FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL メンテナンス施工

 



このR129 SL500

私は決して忘れることの無い車の1台です。

昨年3月11日の震災の時

東京でもかなりの揺れを感じた。

その時、私はこのSLの取り外したハードトップが倒れないように押さえていた。


SL500 (R129) 内外装の仕上げ No,1



今回のご入庫は、ほぼ1年が経過したので

メンテナンスのためにご入庫いただけました。



当店では、1年経過した頃にご案内状などお出ししておりません。

これはクルマの使用・保管状態によってコンディションが大きく変わるからです。

実用車も在れば、コレクターカーの在ります。

拠って、オーナー様ご自身のご判断に任せています。

施工店が、「来てください!」「お越しください」とお誘いはしましぇん。

全てはオーナー様の大人の判断です。

そんな中で、毎年お越し頂けるオーナー様には心より感謝申し上げます。




さて、まずは洗車。

水垢ご覧いただけますでしょうか?



P1040548-806.jpg


今回は、前ページでご紹介したガラスの磨きで大いにご予算を費やしたため

メンテナンスのみ。

磨き込みは無しです。

しかし、大切に扱っていただいているだけあって

それで十分な美しさになります。




ここで使うシャンプーはいつものとは異なります。

水が弾かないでしょ~ (^^


P1040554-806.jpg


掛けられた水が、完全な膜となります。


P1040555-806.jpg


コーティングを終えた状態です。


P1040558-806.jpg


SL いつ見ても美しいラインだと見惚れてしまう。

ドアの後ろからやや立ち上がるフォルム  イイな~~~


P1040564-806.jpg


余裕があれば手に入れたい。



P1040566-806.jpg



車の変化(進化ではない)を見ていると

1990年代初めには、ドイツ車は 走る・曲がる・止まる この基本動作を完全なものとして

そこ先に一般的に言われる進化(私は変化と教えられた)とは

余分なものが搭載されただけではないだろうかと感じることがある。

電子デバイスと日本車を見習ったお節介機能。



今流行りの音楽と酷似している。

本当に必要なもの(音)だけがあれば良いのに

動き回り、踊らなければ絵にならない。

そして、何でもかんでも詰め込んで束にして売る

音楽は聞くものであり。

車は走るもの。



その中には、単純化された結晶として洗練された機能と機能美があれば良いのではないか?





私ならば、SLのハードトップを降ろしたら

こんな曲でも聞きながら走ってみたい。


  Chuck Mangione  【 Children of Sanchez 】

フルバージョンなので楽しめますよ~ (^^)
















Headlight.jpg




maillogo.gif







  グレードアップのホームページ
banner10.gif




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://gradeup.blog39.fc2.com/tb.php/842-1c3bd57f

«  | HOME |  »

プロフィール

田村 隆司

Author:田村 隆司
東京の江戸川区にある
車みがきのプロショップ 
Grade-UPの店主の
作業とドライブと諸々の
日記で御座います。

右の≪全ての記事を表示する ≫をクリックしていただければ、過去の記事の一覧が表示されます。


リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント


月別アーカイブ


検索フォーム


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する


最新の記事


カテゴリー


FC2ブログランキング

 

FC2Blog Ranking

  お気に入って頂けたら ポチッとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。