FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの大人の休日倶楽部 No,1

 




1月の車検でサイドスリップ 修正されてから

ハンドルが傾いたまま・・・

ぎこちない曲がり方・・・

W116に掛かりっきりとなったので

ようやく 今になって着手 (^^)


DSC02363_R.jpg




測定位置をマーキング



DSC02364_R.jpg



このタイロッドの長さでトーイン決まります。



DSC02366_R.jpg



でっ 出った~~~!!!




来るなり 錘付きの糸を垂らして・・・


DSC02368_R.jpg




キャンバー角 測定しておられます。



DSC02369_R.jpg




これ 偏芯ボルトになっているんです。


DSC02375_R.jpg




この偏芯ボルトの位置によってキャンバー角 変わるのです。



DSC02378_R.jpg




頑張ってます!!



DSC02382_R.jpg



右側の調整終了後

グラスターゾルを持ち出してきて

糸を貼り付けた時の糊跡を・・・



DSC02386_R.jpg



やはり 普通ではない!!

アブノーマルです (^^//


DSC02387_R.jpg



左側 何度やってもキャンバー角 0度にならない。。。



DSC02392_R.jpg




素人が始めてやるのだから仕方ないでしょ~ (^^//







そんなオッサンと付き合っていても仕方ないので

私の手元に来た愛車の

エアコンのオイルを足します!



このオイルも

この圧入器具も

黒Sさんからの寄贈品なんです。



自分では1回しか使わないからと・・・


DSC02394_R.jpg




この圧入器 優れもので

エアーを一切噛ませず オイルを入れることが出来るのです (^^)



DSC02395_R.jpg



あっと言う間に 自分の車の作業が終わってしまった私。。。




黒Sさんに付き合って

左側のキャンバー調整を手伝い

何とか目標の0度まで (^^)




ハンドルを握ると

素直に切れるハンドル




しかし、トーインとのバランスが崩れたので

トーイン 1mm狭めたい!




黒Sさんは トーイン調整 嫌がってます。

「もしも、バランス崩れたら ど~すんの?」

「今が崩れた状態なんだから!」

「ホント やるの?」

「やるの!!」




渋々 トーイン調整を開始。




トーイン調整を誘っておきながら

私 黒Sさんを放置して お気楽に試走へ (^^)




出戻りの愛車の感触を楽しんで帰ると

ニヤニヤしながら 「試走行って来ます~」




帰ってくると その顔はニヤけて

「エエワ~~~」 (その表現 卑猥なんです!)





「エアコン ガス圧下がってているんじゃないの?」

「蛍光剤入れといたら?」

禁断の誘いに乗った黒Sさん


DSC02400_R.jpg



ここからが 黒Sさんワールドの始まりです!!!

ここまで時間を費やして 前振り!





またもやらかしてくれました!!!






アライメント調整まで自分で始めた黒Sさん

自分で愛車をイジル 楽しい時間なんです (^^//

何処まで行くのか クルマ馬鹿おやじ 二人組み!







この記事がお気に入って頂けたら ポチッとお願いいたします。

        ↓ ↓ ↓

      




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/1954-b448f725

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。