って来る。



DSC06184_R.jpg



みがき屋 泣かせの ボンネットの凹凸。。。


DSC06194_R.jpg



ここまで磨いたが

気に入らない部分があった。。。



もう一度 磨き直しすべき部分が・・・




今回は 並み では無く。

上 でも無く。

本当の 極上 狙います。



一切の妥協はなし。



写真では 全く表現出来ない美しさを狙います。




余談ですが

写真だけでクルマを買ってはいけない!!

この記事の下の写真 このセンティナリーがキレイそうに写っていますでしょ (^^//

  センティナリがキレイそうに写っている記事

写真だけ見て クルマを買う 絶対にやってはいけない行為です!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

ハッタリベンツで○○○が主役!? No,3

 


このCLSのリアウィンドには 梃子摺らされました!!

フィルムを剥がすのに リアシートをバラして トレイまで取り外し

ガラス研き(カルシウムスケールの除去)

この様にして見ていると なんて事ない!!



DSC05793_R.jpg



しかし!!!

トランクを開けると

トランクフードに隠されているガラスの面積が以外にも大きい!!



トランク内を汚さないように 研磨作業を・・・


DSC05792_R.jpg




フロントワイパーも

ボンネットフードが閉じていると アームを引き起こせない!



途中で ワイパーを止めて

アームを起こす事に。



まさか ここ 放置するわけにはいかないでしょ~ (^^//


DSC05794_R.jpg



最近 ワイパーの停止位置で アームが引き起こせないクルマ増えています。

私が思うに 自動車メーカーの体質、設計を批判する私に対しての 

自動車メーカーの「いじめ」なんだろうと想像しています (^^)


DSC05795_R.jpg



無撥水状態。



DSC05796_R.jpg



洗車して 拭き上げて 乾燥!!!


DSC05799_R.jpg




ガラスの水分が飛ぶまで

車内を見学して (^^)



DSC05807_R.jpg



ガラスの撥水コートを塗って 完成!!!



DSC05812_R.jpg


今回、ピストン西沢 ファンのオーナー様の許可を得て (仲間内のネタでスミマセン!!)

このCLSを オーナー様がお勤めの デコトラショップ  鍛冶屋 までフェリーさせて頂きました。




天気の良い日だったので

久しぶりに一人で走る楽しみを満喫させていただきました (^^//





一人きりの ドライブって 素敵です!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

ハッタリベンツで○○○が主役!? No,2

 


このヘッドライトの形状を作るのには

ガラスではなく 樹脂でなきゃ駄目なのかな~?


DSC05756_R.jpg



樹脂が劣化してくすんでいます。


DSC05759_R.jpg



クラックも生じている。


DSC05764_R.jpg



研きます。



DSC05778_R.jpg


磨きます。


DSC05787_R.jpg
DSC05788_R.jpg
DSC05789_R.jpg



この様にお見せすると 簡単!!!



でも実際は

ペーパー当てて ポリッシャーを当てて

曇りが取り切れていないので

振り出しに戻って・・・

ペーパーキズが残っているから 戻って・・・




そんな繰り返しなのです (^^//


DSC05791_R.jpg



現在 クルマは1滴の燃料でも節約して

出来る限り燃費向上を狙いたい!!



しかし、それはカタログに載せる数値の為。



出荷して、オーナーさんの手元に着てからの燃費なんて全く考えていない。。。



ブレーキを引きずらない構造すら造らない。



耐久性を犠牲にしても 1グラムでも軽くの設計なんでしょうね~



家電製品とは比較にならないクルマと言う道具の値段。

余りにも耐久性 無さ過ぎるとユーザーの皆様は思いませんか?




私 新車を見ても ドキドキ ワクワクしなくなったのは

齢のせい?









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

ハッタリベンツで○○○が主役!? No,1

 




何も考える事無く 引き受けて しまった~~~!!

の例です (^^)




「リアのフィルム 剥がして!」

「いいですよ~!」

コレが悲劇の始まり。


DSC05726_R.jpg


こうなるまでに どれだけ手を焼いたか・・・


DSC05754_R.jpg



リアウィンドを外から撮影しています。

窓の下側のフィルムが どうしても抜けてこない。。。


DSC05727_R.jpg



このヘッドレスト

サービスホールが無い為

抜くのに一苦労!!


DSC05730_R.jpg



リアトレイも取り外して


DSC05732_R.jpg



このリアトレイのハイマウントストップランプから下が

窓ガラスに密着する構造なので

とことんバラす羽目になりました。。。



まさか こんな構造だとは・・・


DSC05741_R.jpg



今度は組み付けて行きます。


DSC05742_R.jpg



シート 軽いな~と思ったら

発泡体なんですね!!


DSC05750_R.jpg



このオーナーさんとは

氏が W126に乗っておられた頃からのお付き合い (^^)



その後 W140に


そして C219へ (← お姉ちゃん受けは非常にヨロシイとの事です)


おそらく、オーナー自身もその存在を忘れているブログを

  ハッタリベンツで○○○が主役!?









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

みがけば 淑女。 X300 No,2

 



今日は秋分の日です。

のんびり気分で 眺めて見て下さい (^^//

こんな1曲でも聴きながら









まずは ガラスの研きから



DSC06105_R.jpg



前方 および 側方視界の悪いクルマ

私は 正直 乗りたくない!!

事故を起こしても仕方ないと思うからです。



しかし、世の中には そんな私の常識が全く通用しないクルマが多く存在します。



当店にお越しいただけれる多くの客様のガラスは

カルシウムスケールが付いていても

視界は すこぶる良い (^^)

大切にされているのが良く判るクルマが多い!!




当然 事故を起こす方も少ない!

これ 真実なんです (^^//


DSC06106_R.jpg



研いた部分は 水が幕を張る無撥水状態に




ガラスの研磨により

素のガラスの状態を作り出すのです。



DSC06107_R.jpg




ボディーを洗って ケミカル粘土を掛けて




ボンネット 可哀想なぐらいヤレています。。。

写真をクリックしていただければ

左中央付近に・・・・・



DSC06114_R.jpg



これ クリアーが溶かされた跡です。

東京から 北海道の別荘にこのセンティナリーを運ぶ際

陸送屋に任せて起きた瑕疵です。



この様な状態になるのは

ブレーキフリュードが垂れた時に起きる事象です。



大事な車は、絶対に 何があっても 陸送屋には預けない事!!

鉄則です。



それと・・・

これなんだろう? と思った時

指で擦らないで下さいね~~~!!!!!

必ず 擦り傷 作ります (^^)


DSC06118_R.jpg



う~~~ん チタナイ!!!



シリンダーヘッドもくすんで

Vバンクには オイルが・・・




このカバー よ~~~く思えておいて下さい (^^)


DSC06124_R.jpg



我慢なら無い。。。



DSC06127_R.jpg




アレ???

シャフトが脱落している。。。。。



スピードコントロールアクチュエーター

存在価値 失っています。


DSC06128_R.jpg



アイドリング時の振動の原因はコレか?

ハイテンションコードの被服の一部が脱落している。




貧乏揺すりする淑女 イタダケ無いでしょ (^^//


DSC06132_R.jpg



このエンジンルームを見ていると

念願の彼女と初めてホテルに入り

パンティーを脱がしたら

お尻がニキビだらけみたいにガッカリでしょ~


DSC06137_R.jpg



オイルフィラーキャップも・・・



DSC06139_R.jpg



女とクルマは 磨けば 輝きます!!!  (^^//



DSC06140_R.jpg



読者賢者の皆様

時には 奥様のお手入れも 必要なんですぞ~!

それを怠ると

女も怠惰となり ぬかみそ臭い・・・  となります  (^^)





こんな所に工具があります。

裏蓋にはヒューズのポジションが示されているが

5箇所に分散している。。。




ドイツ車に慣れている私には見慣れない光景です。


DSC06141_R.jpg




水没させるとイケナイので

全て抜き取ろうとすると

オォォォ~~~イ!!!



これって ギャグ???


DSC06142_R.jpg



6時間 エンジンルームと格闘して




汗だく 

そして 私も半水没

手は血だらけ

その結果


DSC06144_R.jpg
DSC06149_R.jpg
DSC06150_R.jpg
DSC06156_R.jpg



間違っても エンジンルームに艶出しなんぞ使ってはイケマセン!!!

後々 艶出しはホコリを吸着させ エンジンルームを汚し

その後 乳化現象を起こし錆の原因となります。





これで 今後オイル漏れの特定もしやすくなりました (^^)

ハイテンションコード、スピードコントロールアクチュエーター 、ラジエーターマウント

要交換部品も特定できました!!





しかし・・・

まいった出来事が!!!

カバー シルバーのラインが剥げてしまった!!!!!


DSC06157_R.jpg



ど~するの?








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W140 AMG S600L No,4

 




作業前のトランクパネル


DSC05535_R.jpg



仕上がったトランクパネルです。



DSC05694_R.jpg



爪が折れたサイドマーカーは交換 (^^//



DSC05699_R.jpg




マフラーエンド 汚れていますので


DSC05711_R.jpg



エンドのススは取れましたが

下からきているこの錆 私には手の打ち様が無い。。。



DSC05714_R.jpg




フロントガラスを磨いているときに気付いたのですが

このクルマのフロントガラス

高機能ガラスに交換されていた。



やっぱり 知っている人は 知っているんだと (^^//



オーナー様のクルマへの思い 想像できますでしょ!!


DSC05725_R.jpg


車庫の中で 大切に保管されているクルマもあります。

それとは正反対に 実用車としながら大切に扱われているクルマもあります。




このW140は後者 (^^)



DSC05722_R.jpg



オーナー様の色んな思いが積もったクルマをお預かりする際

作業者は 直にオーナー様と言葉を交わし

その思いを 受け取らなければ

オーナー様の理想を 現実のものにする事は出来ないと思います。






9月も後半戦

今日は飛び石連休の中日です (^^)




お休みの方は こんな1曲如何ですか?









この記事がお気に入って頂けたら イーネッ! お願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W140 AMG S600L No,3

 



2工程目の磨きです。


DSC05663_R.jpg



油分が多いコンパウンドなので

ギトギト (^^//

この油分のお掛けで コンパウンドが焼き付かず 長時間連続研磨出来る。


DSC05664_R.jpg



3工程目


DSC05670_R.jpg



如何でしょ (^^//



DSC05669_R.jpg



そして最終の4工程目を終えたボンネット



DSC05678_R.jpg



元は・・・


DSC05523_R_20140921050657803.jpg



作業前のルーフ


DSC05527_R.jpg


作業後のルーフ


DSC05691_R.jpg



この違い お判りいただけますでしょうか?




しかし 判っても 何のメリットも御座いません!!




多くのオーナー様が 美しいクルマ 自分の愛車がキレイであることを望むとことだと思いますが

出費が伴うだけで もしくは キレイに出来ない事で苛立ちを覚えるだけで

現実には何のメリットも生じない世界です。



ただ、オーナー様が 自分のクルマを見て にやりと笑顔になる。

少しフェティッシュな世界かも (^^//





街乗り 高速クルージング 渋滞 どんなシーンでも似合う1曲

少し気だるい日曜の朝にも (^^)










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

W140 AMG S600L No,2

 



リアのエンブレム

キレイに塗装されているのですが 一部 ごく一部ですが 剥げかけています。

この上に マスキングテープを貼って 剥がと・・・

テープに塗装がついてくることがありますので

用心の為 エンブレム 取り外します。 (^^//


DSC05599_R.jpg



AMGのエンブレムも同様に



DSC05600_R.jpg



フロントマスコットも



DSC05604_R.jpg



接触面 少し剥がれています。



DSC05606_R.jpg



マスキングを施して



DSC05609_R.jpg



向かって右半面だけ研くと

写真をクリックしていただければ (^^//


DSC05624_R.jpg



ボンネットに写り込んでいる私の鉢巻姿ではなく

写り込んだ蛍光灯の 左右の違い お判りいただけるかと (^^//




DSC05627_R.jpg



ボンネットの1工程目 終了!!

コレでは 光沢が余りにも無いので

ここから3工程を経て 光沢は引き上げて行きます。


DSC05628_R.jpg



ドアミラーの付け根 気になるんです (^^)

このミニポリッシャー 役立っています!


DSC05642_R.jpg



私も W140も 粉だらけですが

1工程目 終了です!!



DSC05644_R.jpg



わざわざ 高崎からお越しいただいているクルマですので

ここから先 手抜かりの無い様に作業を進めて行きます。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

W140 AMG S600L No,1

 




今年 関東では大雪降りましたよね~!!

このクルマも 大雪のため カーポートが崩壊

その下敷きとなった1台で

ほぼオールペイントされて

今回の入庫となりました。


DSC05523_R.jpg



塗装 ズバリ 下手。。。


DSC05524_R.jpg


被害にあった当時

何処の板金塗装屋さんも 車が溢れかえっていたので

入庫までの間 シートで養生したのでしょうね~



しかし、その糊が残ったまま・・・

親切心の欠片も感じられない店で塗った事をオーナー様も悔やんでおられた。



DSC05525_R.jpg


W140 ガラスを研くのにも

ひと手間掛かります (^^)



まずはワイパーを動かして

この位置で止めて



研きます!!


DSC05552_R.jpg



そして、定位置に戻して

研きます。


DSC05554_R.jpg



水洗いして 粘土掛け

そして拭き取り。


最後にブローして水を切って


DSC05566_R.jpg



乾燥!!



DSC05570_R.jpg


塗膜が薄いところもあり

何処まで持ってゆけるか?






今朝は、少し秋を感じられます。

窓を開けていると 涼しい風が流れ込んできます。




秋 何処で どうやって 楽しむか? 

嬉しい悩みに取り付かれそうです (^^//



現時点で決まっているのは

11月2日(日) クラッシックカーフェスティバルin桐生

後は何処へ (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

みがけば 淑女。 X300 No,1



今日は、お気楽に眺めてくださいませ!!

大英帝国の遺品 V12をみがきます。 (^^//



まずはトランクを開けて



DSC05970_R.jpg




内張りを剥がして

なんで???

ラゲッジルームのルームランプは テープ張り???


おおらかだな~~~!!!


DSC05971_R.jpg



トランクパネルをみがくのに

何故 内張りを剥がすか?



このフルーテッドグリルを取り外したかったのです (^^//


DSC05973_R.jpg




ライセンス灯の樹脂カバー ナンデ切れているの???

片側だけではなく 両方とも・・・


不思議ちゃんの様です。



DSC05976_R.jpg



邪魔なナンバープレートも 取り外して (^^//



DSC05978_R.jpg



ケミカル粘土を当てると

トランクパネルだけで コレだけの汚れが・・・

※黒いのは、ゴムの汚れが付いたものです。


DSC05980_R.jpg



ありえない状態の 作業前。

乗っていて 恥ずかしくなるのは私だけ?

写真をクリックすると 恥ずかしさ 体験できます (^^//


DSC05981_R.jpg



気合を入れて みがけば


DSC06008_R.jpg


ダメ ダメ君の状態。


DSC05984_R.jpg



ダメ君の状態。


DSC05994_R.jpg


これならば OK?


DSC06010_R.jpg



今日は トランクパネルだけ・・・

それしか時間が無いから (^^)



よって フェンダーは いまだダメダメ状態。。。



DSC06011_R.jpg




フルーテッドグリルも洗って

半分みがくと 違い 判りますでしょうか?


DSC06014_R.jpg



表面が白くなり始めている。

しっかりと磨いて 錆が出ない様に 祈りながら作業をするのです。



DSC06015_R.jpg



トランクパネルだけ

1点 1箇所豪華主義です (^^)


DSC06018_R.jpg




皆さんはTV見てますか?

最近、余りにもクダラナイ番組が多いですが

そんな中で 私が現在お気に入りの番組をご紹介

それは BSフジ 月曜日 23:00~24:00に放映されている

 Top Gear

私は到底起きていられる時間ではないので

毎週録しています。



この番組を私に教えてくれたのは

アスナルの宮崎社長

氏のブログでもこんなクルマ リライアント・ロビン を紹介するほどの

病気の社長です。


では、リライアント・ロビンの走りをトップギアで紹介していたので















この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,19

 


ワイパー交換します。

キズだらけだったガラスも UV&IRカットの断熱ガラスに交換したから (^^//



DSC05355_R.jpg



右リアドアのみ 縮み上がったシーリングレール 交換です!!



DSC05356_R.jpg



縮んだレールを取り外すと・・・

凄い砂ですね!!!



キレイに洗ってから



DSC05358_R.jpg



取り付け完了!!



DSC05360_R.jpg




リアワイパーも交換


DSC05365_R.jpg



助手席側のドアミラーブーツ これも縮み上がって 割れている。。。

これも 交換です (^^)



DSC05366_R.jpg



そして、完成!! (^^//


DSC05398_R.jpg



キレイになると 荒が目立つものです。

このマラカイトのTEでは

・ボンネットの飛び石キズ  くすんだ塗装の時は目立たなかった。。。

・バンパー&サッコパネル  半光沢の塗装が、全く光沢が無くなりカサカサ。。。

・シフトレバー周囲のウッドパネル  周囲がキレイになった分、割れが気になる。。。

・運転席シートの生地のスレ  24万km走っているから 生地のスレは仕方ないのですが 交換したい部分です。



走りは GA-01とRMC-3Eのお陰で

かなり改善され、預かった時は おっとりとしたクルマでしたが

かなりキビキビ走るように (^^)




クルマ 全てがバランスで成り立っていると私は思うのです。

バランス感覚の無い人が クルマをいじっても感動が無い。




オーナー様が求める方向性を探りながら

どの方向へ導く事が正しいのか?  

その見極め 難しいと思いますが、出来る限りの努力をして行きたいと私は考えています。





クルマ 走って 楽しむ道具 だから (^^)

そして、美しくなくちゃ (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,18

 




リンサーを引っ張り出して

内装の洗いです。


DSC05314_R.jpg



フロントシ-ト2脚で タンクは満たされます。

かなり汚れていたので (^^//


DSC05318_R.jpg
DSC05321_R.jpg




洗剤をスプレーして

ブラッシングして 汚れを浮かせる。



その汚れを リンサーで回収する作業です。


DSC05326_R.jpg



凄い汚れ方。。。



DSC05345_R.jpg




徹底して洗って



DSC05350_R.jpg




乾燥です (^^)


DSC05354_R.jpg









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,17

 



メーター 取り外しました!!


DSC05286_R.jpg



電球 くすんでいます。


DSC05287_R.jpg



片側の導光板 熱変形しています。

コレでは暗い。



DSC05291_R.jpg



電球色のLEDに入れ替えて

出来る限り オリジナルの雰囲気を残すように (^^//



DSC05299_R.jpg



さて、コレからが内装クリーニングの本番です。



シ-トを取り外して


DSC05302_R.jpg



凄い砂とホコリ・・・・・



DSC05305_R.jpg



Bピラー内張りを 交換の為に取り外すと

ここにもホコリ。。。



DSC05307_R.jpg



たっぷりと時間を掛けて掃除機掛け



DSC05308_R.jpg



Bピラーの内張りを組み付けて

洗いの準備完了です!!  (^^)



DSC05312_R.jpg




9月も半ばですね~!!

かなり過ごし易くなって来ましたので

後半戦も がんばりましょ!!  (^^//






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,16

 



シフトゲート お掃除が終わったら交換です (^^)


DSC05266_R.jpg



流石24万km超えのクルマ

ここも ホコリだらけ・・・


DSC05267_R.jpg


ざっくりですが掃除して


DSC05271_R.jpg



組み付け完了!!!


DSC05272_R.jpg




エアコン周りのウッドパネルも交換!!


DSC05277_R.jpg



パネルを外すと・・・

やはりホコリが。。。



DSC05279_R.jpg



掃除機を掛けて



DSC05281_R.jpg



しっとりした質感 取り戻しましたでしょ~!!



DSC05283_R.jpg




3連休の中日 皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

昨日 朝から代官山なんて私には不似合いなお洒落な街へ

そして、関越自動車道に乗ろうと思ったのですが

余りの渋滞に高速に乗る手前で 心が折れて

ナビが指し示す目的地方向へ 唯ひたすら進む!

ナビの誘導など 目もくれず 耳もかさず。

地図の縮尺を何度か変えながら

今走っている道から 出来る限り目的地へ 直線的に走る。

対向車とすれ違い出来ない道あり。

農道あり。

これ 行き止まりになるんじゃないの? って道も ナビの地図だけを信用して

出来るだけ 可能な限り直線的に




高速で渋滞に嵌るよりも 楽しいかも (^^)




高速で どんなに渋滞しても 料金が一緒って 割引が無いって・・・

JRの特急・急行は2時間以上の遅延で特急・急行料金は払い戻しできますでしょ~



高速渋滞 高速でないのだから・・・

  納得できない私です (^^//










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,15

 


解体屋さんから 厳選してきたパーツです (^^)


DSC05196_R.jpg




雰囲気 ちょいと出ていない。。。



DSC05200_R.jpg



これで如何でしょう (^^//


DSC05201_R.jpg




ブーツが ホコリまみれ!!!



DSC05202_R.jpg



折角の機会なので


DSC05203_R.jpg




このウッドパネルも 雰囲気が無い!!



DSC05208_R.jpg



いつも水垢落とし、傷消しに使っている クリアコートグレーズ[AG O-8] ですが

こんな場面でも 使えるんですよ!!  (^^//





しっとり感 伝わりますでしょうか?


DSC05211_R.jpg



このシフト周りも交換したかったのですが

あいにく 程度の良いものが無かった。。。



穴数が違ったり

ゼブラノだったり



仕方なく 交換は今後の宿題とさせていただき

付いていたウッドを磨きます。


DSC05273_R.jpg



違い判りますよね~ (^^)


DSC05276_R.jpg




クリアコートグレーズ[AG O-8] 1本お手元にあると 凄く便利です!!

私は手放せない (^^//



DSC05274_R.jpg




昨日、茅ヶ崎のKさんとお会いして

マラカイト 長いよ~! と言われましたが

あと少しなのでご辛抱 お付き合いの程を (^^)








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,14

 



オーナー様から ハンドルの交換のOKを頂き (^^//

作業開始です!!

エアーバックは ここからネジを緩めます。


DSC05181_R.jpg



エアーバックを取り外して



DSC05182_R.jpg




ハンドルを固定しているボルト 緩めます。



DSC05183_R.jpg




メルセデスのステアリングコラムは、絶対センターがあるので

ハンドルの取り付け角は 唯1点となります。



これがズレると ウィンカーを出した時

左右で戻るポイントが変わってしまいます。




カラムシャフトの端の上下にあるマーク

ハンドル側の切り欠き よ~~~く見ておいて下さい!!


DSC05185_R.jpg



話には聞いていたが

初めて実物 見ます!!!



コンタクトピース(スパイラルケーブル)ですぞ~!!

通常はコンタクトリングとセンサで構成されているのですが

初めて実物見ました!!!



これならばコンタクトリングが磨り減る事もないので イイナ~ (^^//


DSC05187_R.jpg




組み付け完了!!!


DSC05188_R.jpg




私 まだまだ知らない事が一杯です (^^)











この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,13

 



小物入れ 取り外します。


DSC05152_R.jpg



かなり密着していると思っていた小物入れ

意外と隙間があるんですね~

コレだけホコリが入るのですから (^^//


DSC05153_R.jpg



掃除機掛けて 拭いて


DSC05157_R.jpg



うわぁ うわぁ!!!

ある程度まで 想像していましたが

私の想像を超えるホコリが・・・


DSC05158_R.jpg



凄いでしょ~



DSC05159_R.jpg




スイッチも取り外して



DSC05161_R.jpg



掃除します!!


DSC05164_R.jpg



あっっっぁ~~~~~~

またやってしまった!!!




これ請求出来ない作業です。

標準のロイヤルルームクリーニングなのに

馬鹿ですね 私~!!




時として やり始めると 止まらない。。。




この悪い癖を直さないと 儲かるハズがない (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,12

 



フロマット&カーペット 洗います!!

覚悟はしていたけど・・・



DSC05095_R.jpg



洗濯槽に 水を張って


DSC05098_R.jpg


比較的キレイなハズのリアから

リアでも 最も汚れの少ないセンターのマットから

浸けます!!



DSC05099_R.jpg



揺すると・・・

今まで経験した事ない汚れ方!!!


センターもマットだけでコレ。。。


DSC05100_R.jpg



リアの左右のマットを入れると

ズバリ 泥水です。



DSC05101_R.jpg



センターマット 2回目


DSC05108_R.jpg



センターマット 3回目



DSC05114_R.jpg



センターマット 4回目



DSC05120_R.jpg



通常センターのマットは 2度洗いで ほぼキレイになりますが・・・・・




フロントのマットは、ご想像願います (^^)



柔軟剤に漬け込んで


DSC05150_R.jpg



マット洗いに費やした時間は

写真のデーターから

始まり 15:41

終わり 19:15

3時間34分 マット戯れていた。。。。。




水の入れ替え回数は 17回!!!



私の手は・・・


DSC05151_R.jpg



エンジンルームの洗浄や

足廻りの整備後

爪の間に 油と汚れがビッシリの時

マット洗いをすると キレイに落ちる事 間違い無しです!!   (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,11

 



デント作業で中断した内装の続きです。


DSC05078_R.jpg



ブラシが 黒ずんできた。。。

何だか 凄い事になりそう・・・・・


DSC05080_R.jpg



では

恐る 恐る 拭いてみます。



DSC05081_R.jpg



わちゃぁぁぁ~~!!!

これは汚れでしょうか?

はたまた

本革ハンドルの表面の崩れでしょうか?




これから何度か拭いたが

キレイにならない。。。



そうだ!!

ハンドル交換をお勧めしてみよう (^^//



DSC05082_R_201409090224517d7.jpg




気を取り直して

運転席 内張り


DSC05083_R.jpg



1回目 やはり凄い事に

タオルが何枚あっても足りない状態です (^^)


DSC05084_R.jpg



シートベルトのアンカーにも 皮脂が詰まっています。


DSC05085_R.jpg



リアドア


DSC05087_R.jpg


かなり マシでしょ~!!


DSC05088_R.jpg



そんな訳 無いでしょ~ (^^)

トップのラインを前で拭くと

ホラ!  この通り (^^//


DSC05089_R.jpg



シートベルト 巻き込み部分


DSC05092_R.jpg


チラ見せしているメッキが 光っていないと・・・


DSC05094_R.jpg



今回の使用済みのタオルは 全て2度洗いしなくちゃ~!!  (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,10

 





キーシリンダー 意外とスッキリしているクルマは少ないです (^^)


DSC05062_R.jpg
DSC05063_R.jpg


クロームメッキ 磨いて行きます。


DSC05064_R.jpg
DSC05066_R.jpg



この作業 コーティングの定着待ちの間の作業です。


DSC05069_R.jpg
DSC05074_R.jpg
DSC05072_R.jpg
DSC05073_R.jpg







本来の姿に戻りつつあるTEです。

品川 34 是非とも大切にしていただきたい2桁ナンバーです (^^//





DSC05075_R.jpg







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,9

 



水洗い直後


DSC04981_R_20140907054603b7d.jpg



右半分を研いて



DSC04990_R.jpg


4工程を終えて



DSC05028_R.jpg



ルーフ前方とスライディングルーフ違い お判りいただけるかと



DSC04995_R.jpg



何もされていないから 出てくるコンパウンドカスはサラサラ



DSC04996_R.jpg


1工程目を終えて


DSC05009_R.jpg



4工程目を終えると

マラカイトグリーンの鮮やかな緑が蘇ります。


DSC05031_R.jpg
DSC05044_R.jpg



もしも、今お持ちのクルマに愛着があるならば

是非 一度みがきに出してください!!



きっと 更なる愛着が沸くと思います (^^)



本当の姿に戻った愛車 想像できますか?



日曜日の朝は ボサノバでも聞きながら (^^//












この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,8

 



外装のみがきの準備です (^^)


DSC04950_R.jpg



ドアミラーの周囲も 水垢が



DSC04951_R.jpg



リアのスリーポインテッドスターを取り外す時

ミョ~な感触だと思ったら

1本 足が折れた。。。


DSC04964_R.jpg



今まで 何台のスリーポインテッドスターを外してきただろうか?

こんな経験は 初めてです。


DSC04965_R.jpg




ボンネットをみがく上で邪魔なウォッシャーノズルを外します。


DSC04974_R.jpg



???

ノズルからのラインは 繋がっているのに

電源ラインが 繋がっていない???

何故???



DSC04975_R.jpg




かなりシロボケた塗装

何処まで戻せるか?



DSC04981_R.jpg
DSC04982_R.jpg
DSC04983_R.jpg



外装のみがきは 明日から (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,7

 



天井側のグリップ

使われていないクルマでは、全く汚れていないのですが

使われている場合、手に汗をかくのか かなり汚れている場合が多い (^^)



DSC04907_R.jpg



雰囲気 変わりますでしょ~(^^//



DSC04908_R.jpg



メッキの上に カビ??? の様な斑点が・・・


DSC04912_R.jpg



そこへ 頼んでいたデントリペア屋のモリヤ氏が来てくれました!

再塗装無しで 凹みを押し出して修理します。



DSC04918_R.jpg


その間 私は・・・

クルマが揺れるような作業は出来ないので (^^)



リアゲートのカバーを


DSC04920_R.jpg
DSC04921_R.jpg



こうでなくちゃ!!


DSC04924_R.jpg
DSC04926_R.jpg



2人とも汗だくで

頭にはタオルが必要 (^^)


DSC04927_R.jpg



フチの水垢落とし 開始します。

クリアコートグレーズ[AG O-8] コレがとても便利なんです (^^)



DSC04934_R.jpg



ボディーが揺れない程度の力で クリアコートグレーズを少しつけたタオルで

コシコシ  フチの水垢は徐々に落ちて行きます。


DSC04932_R.jpg



デント作業は コチラを

   デントリペア・千葉・MDR のブログ









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,6

 




バニティーミラー 滅多に使うものではありませんが

開いた時 これではガッカリ。。。


DSC04880_R.jpg



これで引き締まりますでしょ~!!   (^^)



DSC04882_R.jpg




ダッシュボード 如何でしょ?



DSC04884_R.jpg




1回目でコレならば (^^)

だって 24万km走っているクルマですからね!


DSC04885_R.jpg



センターパネル


DSC04887_R.jpg


この汚れ方 凄いでしょ!! (^^//


DSC04888_R.jpg
DSC04889_R.jpg
DSC04891_R.jpg



そして、今回リセットです (^^//



DSC04892_R.jpg



テレスコ おそらく殆ど使われていなかったと思われます。

引き出すと カラムがホコリまみれ!


DSC04897_R.jpg


ライトスイッチも


DSC04900_R.jpg



コレでスッキり!!



DSC04901_R.jpg



このTE 本当に汚れています。

しかし、営業車として使われていたとすると・・・

コレぐらいの汚れは 当然なんです (^^)




夢中で仕事をして

成功を収めたであろうと思うオーナー様です。




その間、このTEはどれ程 頑張ったか・・・




この汚れ方は 

営業車として

社長の足として

使われた痕跡の様に 私には見えたのです。




整備はディーラーでしっかりと行われ

かなりの費用を掛けられているクルマです。



しかし、ディーラーでは

オーナー様の感性に訴えるような整備・清掃は行われない。

吹け上がらないエンジンでも、車検に合格すればOK!!

どれ程汚れていても、何のアドバイスも出さない!!

それは、ディーラーとは 「販売が主たる業務」 であるからです。




自動車ディーラーで洗車機を置いている店もあるくらいです。

美的センスは 皆無に等しい。。。


この記事を書きながら

思い出してもしまったので あえて書きますが

どう見ても洗車機にブチ込んだキズだらけのクルマを

新車ですと持ち込む営業マンもいました。

磨きが必要な新車!?  あり得ますか?

私には 到底考えられない。。。




映画 トランスポーターの主人公の様に扱えとは言わないが

もう少しセンスを持ってもらいたい。




クルマって 唯の道具?








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,5

 



最近は見る機会も殆ど無い 古いタイプのナビのテレビ用アンテナ跡。

これもガラスの研磨の際には 消さなくては (^^)



DSC04864_R.jpg



水洗いして

ケイミカル粘土を



DSC04865_R.jpg



ルーフの一部だけで

この汚れ方・・・



DSC04866_R.jpg



粘土掛けを終えて 水を掛けると


DSC04868_R.jpg



無撥水!!!

この水の膜が クルマを美しく見せてくれる。


DSC04869_R.jpg


運転席のルーバー

固くて動かない。。。

中古でも良いので 交換したいところです。


DSC04872_R.jpg


センター

右側のルーバーが何枚か反っています。

見た目のバランスが よろしくない。。。


DSC04873_R.jpg



シフト位置を示すパネル 割れています。



DSC04874_R.jpg



何処まで手を掛けるか 相談中のため

作業は部分的に進める事となります。









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,4

 



本来 ここでガラスの研磨に入る予定でしたが

フロントガラスのワイパーキズが 余りにも凄いので


DSC04833_R.jpg


タオルケットを敷いて ボンネットの上に照明を置いて

運転席から正面を見た時

ワイアパーキズで 光が拡散する様子 お判りいただけるかと・・・

これは通常のガラスの研磨では落ちない。

更に強いガラス研磨を行う手法もありますが

ガラスの強度低下 そして 視界に歪みが生じるので

私はお勧め出来ない!!



ガラス交換をお勧めする事にします。



安全運転は 良好な視界があってこそ!!

当店でみがいた車が事故 そんなお話は聞きたくもないですから (^^//


DSC04835_R.jpg



一番上の写真と同一の光源を

助手席ガラス越しに見た時です。


DSC04834_R.jpg



給油口 シールもえらい事になっていますが

ホコリまみれ?  土まみれの様にも見えます。



DSC04836_R.jpg



ガラスのフチの水垢も 凄い事に。。。



DSC04840_R.jpg



当然 ドアのヒンジ周囲も。。。




DSC04845_R.jpg



左リア タイヤハウスの内側です。

砂だらけ・・・


DSC04851_R.jpg



タイヤハウス前方のポケットとなる部分

結構 石が溜まっている例が多いのですが

このTEも (^^)


DSC04855_R.jpg


一つの石が まだ残っています。


DSC04860_R.jpg



何故 ここまでするのか?

それはオーナー様の 「このクルマだけは手放す気が無い」

そのお言葉を私が聞いているからです。



クルマ 錆びさせない事が重要です。

土が堆積する場所 錆易いのです。




DSC04861_R.jpg



右リアのタイヤハウスからは

かなりの大きさの石が出てきました。。。



DSC04863_R.jpg




オーナー様の意向を 出来る限り具体化する。

重要だと思うのです。




クルマのコンディション オーナー様の意向・理想により

行うべき作業が異なります。




よって 値段先行のお話 苦手です (^^)





久々に W126放浪記 更新いたしました!!

お時間が許せば 是非 ご覧ください (^^//

   W126のワイパー 謎です!!





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

マラカイトグリーンのE320T No,3

 





まずは 掃除機掛けから始めます。


DSC04639_R.jpg




シフトゲート 皆様が想像している以上に ホコリの溜まっている場所です。


DSC04640_R.jpg



うわぁぁぁ~~~

私には 許しがたい状態です。。。



DSC04642_R.jpg



温度設定ダイヤル なんかイヤ~~~な予感が・・・


DSC04645_R.jpg



カチカチ ザラザラの触感のハンドル

これは交換をお勧めしよう!! (^^//



DSC04648_R.jpg



運転席 背もたれの生地の折り目には

ここまでホコリが詰まっているのは 初めてかも (^^)



DSC04652_R.jpg



運転席のシート下は



DSC04657_R.jpg



セカンドシートの下も掃除機を掛けて


DSC04660_R.jpg



何故???

タイヤハウス脇の生地が浮いている。



理由はどうあれ これは放置できない。。。


DSC04663_R.jpg


掃除機掛けで かなりの時間を要しましたが

何とか ホコリのスッキリ感を取り戻しました (^^//


DSC04667_R.jpg



9月のスタートです!!

今年も残すところ4ヶ月

早いな~~~ (^^)








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。