FC2ブログ

ルームクリニーニング

 
 
引き続いては W126 500SEのルームクリーニングです。




手垢とホコリがどうしても溜まる場所です。

人が触れるSW類は必ず皮脂とホコリが溜まっています。
 
P1030585-190.jpg





ブラッシング、バキューム、ブローの三点セットです。

ブラッシングだけでは掻き出せないホコリがあります。

例えば、シートの脇などブラシが入らない場所や

シフレバーの付け根部分

無理にブラシを入れるとプラスティックに傷が入る場所

ガラスとゴムモールの隙間に入って死んでいる虫も取づらい



そんな時、ブローは役立ちます。




しかし、エアーブローすると

どこにホコリが舞うか・・・



行ったり来たりの作業となりますが

車内の砂やホコリはほとんど取れます。

(所要時間 2時間ほどは最低限必要ですが)



P1030587-190.jpg





シート表皮はキレイになりましたが

P1030588-190.jpg





縫い目には、必ず砂やホコリが溜まっています。


P1030589-190.jpg






ヘッドレスト下は、髪の毛やフケの溜まり易い場所ですので

ヘッドレストをアップしてお掃除です。


P1030596-190.jpg





ヘッドレストのシャフト

曇りが生じています。




錆びる前にひと磨き 

それが愛車をいたわることに通じるはず

P1030600-190.jpg




このベロアタイプの生地は

糸を抱き込みやすい生地なので

掃除前はご覧の通りです。



車内でタオルや毛の抜けやすいセーターなどの糸くづが固まりまってます。

P1030602-190.jpg





ひたすらブラッシング

添わせるように掃除機の口を




仕上にはスーツ用の○○○を使い仕上ます。



隠すわけではありません。名前が思い出せなくて、、、、、、、、

片側方向に擦れば、細かい毛の取れるアレです!

P1030601-190.jpg




お決まりのルーバー

ココが汚れていると

なんとなく だらしない感じになる。

P1030603-190.jpg





汚れてますね~

P1030608-190.jpg




センターのルーバーの裏側も擦ってみると

P1030609-190.jpg





コレはヒドイ汚れ方。

P1030610-190.jpg




プラスティック、生地など

それぞれの素材にあわせた方法で

掃除をすればご覧の通りになります。

P1030625-190.jpg





シートの脇やサイドシルプレートも

引き締まります。

P1030624-190.jpg






クルマの車内を構成するパーツを1点1点触るつもりで掃除を行なう!  


  コレが車内をキレイにする秘訣です。


P1030623-190.jpg






取れないキズだけが残る。

汚れや曇りが取れれば

本来あった姿に近づいてゆく。

P1030666-190.jpg





基本艶出しは使わない。

出来る限りの理想です。























maillogo.gif



led.gif




moris-read2.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/222-a36e9b5d

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。