FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MB 300TE (W123) No,2

 



この300TE(W123)は全塗装をされたクルマで

その為、フロントウィンド下のエアーインテークも

サイドモールも取り付いていません (^^)




そして、給油口のラバーバッファすら取り付けらていません。

塗装屋さんは、給油口フラップが直接ボディーに当たらないように

マスキングテープを干渉材としてくれています。




DSC00702-1306.jpg



見難いシール跡を消すのは 私の仕事 (^^//


DSC00703-1306.jpg



私が指で指し示す部分

光沢が出ていない。

コレも私の仕事 (^^)



DSC00704-1306.jpg


ファーストカット

この段階で、小キズを取り除きながら 写り込みを調整してゆきます。


DSC00717-1306.jpg



そして、段階を経て光沢を上げてゆく。


DSC00721-1306.jpg


更に 細かいコンパウンドと柔らかいバフで


DSC00725-1306.jpg


バフ目が出ないように 仕上げのみがきです。


DSC00729-1306.jpg


オールペイントをしておきながら

何故磨くのか?



再塗装だけでは 得られない映り込みと光沢を求める為です。

その為に 4段階 2日間の時間を要して磨き込みます。

そこで得られるものは・・・




作業前のボンネット

DSC00709-1306.jpg

作業後のボンネット

DSC00738-1306.jpg



この違い ご覧頂け ご納得も得られるかと思うのです。


DSC00739-1306.jpg



本当に磨き込んでキレイになったクルマは

そのコンディションを そうそう崩すことは無いはずです。



写り込みの良さが

多少の線キズやイオンデポジットさえも隠してくれます。

見る人の目を欺くが如く

美しく見える。



2~3m離れると

写り込みの良い塗装は

多少のアラを隠してくれるのです。



ここから先は、バランス。

シルバーの塗装 ゴム・モールの黒さ そして メッキ・モール類の輝き

このバランスこそがW123の美しく見えるポイントとなります。









      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1371-ac443b4b

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。