FC2ブログ

CFS カーニバルレッド No,2

 




今日の記事は、中古車を選ぶ時の参考となるはずです。

ご自身がクルマを選ぶつもりでご覧いただければ幸いです。



パット見は キレイそうです。


DSC04385_R.jpg



こんな見方をして下さい。

多くの方は、買った後に気付く事が多い 塗装欠け(チッピィング)

そして、砂溜まり。


DSC04386_R.jpg




ヘッドライトウッシャーの付け根の周囲にはしっかりと水垢。


DSC04388_R.jpg



ディムラー伝統のフルーテッドグリルは

元に戻せるか???

錆 表面だけならば 取れますが

ジャガーで良く起きる下からの錆が生じていなければ良いのですが・・・


DSC04389_R.jpg



フロントガラスのフチの水垢

本来のラインを滲ませる。




ゴムと接する部分だけに 力ずくでは取れませんので

非常に時間を要する。

それは常識の範疇を 遥かに超える時間なんです。


DSC04394_R.jpg



ドアノブ上に キズが・・・

取り切れない深さです。



ワンオーナー 塗り替えなし!!!

このクルマにおいて 塗り替えは勧められない。

みがくと ことさら目立つのではないか?


DSC04395_R.jpg



ボンネット イオンデポジットだらけ・・・

これは みがきで何とかなります。

ただし、普通の仕上げでは物足りない。



このカーニバルレッドの 本来の発色が得られるように

フチまでキッチリと作業を進めたい。


これまた、常識ハズレの時間を要します。


DSC04400_R.jpg




 Daimler のエンブレム

下側が変色し始めている。



要交換ですね。




DSC04407_R.jpg



こちらの Centenary のエンブレム 下側が腐食している

同じ変えるならば いっそ本来の Century を勧めようか (^^//

でも・・・

内装のウッドハパネルのセンティナリーは残るか。。。



DSC04406_R.jpg



リアガラスのフチも水垢が



DSC04418_R.jpg



Daimler社 創立100周年を記念して作られた1台。

何とか 元の姿に戻してみたい。




いつものベンツとは異なるので

少し勉強しなくちゃ (^^//







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1706-0bf68efa

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。