FC2ブログ

グレーはグレーでもアンスラサイトグレー No,4

 




作業直前のボンネットです。

荒れ放題に荒れています。




私は そう思っていたのですが・・・


P1210175-1065.jpg




荒れていたのでは無く

前オーナー様が依頼したコーティングが良くない!!



凄く粘る。

しかも、どこが底か判らない。

塗装の持つ硬さに到達しないのです。




私がこれまで経験したことの無い

最悪のコーティングと出会った瞬間です。



P1210177-1065.jpg



最悪 最低のコーティングは コーティング剤に含まれる有機溶剤で

塗装を溶かしながら一体化して固形化してゆく。



よって、本来の塗装は有機溶剤で緩くなり

本来の硬さを失っている。



だから、コーティングを剥がしても その塗装の硬さに到達しない。




コンパウンドを数種類試したが

適切なものが見つからず

何とかボンネットの半分を研いたが

写り込みを確認しながら、私が底を決めてゆくしかない作業となった。


P1210179-1065.jpg



スライディングルーフの後端です。

研いた部分とそうでない部分の差はハッキリと見て取れるかと


P1210189-1065.jpg



有機溶剤を多く含んだコーティングは絶対に使用してはならない。

硬化する際に、コーティング表面から有機溶剤が抜けて硬化し始めるが

内部には、有機溶剤がたっぷりと封じ込められる。

すると いつまでも有機溶剤が残り 最後には 塗装と一体化しながら

そこに留まる事となる。



高額だからといってそれが本当に良いコーティングとは限らないことも添えておきます。



下の写真の様にW124では在り得ないほどのゆず肌(塗装の凹凸)を示すようになったのは

コーティングの為です。



P1210213-1065.jpg




この無用なコーティングを剥がすと


P1210216-1065.jpg



前オーナー様の時代に付いていたキズをタッチアップで


P1210159-1065.jpg



通常では在り得ないほど 余分にクリアを乗せます。


P1210160-1065.jpg



前日に乗せたタッチアップを水研きします。


P1210200-1065.jpg



指先の感覚だけが頼りです。


P1210201-1065.jpg



乾燥させても 見えないから (^^//


P1210203-1065.jpg




私がこれまで出会った最悪のコーティングを剥がすのに丸1日。。。


P1210223-1065.jpg



もしも 現在コーティングを検討中の方が居られたならば

コーティングと言う化粧に依存するのではなく

素肌美人を作り、剥がせるコーティングをお選び下さい。














この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1124-33586338

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。