FC2ブログ

コーティング剤3種 その後・・・







先日の少雨の際の190Eの撥水状態です。(ルーフ)

雨粒が塗装面に乗った状態を接写してみると

ホコリや砂を核として、雨粒が形成れていることは良く判る。



5月8日にコーティングを施しておよそ5ヵ月後の状態です。(この写真は10月2日撮影)


この間、2度水洗いを行ったが

テストのためそれ以外は何も手を掛けていない190Eです。




P1220051-441.jpg


2.3から2.6へNo,7 でテストを始めたコーティング剤3種類のその後ですが


テストに用いているコーティング剤は

  ・キングベール (車両右半分)

  ・マキシムコート (車両前方の左半分)

  ・テフロンポリマー (車両後方の左半分)


これはボンネットの状態。

中央のラインはマスキングテープの跡、何もコーティングをされていない部分です。

向かって左はキングベール、右はマキシムコート。

明らかに撥水状態は異なる。



マキシムコートは元々撥水しないコーティング剤だからこれで良しなのです。

しかし、熱の影響をもっとも受けるとは言えボンネットにおいてキングベールの撥水性能はもう少し欲しい。


P1220055-441.jpg



トランク右半分のキングベールはこの様な手荒な扱いを受けていたにもかかわらず

見事な撥水状態を示している。



P1220057-441.jpg


はたして、左半分のテフロンポリマーはダレが出始めている。

この時点で明らかにキングベールの撥水性はテフロンポリマーに勝る。



ただし洗車後、塗装に乗ったホコリや砂の表面張力が無くなればどのようになるか・・・

それは又、後日。


P1220059-441.jpg


この雨の翌朝

立体駐車場の中で乾燥したボディーは



写真では見づらいですが

キングベールよりも、マキシムコートの方が水が流れる分

砂やホコリが残っていない!!


P1220080-441.jpg


少し離れて写してみると

向かって左のキングベールの方が撥水したまま

ホコリや砂を抱き込んだまま乾燥し、ブチになっている。


右のマキシムコートは撥水しない分、汚れが広がり流れた状態に。


P1220083-441.jpg




ルーフで比べてみると

コチラがマキシムコート。


P1220090-441.jpg


そして、キングベール。


P1220091-441.jpg


上の2枚の写真のとおり、日頃コマ目に洗車出来ない方には

マキシムコートがお勧めです。




巷には数多くの誇大広告のコーティング剤が出回っている。



そこでお考え頂きたいことは

ご自身のお車の扱い方です!!

  ・保管状態は?

  ・使用状況は?

  ・洗車回数と洗車に掛ける時間は?





実用車ならば、テフロンポリマーが価格的に断然優位です。

しかし、日頃洗車をこまめに出来ない方は

マキシムコートを選んでいただくことで

汚れを流す性質が高い分だけ汚れの付着が少ないと言えるでしょう。



コレクターカー、もしくは、こまめで丁寧な洗車が出来るならば

キングベールをご選択頂ければコーティングの間隔も長く保てます。





しかしながら、このコーティングを行えば完璧です! と言えるコーティングはありません。

だからこそ、保管・使用・洗車状況に合わせて賢くコーティングをチョイスするしかないのです。




今後、「完璧なコーティング剤です!」と発売されたとしても絶対に嘘八百の出鱈目商品です。





もしも、それが可能であるならば

100万円以上のオプションカラーとして自動車メーカーが売り出したら・・・  本物かも?




鉄板を保護している最も強固なコーティングは塗装なのですからね!!















maillogo.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/441-d5d05399

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。