FC2ブログ

ヘッドライトレンズの曇りは





プラスティックレンズのヘッドライトは耐久性がない。

かつて、ソアラのヘッドライトで証明されているにも拘らず

形状の自由度が優先され

現在は多用されているが、どうにもこうにもならない位くすみ

中にはひび割れてくるものもある。





ここで紹介するのは

表面の荒れとくすみを取る方法です。




プラスティックレンズの厚みはかなりあるので

表面を削り取る。




P1140684-312.jpg




耐水ペーパーを用いる 

使うペーパーの番手は荒れ具合と相談の上決める事となる。



P1140685-312.jpg




磨き手のバランス感覚が勝負。



P1140686-312.jpg




研いては乾燥させ

必要量が研けているか?  チェック





P1140687-312.jpg




研きキズを取る為


更に細かいペーパーを使用する。


ココでは、バフレックスを使用。




P1140688-312.jpg




少し光沢を取り戻し始めたことが確認できます。





P1140689-312.jpg




ポリッシャーを用いて研磨。




P1140690-312.jpg



フォグランプの透明感はかなり戻ってきた。



P1140691-312.jpg




更に、コンパウンドを調整して完成したものがコレ!



P1140692-312.jpg




プラスティックの研磨も

塗装(樹脂塗料)の研磨も技術は同じことです。




磨き手の経験と感だけが頼り。

塗膜圧計など役には立たない (正確にはほとんど・・・)




メタリック塗装やクリアソリッド塗装では、クリアのみの厚みは計れないし

ソリッドでも色層部分のみの計測も出来ない。



ましてや、塗り直し、パテが入っていては

計測した数値そのものが何の役にも立たないのがこの世界です。


P1140723-312.jpg





やはり屋根の開くクルマ イイですね~!!



P1140698-312.jpg



このような写真も撮れ 絵になります。



P1140704-312.jpg




バックソナーのインディケーターの位置もGood!!

R129にも欲しかった装備です。



ソフトトップ時 意外と後方視界は良くなかったから、、、



P1140720-312.jpg



MB CLK320 カブリオレ


P1140708-312.jpg




ステキな女性が乗っていたら

つい 振り返ってしまいそう (^^)














led.gif




maillogo.gif




led.gif





moris-read2.gif
















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/360-0b30288c

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。