FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W123 230 No,44

 



1台の中古車を買い込んで

本来の姿に出来る限り戻す。



そんな過程を今回ご紹介させて頂きました。



本当ならばオーナー様がご自身で手を掛けるのがベストだと思います。

自分の車の構造を知り

「良くなった~!!」

更にイジルと

「調子が出ない。。。」

一喜一憂しながら愛車を愉しむ。

コレが本来在るべき姿だと私は考えますが

機械が苦手な方、ドライブを愉しみたい方

お仕事の都合で時間が取れない方も多く居られる事も存じております。




多くのお客様と接して

その方々の会社でのポジションなどを聞かせていただくと

私と同年代の方々が多く、お仕事で忙しいことも良く解ります (^^//



そのお陰で、当店の様な小さなみがき屋が存在出来ております (^^)




1台のクルマに愛着が持て

長く乗りたいと願うオーナー様も増えて来ました。



しかしながら、そんな古いクルマを扱うプロの看板を掲げる店でも

本当の仕事が出来る店は少ない!!

コレもまた現実です。

看板を掲げるのも自由なので・・・



最も駄目な部分をお話させて頂くと

このW123を販売したディーラーですら

「古いから こんなもんです!」

全く持って出鱈目お話ではないでしょうか?




クルマは機械ですので

不具合が生じると 素直にその不具合を表現します。

そして、決して自然治癒はいたしませんので

要修理となります。



機械ですから 不具合箇所が判れば

その不具合を修理すれば

古い新しいに関わらず

不具合は解消されて当然です。



クルマは、キチンと手を掛ければ

新車時の性能は取り戻せると私は考えます。



そして、時には新たな制御を持ち込むことで

新車時以上の性能を求めることも出来るはずです。




その為には、専門の知識も必要ですが

最も必要なのはその車を如何に蘇らせるか!

その熱意 情熱が必要です。




今回のW123 230において

キャブレター調整をしていただいた橋氏。

一度は完全と思われる調整をしてくれましたが

私は、そこで妥協できなかった。

低速域でのトルクが無かった。 足りなかった。



そこで、相談すると

点火時期を進める事で低速でもトルクを補う事となりました。



ここで出た案は、後日正解であったことは確かです。

しかし、点火角を進めたために

全てのセッティングの再調整が必要になり

大いに橋氏の手を煩わせました。



そのお陰を以て

現代のクルマと同等に走れるクルマとなりました。

高速道路の合流でも、気持ちよく合流できる加速力

100km/hでの安定した走行

(追い越しを想定するとその速度の50%増しの走行が十分に可能である性能が必要となります)




あわせて、どんな場面でも

ハンドルを切ると、切った分だけ曲がる。

左右の切れ角の違いを感じる事無く安定して曲がる。

これはMGTの高山社長のお陰です。



W123にありがちな ハンドルの遊びも無い!!

これはステアリングリンケージの全てを入れ替えた事と

ステアリングギアボックスの遊びを調整を行ってくれたS君のお陰です。





本日早出の為 時間が無いので

続きはまた明日 (^^)




現在時刻 05:00  この時間から何処に行くのやら~~~!!













この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif





スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1269-5a045e64

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。