FC2ブログ

W140 S500 No,5

 



3工程目



DSC00515_R_201512170348596f1.jpg





昨日の2工程目までは

ただひたすらコーティングを剥がす作業でした。



少しだけ、その作業のお話を (^^)

剥がす。

言葉では簡単なのですが

塗装の上にコーティングが乗っているのですから

荒く硬いコンパウンドを使えば良い様に思えるはずですが

実は それは厳禁なのです!





コーティングが 塗装よりも硬い時

コーティングの層を 突き抜けると

一気に塗装を深く削りこむ事になります。






頭の中で想像してみて下さい!

スポンジケーキの表面に チョコレートがコーティングしてある姿

フォークでチョコレートの層を割ると

一気にスポンジまで (^^//

ご想像いただけましたでしょうか?





よって、ほとんど仕上げで使うようなコンパウンドで

コーティングをコンパウンドに絡めるようにして剥がしてゆくのです。





その時間は コーティングの質 次第で変わります。

やって見なければ 判らない。。。




3工程目を終えた状態です。



DSC00519_R.jpg




4工程目




DSC00520_R.jpg




一気に光沢を引き上げてゆきます。




DSC00523_R_201512170349108ef.jpg





そして最終 5工程目

バフ目を消します。




DSC00528_R.jpg





みがき終えた状態です。

ここまで 持って来るのに みがき始めて9時間を要していました。



DSC00532_R.jpg




水洗い 脱脂を行います。




DSC00533_R.jpg





この後の 拭き取り 

実は私 精神的に苦手なんです!




撥水しないから 拭き取りが悪い!!!

まるでワックスを掛けて貰った事が無い営業車のようで・・・



DSC00534_R_20151217034944f62.jpg




脱脂しないと これから乗せるコーティングが上手く定着してくれない。。。










  MRJ、ANAの初号機納入延期へ 試験計画見直し

初飛行後 2回の飛行を行っているところまで知っていましたが

その後 飛んでいなかった。

安定性は強調されていましたので、舵の効きが悪いのでは?



クルマのアライメント調整でも、直進安定性を求め過ぎると

曲がるのが下手なクルマになります。




  試験飛行が出来ない = 大幅な改修が必要

と言う事でしょう。



ココが踏ん張り処!!

日本でも 経営的にも成功を収められる飛行機となって貰いたいと願います!!  (^^//




ホンダは

  ホンダジェット、FAAの型式証明取得 引渡開始へ








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



関連記事

 | HOME | 

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。