FC2ブログ

大人の校外学習

 







デルタ航空のB757

日本ではこの機体 珍しい!




ココは成田空港



DSC06423_R_2015091604051976f.jpg





アシアナ航空のB747

このポイントで機首上げ かなり軽い!




DSC06425_R.jpg





場所を移動して

成田航空博物館です (^^)




今回はチビ介が居ないので

今まで入れなかった(小学生以上の年齢制限がある為)

747 Section41へ  (^^)




B747 操舵系統は3つの油圧回路で構成されていると聞いていたのですが

コントロールワイヤーが かなり長く 張り巡らされている。

私はてっきり 操舵力が 油圧に変換されていると思い込んでいた。。。





40年間 思い込んでいたのですが

ここで初めて真実を知ったのです!




真実を知る。

現実に体験・確認したことだけが重要なんです!!



DSC06431_R.jpg




普段飛行機に乗って 何気なく外を見ている窓

アクリル製の2重窓




それがたった10個のクリップで留められていたとは・・・


DSC06433_R_201509160405315c1.jpg





プラグタイプのドアです。

飛行中は 外の気圧は低い。

機内は 与圧されて 地上に近い気圧となるので

気圧差があるときには 開かない構造なんです。




DSC06436_R.jpg





ドアの左側にある爪が 圧力を受け止めている。




この日はあいにくの雨で

ドアを開けて貰えませんでしたが

次回は そのヒンジ構造見てみたい (^^//



外に開いたドアが

どの様にして 内側に引き込まれ

動くのか?  興味ありますよね~


DSC06438_R.jpg





操縦席です。




DSC06440_R.jpg





私が高校生までの頃は

飛行中でもこのコックピット 見せてくれたのですが

今では到底入る事の出来ない世界です。



DSC06442_R.jpg




真ん中に並ぶ 4列4行の計器は エンジン計器

左から1番エンジン 2番 3番 4番

上から EPR N1 EGT FF



何を言っているのか判らない人

ここは義務教育の世界ではないので 堕ちこぼれは 置いて行きます (^^)



DSC06443_R.jpg





この日はあいにくの雨

それが幸いして

友人Tと私だけの為に このSection41 ガイドツアーを行ってくれました!!!



DSC06454_R_20150916040614163.jpg



B747のコックピト

かつての私が想像していたよりも

はるかに狭く ウィンドシールドが間近で 圧迫感のあるコックピットシートでした。




DSC06456_R.jpg




この日 連れ立った友人Tは

中学時代からの友人

何の遠慮もいらない間柄





この後は 大人の反省会!

今年 ガンを切ったT

私だけが酒を飲みながら

タバコも吸い

それでも 同じ席で 会話を楽しめる友人に感謝しながら

昔の馬鹿を 二人して思い出す時間でした。






Tよ!    ガン再発させるなよ!!







 
スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。