FC2ブログ

AMG E63T

 

本日ご紹介させていただくこの1台も希少なおクルマです。

AMG E63ツーリング (イルジウムシルバー:775)


P1040795-205.jpg



6.3L V型8気筒 DOHC

最大出力 514PS/6800rpm

最大トルク 64.2kg・m/5200rpm

タービンは使用せず、自然吸気に回帰したエンジン。

 

P1040785-205.jpg




本物は、エアロだけを後付けされたものとは別格です。

そして、その証。


P1040788-205.jpg



2年落ちで、多少のキズはあるが

日頃の手入れはキチンとなされているクルマです。



よって、今回も施工前・施工後の写真をお見せしても

ココに掲載できる写真の制限500KBでは

到底表現できないので

塗装に関しての変化はお伝えできません。

(こんなに綺麗になりましたと写真を掲載しても判る筈がない! ので・・・)


P1040844-205.jpg



問題点はこの辺り!

日頃の洗車が、もう少し丁寧であれば

この様に水垢が付くこともないのに・・・


勿体無い  と思うのは私だけ?


P1040814-205.jpg



お盆ですので

エンブレムやパネル継ぎ目のお手入れ方法を一つご紹介いたします。


P1040899-205.jpg


まず、竹のお箸を1本ご用意下さい。

もしも、竹箸がなければ 今すぐセブンイレブンに行ってお弁当を買ってきてください。

それ以外のお見せではダメですぞ~

竹箸を頂けるのは、セブンイレブンだけのようです。 (当店の周辺では)




買ってきたお弁当を食べる?  のではなく!

目的はお箸ですので、弁当などは後で食してください (別のお箸で)




カッターナイフで両先端を削り 平らにします。

どのくらいまで薄くするかは、今から行なおうとしている作業場所により決めます。



エンブレムなどの周囲を作業する際は

エンブレムの隙間に入るくらい極力薄くします。



場合よっては、鉛筆を削るように尖らせた方が良い場合もあります。




P1040905-205.jpg



柔らかいネルなどで先端を保護した上で

極超微粒子のコンパウンドを用いて

決して!! 絶対に!! 力を入れないで水垢やワックスかすを落としてゆきます。



汚れが取れないからといって

力を入れてしまったら

その時点でゲームオーバーです!!



エンブレムの周囲にキズが入っているはずです。




PCゲームのように再スタートしても

一度付けてしまったキズは消えません。





慎重に 優しく コンパウンドが汚れを緩めてくれるのを待ちながら

額から流れる汗

アゴから流れ落ちる汗も気にせず

ひたすら、慎重に指先の動きに集中してください。



P1040906-205.jpg



汚れの付き方により

この大きさのエンブレムでも

10分20分の時間を要するのは当たり前です。



古い車でワックスが入り込んでいたり

水垢が固着している時は

エンブレム 1個に1時間かかっても綺麗になってくれないこともあります。




※ 汚れ方により、取り外した方が早く、しかもキレイに仕上ると判断した場合は

   エンブレムの取り外し作業をすることもあります。


P1040908-205.jpg



1cmのフチの汚れを落すの1分としても

パネルの周囲、エンブレム、グリル、ドアノブの周囲・・・・・・・・

クルマ全体を1周するのに必要とする時間は?



1年落ちのクルマと10年落ちのクルマでは

それに要する時間も異なります。



そのため、この作業を依頼された場合は

法外な価格と思われる場合もありますが (お客様の表情が・・・・)

一度、ご自身でドアミラーの下だけでもご経験してみてください。







内装を見てみると

ダメなのです。

この様にエアコンの噴出し口のルーバーがホコリまみれ

許せないのが私。





余談ですが、、、

最近、エアコンルバーに柔らかい塗装がされているものがあります。

アレって、何の為なのか・・・?

非常に掃除しづらいのです。


P1040854-205.jpg



本来あるはずの

レザーとメッキパーツとプラスティックの表現する美しさが

皮脂やホコリで霞んでいます。


P1040878-205.jpg



ナッパレザーのシートの縫い目にも砂やホコリ


P1040859-205.jpg



高級な革は、慎重に掃除機のノズルを扱わなければなりません。

手抜きをして ノズルでゴシッ!  これ1発でお仕舞いになりますから


P1040860-205.jpg



最近のベンツには小物入れが増えて

その分、ゴミやホコリが溜まり易くなっています。


こんな処も見逃さないよう注意ですね!


P1040864-205.jpg



可動部分は全て動かして

汚れを確かめる。



これも鉄則です!



日頃気にしていない所が

こんなに・・・


P1040919-205.jpg




仕上がりに近づいてくると

このクルマの本当の姿を見せていただけれ事になる。



最高級の走りと

最高級の居住性能


このメーターの針が動いている姿を目に出来る人は、幸せを感じていただけれはずだと



P1040947-205.jpg



エアーマティックDCサスペンションのSW


P1040954-205.jpg


チタニュームグレーにペイントされたアルミホイール


P1040956-205.jpg



全てにおいて、スペシャルな1台。

AMGらしさを 少しずつ 取り戻し始めたクルマを磨かせて頂きました。























maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif




led.gif














本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/238-0bef3062

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。