FC2ブログ

Daimler Double Six No,8

 

この曲線 美し過ぎるのです。

みがき屋 泣かせです (^^)



P1030218-780.jpg


ガラスのフチ そして それを縁取るモール

メッキ&金属パーツ

そして、塗装

これらのバランスが完全に取れていることで

このディムラーの本当の優美な姿となる。


P1030220-780.jpg


現代の車造りでは忘れられた曲線です。

合理性を追求すれば、そこには美しさが欠ける。

無駄があって始めて成り立つのが「美」だと思う。


P1030221-780.jpg



人は直感で本当は見分けている。

プラスティックメッキとクロムメッキの光沢の違いを・・・



本物は本物

偽物しか見ていないと

可哀想だが、偽物慣れしてしまう。



誰が何と言おうと

旨いものは、旨いのです。

それは食材の良さと調理する技量とが相まって初めて完成するものであり

インスタント食品やコンビニ弁当とは比較にならない。

味も 価格も 満足度も




本物は、本物を味わった事のある人にしか判らない世界。



P1030225-780.jpg



この美しいバランス ご鑑賞ください。

クルマの周囲は見ないでくださいね!!

本格的な みがきの為のピット 作ってみたいな~~~


P1030226-780.jpg


この塗装の落ち着き

写り込みの良さ

そして、優美なライン

ご自身のお車と比較してみてください。


P1030229-780.jpg


私はプロです。

みがきのプロフェッショナルです。

より本物になろうと思う瞬間が完成時の仕上がりを見た時なのです。


P1030230-780.jpg


このV12 5.3ℓ エンジンは 

いとも簡単に高速道路の制限速度の2倍の領域へと達します。



これが20年以上も前に作られたクルマかと驚嘆するはずです。



もしも、二台所有できるならば

そこで2もしくは3ℓの新車を買おうとしている方が居るのならば

是非この年代の車をチョイスする事をお勧めします。




乗っている ではなく

所有する誇り 感じられるハズです。




エコロジーの本当の意味を理解できるはずです。

20年ももたない(維持できない)車のどこにエコを名乗る資格があるのか? そう思うはずです。




今発売されている新車なんぞ面白くも無い。

その本当の意味を知っているのは

本当に持っている人にしか判らない事ですが

たった一台の車が

男あるべきの姿を自ら悦んで進んで貫く勇気をくれます。


P1030237-780.jpg



この世の中の全てが出鱈目になりかけているように私には見受けられる。

そんな流れに同調する必要は無い。



せめて 自分のクルマくらい

自分にとって唯一無二の存在であって欲しいと思うのです。





今回1週間掛りの作業をご依頼いただき

出来る限りのコンディションへと導かせていただけました事

そして、有難い事にこのディムラーを走らせる期会を与えてくれましたオーナー様に感謝です。





私の技量と価値観は、お客様に育てられているのです。










maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/808-c4d9b3d7

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。