FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daimler Double-Six No,9

 



作業前


DSC02669-1576.jpg



そして、作業後

取り付けネジの頭だけが変化しているようにも見えますが・・・



DSC02673-1576.jpg



車両右側のウィンカー球は ソケット部分が腐食。

これから神戸までのドライブを待つディムラーですので

現在、この状態でも問題は生じていないので

あえて、抜き取らずこのままにします。



DSC02674-1576.jpg



迂闊に抜くと 真ん中の接点が剥げたら?

取り返しがつかない。。。



DSC02675-1576.jpg




内部が水滴だらけのウィンカー



DSC02676-1576.jpg




洗って 風を送り込み

エェェ?

いえいえ 風さんを送り込むのではなく (^^)



DSC02677-1576.jpg



フォグも酷い事になっている。



DSC02678-1576.jpg



まずは大まかに磨いて


DSC02679-1576.jpg



レフ板とレンズ


DSC02680-1576.jpg



来るところまで来ている感じです。。。



DSC02681-1576.jpg




レンズの枠も 出来る限り。。。



DSC02682-1576.jpg



表面の錆ならば 磨きでもある程度まで対応できます。

しかし、内部から錆びてメッキが浮いたら

私の手には負えない。



DSC02688-1576.jpg




コレが私の出来る限りです。



DSC02689-1576.jpg




メッキを施されたパーツ

早めに磨くことで 研磨剤に含まれる保護皮膜で覆われます。

手遅れになる前が 大切だと思います!!





さて、ここで昨日頂戴したご質問をこの場で (^^)


GA-01の記事興味深く読ませていただいたのですが
あまりにきれいになり過ぎて過走行車ではクリアランスがくるってオイルが漏れるとかないですか?
以前W124にワコーズのRECS施して1週間後にオイルがシリンダーに入り込んで1発死んでしまいました。
今は、75000kのE60/530iですが入れても問題ないでしょうか?
ガスケットとかいろいろ変えるのであれば結果かなり出費になってしまうので・・・
ご教授いただければ幸甚です。
よろしくお願いいたします。


とても率直な疑問だと思います。

改善の為に入れた添加剤、洗浄の為に不調をきたしたら

ガッカリ そして 頭に来ます (^^//




しかし、私自身は少し違う観点で添加剤・洗浄剤を見ております。

実は多くのクルマは その性能の100%を力を発揮出来ない。 出来ていないと思います。

そこで、私の場合 中古車を手に入れたら

車検を取るよりも先に

エンジンの内部洗浄(非分解洗浄)を行うようになりました。

これは不具合の洗い出しの為です。

洗浄により 一度リセットする事により

本来のパワーを求めたいのです。




エンジンは、修理が必要となると かなり高額の出費となります。

本来ならば各気筒のコンプレッションが判っていれば

そのクルマの現状も少しは判断出来るのでしょうが

そんなご親切な中古車屋には 私 未だに巡り会っていません (^^)



自分で信じたクルマを買ってきたら

まずは洗浄して 不具合の洗い出しを行い。

不具合の根本的解決を求めるようにしています。



具体的には

・エンジンオイルラインの洗浄(フリクションロスやコンプレッションの改善・回復)

・フューエルラインの洗浄(インジェクターの正常噴射状態の回復)

・吸気系の洗浄(ブローバイガスによる吸気ラインの不具合解消)

これらを行い、エンジンの調整へと入ります。



まともに燃料が噴射されていない状態で調整しても

正常でないコンプレッションで調整しても

空気流入量の少ない状態で調整しても

そこで得られる結果は 本来クルマの持ち合わせるパワーではないと思うからです。




これらの洗浄を行い何の変化も無いクルマだったら?

凄く良いコンディションのエンジンだった証だと納得し




洗浄により不具合が生じたら

それは、健康診断の際に行われる色々な検査と同様に

現状の診断結果(コンディション)を素直に受け入れて

要改善箇所の特定を行い

改善策を施す。




私 騙し騙しクルマに乗るなんて 真っ平ゴメンですから (^^)

壊れるのが怖いからエンジンは出来るだけ回さない。

そんな乗り方をするならば・・・

                                 ご推測下さいませ (^^)





私のW126 500SEは 14万km     (← 本当はもっと走っているようです (^^// )

そしてW124 E320Tも 14万km

最も古いW123 230Eは 9万km

調整が必要となる車もありましたが

ご入庫頂ける同型の車種 同型のエンジンよりも

そのレスポンスと トルクは負けないかと (^^)




現在のところ このブログで公開している洗浄による不具合を来たした事が無い事を付け加えて

自己責任において ご判断いただければ幸いです。





最後に私が絶対に使わないモノとしては

漏れ止め剤。

コレを使って一時凌ぎをしているクルマ

何が起きても おかしくないと思ってますから (^^//







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1653-6773a0f9

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。