FC2ブログ

必要な事 無用な事 そして・・・

P1110143-50.jpg



上の写真は作業後です。

ほんの少し、当然行う事べきことを行なう。

P1110078-50.jpg



大まかな作業をしたら、フチに拘れば良いだけ。

P1110080-50.jpg



注視してなくとも、視界に入り、意識していなくとも

汚れを感じ取るのが人間の本能です。

P1100970-50.jpg



やっつけ仕事の後始末です。

本来入れるべきクリップの変わりに

ブチルゴムが・・・

P1100973-50.jpg



安く、安く・・・

その言葉が作業をした板金屋さんの常識と良心を捻じ曲げ

見た目の ツジツマ合わせ の作業を


それが取り返しのつかない ダメージになっていることもある。


P1110077-50.jpg



手抜き塗装は こんなところにも

私の出来る限界はココまでです。


ろくな足付けをしていない塗装は

割れて 剥がれ落ちるだけ

P1110057-50.jpg



クロームメッキは、その素材が錆びてさえいなければ

本来の光沢に戻す事は 然程難しい事ではない。


周囲のゴムもキチントした手法を使えば

シミやクスミも取り除ける。

P1100977-50.jpg



設計者が望んだコントラストはこれであったはず・・・

そんな思いを楽しみながら

P1110145-50.jpg



洗い 乾燥 汚れが落ちるまで繰り返し

プラスティック本来の艶消し状態を求める


テラテラの ドギツイ化粧は無用

P1100963-50.jpg



塗装の温かみのある色 

金属の冷たい光沢

ゴムの艶消し

それがW123のバランス




このルーフサイドのゴムも

この車のバランスを保つ上で重要な要因



新しい車しか扱えない みがき屋には理解不能な作業

材料メーカーの受け売りだけをする 自称 みがき屋におは為りたくはない。


P1110148-50.jpg



理に叶った方法

道理に合った材料


そして 何より全体のバランスを求めるべきだと・・・

P1110140-50.jpg



塗装面の テカテカの光沢 偽物の艶 を求める作業したら



そんな 中古車販売店 コーティング屋が作業をしたら

内装もこの様になる。

P1100801-50.jpg




求めるものは 本来あった姿  であるはず


P1110123-50.jpg




その事を忘れ

汚れない 汚れにくい コーティング

キズのつかないコーティング

そんなメーカーの言葉に踊らされているこの業界の愚かさ



いかにも塗装に関する知識があるように書き連ね

理に叶わぬ 理屈を公開しているページを見かけると情けなくなる。



クルマ  普通の車は 屋外で使用されるもの

雨に打たれ 風に舞うホコリを受け



洗車のたびに 細かなキズが付き

狭い道で 草や木の枝が 細かな線キズを付け

出かけた先の駐車場では 無慈悲な隣の車のドアヒットの洗礼にも



3年、5年 持続するコーティングにどれほどの意味があるのか?



汚れたら洗う  当然の事。

光沢が無くなれば みがく(研く)のも当然の事。



使用するコーティング剤や洗浄剤は 本質ではなく

いかに美しい車を作り 維持することが出来るか

それが本当の愛車へのいたわりだと





そして


その車のコンディションを維持する事が 本当のオーナーの喜びだと










banner10.gif
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/69-1dedcfd0

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。