FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W205 AMG C43  No,3

 





リアエンブレムの裏側 ナンデこんなに・・・?




DSC00916_R_20170331045745df2.jpg





キレイにしてから 取り付けです!




DSC00917_R.jpg





こう言う構造のシート

汚れが自然と溜まります。

クイッククリーニングで (^^)



DSC00920_R.jpg
DSC00922_R_20170331045750552.jpg
DSC00924_R.jpg
DSC00932_R_2017033104582286e.jpg
DSC00933_R_201703310458245d0.jpg




時代は確実に変わってきていると思わせる運転席。




DSC00938_R_20170331045825c43.jpg




完成です!!




DSC00914_R_201703310457432dd.jpg




本日は 3月31日

明日からは4月!!



今年も あっと言う間に第一四半期が終わってしまった。。。



昨日、所用で福島はいわきまで往復してきました。

  添加剤 2種類 テスト開始 (W124 E320T)

すこぶる調子の良いエンジンを回していると

疲れない事に気付きました!!!




その差は 極僅かです。

オーナーだけが 判る違いなんです。 (^^)






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト
関連記事

W205 AMG C43  No,2

 




やはり 水性塗料です。

個人的には、油性の方が好きです!!


DSC00866_R_20170330051324e0a.jpg





スリーポンテッドスターは取り外して




DSC00869_R_201703300513262b2.jpg





1工程目



DSC00875_R_20170330051328974.jpg




2工程目



DSC00879_R_20170330051330de5.jpg




3工程目のバフ目消し

写真 取り忘れました!








リアフェンダーとバンパーの継ぎ目部分です。

お判り頂けますでしょうか?



DSC00892_R.jpg





離れて 見ても この通り!

このような細かな作業は 時間ばかりを要します。

しかも、古いクルマでは、想像できないほど時間を要します。

カチカチの水垢が相手ですから・・・



DSC00893_R_2017033005141174f.jpg




フロントフェンダーとドアの境

真っ黒なんです!



DSC00899_R_20170330051412de0.jpg





ヘラに 柔らかい布を捲いて

間に差し込んで



DSC00902_R_201703300514133e4.jpg






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

W205 AMG C43  No,1

 






リアゲートを開けると

何故 ココに汚れが???



DSC00828_R_20170329050316030.jpg




ドアを開けると

水抜き穴から ドア内部の防錆塗料?

しっかりと汚れています。。。


DSC00831_R.jpg




濃色系だと気にならないが

白だけに気になります (^^)



DSC00834_R_20170329050319aa5.jpg





石の跳ね上げ防止用の黒い構造物

何故か 白い汚れが・・・



そう言えば 最近 泥除けが付いた乗用車 見たことが無いな~

この跳ね上げ防止用のフィンの様な構造物 名称をご存知でしたら 教えて下さい!!!


DSC00840_R.jpg





水を掛けてみると

撥水し過ぎ。。。



これまた手を焼くな!



DSC00843_R_2017032905032342c.jpg






リアゲートのガラスの下

この砂 要注意です!!!



このままスポンジで擦ると

リアゲートを傷つける事になります。




DSC00850_R_201703290503430b2.jpg




サイドスカート部分の汚れも 白だから目立ちます。



DSC00851_R_20170329050344ed0.jpg
DSC00853_R.jpg



拭き上げて



DSC00854_R_201703290503487b8.jpg






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ABARTH 695 1年後の姿です No,4

 






普通に使っていると ホコリは徐々に 積もります。



DSC00802_R_20170328051413d1d.jpg





そこでクイッククリーニングで サッパリ!!



DSC00820_R_20170328051423d0c.jpg




ハンドルカラムも 



DSC00800_R_20170328051848756.jpg




これで見た目 変わりますでしょ~!



DSC00821_R_20170328051443419.jpg





シフトセレクトボタンも




DSC00803_R_201703280514171f7.jpg




こんな感じの仕上がりです (^^/




DSC00822_R_20170328052517fb0.jpg






DSC00826_R_20170328051450d31.jpg
DSC00817_R_20170328051420637.jpg




この様に 毎年ご入庫いただけることに感謝です!!









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ABARTH 695 1年後の姿です No,3

 






クルマとは ナント 水切れの悪い道具なのか・・・

洗車するたびに思います。。。





エアーで ブシュッッッ~~~

すれば するほど 水が・・・



DSC00794_R_201703270416423f0.jpg





スリット部分 開口部 そして エンブレムなど 水を蓄える所 多過ぎです (^^)




DSC00797_R_2017032704164690f.jpg



ドアの戸袋も拭いて 乾燥中です。




DSC00798_R_20170327041649c03.jpg





コーティングがキャンバストップに付着しない様に マスキング!





みがく部分は少なくなるキャンバストップですが

実は手間が掛かります (^^/



DSC00799_R_201703270416531b3.jpg





ポリッシングしていない部部では 虫潰れ跡が・・・



DSC00809_R.jpg




金属磨きで




これで如何でしょうか (^^)



DSC00810_R_20170327041717175.jpg





マフラーエンドも

これでは様にならない!




DSC00824_R_20170327041720a31.jpg




これならば?




DSC00825_R_2017032704172307d.jpg







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ABARTH 695 1年後の姿です No,2

 






マスキングを施しました!

キャンバストップ 養生にひと手間掛かります (^^)



DSC00771_R_2017032409401551f.jpg




1工程目 ギトギトです。



DSC00772_R_2017032409401769d.jpg
DSC00773_R_201703240940202e1.jpg





このキズも消し込みます。



DSC00774_R.jpg





クルマに乗り込む時

靴のヒールが 当ったのでしょうか?



DSC00776_R_2017032409402419a.jpg




2工程目




DSC00777_R_20170324094047502.jpg




粘ります。




DSC00782_R.jpg





粘って 手間取ります。




DSC00784_R_20170324094050ef7.jpg




3工程目 光沢を一気に引き上げます。




DSC00785_R_201703240940526af.jpg





バフ目を消して




DSC00791_R_20170324094054879.jpg





前回の作業では、マキシムコートを施工している。

これほどまで粘るはずが無いのですが・・・・




オーナー様にお聞きすると

ガソリンスタンドで洗車 との事で




想像ですが

その際に、液体ワックスを使っているのでは???




書こうと思いながら忘れた1台です。

   ダイムラー SUPER V8 実走行僅か0.2万キロ!! 1オーナー







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

ABARTH 695 1年後の姿です No,1

 





前回の入庫は 2016年2月。





こう言うところの砂 気になります!


DSC00759_R_2017032405312322d.jpg





トランクハッチを開けると

見事なまでに 水が入り込む部分まで 砂が浸入しています。




DSC00760_R_201703240531256ae.jpg





驚くほど クッキリでしょ~ (^^)



DSC00761_R_201703240531275a2.jpg





冷えてカチカチになっているケミカル粘土 お湯で温めます。



DSC00763_R.jpg




1年ぶりの粘土掛けですが

水洗いした時 少し 嫌な予感が・・・



DSC00764_R.jpg




この汚れが

水洗いの時 スポンジを介して ザラツキとして感じていたのです。



DSC00765_R_20170324053150260.jpg





水洗い、粘土掛けをして

拭き上げて 乾燥タイムです。




DSC00767_R_20170324053152f21.jpg




≪ 業務連絡です! ≫

本日25日と明日26日は、お休みを頂きますので

電話が取れないと思います。

勝手ながら よろしくお願いいたします!!







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

添加剤 2種類 テスト開始 (W124 E320T)

 



直列2機掛けの燃料ポンプ

気になって テストしたところ

1機は完全に動かない状態でした。



よくもこの状態で 走っていたものですね~

一時期よりパワーが無いのは判っていましたが

その原因追求もせず 忙しさにかまけて 放置していた。。。




でも・・・

世の中には こんな1機死んだ状態のポンプを積んだクルマ いっぱい在るのでしょうね~ (^^)



DSC01475_R_20170324043321d10.jpg




折角だから オイル交換します!!



DSC01476_R.jpg




ある程度まで抜けたら

新油 1リットルを 捨て油として 上から入れて 




DSC01477_R_201703240433253e8.jpg





W126 420SELで体感済みの GRP 入れます!



DSC01479_R_201703240433283dc.jpg





アイドリング中 そして 低速では 全く申し分の無い音なんですが

このM104が 高速走行中 喧しいので

もう少し 静かになって下さいと 念じながら (^^)




DSC01480_R_20170324043329199.jpg





入れてみると 低速では それこそ申し分の無い回転でした!!

まだ中速域までしか試していませんが

オーナーだけが判る エンジンフィールの違い 確実に体感できます。  (^^//



先に 黒SさんのW108でも 試しているのですが

黒Sさんは、本当は実感しているのに その効果を否定したがっています。

素直になれない男なんです (^^)







もうひとつの 添加剤は 燃料ラインの洗浄剤です。

これまでGA-01に 頼っていましたが

コレはどうか?


NEW-TEプレミアム・ヴァージョン


DSC01419_R_201703240435117c0.jpg
DSC01420_R_20170324043514815.jpg





ツインボトルに移し変えて使います。

必要量を計算して



DSC01421_R_201703240435153fc.jpg




燃料に投入!!

コレだけです (^^//



DSC01423_R_201703240435172eb.jpg



このTEは、先に試していたのですが

効果が出始めるまでに 10Km弱走ると

その洗浄性能が判ります。




アイドリングの安定性と 加速時のスムースさ!




先日、ジャガーをお預かりした際

オーナー様が 「このTE アイドリングストップが付いているのかと思いました」

と言ってくれましたが

おそらく・・・

私の知る限りですが

現在の私のE320Tよりも

安定して、粛々とアイドリングするM104エンジンは経験したことがありません。




高速を走るのが楽しみです!!

でも・・・

何時 走れるのか???








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

燃料ポンプ交換 (W124 E320T)

 





先の日曜日

黒Sさんがピットを使いたいというので

溢れた私のTEをコインパーキングへ移動して

入れ替えようとした際

ナント! エンジンが掛からない。。。




しばらく クランキングを試みたのですが

掛からない。




ヒューエルポンプを引っ叩くと

掛かりました (^^)



と言う事で、燃料ポンプ交換です!!



DSC01454_R.jpg




プライマリーポンプ。



DSC01455_R.jpg




セカンダリーポンプと燃料フィルター



DSC01458_R_201703230352038b3.jpg




周囲の燃料ホースも交換ですね!!



DSC01459_R_20170323035205e18.jpg




まずは、こちらのセカンダリーのユニット 取り外します。



DSC01460_R_20170323035227198.jpg





抜き出したユニットです。



DSC01462_R_201703230352299ed.jpg




ホース交換します。



DSC01463_R_2017032303523122a.jpg





1995年式 22年を経過した燃料ホースは割れ始めています。


DSC01464_R_20170323035233ed8.jpg





プライマリーポンプとセカンダリーポンプを繋ぐホースも交換。



DSC01465_R_20170323035234c66.jpg





今回は、時間が無かったので 燃料はほぼ満タン状態のまま

クランプして 作業を行いました。



この燃料タンクから出るホースも交換したのですが

パッパッと抜いて 刺すのです!!!



パッパッと作業すれば、漏れは1リットル以内で (^^)


DSC01466_R.jpg





完成時の姿です!



DSC01467_R_20170323035303463.jpg
DSC01469_R_20170323035305f7e.jpg



メインの燃料ホースの奥に リターンホースがありますが

コレが入らなくて・・・

右肩 燃料まみれになりました。。。




エンジンを掛けて しばらく放置。

漏れを確認して 問題なし (^^)





DSC01471_R_201703230353074f0.jpg




カバーを洗って 取り付けて 完成!!!




DSC01474_R_20170323035329d78.jpg



ガソリン臭いまま手を洗っていると

お隣の奥さんが 店の前を通り

「顔まで汚れていますよ!」




DSC01473_R_20170323035309c34.jpg



ポンプ交換後 試走してみると

かつてのパワー取り戻しました。




どちらか1機のポンプ 逝っていたのかも知れません。




ヒューエルポンプを換える際は

周囲のホースも交換お忘れなく!

2度手間は高くつきますので (^^//




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

渋滞したら 払い戻しを

 





今年初めての出張です!!



DSC01435_R_2017032204582392c.jpg




浜松で 乗り換えです。

ここで問題発生!!



改札を通ろうと Suicaをかざして 当然の様に進もうとすると

駅員さん 「スミマセン!! Suica使えないので 切符買って下さい!」



反応したと思い込んでいた私。



券売機の前で しばし路線図を眺め 切符を買って

駅員さんに見せると

切符を ナント!!  改札鋏(切符を切るはさみ)で パチンと (^^)






DSC01437_R_20170322045826ebc.jpg




ホームに上がると なんとも味のある電車が (^^)




DSC01438_R_20170322045828fb6.jpg






駅で降りますと

車掌さんが 切符を回収します (^^)


DSC01441_R_2017032204583005b.jpg




お昼 オーナー様とご一緒させていただいたラーメン店

普通なら 通り過ぎてしまいそうな店ですが

美味いです!!!



DSC01444_R_20170322045832164.jpg




お車をお預かりして

帰路です。

浜松ICを ほぼ15時に通過です。



DSC01445_R_20170322045905ae4.jpg




富士川SAに 観覧車出来ていました!



DSC01447_R_20170322045906988.jpg






御殿場を過ぎる頃から 渋滞!!!

何処まで続くのか・・・




DSC01449_R_20170322045908eb1.jpg





掲示板に 悪夢の様な数字。

ここから3時間以上・・・




首都高に入ったときは ガラガラ状態。




DSC01450_R_20170322045910a8e.jpg





駐車場に クルマを入れて時計を見ると 21:00を少し回ってました。。。




DSC01452_R_20170322045912c48.jpg





久しぶりの出張でした (^^)





しかし、通常3時間

それが6時間も掛かって 平気で高速料金を取るって・・・





少しは 割引があってもイイんでないの~










この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

完成!!  (92年式 W124 300TE No,19)

 






このナンバープレートステー 許せますか?




DSC00714_R.jpg





手で戻して (^^)



DSC00715_R_20170321053825b7d.jpg





私の理想です。




DSC00717_R_20170321053827b5c.jpg
DSC00718_R_20170321053829d18.jpg
DSC00720_R_201703210538304be.jpg





この距離 驚きでしょ!!



DSC00723_R_20170321053849966.jpg




落ち着きを取り戻した 300TEです。




DSC00726_R_2017032105385106f.jpg
DSC00736_R_20170321053855200.jpg
DSC00731_R_20170321053853c25.jpg





コーティングだけならば お手軽な仕事です。

みがき

素肌美人を作る それには時間を要します。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

フチの仕上げ  (92年式 W124 300TE No,18)

 






この汚れ 判りますでしょうか?



DSC00657_R.jpg




こう在って貰いたいと思うのです。




DSC00658_R_201703200442375ea.jpg





これも周囲に 水垢 ついているのがお判りいただけるかと




DSC00664_R_20170320044239ef6.jpg




ドアノブ



DSC00665_R.jpg




鍵穴のフラップ この様であって欲しい。



DSC00666_R_201703200442428c8.jpg




バンパーとメッキプレートの境目です。




DSC00667_R_20170320044307b9c.jpg




まだ途中ですが・・・



DSC00668_R_20170320044308e21.jpg





ドアを開けて ウェザーストップの汚れが付着していると ガッカリですよね~!




DSC00693_R.jpg




こう在って 貰いたい。



DSC00694_R_20170320044312bf9.jpg




フチに付いている水垢は

車によって様々 使われ方や コレまでのメンテのあり方によって様々です。

個別にお見積もりが必要となります。









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

内装クリーニング  (92年式 W124 300TE No,17)

 




トノカバーです。




DSC00628_R.jpg




所々に 白い斑点が・・・

何の汚れか 全く不明。



DSC00629_R_20170319033808938.jpg





一番上のセカンドシートを立てた状態で まずは水拭き。

そして、トノカバーが最も長くなる セカンドシートを倒した状態でも




DSC00631_R_20170319033810d14.jpg




7:3分割のシートを倒して

トノカバーをスライドさせれば 取り外しできます。




しかし、このワゴンは 良く考えられて作られています!!




座面を取り外して 背もたれを倒すと 完全フルフラットなんですよ~




本当に 使い勝手の良いワゴンも このW124まで。。。



DSC00632_R_20170319033812c18.jpg




リンサーを引っ張り出して 水洗いです!




DSC00636_R_20170319033814b40.jpg




サードシートから 洗い始めます。



DSC00637_R.jpg




サードシ-トから 回収した汚れは この程度。



DSC00639_R_20170319033843eb8.jpg




運転席&助手席は?



DSC00650_R_2017031903384565b.jpg





最も汚れているはずの フロントシートでも 汚れはこの程度です。






DSC00652_R_201703190338472c9.jpg





パワーシート、そして、パワーウィンドを動かしているので

一晩 充電です!




DSC00655_R_20170319033849003.jpg




  サウジアラビアのサルマン国王が1971年以来46年ぶりに来日した


まさかB747SPが来ていたとは・・・

また大事な機会を逃している。









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif





関連記事

内装クリーニング  (92年式 W124 300TE No,16)

 



ハンドル 洗剤をスプレーして ブラッシング


DSC00599_R_2017031804552769d.jpg




回収した汚れです。




DSC00600_R_2017031804553077b.jpg





ルーバーもキレイに (^^)



DSC00602_R.jpg





サイドブレーキのリリースレバーも




DSC00603_R.jpg




上に積もった汚れも気になりますが

本当は、他人が触れた部分 肝心です。



DSC00604_R.jpg




センターのルーバーも



DSC00605_R_2017031804555557e.jpg
DSC00606_R.jpg
DSC00609_R.jpg





シ-トベルトも気になるところです。



DSC00619_R.jpg





キャッチも 忘れずに!




DSC00623_R.jpg





  MRJ試験機 ハワイ離陸直後に引き返し

何事も無く着陸できて良かったですね~!

油圧漏れが、単純な作業ミスであってくれれば (^^)









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

オヤジの休日倶楽部 170312 其の弐

 






エンジンコディショナーを入れて しばらく放置。







そして、エンジンを掛けますと

桑ちゃん エンジン なかなか掛からないので 少々焦り気味 (^^)




黒Sさん 慣れていますので

「長いクラキングして!」




そして、火が入ると

マフラーからは 白煙が



DSC01203_R_20170317050559969.jpg




凄い臭気と共に 白煙 延々と出ます。




DSC01205_R.jpg





流石のオッサンも避難してました。





DSC01211_R_201703170502043d8.jpg





お次 RMC-3E で吸排気系 洗浄します。




DSC01212_R_2017031705020606c.jpg






コレも白煙を噴いていたのですが

私が作業中の為 写真は無しです。





撤収作業中の お二人。




でも

白煙を噴きながら ピットへ向かう最中

ノッキングが・・・





行きの途中 ノッキングしたので

作業途中、点火タイミング遅らせたのに???




DSC01216_R_20170317050209293.jpg




デスビを開けて確認中です。




DSC01217_R_201703170502290ad.jpg






こいつが原因でした!

キャップ側の接点 いくつかがえぐれて居ます!!



DSC01218_R_20170317050231f5a.jpg





コレではまともに火が入らない。

デスビを交換してから、最終調整を行う事にしました。





本来ならば、黒SさんのW108 M130の2.8ℓよりも

桑ちゃんのW114 M110の方がパワーが出るはずですので

今後が楽しみです (^^)




デスビを元に戻して

ピットを真っ暗にして UVライトを持って

エアコンの漏れ箇所を探したのですが

どこも漏れていない。



ここで黒Sさんの中の悪魔が・・・




自身が散々苦労している (現在進行形) エアコン。

エバポレーターからの 漏れの可能性が高い事に 大悦び!!




引きつった笑いの桑ちゃん

心の底から お友達が出来た事に ニヤける黒Sさん。

ニヤけが いつの間にか 大笑いに!!




本当にエバポからの漏れならば 大変な事に。。。








お二人さん

ツナギ 洗ったのですが

桑ちゃんのツナギから 凄い汚れが




そこで2度洗い。


DSC01220_R_201703170502343a5.jpg




こんど汚れではなく

色落ち。。。




DSC01227_R.jpg





洗濯槽の 底まで 色が・・・




DSC01228_R.jpg




私のツナギ 一緒に洗わなくて 良かった (^^/








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

オヤジの休日倶楽部 170312 

 




朝から エンジンルームを洗って

キャブレターの調整ネジが見えるようになりました!!



DSC01190_R.jpg




フェンダー内部も出来る限り 洗いました (^^)




DSC01193_R_20170316042248d05.jpg




点火タイミングの調整を始めます!



DSC01191_R_20170316042246fb1.jpg




某所へ移動して

エアークリーナーを取り外して




DSC01194_R.jpg





エンジンコンディショナーで 予洗。




DSC01196_R_2017031604225259f.jpg




GA-01も 入れて



DSC01198_R.jpg




黒Sさん 意外に器用で キャラメルマキアート 完成です!!

単に汚れが浮き上がっただけですけど (^^)



DSC01200_R.jpg




3人で作業を行うと

作業速度が上がり過ぎて 写真が飛び飛び!

しかも、黒Sさんが 自分の車と違って 遊び心が無い!!

どうにも ブログ 書きづらい。。。




この千社札 なぜか気になる私です (^^)

    CAが配る千社札









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

オヤジの休日倶楽部 170311 其の弐

 



フロントキャリバー 清掃中の桑ちゃん

真剣です!!



それにしても 錆びてましたね~



DSC01179_R_2017031504132798a.jpg




その間 オッサンは

「重整備したいよ~~~」

「ショックアブソーバー抜くだけでは 気が済まないの?」

「コイルバネ抜いて ロアアーム外さないと・・・」

普通の整備では気が済まないらしい。。。



DSC01180_R_201703150413309ae.jpg




途中 白Sさんも遊びに来て

黒白コンビで リアショックアブソーバーを交換。




どうっから どう見ても 暇な アブノーマル親父の集団となり

一般人が近づけない雰囲気。





DSC01181_R_20170315041332b3f.jpg




桑ちゃんが 洗い終わったキャリパー

用意したシ-ルキットで オーバーホールです。



DSC01182_R_20170315041334646.jpg




ハブグリスが足りなかった為

古いグリスを出来るだけ取り出して

インナー&アウターのベアリングも水洗いして

ベアリングのグリスアップも行い

組み付けたフロントローター




オッサン こんな作業が嬉しくて仕方ない!!!

思わず飛び出す 軍手ピースです (^^)



DSC01184_R.jpg





この日は 3.11

何だか心配になると言い出した黒Sさんの意見に従い

タイヤを付けて作業終了!!!



DSC01185_R_2017031504140331b.jpg




クルマの中から見つけた グローブボックスの蓋です。

桑ちゃん 頑張ってココまでもって来てました。




きっと 家の中で 彫刻刀で チマチマと削って

削りカスを飛ばして 奥さんに叱られてるのだろうな~~~  (^^//



もう少し 平らになったら つき板を貼って 上塗りですね!


DSC01186_R.jpg



作業後は、オヤジの反省会です。

麦の発酵ジュースで乾杯!!!



そして、途中からはお米の蒸留ジュースで更に盛り上がり

ボトルはあっと言う間に空。

麦の蒸留ジュースに変えて

気が付けば 結構な時間に。。。




反省会の会話は、到底ココでは書けない内容となりますので

翌日 二人は起きれるのかな?







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif



関連記事

オヤジの休日倶楽部 170311

 







縦目が2台という異常事態。

オヤジが 3人揃った事になる。。。




DSC01162_R_20170314035410dc5.jpg





ジャッキで上げて ウマ掛けて

ホールを抜くと

リアのローター 要研磨ですね!



DSC01164_R_20170314035413ecb.jpg




作業は お二人に任せて

私 このローターを持って



DSC01165_R_20170314035416320.jpg





いつもお世話になる 富士ブレーキライニングさんへ




DSC01168_R.jpg




フロントローター ハブのグリスの入れ方 気に入らないな~



DSC01169_R.jpg




ハブのグリスアップ 行う事になりました!!



DSC01170_R.jpg






マスターシリンダーの上に付いている サブタンクを取り外すのに 四苦八苦している オーナーの桑ちゃんです。

それにしても 汚いエンジンルーム。。。

最後に洗いましょうね!




DSC01171_R_20170314035452f1d.jpg





黒Sモータースさんの指導を受けながら

取り外された マスターシリンダー



DSC01175_R_20170314035455e31.jpg




マスターシリンダー&サブタンク 交換終了!!!




DSC01177_R_20170314035458207.jpg




仲間と過ごす オヤジの休日倶楽部 始まりです!







昨日、遂にMRJ 3号機がアメリカに向かって飛び立ってしまいました!

遂に見に行けなかった。。。

ANA塗装の5号機だけは見に行きたいものです。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




関連記事

掃除機掛け  (92年式 W124 300TE No,15)

 





リアゲートのガラスですが、まだフィルムの糊が残っています。

そして、熱線のラインの周囲 汚れの滲みが。。。




DSC00581_R.jpg





ブラシと洗剤で 時間を掛けても落として行きます。




DSC00582_R_201703130424513b3.jpg





掃除機掛けです!


シ-トを前にやると 栗 出てきました。




DSC00583_R_2017031304245486a.jpg





キッキングプレートを外して




DSC00584_R_201703130424574f6.jpg





シフトレバーの置くのブーツに溜まったホコリをブシュ~

実際には、掃除機の吸い込み口を当てるのですが




DSC00585_R_201703130425003c3.jpg





吸い込み切れなかったホコリが この様に舞うのです。



DSC00586_R_20170313042526fe6.jpg




汚くは無い。

しかし、美しくない光沢。




DSC00589_R.jpg





取り外して

みがいて



DSC00592_R_20170313042532f57.jpg




ネジの頭もみがいて




DSC00593_R.jpg





これで納得!!




DSC00596_R_20170313042538666.jpg






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

持ち込み可 です! (92年式 W124 300TE No,14)

 





今回は オーナー様から お持込 そして 残りは是非使ってみてくださいと

この ココナツ洗剤で洗います!




DSC00572_R_20170312054620fd7.jpg




希釈した洗剤を作り

ボトルに入れて フロアマット&カーペットをブラッシングです。



DSC00573_R_20170312054623a5c.jpg





洗濯槽の中で 砂落とし




DSC00575_R_201703120546307b6.jpg





水の中で ブラッシングすると




DSC00576_R_20170312054633c13.jpg





水平にしたまま ブラッシングした時 落ちない 毛足の間に入り込んだ砂が 出てきます。



DSC00577_R.jpg





この洗剤 柔軟剤は不要だそうなので

そのまま乾燥に移ります。



DSC00578_R_20170312054659a0f.jpg



   ココナツ洗剤








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

フィルム剥がし (92年式 W124 300TE No,13)

 





まずは、端っこのフィルムをお越します。

いつものセブンイレブンさんの竹のお箸 便利なんです!




DSC00443_R_2017031102530467c.jpg




寒い時期 少し暖めながら 糊を緩めながら 剥がして行きます。



DSC00444_R.jpg




1枚貼りではなく、2枚で張られていたリアでした。




DSC00445_R_201703110253100e7.jpg



サイドも 当然剥がします。



DSC00446_R_20170311025313e1f.jpg





フィルムに傷が付いていると・・・

そこから 簡単に裂けてしまうのです。



DSC00447_R_20170311025332799.jpg




10年前ならば このフィルムを貼った姿も 自然に見えたかもしれませんが



DSC00441_R_201703110253018a0.jpg





今となっては、この姿の方が 断然 良いと思いませんか?



DSC00455_R_20170311025336625.jpg




昨日 書き忘れた事なのですが、

   W126のメーターハウジング

アソコに フィルムが貼られていたとは・・・

でも どうやって あんな奥のフィルムを剥がすのか?

こんど機会があれば試してみなくちゃ!!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

塗装面のみがき  (92年式 W124 300TE No,12)

 





2工程目です。




DSC00429_R_20170310043946fdf.jpg




油分の多いコンパウンドで(コンパウンドが焼き付きづらい)長時間の研磨で

出来る限り平面を作り出します。



 
DSC00430_R_20170310043950cbc.jpg




3工程目

この段階では、一気に光沢を引き上げます。



DSC00435_R.jpg




そして、あと ひと光沢 欲しいので

更に細かいコンパウンドで 4工程目。





DSC00439_R_20170310043956a04.jpg





そこで得られる光沢がコレです。



DSC00440_R_2017031004400039a.jpg




最後に バフ目を消して 研磨作業は終了です。



DSC00451_R_201703100440167c2.jpg




段階を踏む事で 得られる 艶と光沢 そして 写り込み

判って頂けるひとだけ 判ることかも知れません。




間違っても コーティングで光沢が上がる なんて信用しないで下さい!!

そこに存在するのは、誤魔化しですから。。。







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

みがき 1工程目 (92年式 W124 300TE No,11)

 





マスキングを終えて みがきます!




DSC00416_R_20170309042307ca1.jpg





これボンネットに垂れた ブレーキフリュードです。

おそらくですが、過去に陸送された時 上のボロ車からブレーキフリュードが垂れてきたものと想像します。




塗装を侵されて、そこに下手な みがきを入れられて・・・




DSC00417_R_20170309042311f31.jpg






プレスラインの上側 みがきました。

色の違い 見えますでしょうか? (^^)



DSC00418_R_20170309042314bec.jpg




発色の妨げとなっているのは、この粘るコーティング!



DSC00420_R_201703090423179fd.jpg




バフに絡み付いて 反動が大きいので 腕の筋肉は付きます。




DSC00421_R_2017030904232126f.jpg





ルーフも粘る。。。



DSC00424_R.jpg




ようやく 1工程目 終了です。




DSC00426_R_20170309042354ed0.jpg





首都圏の方は、お気軽に来て頂けますが

地方の方の場合、陸送屋さんを使っての持込はお断りする理由 お判りいただけたかと思います。








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

みがきの下拵え (92年式 W124 300TE No,10)

 




エンブレムを剥がす時 周囲を出来るだけ傷つけたくないので

テグス 使います!




DSC00401_R_20170308035110194.jpg





カチカチに硬化した両面テープが 見事に残りました。。。




DSC00402_R_201703080351130e8.jpg





シリコンオフを使い チマチマと剥がして行きます。




DSC00405_R_20170308035119db4.jpg





サイドマーカー 外しましたが 爪は折れて 再使用不可能。



DSC00406_R_2017030803512228c.jpg





ウォッシャーノズルを取り外して




DSC00407_R_201703080351430e8.jpg




取り外したノズル 後ほど 洗います (^^)



DSC00408_R_2017030803514615c.jpg




ボンネットには ノヅル跡がクッキリと・・・



DSC00409_R_20170308035149c85.jpg




R134a ガスは抜きますので シールを剥がします。




DSC00410_R_201703080351528b9.jpg





下から出てきたのは R12のシールでした!



DSC00411_R_201703080351566de.jpg









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

チェック&水洗い (92年式 W124 300TE No,9)

 





ウェザーストリップの跡 気になりませんか?

私 ダメなんです。




DSC00382_R_20170307054500396.jpg






窓ガラスに付いたウロコ(カルシウムスケール) コレも 許せない。



DSC00383_R_20170307054503438.jpg






何の黒ズミなんだろうか?




DSC00385_R_20170307054506e8d.jpg





ガラスをみがいて




DSC00388_R_2017030705450902e.jpg






ケミカル粘土 掛けます!




DSC00394_R_20170307054512093.jpg






予想以上に酷い。。。




DSC00395_R_20170307054537f54.jpg






キレイに 拭き上げて




DSC00396_R.jpg






普通の人ならば これで十分満足できるレベルでしょうが

ココから みがきの下準備にはいります。


DSC00397_R_20170307054544fdd.jpg





まずはリアのスリーポインテッドのエンブレムを剥がして




DSC00400_R_20170307054547406.jpg




昨日 見てしまったのです!

IL-76が 羽田から飛び立ったのです。

実機 見たかったな~~~!!!



Screenshot_2017-03-06-11-35-27[1]








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

リクエストに答えて  (92年式 W124 300TE No,8)

 





ウマに掛けて タイヤを外して




DSC05248_R.jpg





コレが作業前



DSC05245_R_20170306054656dee.jpg





洗えば シルバーが蘇ります。




DSC05252_R.jpg




リアだって




DSC05247_R.jpg





コレならば如何でしょうか?





DSC05250_R.jpg




作業を行う私は かなり 濡れますが

クルマはキレイになります!







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

ヨーク コンプレッサー 組み換え!

 





彼女とのデートが終わって 午後やって来た黒Sさん。

やけにスッキリとした顔で

作業開始!!!




DSC01023_R_20170305042546027.jpg




私が洗車しているのに

奥で お構い無しに。。。



なんでヨークのコンプレッサーが3機も在るんだよ~!



DSC01024_R_201703050425498d5.jpg





裏蓋締めています。




DSC01041_R_20170305042553ab1.jpg




汚いピストン。



DSC01042_R_2017030504255627c.jpg






裏蓋 本締めにかかって いよいよ大詰めか?






DSC01043_R_20170305042559519.jpg




シャフトシ-ル 組付けに・・・




DSC01047_R_20170305042619d4e.jpg




今まで 一度たりとも成功した事が無い シャフトとシ-ルの組み付け。




やはり コレクターと言うだけ在って

シャフトシールも 数セット持っており 見比べてみると

バネの入ったパーツ 厚みが異なるものが在ったのです。

一番厚いモノを選んで・・・



DSC01048_R.jpg




最後にプレートを組み付けて



DSC01049_R_2017030504262603f.jpg




完成!!!




DSC01050_R_201703050426290bb.jpg






後は車両に載せてみて・・・




載せる!?

今積んでいるコンプレッサーを取り外すのです。

と言う事は・・・

ガスを抜いて このコンプレッサーを積んで 真空引きして ガスを入れるのです。





どんだけガスの無駄使いをするのか・・・





黒Sさんの エアコンガスの使用量 正確な数は判りませんが

ゆうに3ケース 90本は使っている。





ガラクタをクルマに積んで

在庫のエアコンガス 10本も持って行きやがった!!!





今日 午前中 きっとメールがあるはず。

「ダメだ~~~!」





先にお伝えした 

    バルブ 交換だそうです。

やはり イマイチで フィリップスのX-trame Vision に交換したそうです。





DSC01061_R_2017030504263208f.jpg




このバルブ 邪魔なので 欲しい方

ご来店いただければ差し上げます!

先着1名様です。




本日は、家族崩壊防止の為 家族サービスでお休みとなりますので

月曜日以降 ご来店下さいませ!








この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

リアゲート ダンパー交換  (92年式 W124 300TE No,7)

 




リアゲートのダンパー この奥にこっそりと隠れています!




DSC00266_R_20170304042052a7c.jpg




ピンの抜け止め防止のロックを外します。



DSC00268_R_20170304042055f48.jpg




ピンを抜きます。





簡単に書きましたが、コレが抜けない!




潤滑剤を塗って ボディーに傷が付かない様に

押し出しながら そして、引き抜いて行きます。



DSC00270_R_20170304042058801.jpg




天張りを落とすと 前方のピンが見えます。

タガネで 押さえを起こして



DSC00274_R_201703040421010d0.jpg




引き抜いて行きます。




DSC00275_R_20170304042104c20.jpg




かなり抜けてきました (^^//




DSC00278_R_20170304042127270.jpg




ピン 抜けました!!!




DSC00279_R_20170304042130915.jpg





こんな時 黒Sさんが居てくれれば良いのですが

必要な時に 居ない。  不便です。。。



ダンパーの力が抜けると

リアゲート 落ちてきます。 (片側のダンパーだけでは保持できない)



前方のピンを抜く前に このように支えを (^^)


DSC00280_R.jpg




ダンパーを前方に引き抜きます。



DSC00281_R_20170304042136df0.jpg




電線の束をとめているクリップが邪魔してくれていますので

これも取り外して・・・



DSC00282_R_20170304042140934.jpg




ダンパーとご対面です。



DSC00284_R_20170304042206f77.jpg




新旧のダンパーです。

このダンパー かなり強いダンパーで

私の体重を掛けても 全く縮まる事のない強力なものです。




最もそれぐらい強くないと リアゲートを支える事 出来ません。



DSC00285_R_201703040422094ac.jpg





右側のダンパーは まずは配線の処理から (^^)



DSC00294_R_20170304042213635.jpg





両側 交換 終了!!



DSC00299_R_201703040422163fa.jpg




天張りを元に戻して

内張りを組み付けて 作業終了です。




DSC00300_R_20170304042219e22.jpg




昨日

黒Sさん 彼女のクルマの継続車検を受ける為

袖ヶ浦へ



もう とっくに終わっていると

昼頃 電話をしてみると

悲壮な声で 「断熱フィルの透過性能で落とされて 今 剥がしているけど 剥がれないの~~~」




直ぐに 手伝いに行こう!!




でも、昼一番で濃差が終わらなければ・・・・




納車を終えて 電話を掛けると

「何とかなりそう!」

「じゃ~ ガンバッテ!」




暖かい日でよかったね!





透明断熱フィルム 劣化してくると 可視光線透過率が低下することがあります。

検査場では、透過率計を用意して コレはと思うクルマは測定しますので

ご用心の程を (^^//






この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
関連記事

サッコパネルのモール交換  (92年式 W124 300TE No,6)

 




このクリップ 摘んでやると 簡単に抜けます。



DSC00085_R.jpg




このクリップに アクセスしたいが為 内張り剥がしております。



DSC00086_R.jpg




サッコ 取れました!!!



こんな面倒な内張りを剥がしてまでも 作業しなくても

強引にサッコパネル下側を起こしてやると 先ほどのクリップは 外れますが

サッコパネルが歪む確立が高く ドアパネルも

それを許したくない!!




現実にサッコが波打っているクルマ どれだけ多いか!!!




5個の クリップの頭を押さえるだけ キレイに いとも簡単に取れるのです。

強引は 好きではない。。。

時には、強引もイイのですが・・・ (^^/




DSC00087_R.jpg





コレがモールを押さえているクリップ

取り外しの際 1個 破断。。。

古いから仕方ないのです。



成功率1/7ですが

この辺りの劣化は 致し方無い事をご理解頂けない方のクルマ 私は触れません。



DSC00088_R.jpg




サッコが無くなった 運転席ドアパネル

ご覧の通り 隙間から・・・

掃除しなくちゃ (^^)



DSC00090_R_20170303043755b0d.jpg





コレがサッコパネル 下側のクリップです。

先ほど頭を押さえたヤツです。




DSC00093_R_20170303043816101.jpg





こちらが 上側のクリップ。

このクリップは、サッコ無しのドアの写真をご覧いただくと判るのですが

車両後方にスライドして抜きます。

最後方のみは、叩き込みと ネジ止めです。



DSC00094_R_20170303043819fee.jpg



まず見ることなのない サッコの裏側です (^^)



DSC00095_R.jpg






新品のモールを用意して




DSC00359_R_201703030438254e0.jpg




サッコのモールのキズ 意外と目立つのですよね~~~!

交換したくなる気持ち 良く判ります。



DSC00360_R_2017030304382805b.jpg





破断したクリップも加えて





DSC00361_R_201703030438510de.jpg




モールの位置合わせを行い

クリップを入れて



DSC00362_R_201703030438542c7.jpg




90度捻ると 取り付け完了!!!



DSC00363_R_20170303043857811.jpg




お掃除済みの運転席ドア



DSC00364_R_20170303043900cdb.jpg




逆の手順で 組み付け完了!!!



DSC00365_R_201703030439033b8.jpg




既に3月に入りましたね~!

桜の便りも ニュースでは伝えらています。

今年は何処へ行こうか?

昨年の花見は 松山城 でした!



皆様 家族で 何処の花を見に行きますか?









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

関連記事

フロントドア 内張り剥がし 2  (92年式 W124 300TE No,5)

 





インナードアノブの周囲のパネル外します。



DSC00072_R_20170302024426090.jpg





爪を見て頂ければお判りの通り 手前に引き抜くだけです。



DSC00073_R_201703020244291fb.jpg




10mmのボルトを抜いて




DSC00074_R_20170302024433db6.jpg




リンケージロッドをフリーにして

ドアノブを 車両前方に押すと抜けまます。



DSC00079_R.jpg




この3つの爪で ガッチリと噛んでいる事も在りますので

時として 固い。。。



DSC00080_R_20170302024439af1.jpg




後は内張りを 上に引き上げるだけ!

間違っても 内張り剥がしなどは使用し無い事 (^^)



そんなことしたら、爪が折れてしまいます。



DSC00083_R.jpg





さて、ココまで来て 私は何をしたいのか?

この内側にアクセスしたかったのです (^^)




DSC00082_R_20170302024457f8a.jpg



  W124の座面パッド

昨日 届きました!!

コレも交換しなきゃ (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif


関連記事

 | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。