FC2ブログ

博物館では 御座いません No,7

 



キャブ車において

その調整は、走りを左右します。

凄~~~く 重要なんです (^^//




「明日、大丈夫?」

「エッ!明日ですか?」



そんな会話を交わした翌日の光景です。




まずはドエルアングルの測定。

全くもってダメ!!

「これじゃ~ 走んないでしょ!」

「ウン!!」


DSC07738_R.jpg



デスビのキャップ ローターを取り外して





DSC07739_R.jpg




調整開始です!!




DSC07741_R.jpg




勿論、感ではなく!!!

データに基づいて (^^)

このデータを 拾い出してくる橋さん 凄いんです!



DSC07745_R.jpg



決まらない!!

何度やっても 微妙にズレている。


DSC07746_R.jpg



調整しては エンジンを掛けて 測定。

コレを10数回繰り返して・・・

求める値を見出しました!!



DSC07759_R.jpg




その後、点火タイミングをチョイト調整して





DSC07768_R.jpg




ウェバーの分解図まで用意してくれた (^^//




DSC07770_R.jpg




同調は???



DSC07771_R.jpg



当然 揃っていない。。。



DSC07774_R.jpg




私には、良く判らない 理解できていない調整を繰り返し

少しづつ 先が見えてきた感じ (^^//




DSC07777_R.jpg



クルマに付いているタコメーターの値


DSC07785_R.jpg



デジタルタコの数値

100rpmほど ずれている。



DSC07786_R.jpg




その後 試乗 調整 を繰り返して

エアコンをONにしても

ストールしない、振動も出ないポイントを探り



最終的には、車検時 ガス検をクリア出来るギリギリの値に調整 (^^)



DSC07795_R.jpg




この作業後、190SLは見違える様な走りを見せてくれるようになりました!!!

低速回転でもトルクが出て

クラッチを繋いでも ストールの心配も無くなり

全域でトルクフル!!

レブリミットまで 気持ちよく回るエンジン 完成です!!!




それは 到底50年以上も前のクルマ エンジンとは思えない程です。

当然 現在のクルマの走りに引けを取るようなことも御座いません!!!




徐々に変化して 良くなって行く

本来のパワーを取り戻して行く工程

この時間 凄く 楽しいのです!!





最後に橋さんが 「こんなもんですね!」

思わず ニヤリとしてしまう。




巷の「こんなもんです」 とは違う事 ご理解いただけますでしょうか?




参考: W123 230 No,44




この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1778-56a1b43f

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。