FC2ブログ

定期的放射能管理ゾーン

P1030840-790.jpg


0.17μSv/h 我が家の入っているオートロックの無い縦横長屋(人はマンションとも呼びます)の

入り口玄関(高さ1m 晴れ 無風)での値です。

この値が生活するにおいて支障の無い汚染レベルなのか?

その検証をここで行ってみたいと思います。





スリーマイル島原発事故では、ヨウ素こそ放出されましたがセシウムは放出されていないので

比較する事故はチェルノブイリ原発事故となります。


この事故は今から25年前の1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)に

ソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故です。

そして、福島第一原発と同様に最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される事故ですので

この事故の基準と25年経過した現在の状況を元に安全なレベルを導き出せればよいのではないでしょうか?



そこで現在までのチェリノブイリ事故の健康被害に関しての記述として

  チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ

を参考としていただき

京都大学原子炉実験所の今中哲二氏の記述による避難レベルを見てゆくと

 ウクライナでの事故への法的取り組み

 ロシアにおける法的取り組みと影響研究の概要

 ベラルーシにおける法的取り組みと影響研究の概要


ウクライナの冒頭部分に

 この概念の基本目標はつぎのようなものである.

 すなわち,最も影響をうけやすい人々,つまり1986年に生まれた子供たちに対するチェルノブイリ事故による

 被曝量を,どのような環境のもとでも年間1ミリシーベルト以下に,

 言い換えれば一生の被曝量を70ミリシーベルト以下に抑える,というものである.





年間 1mSV とを基準とすべきなのでしょうね!

  1 mSV/年 = 0.114 μSv/h  となります。





さて、この記事の初めの測定値は 0.17 μSv/h でした。

???

測定記に由来する誤差?

この根本の疑問を抱きつつ

現在PCに向かっている私の直ぐ横での測定値は 0.09 μSv/h



東京都健康安全研究センターの大気中放射線量 を見てみると

直ぐ近くの 江戸川区上篠崎(篠崎公園)の値は 0.132 μSv/h

このモニタリングポストの高さが解からないので正確なことは言えませんが

使い物にならないほどの誤差は無いと思われます。

※モニタリングポストの高さは、各地のモニタリングポストの地上からの高さ一覧

 こんな計測方法でよいのでしょうか。。。




念のためもう一度、この測定器(RADEX RD1706)での値を検証してみましょう。

文部科学省の東京都および神奈川県の航空機モニタリングの測定結果(9 月14 日~9 月18 日)から

時間経過による汚染状況に変化が無いものとすると

江戸川区上篠崎は薄い青の 0.1~0.2 μSv/h ですので酷い誤差は無いと見ます。




すると

江戸川区上篠崎(篠崎公園)モニタリングポストの値は 0.132 μSv/h ( = 1.156 mSV/年)

私の手持ちの計測器(RADEX RD1706)で玄関の値が 0.17 μSv/h ( = 1.489 mSv/年)

ウクライナの提唱する基準値 【どのような環境のもとでも年間1ミリシーベルト以下】 を超えています。



東京都モニタリング 1-790

 大きな画像で見る場合はココをクリックして下さい。




江戸川区東部地区でこの様な状態です。

チェルノブイリ原発事故の際の 定期的放射能管理ゾーン なのです。




セシウム137の沈着量は、10~30 kBq/m2

ウクライナの 放射能管理ゾーン 37000~185000 Bq/m2 下限ギリギリの数値です。



※ 補助単位にだまされない様に!! 

   30 kBq/m2 = 30000 Bq/m2 です。



東京都モニタリング3-790

 大きな画像で見る場合はココをクリックして下さい。






このまま住み続けても大丈夫?

素直な疑問が湧いてきます。

屋内で過ごしている分には、然程の影響は出ないでしょう。



2歳半の息子は、3月11日以来 近くの公園で遊んだ事がない。

日常生活における外出は、妻と行く買い物だけ・・・

今は可哀想な事だが、被爆させる事は将来彼を更に困らせる事になるだろう。

公園で舞い上がる砂を吸い込ませたくないのです。






しかし、このままでは息子の人間性に問題が生じるのは明らかである。

引篭もり と同じ事をさせてるのだから・・・






私は、この江戸川区地域は、

     子供(特に乳幼児・児童)の生活には適さない地域だと判断します。






親としてそろそろ決断し行動すべき時期かも知れない。




しかし、東京電力はトンでもないことを仕出かしてくれた。

徐々に事故の詳細が明らかになるに従い

原発を運用するに必要な能力を備えた運転員がいないように見受けられる。

クルマで言うと 無免許運転もしくはペーパードライバーが運転していたのか・・・











maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/819-b5a6d0f0

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。