FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスクも承知で請け負います。

 

入庫して、水洗い、ケミカル粘土を掛けて


P1060223-652.jpg


今回ご紹介させていただくクルマは

トップ3面(ボンネット、ルーフ、トランク)が醜いほど

イオンデポジットで侵されている。



通常ならば、この状態のクルマを買うことはお勧めできないが

今回この500Eを買ったオーナーさんとはお友達

買うときから「みがき」を想定して所領を選定して

私の腕を信用してクルマを買ってしまったのです (^^// 無謀だよ~~~



しかも、その仕上がりを期待させる言葉を発していたのが

アトミックの小澤師匠。。。



既に、小澤氏の手により機関・足回りは完全な仕上がり!!

となると・・・  否応でも本気にならざるを得ませんがな (^^)



P1060225-652.jpg


オーナーさんの目の前でポリッシャーを当て

このレベルで行きましょうかと相談して


P1060231-652.jpg


最終的な仕上がりがコレ!!


P1060257-652.jpg



研きに邪魔になるパーツを取り外して

マスキングを行い


P1060236-652.jpg


研きに入る。

塗装が荒れているときには

荒れている部分を削り落とすしかない!



出来るだけオリジナルの塗装は削りたくはないが

醜く荒れた塗装ではどうしようもない。



ガツンと削る。



新車を数多く扱うディテーリング屋では、考えられないレベルかもしれないが

ウールバフでかなり荒めのコンパウンドで出来る限り均一に

そして、不必要な研きを入れるとクリアーが飛んでしまうことを念頭において

ビビらず、平常心でポリッシャーを当て

ポリッシャーが通った部分のみに視線を注ぎ

ひたすら塗装面と向き合う。



お客様には失礼だが、

こんなときに電話がなっても気づかないことが多いのです。

ご容赦のほど、そしてご理解のほどお願いします。



そして、無用な電話を営業を掛けてきて私に怒鳴れた電話営業の担当者さん 二度と電話しないでください!



お預かりしたクルマと真剣勝負中に雑念は無用。邪魔なのです。



クルマをみがくと言う行為は「引き算」でしか成り立たないのです。

キズを消すには、キズの深さまで削り落とすしかない。 (だから深い傷は消せない)

出来てしまったデポジットの底まで削り込むしかないのです。



何かをもって、埋める行為は出来ないのです。

塗装屋さんのように塗るという「足し算」は

みがき屋には、行えない行為なのです。



しかし、この「引き算」

限りなく0に近づいてしまうこともあります。

それは塗装の荒れ方次第なのですが

0に近づいても0ではない範囲

それが0.01mmなのか0.001mmなのか

その厚みを知るすべは私は持ち合わせませんが

本来の発色、本来の光沢を求め

必要最低限の切り込みを行います。



この作業の基準は私の「目」だけが基準となります。



P1060242-652.jpg


作業前のボンネット


P1060228-652.jpg


作業後のボンネット

仕上がりが良くない。

どうして まともに仕上げられないのか?



私の技量不足といわれてしまえばそれまでですが

塗装が悪すぎる。

このボンネットを塗った塗装屋のレベルが低すぎる。あまりにも酷い塗りです。



古いクルマになればなるほど

再塗装を行われている可能性が高い。



高い 安い では無く。

そのクルマに必要な塗装作業がなされているか、否か そこが重要です。



本気で中古車を選ぶときにはそんなことも頭の隅において選んでくださいね!


P1060273-652.jpg


作業前のルーフパネル。


P1060229-652.jpg


このパネルだけはオリジナルの塗装。

深い傷は残るが、全体の光沢と発色、そして移り込みは

さすがにオリジナルの塗装だと関心せられる。


P1060260-652.jpg


作業前のCピラー


P1060230-652.jpg


ここもオリジナルの塗装だけに

全体バランスを崩さないように仕上げると このレベルまで



P1060258-652.jpg


何回かに分けて塗られた塗装は硬さも色も肌も異なります。

最終的に求めるのは、それらの塗装状態も踏まえた上でのバランス。




1点豪華主義ではネ (^^/






maillogo.gif

















  グレードアップのホームページ
banner10.gif

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/667-94646774

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。