FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ これから (^^




最近入庫するw126の多くは、葉っぱが・・・



P1250476-468.jpg



ウェザーストリップの間にも!



P1250478-468.jpg



バッテリーを外して




P1250481-468.jpg



トレイを取り外して



P1250482-468.jpg



葉っぱを拾い集めて

ブローすると葉っぱが出てくるので

拾い集めて、掃除機で吸い取り

ブローして、掃除機・・・・・  繰り返して

水洗い!!



葉っぱそのものは何の悪さもしないのですが

水を含むと良質?の腐葉土となり

水抜き穴を詰まらせる。


すると錆の発生原因となるから

ココのお掃除が必要となる。


ちなみに、左側のヒューズボックス側は更に大変です。



P1250486-468.jpg



アンテナがでしゃばり過ぎ!!

※ブレていてスミマセン。



P1250510-468.jpg



内張りを剥がして



P1250511-468.jpg



組み付けが悪いとこうなってしまう。

トランクが水没しないように・・・




下側の取り付け位置が誤って取り付けられていた例です。



P1250512-468.jpg



トランクパネル  凄すぎ!!!!!

ここまで荒れている塗装もめったには無い。



P1250496-468.jpg




手前半分だけ研いた状態。




研いて見ると判るのだが、コーティング剤の悪さがこの様に荒れた塗装面にしてしまう。

このお車の場合、コーティング層は厚く

しかし、鳥の糞の影響は塗装まで達していた。




おそらく、コーティング直後の輝きは良かったのでしょうが

保護皮膜としての性能は・・・



P1250509-468.jpg



どんなにコーティング剤が素晴らしくても

素肌美人には敵わない。



P1250519-468.jpg



そして、最後に乗せるコーティングは

本来の色や発色を出来るだけ変化させないモノが良いと思う。



厚く乗ったコーティングは、テラテラ感が出たりして違和感を覚えるから



P1250556-468.jpg



まだ5.5万KmのSECです。

これから楽しめるクルマです。



P1250572-468.jpg


最新の親切装備品などは一切無いです。

運転席側ドアミラーも電動ではない時代のネオクラシック車



直ぐに壊れてしまうカップホルダーも無い

コンピューター制御も無いので、整備費用は

現代のクルマより安いのが魅力 (^^)



乗ってしまえば

痘痕も笑窪ですぞ~~~



P1250547-468.jpg



程度の良いSEC イイな~と思う一台でした。











maillogo.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/468-4b0c2007

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。