スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの大人の休日倶楽部 No,1

 




1月の車検でサイドスリップ 修正されてから

ハンドルが傾いたまま・・・

ぎこちない曲がり方・・・

W116に掛かりっきりとなったので

ようやく 今になって着手 (^^)


DSC02363_R.jpg




測定位置をマーキング



DSC02364_R.jpg



このタイロッドの長さでトーイン決まります。



DSC02366_R.jpg



でっ 出った~~~!!!




来るなり 錘付きの糸を垂らして・・・


DSC02368_R.jpg




キャンバー角 測定しておられます。



DSC02369_R.jpg




これ 偏芯ボルトになっているんです。


DSC02375_R.jpg




この偏芯ボルトの位置によってキャンバー角 変わるのです。



DSC02378_R.jpg




頑張ってます!!



DSC02382_R.jpg



右側の調整終了後

グラスターゾルを持ち出してきて

糸を貼り付けた時の糊跡を・・・



DSC02386_R.jpg



やはり 普通ではない!!

アブノーマルです (^^//


DSC02387_R.jpg



左側 何度やってもキャンバー角 0度にならない。。。



DSC02392_R.jpg




素人が始めてやるのだから仕方ないでしょ~ (^^//







そんなオッサンと付き合っていても仕方ないので

私の手元に来た愛車の

エアコンのオイルを足します!



このオイルも

この圧入器具も

黒Sさんからの寄贈品なんです。



自分では1回しか使わないからと・・・


DSC02394_R.jpg




この圧入器 優れもので

エアーを一切噛ませず オイルを入れることが出来るのです (^^)



DSC02395_R.jpg



あっと言う間に 自分の車の作業が終わってしまった私。。。




黒Sさんに付き合って

左側のキャンバー調整を手伝い

何とか目標の0度まで (^^)




ハンドルを握ると

素直に切れるハンドル




しかし、トーインとのバランスが崩れたので

トーイン 1mm狭めたい!




黒Sさんは トーイン調整 嫌がってます。

「もしも、バランス崩れたら ど~すんの?」

「今が崩れた状態なんだから!」

「ホント やるの?」

「やるの!!」




渋々 トーイン調整を開始。




トーイン調整を誘っておきながら

私 黒Sさんを放置して お気楽に試走へ (^^)




出戻りの愛車の感触を楽しんで帰ると

ニヤニヤしながら 「試走行って来ます~」




帰ってくると その顔はニヤけて

「エエワ~~~」 (その表現 卑猥なんです!)





「エアコン ガス圧下がってているんじゃないの?」

「蛍光剤入れといたら?」

禁断の誘いに乗った黒Sさん


DSC02400_R.jpg



ここからが 黒Sさんワールドの始まりです!!!

ここまで時間を費やして 前振り!





またもやらかしてくれました!!!






アライメント調整まで自分で始めた黒Sさん

自分で愛車をイジル 楽しい時間なんです (^^//

何処まで行くのか クルマ馬鹿おやじ 二人組み!







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト
関連記事

1/7380   No,44

 





エアコンの関連のお話を進めさせて頂きます。



電動ファン&リッキッドタンク接続部からの漏れを修理

そして、その後350kmほどテスト走行している時でした。

電動ファンが 突然 回らなくなった。。。




運転しながら 「何処から漏れているのだろう・・・?」




ピットに戻り チェック!

エキスパンションバルブから漏れているのを発見!!!


DSC02093_R.jpg



積み替えたコンプレッサーではなくて良かった (^^//



エキスパンションバルブの繋ぎを 増し締めして

24mmのスパナ ここでは使いづらい。。。


DSC02094_R.jpg




真空引きして



DSC02095_R.jpg




ガスチャージです (^^//


DSC02100_R.jpg



上の写真で 運転席脇の床に置かれているマット

このマット跪いて 上半身だけ車内に入れて

メーター下の エキスパンションバルブと格闘していたのです。




噴出口温度は?

これならばOK!!!


DSC02105_R.jpg



夜の街を 1時間ほど走って

漏れを確認 (^^)



UVライトを当てたエキスパンションバルブです。



DSC02108_R.jpg




14+5=19本

黒Sさんの記録は 抜けなかった!!!

やはり偉大でした   (^^//





≪業務連絡です!!≫

これまで大変お待たせしておりましたが

通常業務 再開です!!!

ご予約順に ご連絡申し上げますので

今しばらくお時間を下さいませ (^^)



ちなみに現在の入庫予定では

現在ご予約いただきましても6月下旬頃となりますこと

ご容赦下さいませ!




いよいよGWの始まりですね~

休日 こんな1曲から 心穏やかに 始めてみては 如何でしょうか。











この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,43

 



試走してみて 判った事。

・電動ファンが回らない。。。

・ガス漏れ。。。





まずは回路図を取り出して



DSC01862_R.jpg



このW116のエアコン系のリレーは

運転席足元 外側のパネルの裏にあります。


DSC01863_R.jpg



回路図では、3つ

しかし、確認すると4つ???


DSC01865_R.jpg



手持ちのリレーの動作確認を行い

交換です (^^//



DSC01867_R.jpg



リキッドタンクに付いている 温度センサーも交換!!



DSC01872_R.jpg



ネジ式なので ガスを抜かなくとも交換可能です! (^^)

W126も コレだったらと何度思ったことか・・・



DSC01873_R.jpg



予備ではなく

長らく眠りに付いているW123 230Eから センサーを引っこ抜いて・・・

またも 部品取り車に (^^)



DSC01874_R.jpg




リキッドタンクの繋ぎから 漏れが発生したので

一旦 ガスを抜いて



このワッシャのようなモノが

どうやら悪さをしていたようです。


DSC01883_R.jpg



少し ヤスリを当てて

落ち着きの良いところを探します。



DSC01884_R_20150428045747820.jpg



真空引き これで何回目???





ガスを入れて


DSC01889_R.jpg



これで解決かと 一安心 (^^//

9+5=14本のガスを・・・









しかし、

これで終わらないのが 黒S病です!!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,42

 




A/Cコンプレッサー そして リキッドタンクを交換して

真空引き完了!!!



DSC01652_R.jpg



ガスを2本入れて・・・

おや???



低圧がマイナスの値を指す!



うそっ~~~~~!!!



まさかの 詰まりです!



この時点で気が動転して

写真撮り忘れました。。。




疑うべきは エキスパンションバルブ!


DSC01780_R.jpg



ベタベタ君 嫌いです!

運転席足元に潜り込んで

動きづらい体勢で

アクセスしづらい所なんです。。。




DSC01782_R.jpg



1時間以上 ベタベタ君と格闘して

やっとエキスパンションバルブ 取り外す用意を・・・



DSC01785_R.jpg



完全に詰まってます。



DSC01787_R.jpg




パーフェクトナ 詰まりです!!!



DSC01788_R.jpg



出るわ 出るわ!!!



DSC01789_R.jpg
DSC01790_R.jpg



黒Sさんが 念の為と持って来てくれた 氏の予備パーツ

まるでドラえもんのポケットの様で 助かります (^^)



普通 このタイプのエキスパンションバルブの予備なんて持っていませんからね~


DSC01791_R.jpg



エキスパンションバルブ

ダメ元で 掃除して 再装着!!!



そして、真空引き!


DSC01792_R.jpg



真空引き中に

取り付けたエキスパンションバルブを撮影しました。




DSC01793_R.jpg




ガスを入れると

おっ!!!

なかなかイイです (^^//

吹き出し口温度 7度。



DSC01798_R.jpg



5本のガスを入れて

コレで漏れなければ・・・


DSC01800_R.jpg



コンプレッサー交換前に 2本。

コンプレッサー交換後に 2本。

そして、今回5本。



計9本。




しかし・・・

コレでは終わらないのが 黒S病です。

私 感染していました。。。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif









関連記事

1/7380   No,41

 





コンプレッサーを交換したついでに

リキッドタンクをオーダー




到着待ちの間




曇ったヘッドライト 取り外して



DSC01625_R.jpg




ちょいと小細工をして (^^//




DSC01627_R.jpg




ヘッドライトワイパー 在庫なしの回答により

自分でワイパーラバー 加工しましょ (^^)



DSC01630_R.jpg



キッキングプレートを取り外して



DSC01634_R.jpg




革靴の踵の跡かな?



DSC01635_R.jpg




フロアカーペット 洗いました!!!



DSC01636_R.jpg




コレが古いリキッドタンクです。



DSC01642_R.jpg




新品のリキッドタンクです!

そして、Oリング




DSC01641_R.jpg




古い車なので

配管の継手は フレア



このワッシャー 後々 面倒になるとも知らず・・・


DSC01643_R.jpg



コンデンサーからの配管を繋ぐと

ゲッゲッッッ!!!

リキッドタンクの位置が合わない!!!!!




DSC01645_R.jpg




何でこうなるの?

ブツブツ 文句を言っても仕方ないので

ヤスリで穴を広げて・・・



DSC01646_R.jpg



取り付け 完了!!



DSC01647_R.jpg



真空引きして (^^//



DSC01648_R.jpg



ようやく コレでエアコン 終了だと思ったら・・・・・




これから始まります!




踏んだり

蹴ったり

突き落とされたり。。。





≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫

昨日、黒Sさんは 来なかった。

ゴルフに行っています!

しかし、白Sさんが来てくれました。

完成目前のW116の試乗に付き合ってくれて

意外な事が解りました!!

私の出したセッティング 微妙過ぎたのです。

白Sさんと私が乗ると、通常の大人3人分の重さが在ります。 (^^//




そこで、フルスロットルを与えると

軽いノッキング!!!

進角調整のやり直しです。




白Sさん その体重が役に立ちます (^^)

ちなみに仲間内では

   1白Sさん = 100Kg

を指します (^^)



でも、白Sさんの運転は素晴らしいものがあります。

横に乗っていると 全くショックを感じない運転で

安心感に包まれます。

アクセルワーク、ブレーキング、ハンドリング

どれを取ってもスムースなんです!



昨日は有難うございました (^^//




黒Sさんへ

本日は一人で燃料ポンプ交換 頑張って下さいませ (^^//

私 手伝えませんから・・・

私は、現実世界からの逃避行の旅に出ます!!









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,40

 




如何にも重そうなコンプレッサー 交換開始!!!



DSC01588_R.jpg




重い!!!

しかも、

やはり、

オルタネーターが邪魔で

大人の知恵の輪!!!




どの角度で抜けるのか・・・

しかも

屈んだままの体勢。。。

こっ 腰が・・・



完全に 親爺イジメです!!!



悪戦苦闘して 何とか抜き取りました (^^)


DSC01595_R.jpg




コンプレッサーを固定しているボルト

フロント側は容易に回せるのですが

後ろ ブラインドで四苦八苦!!!



潤滑剤で濡れている所です。

低圧配管(黒いウレタンで覆われている)の陰で

全く見えず

しかも アクセスしづらい。。。




DSC01597_R.jpg



重いコンプレッサー!!

ゆうに10kgは超える。



そんなモノを あ~でもない こ~でもないと

回しながら 隙間から抜き出して・・・



DSC01598_R_20150425043639086.jpg





うぁちゃぁぁ~~~!!!

こりゃダメだ!




IN側 詰まっています!!!

抜き出す途中 何かコボレたと思ったけど

それでも まだコレだけ詰まってます。。。


DSC01599_R.jpg



積み替えるコンプレッサーと付いていたコンプレッサーを比較すると

???




その角 邪魔じゃない?


DSC01601_R.jpg




一度 試しに入れてみると

ガス配管とせり合って ダメ!!!



ここで メゲない精神は

黒Sさん ゆずり (^^)



目くら蓋を探して・・・



これでOK!!!   (^^//




しかし、重い!!!

W126のデンソー製だったら

こんな苦労は無いのに。。。


DSC01607_R.jpg




誰だ~~~!!!

人のカメラ 勝手に使うのは・・・



この日 アスナルの宮崎社長が来ていた。



折角ですので、作業中の私を (^^)



DSC01608_R.jpg



ここからがエアコンの不幸の始まりです!




このコンプレッサー積み替えだけで十分苦労させられてのですが・・・




去年の黒Sさんの二の舞 始まります!

エアコンのガス 何本使うことになるのか・・・・・




30本は使いたくない!

この気持ち 誤解いただけますでしょ~ (^^)



今日は土曜!

私は仕事ですが

こんな懐かしい 曲 と 映像 如何ですか?









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,39

 



白内障になってしまったヘッドライトレンズ

折角クリーニングしたのに。。。



DSC01575_R.jpg




これ 正常なレンズを留めている爪です。

しかし、幾つかの爪に 先端にあるはずのカバーが付いていないことを認識していたのですが

新品のパッキンを使うのだからと安心していると

この有り様。。。



DSC01577_R_20150423073202066.jpg



裏蓋です。


DSC01578_R.jpg



組んだり バラしたり

黒S病に 感染したのか???

キケン 危険 (^^//



DSC01579_R.jpg



裏蓋のサビを落して



DSC01580_R.jpg



まずは錆び止め塗料を吹いて

この後、艶消し黒 吹きます。



DSC01582_R.jpg



100Ahの軽くはないバッテリーを取り外して

トレイを抜くと

A/Cコンプレッサーとご対面 (^^)





デルコのコンプレッサー 重そう!!!

上から引き出せるのか???


DSC01583_R.jpg



下に落す事は無理!



DSC01585_R.jpg



オルタネーターを取り外せば 簡単に抜けるでしょうが

出来れば取りたくない (^^)




まずはボルトを抜いた時に備えて

紐で吊っておきます。



DSC01587_R.jpg








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,38

 




写真では解りづらいのすが

バンパーのゴムモール 

ところどころ塗装が剥げている。。。


DSC01532_R.jpg



フロントも



DSC01534_R.jpg



塗装剥がしちゃいました (^^//


DSC01537_R.jpg




モールも (^^)




DSC01538_R.jpg



水洗いしたら ヘッドライト内部 曇ちゃいました!!



DSC01539_R.jpg



A/Cコンプレッサーの圧縮が出なかった件から

妙なテンションが続いています。




この無骨さ

私は違和感を覚えて


DSC01541_R_20150422075001dd0.jpg



念のため 裏側を確認して・・・



DSC01542_R.jpg




リベット 揉んじゃいます!!!


DSC01546_R.jpg




外板にリベット留め

私 どうにも好きになれない。。。



飛行機のように 外板を止める為にリベットを使うのは理解できるが

元々 ステー取り付け用の穴も在るのに

どうして???


DSC01547_R.jpg



水の浸入を防ぐ為 ボルト&ナットを


DSC01551_R.jpg



埼玉の某所で 黒Sさんにゲットしてきたもらった

ナンバーステー



汚い。。。



DSC01556_R.jpg




磨いて 磨いて

これならば 良し!! (^^//



DSC01557_R.jpg



ナンバーステーの裏を見て

愕然としてしまった。。。



何でナンバープレートのナットが4箇所 溶接されているの?

ブレーキキャリパーは 2箇所だったのに。。。



DSC01558_R.jpg




世の中 どうして・・・

理不尽で 不合理

私 グレてしまいそうです。






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,37

 



ヘッドライトを取り付けて


DSC01317 (2)_R



バンパーを取り付けて



DSC01319 (2)_R




腐った燃料で 汚れているだろうフューエルライン&燃焼室が きれいになります様に (^^//

 GA-01 投入!!!




DSC01393_R_20150422041809b26.jpg




そしてガソリンを満タンに




DSC01394_R_201504220418145a0.jpg



そして、向かった先はアトミック



DSC01396_R.jpg



小澤さん!!!

溶接お願いしま~~~す  (^^)




溶接がブチ切れて 共回りしたナット

バックプレートに溶接です。


DSC01400_R.jpg



真空引きしていたエアコンに 漏れをチェックするのに便利な蛍光剤 入れます!!



DSC01491_R.jpg



ガスを入れて・・・



DSC01494_R.jpg




ウソッ!

嘘!!

やめて~~~!!

ガス3本を入れても

マニホールドゲージの 高圧が上がって来ない。。。




A/Cコンプレッサーのクラッチは繋がっています。



コンプレッサーが死んでいるのか・・・



またも 突き落された気分です。。。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

1/7380   No,36

 




取り外していたバンパーです。



DSC01298_R.jpg



この汚れ 許せますか?



DSC01299_R.jpg




私は許せないのです (^^)



DSC01302_R.jpg



磨く準備をしていたら

届きました!!!



真空引きをした時

ムシから漏れていたので・・・



早速交換!!


DSC01303_R.jpg



またも。。。

ムシ回しで 回せば 抜けるはずなのに

何で 分解されてしまうの???



しかも チャックの中に ムシのシャフトが残っている


DSC01304_R.jpg



やっとの事で 抜いたシャフト

錆び付いている。。。



DSC01306 (2)_R



新いムシを入れて 真空引き!





さて、バンパー磨きましょ (^^//

黒い 無骨なナンバーステーのサビが・・・


DSC01309 (2)_R



磨いて これでOK!!


DSC01310 (2)_R



裏も 気になりますでしょ~ (^^)


DSC01313 (2)_R



これで気が済みました (^^//


DSC01314 (2)_R



しかし、このバンパー 重過ぎです!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,35

 



3工程目に入っても出てくる 宜しくないコーティングのカス。。。



DSC01287_R.jpg



雰囲気はかなり変わった (^^//



DSC01288_R.jpg



そして・・・

5工程目を終えて




これが作業前のボンネットフード


DSC01129_R.jpg



作業後



DSC01295_R.jpg



作業前のCピラー



DSC01140_R_201504190423540bb.jpg



作業後



DSC01294_R.jpg



作業前のAピラー



DSC01263_R_20150419042359d3b.jpg



作業後



DSC01297_R.jpg



丸3日を費やした みがきです。






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,34

 



もしも 自分の車の塗装の肌が

左側のドアパネルの様な 肌だったら 許せますか?




私 我慢ならず発狂してしまうでしょ (^^//




ですから 慎重に・・・・・

切り込んで行きます。

慎重に 慎重 を重ねて!!!




切り過ぎたら・・・

自殺したくなりますもんね~ (^^)


DSC01262_R.jpg




このサッシュ 我慢なりません!!!

危険も 承知ですが

許せない!!!



DSC01263_R_2015041805191960b.jpg





ここから よ~~~く 見ておいて下さい (^^//

これが 我慢ならない!!!


DSC01267_R_20150418051923197.jpg



よって 研き込んで

こうなるまで!


DSC01268_R.jpg



この差 ご覧頂くとおりです。



DSC01269_R_2015041805192941d.jpg




ここで 少しだけ触れるお話ですが

本来ならば このメタリック塗装では

バフに 色が付くことは無い!



しかし、このW116は

クリアーに グリーンを入れています。


DSC01273_R.jpg




同じサテライトバフを使用して

一段 目の細かいコンパウンドを



DSC01276_R.jpg



2工程目の磨きです。



DSC01277_R_20150418052011164.jpg



ギトギト!!!



DSC01278_R.jpg



まだ 宜しくないコーティングが残っています。。。



DSC01284_R_201504180520183a9.jpg



このギトギトのコンパウンドの油分の下の状態を知るのは

作業に当たっている私の 目 と 感 でしか見れません (^^)




≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫



昨日の黒Sさん タイヤ交換です!!



DSC01716_R.jpg




今回 初めてお世話になりました阿部社長

リムのサビ取り中。



DSC01719_R.jpg



歪んだホイールを修正中



DSC01725_R.jpg



新品タイヤの表面を研磨!!!



DSC01735_R.jpg



ちょいと凄過ぎる!!!



「試乗してきて!」



動き出した車 全く別物なんです!!!!!

昨日も黒Sさんとドライブしましたが

タイヤとホイールのセッティングで

正直 ここまで違うのか!!! (^^)




車に タイヤから伝わる振動が無い。

まことにスムースに進むのです。



そしてハンドルを切っても 素直にレーンチェンジします。

素晴らしいグリップ! (^^//


DSC01731_R.jpg


タイヤは 安売りしているネットショップもありますが

私 二度と買いません!!



今後、京葉サービスでタイヤ交換します (^^)



しかし、

一つ問題が出てきました。



「1週間 車を動かさないと タイヤの真円が崩れるからね~」

そこまでゴムがデリケートとだとは・・・




1週間どころか

1ヶ月以上 動かさないクルマ

私の手元に在ります。。。





でも、次回からタイヤ交換は ココです!!!


  有限会社 京葉サービス

   東京都江戸川区篠崎町6-23-5

   TEL 03-3698-4733

まずは電話を入れてから 訪ねるのが宜しいかと (^^//








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,33

 




ウィンカーの上にも 飾り金具が付いてます。

W116以降では こんな造りは無くなってしまいます。



DSC01118_R_20150417053553af1.jpg




マスキング完了!!



DSC01125_R_20150417053556af9.jpg




この肌 私 許せない!

写真下側のグリル近くを見ていただくと・・・

よくよく お判りいただけるかと思うのですが (^^)



DSC01128_R_201504170535587d0.jpg



ピンを合わせる為に コンパウンドを垂らして

肌の粗さ

傷の多さ

目立ちますでしょ~ (^^)



DSC01130_R.jpg



このサイズでは解りづらいですが

クリックして頂くと

研いた右側と

プレスライン左の肌の違い ご覧いただけます。


DSC01132_R.jpg



こちらでも (^^//


DSC01134_R.jpg





切りくず 変なんです!!

まるで樹脂の破片のような・・・

初めての経験です!!



DSC01139_R_20150417053635006.jpg



Cピラー 比べてみると


DSC01140_R_20150417053638367.jpg



あと ひと研き 必要ですね (^^//


DSC01143_R.jpg



ミニポリッシャーも大活躍です!



DSC01261_R_20150417053644401.jpg







≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫




税関で 足止めを食らっていたバネ届いたとの事で

昨日 黒Sさんやって来ました!!



優秀な営業マン 休日出勤も多く

休暇の消化のため 昨日休んだそうです (^^)


DSC01692_R.jpg




バネ交換 開始!!!

でも・・・

途中で電話がひっきりなしに (^^//

ウィークデーの黒Sさん はじめて見ました!!




私は 私の仕事に集中!!!





「もう~~~ こんな時に電話掛かってくるんだから・・」

ブツクサ言いながら 頑張ってます!!!




DSC01693_R.jpg



一度 バネの上下を間違えましたが

2時間で 作業終了!!!




その後、試走を兼ねて

錦糸町までドライブ

足らなくなったオイルを買いに



 「伊勢までの W126 420SEL に乗らなかったら

                  こんな作業しなかったのに~~~」



しかし、その乗り心地 断然良くなっている!!!



氏の ニヤケた顔が元に戻らない (^^//



試走中 ボンネット内部から異音



おそらくこのバネが振動していると思われ

廃品利用 (これ 取り外したシムです!!)で 振動を止めるそうです (^^//



DSC01710_R.jpg


発想 並では アリマセン!!!





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,32

 





ヘッドライトです。


DSC01087_R.jpg



光軸調整用のネジ と 手動での高さ光軸変更用のノブです。



DSC01088_R.jpg




上から見ると (^^)



DSC01092_R.jpg


W126の以降の車両からは

バキュームを使って車内のヘッドライトスイッチ脇に

光軸調整用のスイッチが付いてますよね!

このW116では、完全手動式!

しかも、ボンネットフードを開けなくては調整できない (^^//



下の二枚の写真を見比べて頂くと

左のノーマル状態のレフ板と

右に倒した時の 光軸ダウン状態のレフ板の出方がお判りいただけるかと (^^//



DSC01094_R.jpg
DSC01095_R.jpg




爪を90度ひねると

ガラスを抑えているクリップから開放されて



DSC01096_R.jpg



レンズが外れます。

レフ板 キレイにしなくちゃ!!!



DSC01099_R.jpg



ガラスも よ~~~く洗って



DSC01100_R_20150416074830818.jpg




レフ板に付いてしまったケバ 取り除いて



DSC01101_R.jpg



裏側のパッキンも交換して・・・




DSC01105_R.jpg




組み上げて・・・・・



しかし、この時 気になっていた爪の甘さ・・・

後々問題となることは 予想できたのですが

新品パッキンを信用したばかりに・・・








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,31

 



このナンバーステー

どう見ても 無骨過ぎ!!!



このセンス 私には許せない。

リベット留め これも嫌い!!!



皆様ならば どうされます?



DSC01054_R_20150416042326de3.jpg




W116ならではの このネジ!!!

W126では無い!



DSC01062_R.jpg




許しがたい バンパー繋ぎ目の汚れ方。。。



DSC01065_R_20150416042333b8c.jpg




汚れを落す前に

まずはバラしてしまいましょう (^^//



DSC01067_R_20150416042336f7a.jpg




ヘッドライトワイパーも 凝った造りです (^^)



DSC01068_R_201504160423404dc.jpg




そして、バラす事を前提としていない造り。。。

この鉄板ビスを外すのにどれだけ苦労するやら・・・




DSC01069_R.jpg




無事 外れて 一息です (^^)



DSC01070_R.jpg




ゲッッッ!!!

右は、エアコンの高圧ホースで。。。



完全にイジメですね!



DSC01071_R.jpg




バンパー下のフィン

何処かで見たような気がしていたのですが

123品番 (^^//




流石 メルセデス!!!

部品の使い回しは 超一流 (^^//



DSC01076_R_2015041604241709e.jpg




≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫


昨日は4回も電話ありました!!!

「コンプレッサーのメーカー 解った!」

「エアコンのガス 在る?」

「バネ 到着したよ~!!」

あと1回は何だっけ???




税関で足止めを食らっていたリアのバネ1本

ナント 松戸郵便局経由で 松戸市在住ではない千葉某所へ届けられた!

何で松戸郵便局経由なの?



出来る男は違うんだな~~~  (^^//







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,30

 





車のみがき屋 なんでも日記

何でも在り過ぎですが・・・

本分に戻ります!!




シャンプー洗車して

ケミカル粘土を掛けて


DSC01030_R_201504150530303bd.jpg



乾燥タイム!!



DSC01031_R_20150415053033180.jpg



写真をクリックして頂けると 良く判ると思うのですが

塗装 肌がキツ過ぎて その上 荒れています。。。



DSC01032_R_20150415053036495.jpg



ダブルバンパー 取り外します。


DSC01046_R.jpg



予想以上に重い!!



DSC01047_R.jpg



テールレンズも取り外します。



DSC01050_R.jpg



W126とは異なる抜き出し方。

メルセデスの進化をなぞっている様な気がして来ます。  (^^//



DSC01051_R.jpg



初めから ネジ 1本在りません。。。



DSC01058_R_201504150531279d0.jpg




これでリアは 磨きやすくなりました!!!



DSC01059_R.jpg






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,29

 



取り外されて 放置されていたエアークリナー



DSC00964_R_20150413112149f99.jpg



フィルター 完全に終わってます (^^)



DSC00966_R.jpg



サビを軽く落して



DSC00969_R.jpg
DSC00971_R_20150413112200c80.jpg




サビチェンジャーで (^^//



DSC00972_R.jpg





腐ったガソリンのせいで

汚れきったシリンダー 排気管を掃除します!



このままエンジンを回すと

ピットが凄い事になりますからね~



エンジンコンディショナー 入れます!!


DSC00979_R.jpg




快調に回るエンジンです (^^//




DSC00980_R.jpg




先日の黒煙 白煙を吐いていたエンジンとは別物!!

600rpmを狙って・・・


これから調整する内に きっとズレるでしょうが (^^)


DSC00982_R_20150413112236f74.jpg



アクセルリンケージ調整

黒Sさん こんな時 不思議なくらい 張り切るんです (^^//



DSC00983_R_20150413112240cbe.jpg



正常な回転が始まると

下から気になる音が。。。



この後付のパンチングが振動している。



DSC01016_R.jpg



それと 排気漏れ。。。


あっっ 穴!!!



DSC01021_R_20150413112309a94.jpg



マフラー補修しなくてはならない。。。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,28

 




今日は みがき屋らしく ホイール洗いから (^^//



DSC00895_R_20150413045655471.jpg




この形状のホイール 手間掛かります!!!



DSC00896_R.jpg




裏は真っ黒!!!



DSC00897_R_20150413045701187.jpg




洗ったら 乾燥!



DSC00898_R_20150413045705666.jpg




いかが? (^^)



DSC00899_R.jpg



後付のホーンのハーネスを撤去!



DSC00901_R_201504130457298d5.jpg





アクセルリンケージの清掃です。



DSC00955_R.jpg




こんなひとつ ひとつが アクセルペダルの重さに・・・・



DSC00959_R_20150413045739e44.jpg




届かない部分も (^^//



DSC00963_R.jpg




≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫

今週末は黒Sさん 来なかったのです!

そんな彼ですが

「バネ 日本に到着してたよ~~~!」

「何処に在ったの?」

1車 4本のバネをオーダーしたのに3本しか彼の手元に来ていなかったバネ

なんと、税関で留められていたのです。。。




しかし、4本のバネの梱包で

3本 1本とは・・・



ドイツの発送元にメールして

DHLに電話して

税関に電話して



氏の努力には 恐れ入る。。。



しかし、税関に電話を入れて

「車種は?」

「フロントですか? リアですか?」

「自分で交換するのですか?」

色々と質問攻めに遇ったようです (^^//



週末は・・・

電話 マナーモードにして

音を立てない作業をして

シャッター締め切りにしましょ!!  (^^)




あまり近づき過ぎて

何かを引き寄せる力・・・

私は身に付けたくないから (^^//





この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,27

 




アクセルリンケージです。

たまたまちゃんが崩壊しています。。。



DSC00861_R.jpg




取り外してみると

おくのたまたまも 2つに割れて・・・



DSC00863_R.jpg



こちらが1枚目の写真の手前側


DSC00864_R.jpg



ちょっと 怖いですが

現実を受け入れるため 抜いてみます!!



DSC00866_R_20150412043433f93.jpg



完全崩壊してます!!!



DSC00867_R_201504120434365d4.jpg



チョイと古めのベンツでは この手の崩壊現象 多く見受けられます!

この崩壊により アクセルペダルの遊びが多くなり

時には、アイドリング時のスロットルポジション

もしくは、フルスロットルにならない

などの弊害が生じます。




エンジンの回転をコントロールしているリンケージ

大変重要なんです (^^//




新しいたまたまを入れて (^^)



DSC00868_R.jpg




組み付け完了!!




DSC00870_R_20150412043502253.jpg




おっっっ!!!

後光が注しているような (^^//



DSC00873_R_20150412043506ad5.jpg




うまに乗せられて

既に何日経過????



DSC00875_R_2015041204350982d.jpg





バッテリーも 最後の充電を行い




DSC00877_R.jpg





積みます!



DSC00879_R_20150412043544b20.jpg





10ℓ ガソリンを買ってきて

入れます!!





久しぶりの 火入れです (^^//

上手くエンジンが回ってくれることを 期待して・・・・・



DSC00880_R.jpg




エンジン スタート!!!





ワチャァァァ~~~

黒煙 モクコク!!!!!



DSC00881_R_20150412043551b03.jpg





全員退避! (← あんた一人でしょ~!! と突っ込むところです!)





配管内に残っていた 腐ったガソリンが燃えきるまで我慢です。




しかし、意外にも配管内のガソリン

残っているものです。






しばらくすると

配管内に残っていた腐ったガソリンが燃え尽き

新たに入れたガソリンが燃え始めると

白煙!!!!!




DSC00882_R.jpg





アイドリング回転数が ブッ飛んでいます!!!

急いで 燃調 アイドルエアー 調整します。




でも・・・

かなり

だいぶ

体に良くなさそうなガス 吸ってます。。。




規定のアイドリング 600rpm に近づけて

これでエンジンが安定して回ってます (^^//




水温も シッカリと上がり

油圧計 振れてますでしょ~!!




DSC00883_R.jpg




でも、、、

ちょっと・・・

頭 クラクラしてます。。。




DSC00884_R.jpg




でも・・・

エンジン シッカリと安定して回った!!!  (← ここ拍手するところです!)





ホッ (^^)





こんな時は

こんな1曲です!!













この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

1/7380   No,26

 




本当は2本出ているはずのノズル

片方 折れて・・・



ウィンドウッシャー用のポンプです!!


DSC00845_R_20150411053504945.jpg



まずはステーの錆落し。


DSC00850_R_20150411053508199.jpg





ポンプから伸びているホース

ナンデこんなに多いの???



DSC00851_R_20150411053513f13.jpg




ステーを塗装して

乾燥待ちの間に・・・




ブレーキフリュード 入れます!!

勿論 エアー抜きも (^^//



DSC00852_R.jpg



そんな事をしていると

塗り直したステーも乾燥!



DSC00854_R.jpg



新しいポンプ

何か おかしくない?



どう見てもステーの角度 ヘン!!!

それに ファストン端子???


DSC00857_R.jpg




これが元々付いていたポンプです。



DSC00858_R.jpg



ブログではご紹介出来ない 荒業で・・・・・




ご想像下さいませ (^^//




いつの間にか4月も半ばに差し掛かろうとしていますね~

チビ介も新学期が始まりましたが

春休み中 私 家族サービスをしたのは1日だけ (^^)

許せよ!!




月月火水木金金

今時 在り得ない (^^//




今日は土曜日

少しリズミカルな1曲でスタート 如何でしょうか?











この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,25

 




キャリパー オーバーホールします!!



DSC00813_R_20150409062154101.jpg




エアーで ピストンを押し出して



うあちゃぁぁぁ~~~!!!

サビが・・・


DSC00817_R_20150409062157d39.jpg




ここから完全に動かなくなったピストン

無理やり引っこ抜くしかない。。。



DSC00819_R_201504090622007c0.jpg




酷い錆。。。



DSC00820_R_201504090622049dc.jpg



ピストンの錆を落します。


DSC00821_R_2015040906220713e.jpg
DSC00823_R.jpg



片側 完了!!!

完全とは行かないものの

これで 許してやろう (^^//



でも後 ワンセットある。



DSC00824_R.jpg



キャリパー 黄ペンを剥がしていたら

部分的に地が出てしまった。。。



アンバランス 嫌ですよね~ (^^)


ならば・・・




でも、何の性能変化も得られないことを知りつつ。


DSC00825_R.jpg



キャリパーを留めているボルト

今度は 赤ペン先生の登場!!!


DSC00828_R.jpg



研きます。



DSC00829_R_20150409062239e31.jpg



これで納得!!



DSC00830_R.jpg


あっ!!!

写真で見返すと 赤ペン 少しだけど残っている。。。




所詮 この程度の男ですから。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,24

 



綺麗に洗った ベアリング ナット コンタクトスプリング キャップ です。

元は

  1/7380   No,17



DSC00727_R_20150409033031594.jpg




まずはグリスを手にとって

ベアリングのグリスアップ!!!



DSC00728_R.jpg



ベアリングのローラーの隙間を

グリスで完全に埋める為

この状態で ベアリングを手のひらに トントンと当てるようして

隙間なくグリスを押し込んでゆきます。


※ここからは両手グリスだらけだから 一人では写真は撮れない。。。


DSC00729_R.jpg



完全にグリスで満たされたアウターベアリングです。



DSC00730_R.jpg




ローターを組み付け

ベアリングを入れて



DSC00732_R.jpg




ナットを組みます。

この六角棒が ナットを固定 締め付けるボルトの頭に刺さっています。



ナットを締め込んでゆき

ローターを回す。



回りが悪い時は、緩め

緩め過ぎると ガタが出ますので締めます。



この締め付け 感です (^^//



気持ち良く 走れるか否か 掛かってますから 慎重です



DSC00735_R.jpg



コンタクトスプリングを入れて

キャップします!



DSC00737_R_20150409033109a3b.jpg



ローターに付いたグリスを クリーナーで洗い流して

左右のハブ調整 完了!!!



DSC00738_R.jpg





こんなに楽しい作業

他人に お金を払ってやって貰うのは

私にとっては 面白くない (^^)



今からでも遅くありません!!

自分で クルマ イジリ 始めませんか?

素人の整備講習会って 在るのかな???




悪くても自己責任。

良くても自己責任。

すべてが自己完結する世界 納得できますでしょ~ (^^)







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,23

 



フューエルプレッシャーレギュレーター 交換です!!

K・KEジェトロでは、燃圧 大変重要なので

10年先を見越して交換します (^^//




サクッと・・・


DSC00709_R.jpg



右奥にプレッシャーレギュレーター見えますでしょ~!

アイドルアップレギュレーターへの燃料配管が繋がるので

面倒な事に。。。




このまま適当な角度で本締めしたら

配管が繋がらない。。。

運良く繋がる位置に配管が来ても

配管には必ずテンションが掛かってしまいます。


DSC00710_R.jpg




ブラケットを仮留めして

配管を仮留めして

この隙間から レギュレータを 仮締めします!



W126では何度も経験していますが

こんなに面倒なことは無かったのに・・・・・



DSC00711_R_201504080402072e5.jpg



仮留めを外して


DSC00716_R.jpg



本締めします!!!



DSC00718_R.jpg



右側から見ると

フューエルデスビの下を配管が潜っているのがお判りいただけるかと



DSC00719_R_20150408040237ba6.jpg



到底 工具の入る隙間が無い。。。



DSC00720_R.jpg




その隙間に入れた工具

クロウフットレンチ と 90°エクステンションコネクター

そして、ショートのエクステンションバー


DSC00722_R.jpg
DSC00723_R.jpg
DSC00724_R.jpg




みがき屋には 必要の無い工具

この店には 在るんですね~!!



10分で終える予定が

1時間掛り。。。



ブラケット 下から出しておいてよ~!!!





≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫

昨日、電話がありました!!

「まだ返事来ないよ~~~!」

「バネ 1本足りない件?」

「そう!!」

こんな愚痴をこぼせるのは私だけでしょうから (^^)




もしも、会社の同僚に

「バネ 来ないよ~~~!!」 なんて言ったら

氏の会社での優秀なる成績を残す営業マンのイメージが覆ります (^^//




そう思うと やはり変態オヤジ二人組みだな~と思いながら

電話をしていた私でした (^^//






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

1/7380   No,22

 



本日のお話は

昨日のお話と前後します。

あまりの写真の多さに 私 勘違いをしておりまして ご容赦の程を (^^//





ナックルアームも 綺麗に再塗装されて



DSC00548_R.jpg



もちろん!!!

ブッシュも入れ替えて貰った (^^)




ロアアーム クロスヨーク ナックルも イイ感じです。


DSC00549_R.jpg



この日は 黒Sさんの手伝いもあって

仮組み完了!!!



DSC00678_R.jpg




何故 仮組みかって?

ロアアームに下から力を加えて1Gを掛けなければならないからです。



この状態で 本締めすると

タイヤを組んで 設置した時に

せっかく入れ替えたブッシュに 常にモーメントが加わるから・・・



ご理解いただけますか?


DSC00690_R.jpg



リアのブレーキホース交換です。

またも 黄ペンとの戦い。。。



DSC00692_R_201504070411250a3.jpg




リア 馬鹿力掛けられて居ますので

要注意!!

特にブレーキ配管の継ぎ手

舐めたら エライ事です!!!




DSC00694_R.jpg



って言っておきながら・・・

ブレーキパイプレンチを使っても

少し 舐めた。。。



どんな怪力が作業したのだろうか?



DSC00697_R_20150407041156ccf.jpg




ホース交換!



DSC00699_R.jpg




リアのブレーキキャリパー 仮組みします!!



ナットを保持するため

ボルトを軽く入れて

ここにキャリパー(割ったもの)を入れます。



そして、キャリパーを組み立てます。



しかもそれは暫定。。。



バックプレートにナットを溶接して貰い

それから オーバーホールしたキャリパーを組み付けます。




本当に手間を掛けてくれます。。。


DSC00701_R.jpg



リアキャリパー 仮組み完了 (^^)



DSC00708_R_20150407041206cb4.jpg




ホント アリエヘンの連続です!









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,21





フロントブレーキホースのブラケット 錆だらけです。。。




DSC00640_R.jpg




錆を落して

塗装して・・・



DSC00655_R.jpg



乾燥待ちの間




シャフトを引っ張ると言う行為

これ非常に使いづらかった。。。



DSC00672_R.jpg



サイドブレーキのノブ

新品です!!



DSC00673_R.jpg



ブレーキのタンク 外しました!!!



DSC00674_R.jpg




マスターシリンダー交換です (^^//



DSC00675_R_20150406050931129.jpg




サクッと 取り付けて



DSC00676_R.jpg




フロントスタビライザーの作業の際に

取り外したブレーキパイプ 1本の取り付けには苦労しましたが

無事 取り付け完了です!!!



DSC00677_R.jpg




≪ 昨日の黒Sさんのコーナーです!!! ≫

一昨日、お客様と黒Sさんと

大人の座談会を行い 多いに盛り上がりました!!!

そのため、昨日のブログはあっさりとした記事に (^^)



そして、昨日

寝不足なのか クルマの下で寝ております。


DSC01374_R.jpg




寝返りしたり

寝相 良くないですね~ (^^//





DSC01377_R.jpg



4時間で フロントのコイル(バネ)交換できるまでに

手馴れた黒S氏です。



しかし・・・

やはり・・・

彼は 何かを持ってます!!!

「1台分 4本のオーダーなのに 3本しか来なかったよ~!!!」



土曜日の朝のメールでした (^^)









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,20

 



燃料抜きます!!

ギリでオイル缶 入りました (^^//



DSC00643_R_20150405060448790.jpg




燃料が抜けるまで

タバコに火をつけて・・・

ダメですから (^^//





ブッシュ交換します。


DSC00656_R_2015040506052201f.jpg




まずは脱落していた左を取り付けて

右側 ドンだけ潰れるの???



DSC00658_R.jpg




交換終了 (^^//



DSC00662_R.jpg



このようなブッシュを入れる時

ワコーズのシリコンルブリカント 便利なんです!

そのままでは入らないブッシュ

それがスルリと入るんです (^^//




写真を撮り忘れましたが

燃料ホースをサイズに切り落とす時も

カッターナイフの刃に サッとひと噴きすると

硬い燃料ホースがあっさりと切れます!



ゴム類のカット 苦労した経験のある人ならば

この便利さ!  お判りいただけるかと (^^)



DSC00661_R.jpg




燃料キャップのパッキン

バリバリになってますので・・・・




DSC00663_R_20150405060535079.jpg




交換!




DSC00664_R.jpg




燃料ポンプユニット

ホースも含め総交換です!!



DSC00646_R.jpg
DSC00648_R.jpg
DSC00650_R.jpg




交換終了!!!



DSC00652_R_20150405060501855.jpg





今回は 燃料まみれになることも無く 無事でした (^^//

しかし、燃料   変な臭いしていた!

腐っていた。。。









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif








  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

夜襲!!!

 





出来る男の後ろ姿!!!




いつもの黒Sさんオーラが無い。





DSC01320 (2)_R




昨夜 夜襲にあったのです!!!

モクモクとブツを詰め込む黒Sさん。



DSC01321 (2)_R




何とかバンパーが付け始められました!!!








おやじ 夜少し遅くなると・・・



起きれなかった。。。






宜しくない現実

  自動車税

下の方にある

3 環境負荷の大きい自動車に対する重課(平成27年度から重課割合が変わります)

見て下さい!!!

これまでの10%増しが 15%に!!!

取りやすいところから 取る!

これが税金の在り方!





けしからん迫害!!!

古いクルマ モノを大切にスル

それに罰則を与える。



この国の将来は 無いのでは・・・・・







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,19

 




リアスタビのブラケット シッカリと研いて (^^)




DSC00638_R_20150402040353469.jpg




組み付け完了!!



DSC00639_R.jpg




フロントのスタビライザー

ナット ブラッケット 取れました。



DSC00534_R.jpg



偏芯しているのが見えるでしょうか?



DSC00535_R.jpg



ブラケット 取り付け完了!!



DSC00541_R.jpg



車両左側は終わりましたが・・・



DSC00543_R.jpg




この左側でも その作業空間は十分に狭い!!



DSC00544_R.jpg




右のスタビブッシュ 行きます!!



DSC00553_R.jpg



ブレーキブースターの真下に在るので

その作業空間は 極めて狭い!!!



このサービスホールからアクセス出来るのは

上部を留めているナットだけ・・・



そして、このサービスホールから

知恵の輪のように ブラケットを抜き出す!!



DSC00554_R_20150402040313e50.jpg




鏡 そして 懐中電灯で照らして

こうしないと 全くのブラインド状態 (^^)

ブレーキブスターの真下ですから・・・



DSC00555_R.jpg



下側のナット 抜けました (^^//



DSC00557_R.jpg




上側も ラチェットが入るギリギリなんです!

ナット緩めて行くと

ラチェットが抜けない。。。



素晴らしい構造です。。。



DSC00558_R.jpg




さて、

ココからはしばらく画像無しです!



どうやっても 下側ナットが入らない!!!

上は留めれても 下は入らない。。。



順番を逆にしたり

ブラケットを上下逆にしたり




悪戦苦闘 7時間。






ブレーキブースターでまるでリストカット癖があるかの様に

手首付近は傷だらけ・・・

途中で、少しでも滑る様に 手首にラスペネ(潤滑剤)を吹いて・・・ (←自分に潤滑剤 吹いたの初めて!!)





なんで 取れたものが 入らない???  (←泣きそう。。。)





その結果は 虚しいものでした。。。





「あきらめ」 と言う言葉が浮かんだのは22時を過ぎて・・・




翌日、営業のアベちゃんが来たので

手の厚みを比べると


DSC00597_R.jpg




ゲッッッ!!!

厚みが違いすぎる!



チョイと手を貸して (^^//



始め その場所に戸惑いを見せたが





このまま組みつけられなかったら・・・

ブースター 外しですからね~





ナント!!!

1時間で完全な組みつけが完了!!!




ホッ (^^//

DSC00596_R.jpg



世の中の諺

色々と御座いますが

 「 大は 小を 兼ねる 」

この諺は、私の辞書から消し去ります!!!





届きそうで

届かない もどかしさ・・・

私は 7時間 何をしていたのでしょう。。。




元々は ナックルのボールジィントのブーツ切れ

そして、ロアアームのブッシュの入れ方がおかしいと感じて

そこまでヤルならば

10年先まで 考えると・・・





フロントの足回りのブッシュ 総交換としました!!!










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,18

 




新たに買い込んだ

8t油圧ラムセパレーター!!



でも・・・

怖い!!!

またも バッキッィィィ~~~~~ン!

がくるかと思うと・・・



恐る 恐る 油圧ラムをねじ込んで

意外にも 音もなく 抜けた (^^)




DSC00482_R_20150401060414377.jpg




ロアアーム 抜き出しました!!

ブッシュの入り方 通常ではなかったから・・・


DSC00487_R.jpg



回すのに一苦労したエキセントリックピン

180Nmのトルクが締め付けられています。


DSC00488_R_2015040106042139a.jpg



ここまでやるなら

フロントアクスルサポート(クロスヨーク)も取り外して

この日は オヤジの馬鹿力 役に立ちます!!



抜いて解った事ですが

クロスヨークのブッシュ 斜めに入っていた。。。




DSC00490_R.jpg



足回り いつもの見慣れた風景とは異なります。

判る人だけ ニヤニヤしながらご覧くださいませ (^^//




DSC00492_R.jpg




シフトリンケージのブッシュです。

このブッシュ シフトレバー下(写真)とミッション側に付いています。



ブッシュが崩れてくると

シフトレバーの遊びが大きくなるのです。



勢いで作業を進めていたので

崩れたブッシュの写真を撮り忘れた。




DSC00612_R.jpg




錆を落として

錆び止め塗装をして

艶消し塗って



ミッションマウント 装着完了!!!



DSC00613_R_201504010604527d2.jpg





リアのスタビライザーのブッシュ交換です。

錆を落とします。




DSC00621_R.jpg



スタビライザーの汚れを落として

ブッシュを噛ませて



DSC00625_R.jpg



ブラケット あとひと磨き必要です (^^)

フロントブレーキのバックプレートも 再塗装して



DSC00633_R.jpg




今 出来ることを ひとつ ひとつ こなして行く作業です。

ただ交換するだけならば 作業はもっと早い!!

はかどるでしょうが

クルマにとって もっとも怖い 錆 さび サビ

出来る限り対処しながらの作業です。





おそらく・・・

たぶん・・・

忘れられていると思うので

ここで書いておきますが

Grade-UP は みがき屋です!!!







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

1/7380   No,17

 





左リア 嫌ぁぁぁ~~~な 力の入り方。。。

終わりです!!!

しかも 2本とも。。。




さ~て!

開き直って 作業進めます (^^//


DSC00523_R_20150331062348250.jpg




ドリル 再登場!!!



DSC00524_R.jpg




度胸勝負のボルト抜きです!!!



皆様も 一度 経験してみては (^^//



DSC00526_R.jpg



バックプレートには かなりの力が掛かり

引きちぎられた跡が・・・



DSC00530_R.jpg





こうなると

妙なテンションが 私を包み込みます (^^)




勢い衝いて

フロント!!!




問題なくキャリパーは外れ

キャップを外すと

グリス 少なくない?



DSC00473_R_2015033106223162e.jpg




コンタクトスプリングを抜いて



DSC00475_R_20150331062235cfa.jpg



ナットを外して



DSC00476_R.jpg




アウターベアリングを抜いて



DSC00477_R_20150331062242e9f.jpg




ローターも取り外して




DSC00478_R.jpg




ステアリングナックルアームも取り外します。



DSC00480_R_20150331062344028.jpg



ココからは ガンガン バラして行きます!!!

テンション 揚げ揚げですから

おっさんパワー全開で (^^//





どこまでバラすか お楽しみに!!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。