FC2ブログ

こんな感じでいかがでしょうか?

 
garasunoringoさんから次のようなご質問をいただきながら暫らく放置していてスミマセンでした~


私が今悩んでいるのは、車体の色選択で、

白か黒で悩んでます。ブログのネタとして、

白の外装と黒い外装とのメンテナンスの難易差?見え方?等、を題材に、レクチャーして頂けませんか。

勿論黒系の塗装はメンテナンスが大変だと思いますが、こんなコーティングで、日頃こんなメンテをすれば・・・




と言うことで レクチャーなどとは差し出がまし過ぎるので戯言を (^^)




まず始めにクルマの表面は鉄板でもなければ、FRPやカーボンでもありません。

塗料という樹脂で覆われています。



そう!!

樹脂ですので 実にデリケートなのです。




でっ 結論から申しますと

色によって多少の塗装の硬さの違いはありますが

同一メーカー 同一車種での硬さには然程の違いは無いとお考えください。

ですので、色によってメンテナンスの違いはありません。



あわせて、メンテナンスを行う前に念頭に置いていただきことがあります。

傷つき易い塗装は、出来る限り触らないことです!!

触れれば触れるほどキズが入る これが真実です。



しかし、汚れたクルマを放置できない方 (私もそうですが・・・)

洗車を行うときには、その環境と方法に十分配慮を頂きたい。



水洗いする際、海水浴に行ったときのご自身を想像してみてください。

砂の付いた体をタオルでゴシゴシと擦るような馬鹿な真似をする方はまず居ないと思いますが

クルマにおいては平気で砂やホコリの付いたボディーを擦る方がいかに多いか・・・

ヘアースクラッチが生じても当然ですですよね~

まず始めによ~~~く水でボディーについた砂やほこりを洗い流す。

これが最も肝心です。

それと環境に配慮願いたい部分として

出来るだけ風のない場所、直射日光が当たらない所、水質の良い水を使うことです。



風が吹けば、みがき屋が儲かるではないですが

どんなに丁寧な作業を行っても風で舞い上げられたホコリや砂がボディーに付着しては元も子もない。


直射日光が当たれば、水の乾燥速度は速くなり

イオンデポジットを生じる可能性が高くなる。


地下水などで水質の悪い水(硬水)では、激しくカルシウムスケールが付着します。




洗車後にご注意願いたいこととして

完全に乾燥させてもらいたい。



クルマ 隙間が多いため実に水切れが悪い厄介な代物で

完全乾燥させるためにある程度速度の出せる道で30分程度走らせてやれば

フチや隙間の水が切れます。

水が無ければ、当然フチの水垢の付着はかなり抑えられます。

※雨の日もありますので完全に抑えられるものではありません。




この様なアドバイスが洗車のお役に立てば幸いです。




特徴的な白と黒の汚れ方をご参考までに (^^/





白だから目立つ汚れはあります。

その最たるものが水垢です。



P1320839-542.jpg





これはいつまでも水が切れない場所では激しく生じ

本来のクルマのラインとは異なるボヤけた感じを見る者に与えます。




P1320838-542.jpg





黒では水垢は目立ちませんが

ヘアースクラッチは目立ちます。




P1320736-542.jpg





ヘアースクラッチとは線傷にも満たない細かい擦り傷です。

爪などが掛かるようなキズではありません。

その多くは、洗車時・ワックス掛けなど塗装が擦られる際に生じます。

この細く細かい線傷は、発色を濁らせる原因となり

一度ついてしまったキズは研磨するよりほか取り除くことはできません。

※理論的にはキズを埋める方法もありますが、傷に入り込んだ汚れやコーティング剤の透明性に問題があるようです。




P1320790-542.jpg



最後にコーティングの選択に関してですが

  
    コーティングの選び方

上記ページをご参考にしていただければ幸いです。








maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif


スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/552-76865218

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。