FC2ブログ

珍しいグリーン No,3

 


この角度からボンネットを眺めると

全くみがく必要が無いように思えるほどのコンディションです (^^)



DSC06740-1214.jpg



ウォッシャーノズルの左にイオンデポジットが見えますでしょか?

蛍光灯の下で確認できるのは

トップ3面では、このイオンデポジットがチラホラうかがえる程度です。


DSC06741-1214.jpg



光源を変えると

ヘアースクラッチが見えます。



高速道路で 夜間SAなどに入ると

水銀灯の下で 妙に気になることがありますでしょ~!!



光の波長が変われば 見えるキズ 在るんです (^^)


DSC06743-1214.jpg



みがくと 消えます (^^//


DSC06745-1214.jpg



通常のポリッシャーではこのようなヘリは

どうしても上手くみがけない。。。




そこでミニポリシャーが必要となります。


DSC06749-1214.jpg



こんな細いところでもみがけます。


DSC06750-1214.jpg



プレスラインは鬼門です!!

過去にどのような磨きを入れられているのか・・・

見える部分と見えない部分が在りますので

プレスラインに強くバフが当たらないように

マスキングをして

途中からは剥がして


DSC06752-1214.jpg



1工程間目のバフです。


DSC06758-1214.jpg



遠めには 変化していないかも (^^)


DSC06759-1214-1.jpg



いつもの古いクルマとは異なる繊細さが求められる作業です。




しかし、無傷は追い求めません!

それは 刹那の世界です。



洗車1回で その無傷は台無しになります。




フチからは 砂やホコリが出てきて

洗車スポンジで擦れば

細かなキズが入ります。






ホコリもチリも存在しないクリーンルームで飾って 見て 愉しむならば

別の価値観が生じるかもしれませんが

クルマ 走って愉しむ道具です。





よって 私が追い求めるものは完全ではなく

不完全です。





無用な切り込み(深い研き)を行えば

塗装を無用に薄くする。





走ることを前提としたならば

キズが付く 




洗車の度に

キズは付く



だから、完全は求めません。




そこに価値を見出せないから・・・




本当に気に入った1台を長く 大切にしていただきたいからです。













この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1278-131aebba

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。