FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実用車に求める美しさ

 



マスキングを終え、カメラを構えてみるとフレームに入りきらない!

やはりデカイ!!

W140は本当にその大きさを威圧のように感じることさえある。



このW140が「最善か、無か」と企業ポリシーで製造していた最後の車であることは

一度でもこのクルマに乗った方はご理解いただけると思う。

しかし、デザイン部門のチーフエンジニアのブルーノ・サッコ(Bruno Sacco)は、

理想より4インチ、約10cm全高が高かったことをその理由として

自身の手によるW140型Sクラスのデザインが痛恨の作だったことを明かしたそうだ。



4インチ低い車高を与えられていたら

このW140の乗り心地はどれほど素晴らしいものになっていたのだろうか・・・



 W126 1435mm

 W140 1500mm

 W220 1445mm

 W221 1485mm


全高の比較データですが、4台に渡り

Sクラスの車高は迷走していることが見て取れる。



どんなに低重心であっても、車高が高くなるとその乗り心地は大振りなものになる。

ハンドルを握るドライバーにとって、ハンドルを切った際の挙動の良し悪しを決める重要なポイントとなる。

※私は背の高い車は、苦手・・・  特にミニバンを運転するのは嫌い。




P1300085-516.jpg



さて、ココからが本題 (^^

みがき終えた状態のボンネット

左下の蛍光灯の写り込みあたりにキズが見て取れると思う。

このキズならば、研き込めばギリギリ取り切れる傷です。

何故、取らないのか・・・

それは、費用の問題だけではなく

このW140が実用車として扱われているから。

完全完璧な仕上がりを求めると

後々みがくことが出来ない塗装厚となるからです。


P1300098-516.jpg



見る角度を変えてしまえば

ほとんど目立たない。

重箱の隅を突付くような見方をすれば ×ですが・・・

実用車の必要される美しさは、3~5m離れてみた時の美しさだと思う。




P1300099-516.jpg







3m離れても、見えてしまうこんな汚れはダメ!!

洗車の際に、最後にドアを開けてウェザーストリップも拭いてあげてくださいね~




P1300083-516.jpg





エメラルドブラックのW140 AMG 7.0

この雰囲気を醸し出すクルマは、今後二度と出てこないだろう。



P1300094-516.jpg




もしも、4インチ低いなら 私は飛びついていたかも、、、



















maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/525-1338cdf1

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。