FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッチアップペイントによる補修 塗り方





車は屋外を走るもの。

だから思いもかけないところで飛び石の洗礼を受けたり

駐車中に心無い隣の車のドアに当てられたり・・・



塗装するほどではないが

錆ることが気になったり、目立つ場所だったり

でもそんな時、タッチアップペンを使った経験があると思うのです。



しかし、タッチアップペンをどうにも上手く使えない・・・

仕上がりが納得できない。。。

そんなお話をよく聞きますので

どうすれば より上手くタッチアップペンを使いこなせるか!!



今回は左リアドアを軽く擦ってしまった例です。


P1270516-4891.jpg


まず初めに

この傷を見た時

全てをタッチアップしようとは思わないことです。


P1270521-4891.jpg



擦った。

すなわち、何らかの相手と接触しているから

相手の塗料や素材も塗装に付着しているから

その判別の為に、コンパウンドで磨く。

付着した塗料ならば落とせます。


P1270523-4891.jpg



すると、何処が本当に傷ついているのか?

コンパウンド消せる傷なのか?

相手の塗料だったのかの判別が出来ます。



このドアの場合、本当にタッチアップすべき所はココで残った傷だけ



P1270526-4891.jpg



市販されているタッチアップペンです。

カラーナンバーだけは合わせてね!!


P1270527-4891.jpg



そのタッチアップペンを傷に添わすと  太い!!

これでは傷だけではなく周囲に塗料が付きすぎるので・・・


P1270528-4891.jpg



細い傷は、爪楊枝の先端で塗るのではなく、色を置いて行く 色を挿すようにしてゆく。

そのようにすれば垂れないし

気泡が入ることもなくなります。


P1270530-4891.jpg



塗料が欠けている所では凹みが感じられるでしょうが

そのような場所では、3~4日おいて乾燥後に重ね塗りを繰り返して

少し盛り上がる状態までタッチアップを繰り返します。



P1270531-4891.jpg



タッチアップでの失敗例は

・塗料の垂れ

・凸凹感

・気泡が生じる

この様なことだと思います。




そこで・・・

P1270532-4891.jpg



タッチアップペンと同じメーカーのうすめ液を買っておきます。





完全乾燥したら、

毛の立たないキッチンペーパーに少量・・・



P1270533-4891.jpg


これを優しく凸部分に擦りあて

重ね塗りで膨らみすぎた塗料を溶かし落としします。



凸凹感が無くなって来ます。


P1270535-4891.jpg



3~5m離れて見て

不具合がなければOK!!

成功です (^^



万一、どうしても気に入らなければ

うすめ液で溶かし取って

再チャレンジです。



P1270539-4891.jpg



マスキングテープを使用するタッチアップの方法もありますが

テープを使うと必ず段差が出る。

すなわち、見た目が納得できないものとなる。




なだらかな凹凸ならば

少し離れれば見えなくなります。



タッチアップ 簡易修理と割り切れば

ご自身が納得できれば成功です!



完全を期するならば

それはプロに任せるのが近道です。





タッチアップに関する話題は

タッチアップのヒント


タッチアップの仕方











maillogo.gif

















本物のみがき と ポリマー加工 車内清掃
banner10.gif
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/489-3909e98a

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。