FC2ブログ

W126 300SE 山形より No,4

 





ガラス 磨きます!!

ガラス表面に付いた異物を徹底して落すのです。




DSC09498_R_20151125022839688.jpg




完全に無撥水状態のガラスを作り出して

そこに、撥水コーティングを行えば

ワイパーを使わないガラスならば5年は、その撥水効果は持続するはずです!


DSC09499_R_20151125022842b38.jpg




ボディーを洗った後は

ケミカル粘土。



DSC09506_R_201511250228451f5.jpg





粘土の表面 ほとんど汚れない!!

珍しいですね~ (^^)



DSC09507_R.jpg




写真では 到底表現できないのですが

この塗装の上には、コーティングが乗っています。




それを剥がす為、適切なコンパウンドとバフを選びます。




DSC09509_R.jpg





更に細かいコンパウンドで磨いて・・・




DSC09511_R.jpg





右側 磨いた部分ですが

明らかに コンパウンド&バフの選定ミス!!!



研けていない。。。



DSC09512_R.jpg





バフだけを 切れ込めるモノに変えて 再チャレンジ!




DSC09514_R.jpg




カスが出始めます。



DSC09518_R_2015112502292448c.jpg




コーティングが剥がされて

コンパウンドと絡んだ状態です。




DSC09520_R_20151125022927e3a.jpg




少しはマシな映り込みが得られました。




DSC09521_R_20151125023004a38.jpg




現在、我々の様な業者が、様々なコーティングを行い。

市販のコーティング剤が、オーナー様の手によって施されています。




そして、そのコーティングの性質は様々。





それを剥がす作業に最近凄く手間取つことが多くなっています。





しかし、未だに完全なコーティングは無い!!

コレが事実です。






イオンデポジット・カルシウムスケールを付着させず

色と光沢の変化を生じず

剥離が容易で

塗装を完全保護できる 犠牲皮膜となる 薄いコーティング

そこに硬度(硬さ)など無用。




そんな、理想のコーティング剤はいまだ無いのです。










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。