FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非分解洗浄とリンケージ調整で取り戻せるもの

 



昨日 走らないW126 と書きましたが

W124 W201 も走らないクルマが多い。。。

そして、極め付けはW123 どうしようも無い位 走らないクルマが多い!





何故 走らないのか?




上記4車種のオーナー様が居られましたら

そのクルマが新車の時に

現在の走りで 700万円 もしは1000万 それとも1500万円を費やして買うクルマだったのでしょうか?





さて、ここからは別の視点で見てみることにしましょう (^^)

整備屋さん 多くの方は信用を置いていますが

私は全く持って信用していません。




勘と経験だけで 仕事を進め

もしくは テスター頼り!




そして、辿り着くところは 車検合格レベル。




それがどれ程 容易で 安直か・・・




クルマで 走るとは 

人間の感性に感動を与えるモノで在って欲しいと私は思うのです。




冬の朝 エンジンを掛けると

少し高めのアイドリング




水温が上昇してくると

信号待ちの時 微動だにしない安定した回転。




信号が青に変わり

アクセルペダルに軽く触れると

エンジンは自然な回転数の上昇を伴い

走り出すクルマ。

※アクセルペダルに軽く触れても エンジン回転数に変化が生じないクルマはアクセルリンケージの調整が必要。




30Km/hまでは

間違ってもシフトアップするクルマで在ってはイケナイ!

※30Km/h以下でシフトアップするクルマは、シフトリンケージの調整が必要。





高速道路に入り

追い抜きの際に アクセルペダルを底まで踏み抜くようにして

キックダウンスイッチで強制キックダウン

こんなクルマも 本来の姿ではないと思っている私が居ます。





これらの問題解決は

整備屋さんを信用して 全てを依頼するよりも

是非ご自身手で やっていただきたい (^^//



その変化を楽しみながら

乗るだけのクルマではなく

自分の支配下に在るクルマとして・・・

※私は、嫁の支配下にありますが。。。




まずは、吸気系。

メルセデスの多くは、上部から空気を吸い込んで

下へ落とし 再度上へ導きシリンダーに流れ込む。




当然の如く、空気の流速が落ちる底辺では

ブロ-バイガスによる汚れが溜まっている。




空気の流れを阻害しているので

現在私の手元にあるW124 E320Tは 酷かった!!!

アクセルを踏んでも 音だけが走り出して

クルマは進まない。。。




そこで、使用したのが RMC-3E

熱線式エアフローメーターの後ろで吹き込めば

何ら問題を起こす事が無いので 安心して使えます。




KEジェトロ以前のクルマならば

熱線式ではないので エアフローに直接吹き付けても

全く問題ない。




2&4サイクルガソリンエンジン ディーゼルエンジン共に使用できます。

参考 : 製品パンフレットPDF



DSC00675_R.jpg



ここまでは 吸気ラインの洗浄のお話でしたが

もう一つ




燃料ラインの洗浄が在ります。

こちらは更にお手軽で

タンクに添加剤を投入するだけ!!



私の所有するクルマには 年に1回のご褒美として入れています (^^//





  GA-01 (ガソリン車用)


DSC00663_R.jpg



そして、ピストンのコンプレッションが落ちているならば

オイルラインの洗浄をお勧めします。


  金谷オートサービス



非分解洗浄の技術は、どんどん進化しています!!








ここまで洗浄を行って

残すはリンケージ調整





調整シロが在るって事は

自分の好みを 生かせると言う事なのです!!  (^^)




ちなみに 車検合格レベルを良しとする整備屋さんにとっては

理解不可能な世界なのかも知れません。



もっとも、オーナー様によって

その走る道も違えば

好みも違う。

そのことを言い訳にして

何もしていない事に 苛立ちを覚えるのです。

ダルダルのアクセルペダル 許せない!!




少し調べるとこの辺りの解説は出てくるか思いますので

これ以上深い説明は致しません。

ご自身でお調べください!!

※人の経験を 盗もうとする輩も多いですが、そんな時 私容赦ないです。





 W124 E320T


DSC00817_R.jpg




  W126 500SE



DSC09417_R.jpg



そして、クルマにとって最も大切なブレーキ

こんなお手軽チューニングしてます。



DSC00652_R.jpg




徐々に ゆっくりと時間を掛けてオーナーさんに気付かれない様に

性能低下して行くクルマ・・・

本来の性能からズレて行くクルマ・・・

それに気付かず 

車に飼いならさててゆくオーナーさんも多いと思うのです。




本当のメルセデス

20年前 30年前 もっとキビキビとして筈だと思いませんか?



それでなくては、ファーストオーナーが大枚叩いて買いますでしょうや (^^//









この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1807-7de7706d

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。